/ 愛犬の健康のために / 犬のコラム / 犬に食欲がない!その原因とすぐにできる対策

犬に食欲がない!その原因とすぐにできる対策

最終更新: 2020.08.24
犬に食欲がない!その原因とすぐにできる対策
\ SNSで友人にシェアしよう /

愛犬が元気で健康的な毎日を過ごすためには、日々の食事が重要です。愛犬の健康を支えるために栄養バランスの取れた食事を与えても、きちんと食べてくれないことがあります。

いつもはパクパクと食いつきが良いのに、突然食べなくなるというケースもあるため注意が必要です。犬の食欲不振は放置しておくと体調を崩すことがあります。

犬がご飯を食べなくなる理由を把握し、適切なケアを行いましょう。食欲不振を起こす様々な原因や対策方法を詳しく紹介します。    

犬の食欲がないのは病気のせい?

犬の食欲ない時には、病気の可能性を疑いましょう。

体調を崩し、食事をきちんととれないと体力が保てず危険です。特に子犬や老犬の場合には、容体が急変することもあります。

犬が食事をとらないときには、いつもより食事の量が減っているだけなのか、まったく食べられないのか、水分は取れているのかということをチェックしてください。

ご飯を食べなくなった犬が水を飲まない場合には、症状が進行していることが考えられます。なるべく早くかかりつけの獣医師に見せましょう。

 

病気により犬の食欲がなくなる時には、食欲不振以外にも様々な症状が出ますので見逃さないことが大切です。嘔吐をする場合には消化器系に何かしらの問題があると考えられます。

下痢をしている場合には、腸に負担がかかっている可能性が大きいです。病気が原因で食欲が落ちている時には、症状に合わせた食事や治療が必要になります。

病院で診察を受けて適切なケアを行いましょう。愛犬に食欲がなくても、元気で嘔吐や下痢といった症状がなければ、焦って病院に連れていく必要性は低いです。

食事は食べないがおやつなら喜んで食べるといったケースもよくみられますので、愛犬の状態をよく観察して受診が必要なのかを見極めましょう。

 

愛犬が元気でも食欲不振の状態が長く続く場合には、一度受診するか定期健診などの際に獣医師に相談すると安心です。相談するときには愛犬の様子をメモしておくとスムーズに相談できます。

日ごろから愛犬の食事の量や排便排尿の回数に変化がないか気を付けておくと、病気の早期発見にもつながりますのでノートなどに記録を取っておくのもおすすめです。

犬の食欲がない原因はストレスかも

犬に食欲がない原因の一つが、ストレスです。

病気などで体に異常がないのに、ご飯を食べなくなることがあります。その場合にはストレスが関係している可能性があるので、愛犬の様子や飼育環境をチェックしてください。

愛犬に何かしらのストレスがかかり、そのストレスで食欲が落ちていることが考えられます。犬がストレスを感じるポイントは、飼育環境・飼い主との関係・刺激などです。

犬は個体差もありますが、些細なことでもストレスを感じることがあります。

 

引っ越しなどで飼育環境が大きく変化した際にはストレスを感じることが多いです。

その他にも家族が増えたり、新しいペットが増えたりといったこともストレスになります。飼い主との関係が良好に保たれていない場合にも、犬は寂しさからストレスを感じることがあるので注意が必要です。

忙しくて遊ぶ時間が減ったり、犬に留守番をさせている時間が長かったりするとストレスから食欲が落ちてしまいます。

飼い主とのコミュニケーション不足が原因ですので、できるだけ愛犬との触れ合いの時間を増やすことが重要です。その他の原因としては、様々な刺激がストレスの引き金になることも考えられます。

 

なにをストレスとして感じるかは、個体差があるのが特徴です。

知らない場所へ出かけたり他の犬と会ったりすることが、ストレスを感じる刺激になる犬もいます。愛犬がどんなことをストレスに感じるかは、常日頃から愛犬の様子を観察して把握しておきましょう。

ストレスにより食事を食べなくなった、食欲不振になったというときには、できるだけストレスを取り除く努力をします。

引っ越しなどで環境が変化するなどストレスの原因を排除することが難しい場合には、遊びの時間を増やすなどストレス解消ができるように努めましょう。

ストレスが原因で食欲不振を起こしている時には、愛犬に無理にご飯を食べさせようとしたり食べないことを叱るのは厳禁です。

よけいにストレスが溜まってしまうので、大きな声で叱りつけることのないように注意してください。

老化によって犬の食欲が落ちることも…

犬は加齢によって食欲が落ちていくのが一般的です。犬は高齢になるにつれて、体力や筋力、消化能力が低下していきます。年齢とともに少しづつ食べる量が減っていくのは自然なことです。

ただし老化だけではなく病気が原因で食欲が落ちることもありますので、病気を見落とすことがないように気を付けましょう。シニア犬になると消化機能とともに、味覚や嗅覚の機能も低下します。

そのことにより食への興味をなくす犬もいます。対処法としては、フードを温めたり、より香りが良いものを選んだりすることが有効です。

 

加齢で歯が弱くなることで、食欲がなくなることもあります。歯が弱くなっているため硬いフードを嫌がることがあるので、フードを食べやすい柔らかさに変えるのも方法の一つです。

老化で食が細くなっていくことを回避することは難しいので、シニア向けの少量でも栄養価の高いフードを活用してみましょう。

犬の食欲低下は食べ物が合わないことも原因かも

犬がご飯を食べなくなる原因として、いつも食べているフードが愛犬に合っていないことも考えられます。犬は好みがそれぞれですので、好みに合ったドッグフードではないと喜んで食べてくれません。

ドッグフードを選ぶ際には、必要な栄養が十分に補給できるのか、香りや味、硬さなどが気に入るのかという点に注意して選びましょう。

歯ごたえがあるほうが好きな場合にはドライタイプ、柔らかめが好きな犬にはウェットタイプのドッグフードが適しています。

ずっと好きだったドッグフードでも成長や加齢によって合わなくなることもありますので、常に最適なドッグフードかどうかチェックしてあげましょう。    

愛犬が食欲不振になったら、きちんと原因を考えよう!    

犬がご飯を食べなくなった時には、何が原因かを考えてみましょう。

食欲不振のほかにも嘔吐や下痢のような症状がある場合には、病気の可能性もあるのでかかりつけの獣医師に相談してください。

ストレスで食欲が落ちている時には、ストレスが解消できるように遊びの時間を確保するなどの対処が必要です。シニア犬は体の機能が低下することで食事量が減るので、やわらかく食べやすいドッグフードに変えてみましょう。

ドッグフードが愛犬の好みに合わずに食いつきが悪い場合には、ドッグフードを見直してみるのもおすすめです。

愛犬の健康と長生きのために
獣医師監修の手作りドッグフード「ココグルメ」

・うちの子には健康的なドッグフードを与えたい

・飽きっぽくて毎回選び直すのが大変

・いつも与えているドッグフードを全然食べてくれなくなった

と言った、ドッグフード選びの悩みをお持ちではないでしょうか?


ココグルメはそんな「ドッグフードのお悩み」を解決する、全く新しい手作りのドッグフードです。

\今なら送料無料980円で試せる/
獣医師監修の手作りドッグフード - ココグルメ -

ココグルメは、手作りならではの抜群の食いつきと総合栄養食基準の栄養バランスを両立し、「健康」と「美味さ」を兼ね備えた手作りのドッグフードです。

ココグルメの特徴 1.
新鮮な食材を使った手作りドッグフード

私たち人間が食べるご飯と同じように、低温での調理し冷凍で配送する正真正銘の手作りご飯です。

ドライフードのように乾燥させて風味が飛んでしまったり、レトルト加工などで栄養価を損なうことなく、素材の旨みと栄養をそのまま生かした美味しいご飯です。

ココグルメの特徴 2.
総合栄養食基準のレシピ

手作りご飯は確かに美味しく食べてくれるけど栄養バランスが不安…
そういった思いをお持ちの飼い主様も多いかと思います。

ココグルメは日本でも数少ない「栄養学を専門とする獣医師の先生」に監修を受け、総合栄養食(※)の基準に適応したレシピで作られています。

※総合栄養食とは、「そのご飯と水だけで、健康に生きるために必要な栄養素を全て取れる」という国が定めた基準に沿ったドッグフードのことです。

ココグルメの特徴 3.
徹底したヒューマングレード

ご存知の通り、ドッグフードは「食品衛生法の範囲外」とされており、人間のご飯と比べて低い衛生基準で製造・管理されてきました。

私たちのドッグフードは、人間が食べるものと同じ食材を仕入れ、同じ衛生基準で調理・配送する、正真正銘の「ヒューマングレード」のドッグフードです。

愛犬の健康のために
手作りドッグフードが選ばれる理由

手作りのご飯は「栄養バランスを正すのが難しい」「調理に手間がかかる」といった大変な点もありますが、実は健康との良い関係性があるという研究結果もわかっています。

手作りご飯を与え続けていた飼犬は32ヶ月長生きしていた

市販のドッグフードを与え続けた飼い犬と、市販ドッグフードを与えながら一部手作りを与えていた飼い犬、手作りし続けた飼い犬の3つクラスタの寿命を分析した結果、手作りし続けた飼い犬は平均32ヶ月も長生きしていたことがわかった。
Relation between the domestic dogs' well-being and life expectancy statistics essay(2003)

さらに、手作りご飯のみを与えていた飼犬が32ヶ月も長生きしていたことが分かっただけではなく、部分的に与えていた子も長生きしていたことが分かっています。

週3回以上野菜を与えていた飼犬は膀胱癌リスクが90%低かった

欧米で飼われている175頭のスコティッシュテリアの生態を調査した。
年齢や体重、毛の色などの指標を調整して集計した結果、週に3回以上ドッグフードとは別に野菜を摂取していた犬はTCC(膀胱癌)の発生リスクと逆相関していた。
緑黄色野菜の場合は逆相関が見られたが、アブラナ科の野菜やビタミン類での補給には逆相関が見られなかった。
Evaluation of the Effect of Dietary Vegetable Consumption on Reducing Risk of Transitional Cell Carcinoma of the Urinary Bladder in Scottish Terriers(2005)

ビタミン剤ではなく野菜そのものを与えていることが重要であることがわかり、「手作りのご飯」を食事として取り入れることが重要だと考えられています。

手作りご飯を手軽に与えられる
ココグルメが今なら送料無料980円で試せる!

送料無料980円で試せる!
手に取りやすい単品買い切り
30日間全額返金補償付き

手作りのドッグフードに興味をお持ちの方に是非オススメしたいココグルメですが、試すなら「今が一番お得」です!

1.1kgとたっぷり入ったモニターコースが、期間限定で送料無料980円お試しいただけます!
※体重3kgのトイプードルで約7日分の分量です。

また自動的に定期コースに切り替わることはなく、単品買いきりでお試しいただけますし、初回購入に限り30日間の全額返金保証もついてきます!

1日100名様までの数量限定キャンペーンですので、ぜひこの機会をお見逃しなくお試しください!

ココグルメを最安で試せるお得なキャンペーンはこちら
\ SNSで友人にシェアしよう /