/ 愛犬の健康のために / 犬のコラム / 犬がご飯を食べない!食欲不振の考えられる原因とその対策

犬がご飯を食べない!食欲不振の考えられる原因とその対策

最終更新: 2020.08.24
犬がご飯を食べない!食欲不振の考えられる原因とその対策
\ SNSで友人にシェアしよう /

愛犬の体調管理をする中で、特に夏場に気を付けておきたい問題として挙げられているのが食欲不振です。

特に普段しっかりご飯を食べる愛犬が急にご飯を食べなくなってしまった場合、何かあったのかと心配する飼い主は少なくありません。

犬がご飯を食べなくなってしまう原因には色々なものがあり、その原因に合った方法を実践しないと体力が落ちてさらに体調を崩してしまう可能性があります。

そこで今回は、犬の食欲不振で考えられる原因とその対策を解説します。    

犬が食欲不振になった時の対策を知ろう

もし犬がご飯を食べなくなるなどの食欲不振の状態になってしまった場合、まずはいつ頃からご飯を食べなくなったのか確認する必要があります。

例えば散歩から帰ってきた後から食欲不振がみられるようになったのであれば、散歩の途中で変なものを拾い食いしてしまったという可能性が考えられます。

同じような理由で留守番をさせた後に食欲不振がみられた場合も、食べられないものを口にしてしまった可能性があるので注意が必要です。

ほかにもご飯の内容を変更した後なのか、急に症状がみられるようになったのかなど、食欲不振が起きたタイミングやその前後の出来事を確認しておかなければいけません。

 

食欲不振が起きたタイミングや状況を把握することである程度原因を特定しやすくなりますし、動物病院にかかった時に獣医師に説明することで適切な検査や治療をスムーズに受けることが可能です。

また食欲不振がみられた時、病気かどうか飼い主が勝手に自己判断してしまうと、愛犬が病気だった場合に取り返しのつかないことになってしまう可能性もあります。

食欲不振の原因や対策は自己判断せず、獣医師に相談して対応することも大切です。

犬の食欲不振の原因と対策①
老化

人間は高齢になるにつれて、徐々に食欲が落ちていくケースが少なくありません。

これは犬も同様で、高齢になるにつれて歯や内臓の働きが衰えてきます。

そうするとこれまで普通に食べることができていたご飯も食べにくかったり、食べることで胸やけを起こしてしまうことが増えてしまいます。

さらに消化するのに時間がかかってしまう、食べ物を噛むことに疲れてしまうなどの状態も起きてしまうので、結果的に少しずつ食欲不振がみられるようになってしまうのです。

ただ老化による食欲不振は病気ではなく、どのような犬でも起きる可能性の高い状態と言えます。

 

このため老化が原因で食欲不振がみられた場合の対策としては、シニア向けのドッグフードや食事内容に変更することが必要です。

シニア用のドッグフードは老化した犬が食べやすい・消化しやすいように配慮されていることはもちろん、老犬に必要な栄養素やカロリーが計算されています。

ドライフードであればお湯などでふやかして与えると、より食べやすくなります。

またドッグフードではなく手作りしている飼い主の場合は、老化した犬が食べやすいように柔らかくて消化の良いご飯を心がけることが大切です。

 

それでもなかなか食べてくれない場合は獣医師に相談して、点滴を受けたりサプリメントなどを処方してもらったりするのも対策の一つとして挙げられています。

犬の食欲不振の原因と対策②
病気

ご飯を普通に食べていた犬が突然食欲不振になってしまった、または特に原因は思い当たらないのに徐々に食欲不振がみられるようになった場合、まず考えられる原因として言われているのが病気です。

病気が原因で食欲不振になっている犬は、ぐったりする、苦しそうに息をしている、食べても吐いてしまうなどほかの症状がみられることが少なくありません。

食欲不振を引き起こす犬の病気としては色々なものがありますが、その中でも代表的な疾患としては歯周病や口腔内腫瘍、避妊をしていない雌犬の場合は子宮蓄膿症などがあるようです。

 

病気が原因で食欲不振がみられる場合の対策は、早めに獣医師に相談することが一番だとされています。

飼い主が素人判断をして様子をみているとどんどん病気が進行してしまうため、食欲不振はもちろん他にも体調不良の症状がみられるのであれば早急に獣医師に診察してもらわなければいけません。

症状が食欲不振だけだと大丈夫だろうと様子をみてしまう飼い主も多いのですが、食欲不振が初期症状の病気も数多くあるので、できる限り早めに獣医師に相談しておくことが必要になります。

 

ちなみに内臓の病気ではないとしても、異物を飲み込んでしまった結果で食欲不振がみられるということもあります。

その場合も対処が遅れてしまうと命にかかわってくる可能性が高いため、飼い主は早めに獣医師に相談しなければいけません。

犬の食欲不振の原因と対策③
食べ物が合わない

ほかにも犬が食欲不振を起こしてしまう原因として考えられるのが、食べ物の問題です。

これまで普通に食べていたはずなのにご飯を変えた後から食欲不振になってしまった犬の場合、変えた後の食べ物が合わなくて食べられない・食べたくないということがあります。

実は食べ物が合わずに食欲不振になってしまうというのは決して珍しいことではなく、犬にも食べ物の好みがあるため、好みに合わないものは口にしないことはよくあるようです。

ただいつか食べてくれるだろうとそのまま放置しても犬は食べてくれないので、きちんと対策しなければいけません。

 

食べ物が合わないことが理由での食欲不振に対しては、特に問題がなければ元の食べ物に戻すという方法もあります。

ただ何らかの理由で新しいものに変更しなければいけないのであれば、元々与えていた食べ物に新しいものを少しずつ混ぜて慣らしていくのが対処法になります。

そうして少しずつ味や匂いに慣れさせてから徐々に新しい食べ物の量を増やしていけば、犬にストレスを与えることなく食欲不振を改善することが可能です。

犬の食欲不振は原因を把握して対処することが必要    

このように犬が食欲不振を起こしてしまう原因は色々なものがあり、原因によっては命にかかわる危険なものもあります。

万が一愛犬が食欲不振を起こしてしまった場合は、まず食欲不振が起きたタイミングなどを確認して原因を把握することが必要です。

その上で原因に合わせた対策をしていくのですが、病気などの場合は素人判断をしてしまうとかえって危険な状態になってしまう可能性もあります。

急に食欲不振がみられた場合はまず獣医師に相談することが大切です。

愛犬の健康と長生きのために
獣医師監修の手作りドッグフード「ココグルメ」

・うちの子には健康的なドッグフードを与えたい

・飽きっぽくて毎回選び直すのが大変

・いつも与えているドッグフードを全然食べてくれなくなった

と言った、ドッグフード選びの悩みをお持ちではないでしょうか?


ココグルメはそんな「ドッグフードのお悩み」を解決する、全く新しい手作りのドッグフードです。

\今なら送料無料980円で試せる/
獣医師監修の手作りドッグフード - ココグルメ -

ココグルメは、手作りならではの抜群の食いつきと総合栄養食基準の栄養バランスを両立し、「健康」と「美味さ」を兼ね備えた手作りのドッグフードです。

ココグルメの特徴 1.
新鮮な食材を使った手作りドッグフード

私たち人間が食べるご飯と同じように、低温での調理し冷凍で配送する正真正銘の手作りご飯です。

ドライフードのように乾燥させて風味が飛んでしまったり、レトルト加工などで栄養価を損なうことなく、素材の旨みと栄養をそのまま生かした美味しいご飯です。

ココグルメの特徴 2.
総合栄養食基準のレシピ

手作りご飯は確かに美味しく食べてくれるけど栄養バランスが不安…
そういった思いをお持ちの飼い主様も多いかと思います。

ココグルメは日本でも数少ない「栄養学を専門とする獣医師の先生」に監修を受け、総合栄養食(※)の基準に適応したレシピで作られています。

※総合栄養食とは、「そのご飯と水だけで、健康に生きるために必要な栄養素を全て取れる」という国が定めた基準に沿ったドッグフードのことです。

ココグルメの特徴 3.
徹底したヒューマングレード

ご存知の通り、ドッグフードは「食品衛生法の範囲外」とされており、人間のご飯と比べて低い衛生基準で製造・管理されてきました。

私たちのドッグフードは、人間が食べるものと同じ食材を仕入れ、同じ衛生基準で調理・配送する、正真正銘の「ヒューマングレード」のドッグフードです。

愛犬の健康のために
手作りドッグフードが選ばれる理由

手作りのご飯は「栄養バランスを正すのが難しい」「調理に手間がかかる」といった大変な点もありますが、実は健康との良い関係性があるという研究結果もわかっています。

手作りご飯を与え続けていた飼犬は32ヶ月長生きしていた

市販のドッグフードを与え続けた飼い犬と、市販ドッグフードを与えながら一部手作りを与えていた飼い犬、手作りし続けた飼い犬の3つクラスタの寿命を分析した結果、手作りし続けた飼い犬は平均32ヶ月も長生きしていたことがわかった。
Relation between the domestic dogs' well-being and life expectancy statistics essay(2003)

さらに、手作りご飯のみを与えていた飼犬が32ヶ月も長生きしていたことが分かっただけではなく、部分的に与えていた子も長生きしていたことが分かっています。

週3回以上野菜を与えていた飼犬は膀胱癌リスクが90%低かった

欧米で飼われている175頭のスコティッシュテリアの生態を調査した。
年齢や体重、毛の色などの指標を調整して集計した結果、週に3回以上ドッグフードとは別に野菜を摂取していた犬はTCC(膀胱癌)の発生リスクと逆相関していた。
緑黄色野菜の場合は逆相関が見られたが、アブラナ科の野菜やビタミン類での補給には逆相関が見られなかった。
Evaluation of the Effect of Dietary Vegetable Consumption on Reducing Risk of Transitional Cell Carcinoma of the Urinary Bladder in Scottish Terriers(2005)

ビタミン剤ではなく野菜そのものを与えていることが重要であることがわかり、「手作りのご飯」を食事として取り入れることが重要だと考えられています。

手作りご飯を手軽に与えられる
ココグルメが今なら送料無料980円で試せる!

送料無料980円で試せる!
手に取りやすい単品買い切り
30日間全額返金補償付き

手作りのドッグフードに興味をお持ちの方に是非オススメしたいココグルメですが、試すなら「今が一番お得」です!

1.1kgとたっぷり入ったモニターコースが、期間限定で送料無料980円お試しいただけます!
※体重3kgのトイプードルで約7日分の分量です。

また自動的に定期コースに切り替わることはなく、単品買いきりでお試しいただけますし、初回購入に限り30日間の全額返金保証もついてきます!

1日100名様までの数量限定キャンペーンですので、ぜひこの機会をお見逃しなくお試しください!

ココグルメを最安で試せるお得なキャンペーンはこちら
\ SNSで友人にシェアしよう /