/ 愛犬の健康のために / 犬のコラム / 【犬の歯磨き】やらないとどうなってしまうのかまとめてみた?

【犬の歯磨き】やらないとどうなってしまうのかまとめてみた?

最終更新: 2020.10.28
【犬の歯磨き】やらないとどうなってしまうのかまとめてみた?
\ SNSで友人にシェアしよう /

家の中で愛犬と一緒に暮らす家庭が増えたことにより、以前よりも犬の歯磨きを重要視する意見が高まりつつあります。人間と同様に歯磨きを怠ることによって、さまざまな弊害や疾病をもたらす恐れがあるからです。

愛犬の健康を保つため、ひいては1日でも長く共に過ごすためにも歯磨きは欠かせません。ここでは犬の歯磨きをしないとかかりやすい症状について、歯磨きの方法や頻度に関して解説します。また犬の歯磨きをしない人にもおすすめな、手軽にケアできる便利グッズも見ていきましょう。

犬の歯磨きをしないと罹患してしまう症状

犬の歯磨きをしないことで起こりうる弊害に、口腔内の悪臭すなわち口臭が挙げられます。口臭の原因は歯周ポケットに溜まった細菌の繁殖や、それに伴う炎症です。歯磨きをせずに放置すれば、人間と同様に歯や歯ぐきの間に咀嚼しきれなかったドッグフードの破片が残り歯垢として残留します。唾液に満たされた温暖湿潤な口腔内は雑菌が繁殖しやすい環境であり、加えて主食であるタンパク質が豊富とあれば細菌はますます増大してしまいます。

口腔内の歯周ポケットに細菌が繁殖して悪臭が発生した状態が、歯肉炎です。症状が進行すれば、口臭に加えて口腔内での出血や食欲の低下を促す歯周病へと発展します。歯肉炎の段階では歯肉が赤く腫れ上がるだけで犬たち本人も痛みも感じられず、知らない間に歯周病へと発展していくのが恐ろしい点です。人間が進行途中で発見するには愛犬の口を大きく開かせる必要がある上に、専門家である獣医師以外が見ても気付きにくい点も厄介と言えます。

通常の健康な小型犬であれば歯周ポケットは1〜2mm程度ですが、それより深くなり嫌気性菌が増加した状態が歯周病です。歯肉が炎症を起こした状態から発展し歯周病にかかると、歯の支柱となる歯槽骨が溶けてしまいます。この状態になると歯はぐらつき始めて、最終的に抜け落ちます。

加えて犬の身体の構造上、くしゃみや鼻水が頻発する症状も併発しやすいのも歯周病の特徴です。これは犬の歯の根本が鼻の真上に位置している構造が原因であり、歯の奥へと進んだ症状が鼻まで到達したことにより引き出される現象です。他にも隣り合わせとなる頬も、歯肉の炎症によって腫れる事例も多く見られます。

手軽にできる犬の歯磨き方法をまとめてみた

歯磨きの習慣づけは子犬の時期から始めるのが一番ですが、成犬になってからでも遅くはありません。思い立ったその日から歯磨きが出来るとは考えずに、毎日少しずつステップを踏んでいくことが習慣づけの第一歩と思ってください。まず最初に犬の抵抗感を減らすステップとして、歯へのタッチを慣れさせる訓練が挙げられます。愛犬が好きなおやつを与えて口を開かせ、食べている間に唇を持ち上げます。ポイントとしてはすぐに歯に触らず口の周り・歯ぐき、そして歯の3ステップを踏むことです。なお下顎を触られて喜ぶ犬は多いため、困難な場合は下顎からスタートすると良いです。触っても大人しく辛抱できたら、存分に褒めてあげましょう。

歯へのタッチに慣れたら、歯ブラシのタッチに移行します。これまでの人間の手や指と違い、見たことのない道具を口に入れられるので恐怖心を抱く犬も少なくありません。最初はガーゼで口周りを拭くことから始めて、徐々に慣れてきたら歯ブラシを歯に触れさせていきます。褒める時や気を逸らす時に用いるおやつも、時には種類を変えて犬の興味を引きつつ上手にトレーニングすることが大切です。なお成犬から始める場合早めに歯磨きを習慣づけたいと焦ってしまいがちですが、嫌がっている時は無理をしないのも重要です。嫌がっているのに無理強いすると、歯磨きが不快かつ怖いものと認識されてしまうため焦らず日にちや時間を置くようにしましょう。

歯ブラシを口に入れることに慣れたら、いよいよ最終段階です。水分を歯ブラシに含ませて、優しく口に入れて前歯を磨きます。前歯が大丈夫になれば奥歯へと進出し、臼歯や上顎の奥歯もしっかり磨くようにします。奥歯は特に見逃しがちであり、歯石が溜まりやすい場所なので入念に磨いてあげてください。

犬の歯磨きのおすすめ頻度は?

犬の口腔内に溜まった歯垢は3〜5日、早ければ2〜3日で歯石へと変化すると言われています。歯周ポケットや歯の間に挟まった食べ物の破片が歯垢へと変化し、歯垢が歯石へと姿を変えると歯周病に罹患するリスクが急激に高まります。そのため犬の歯磨きは2日に1回、理想を言えば1日に1回が望ましいです。歯磨きの頻度を落とせば、歯垢が歯石へと変化して口腔内のトラブルの原因となってしまうからです。ブラッシングだけで容易に落とすことが可能な日数、1〜2日に1回という頻度を保つように心がけましょう。

なお成長期を過ぎ、成犬を経てシニア犬へと向かうほどに歯周病のリスクは高まっていきます。特にシニア期になれば全身の免疫力が落ちて、口腔内の環境が悪化しやすいです。そのため歯肉が炎症を引き起こせば、化膿して重大な症状へと発展する事例も少なくありません。歯周病で蔓延する細菌は心臓や脳血管の病気、糖尿病をはじめとした重篤な疾患にも影響を及ぼすとされています。シニア期が近づいてから対策するのではなく、できるだけ早い段階から予防することが大切です。

犬の歯磨きができない場合におすすめなケアグッズ5選

歯周病の予防には歯磨きが不可欠ですが、どうしても歯に触られるのが嫌な犬も存在します。歯磨きが苦手な犬におすすめしたいのが、歯のケアグッズです。

まずは口腔内トラブルの原因である、歯垢の除去に役立つ犬用デンタルガムから見ていきましょう。ガムの表面にある突起を噛むことで歯垢を除去したり、唾液の分泌を促し口腔内を健康に保ちます。

飲み水に混ぜて使用する、犬用マウスクリーナーもお手軽なケアグッズの1つです。1日に1回、飲み水に入れるだけで口腔内の細菌の増加を防げます。

歯の表面の歯垢を取る効果がある、デンタルトイも有用です。犬が噛んで遊ぶことで自然に歯の表面から除去されるため、歯磨きをすることなくケアが可能となります。

もし歯ブラシは嫌がるけれど口周りを触っても大丈夫なら、歯磨きシートを使うのも良いです。指にはめて口腔内を磨くシートであり、好みの香りや肌触りの製品を探しましょう。

他にも舐めさせるだけでケアができる、歯磨きペースト・ジェルも歯周病予防には効果的です。

磨き習慣を身につけさせて歯周病を予防しよう

犬は人間よりも歯垢が歯石に変化する期間が短く、歯周病のリスクが高い生き物です。早ければ歯に付着した歯垢が2日間ほどで歯石に変わるため、歯周病の予防には歯磨きが欠かせません。

口腔内を触られたり物を入れられるのが嫌がる生き物であるため、できるだけ早めに歯磨きを習慣化することが大切です。その際のポイントとしては、焦らずに少しずつステップを経て歯ブラシを慣れさせることが挙げられます。根気よくトレーニングを続けて歯磨きを身近なものにして、愛犬の歯と健康を保ちましょう。

 

 

愛犬の健康と長生きのために
獣医師監修の手作りドッグフード「ココグルメ」

うちの子には健康的なドッグフードを与えたい
飽きっぽくて毎回選び直すのが大変
いつも与えているドッグフードを全然食べてくれなくなった

といったドッグフードの悩みをお持ちではないでしょうか?


獣医師監修の手作りドッグフード「ココグルメ」は「健康」と「食いつき」を両立した今注目のご飯なんです!

\今なら送料無料980円で試せる/
獣医師監修の手作りドッグフード - ココグルメ -

ココグルメは、手作りならではの抜群の食いつきと総合栄養食基準の栄養バランスを両立し、「健康」と「美味さ」を兼ね備えた手作りのドッグフードです。

ココグルメの特徴 1.
新鮮な食材を使った手作りドッグフード

私たち人間が食べるご飯と同じように、低温での調理し冷凍で配送する正真正銘の手作りご飯です。

ドライフードのように乾燥させて風味が飛んでしまったり、レトルト加工などで栄養価を損なうことなく、素材の旨みと栄養をそのまま生かした美味しいご飯です。

ココグルメの特徴 2.
総合栄養食基準のレシピ

手作りご飯は確かに美味しく食べてくれるけど栄養バランスが不安…
そういった思いをお持ちの飼い主様も多いかと思います。

ココグルメは日本でも数少ない「栄養学を専門とする獣医師の先生」に監修を受け、総合栄養食(※)の基準に適応したレシピで作られています。

※総合栄養食とは、「そのご飯と水だけで、健康に生きるために必要な栄養素を全て取れる」という国が定めた基準に沿ったドッグフードのことです。

ココグルメの特徴 3.
徹底したヒューマングレード

ご存知の通り、ドッグフードは「食品衛生法の範囲外」とされており、人間のご飯と比べて低い衛生基準で製造・管理されてきました。

私たちのドッグフードは、人間が食べるものと同じ食材を仕入れ、同じ衛生基準で調理・配送する、正真正銘の「ヒューマングレード」のドッグフードです。

愛犬の健康のために
手作りドッグフードが選ばれる理由

手作りのご飯は「栄養バランスを正すのが難しい」「調理に手間がかかる」といった大変な点もありますが、実は健康との良い関係性があるという研究結果もわかっています。

手作りご飯を与え続けていた飼犬は32ヶ月長生きしていた

市販のドッグフードを与え続けた飼い犬と、市販ドッグフードを与えながら一部手作りを与えていた飼い犬、手作りし続けた飼い犬の3つクラスタの寿命を分析した結果、手作りし続けた飼い犬は平均32ヶ月も長生きしていたことがわかった。
Relation between the domestic dogs' well-being and life expectancy statistics essay(2003)

さらに、手作りご飯のみを与えていた飼犬が32ヶ月も長生きしていたことが分かっただけではなく、部分的に与えていた子も長生きしていたことが分かっています。

週3回以上野菜を与えていた飼犬は膀胱癌リスクが90%低かった

欧米で飼われている175頭のスコティッシュテリアの生態を調査した。
年齢や体重、毛の色などの指標を調整して集計した結果、週に3回以上ドッグフードとは別に野菜を摂取していた犬はTCC(膀胱癌)の発生リスクと逆相関していた。
緑黄色野菜の場合は逆相関が見られたが、アブラナ科の野菜やビタミン類での補給には逆相関が見られなかった。
Evaluation of the Effect of Dietary Vegetable Consumption on Reducing Risk of Transitional Cell Carcinoma of the Urinary Bladder in Scottish Terriers(2005)

ビタミン剤ではなく野菜そのものを与えていることが重要であることがわかり、「手作りのご飯」を食事として取り入れることが重要だと考えられています。

手作りご飯を手軽に与えられる
ココグルメが今なら送料無料980円で試せる!

送料無料980円で試せる!
手に取りやすい単品買い切り
30日間全額返金補償付き

手作りのドッグフードに興味をお持ちの方に是非オススメしたいココグルメですが、試すなら「今が一番お得」です!

1.1kgとたっぷり入ったモニターコースが、期間限定で送料無料980円お試しいただけます!
※体重3kgのトイプードルで約7日分の分量です。

また自動的に定期コースに切り替わることはなく、単品買いきりでお試しいただけますし、初回購入に限り30日間の全額返金保証もついてきます!

1日100名様までの数量限定キャンペーンですので、ぜひこの機会をお見逃しなくお試しください!

送料無料で試せる1日100名様限定モニターはこちら
\ SNSで友人にシェアしよう /