/ 愛犬の健康のために / 健康へのこだわり / 犬の目やにの原因別対策

犬の目やにの原因別対策

最終更新: 2021.10.19
犬の目やにの原因別対策
\ SNSで友人にシェアしよう /

愛犬の健康のために、日ごろからいろいろなことに気を付けている飼い主も多いのではないでしょうか。

やはり愛犬にはいつまでも元気な姿でいてほしいものです。

そんな中、愛犬の目やにが気になるという方もいるかもしれません。

そこで今回は、犬の目やにの原因や対策についてご紹介していきます。

目やにの色によって原因を見分ける方法などもあるので、愛犬の目やにについて詳しく知りたいと思っている方は要チェックです。

いち早く対応して、愛犬の健康を守っていきましょう。

犬の目やにの原因を色で見分ける方法

愛犬の目をしっかり見てみると、目やにがついていたということもよくあるはずです。

しかし、どうして目やにが出ているのか、その原因を判断するのは難しいでしょう。

ここでは、目やにの原因を色で見分ける方法について見ていきます。

いずれにしても、目やにを発見したらすぐにふき取って清潔にしておいてあげることが大切です。

 

黒い目やに

犬の目の周りに黒の目やにがついているのは、ゴミやホコリなどが目に入ってしまったことが原因だと考えられます。

老廃物やゴミを目の外に排出しようとして涙が流れ、それが固まったものが黒い目やにになっているのです。

 

白い目やに

白い目やには、分泌物などが固まってできていると考えられています。

水っぽかったり、粘着性があったりする目やにの場合は注意が必要なので、動物病院に行って受診したほうがいいでしょう。

 

黄色の目やに

黄色の目やにが出てきてしまう原因として、犬が病気になっている可能性が考えられます。

結膜炎や角膜炎など、治療が必要な症状が見られたらすぐに動物病院へ行って適切な処置をしてもらうことが大切です。

犬の目やにの原因と対策1. 目にゴミが入った

犬の目の中にゴミやホコリが入ってしまうことによって、目やにの量が増えてしまうことがあります。

この場合、ゴミが目に入ってしまう状況を回避してあげることが必要です。

具体的にどのような対策をとっていけばいいのかチェックしていきましょう。

 

部屋を清潔に保つことを心がける

部屋の中が片付いていないと、愛犬が走り回ったときにゴミが目に入ってしまう恐れがあります。

その結果、目を傷つけてしまったり、目やにの量を増やしてしまったりするので、できるだけ部屋を清潔に保つようにしましょう。

 

砂埃が舞うような場所に行かないようにする

愛犬を散歩させるときに、いろいろな場所に連れて行ってあげたいと思う飼い主も多いはずです。

しかし、砂埃が舞いやすい場所に連れて行ってしまうと、犬の目の中に砂が入って目やにの原因になる可能性があります。

そのため、散歩のコースを考え直してあげたり、風が強い日は散歩をお休みしてあげたりするなどの配慮が必要になるでしょう。

 

ゴミが入ったら犬用の目薬などで洗い流す

飼い主が愛犬のためにいろいろと気を付けていても、目の中にゴミが入ってしまうこともあります。

そんな時は、犬用の目薬を使って優しく洗い流してあげるといいでしょう。

しかし、自宅での応急処置でもゴミが取れない場合や、愛犬が目を痛がっていたりするような場合は、すぐに動物病院に行って診てもらうようにしてください。

犬の目やにの原因と対策2. 毛が目に入っている

犬の目やにの原因として、犬自身の毛が目の中に入ってしまっていることが挙げられます。

犬種によっては毛が長い犬もいるので、飼い主がしっかりとケアしてあげることが必要になります。

ここでは、具体的な対策方法をご紹介していきます。

 

定期的にトリミングをする

目の周りの毛が入ってしまっていると、目やにが出やすいだけではなく痛がったりすることもあるので、定期的にトリミングをしてあげることをおすすめします。

トリミングのやり方がわかる方は自宅でやってあげるのもいいですが、初心者の方はトリマーさんにお願いしたほうが安心です。

 

逆さまつ毛が入っている場合は動物病院に相談する

犬によっては、逆さまつ毛が目の中に入ってしまうことも考えられます。

飼い主の自己判断でまつ毛を抜くのは危険なので、動物病院に行って獣医師に相談するようにしましょう。

場合によっては、手術が必要になることもあります。

 

愛犬の様子を日頃からチェックしておく

犬の目の中に毛が入っているかどうかは、よく見ないとわからないです。

愛犬に変化が現れた時、すぐに対処してあげることが大切になるため、日頃から愛犬の様子をチェックしておいてあげましょう。

しかし、よく観察しようとして愛犬の目の中に飼い主の手が入ってしまわないように気を付けなければなりません。

犬の目やにの原因と対策3. 目の病気になってしまった

愛犬が目の病気になってしまったことが原因で目やにが出ることも考えられます。

この場合は、すぐに対処しなければさらに症状が悪化してしまうことになるので注意が必要です。

対策方法を見ていきましょう。

 

目の周りを清潔にしてあげる

目の周りが涙で濡れていたり、目やにを放置したままでいたりすると炎症を起こしかねないので、いつも目の周りを清潔にしてあげるようにしてください。

清潔なガーゼやコットンなどで優しく汚れをふき取ることが大切です。

しかし、汚れがひどい場合は無理にとってしまうと逆効果なので、動物病院で処置してもらうようにしましょう。

 

動物病院で目の治療をする

目やにが増えたことがきっかけとなって愛犬の病気がわかったら、すぐに動物病院で治療を開始したほうがいいかもしれません。

やはり飼い主だけでは出来ることが限られてしまうので、愛犬の健康のためにも積極的に行動するよう心がけましょう。

また、動物病院で指導を受けたら、それをしっかり守ることが必要です。

薬を飲ませたり、目薬をさしたりするなど、処方箋通りに行動してください。

動物病院と飼い主がしっかり連携を取って愛犬の目を健康な状態に導いていきましょう。

愛犬の変化に目を向けよう!

犬は、いろいろなことが原因で目やにが増えてしまうことがあります。

目の中にゴミやホコリが入ったり、毛が入ったりすると犬も痛がるので、目薬を使ってすぐに対処してあげることが大切です。

もしも目やにの原因が病気なら、自宅で様子を見るのではなくいち早く動物病院に連れて行って獣医師からの指示を仰ぐ必要があります。

いずれにせよ、飼い主がすぐに行動に移して愛犬の健康を守ることが大切になるため、日頃から愛犬の変化に目を向けておくようにしましょう。

愛犬の健康と長生きのために
獣医師監修の手作りドッグフード「ココグルメ」

うちの子には健康的なドッグフードを与えたい
飽きっぽくて毎回選び直すのが大変
いつも与えているドッグフードを全然食べてくれなくなった

といったドッグフードの悩みをお持ちではないでしょうか?


獣医師監修の手作りドッグフード「ココグルメ」は「健康」と「食いつき」を両立した今注目のご飯なんです!

\今なら送料無料980円で試せる/
獣医師監修の手作りドッグフード - ココグルメ -

ココグルメは、手作りならではの抜群の食いつきと総合栄養食基準の栄養バランスを両立し、「健康」と「美味さ」を兼ね備えた手作りのドッグフードです。

ココグルメの特徴 1.
新鮮な食材を使った手作りドッグフード

私たち人間が食べるご飯と同じように、低温での調理し冷凍で配送する正真正銘の手作りご飯です。

ドライフードのように乾燥させて風味が飛んでしまったり、レトルト加工などで栄養価を損なうことなく、素材の旨みと栄養をそのまま生かした美味しいご飯です。

ココグルメの特徴 2.
総合栄養食基準のレシピ

手作りご飯は確かに美味しく食べてくれるけど栄養バランスが不安…
そういった思いをお持ちの飼い主様も多いかと思います。

ココグルメは日本でも数少ない「栄養学を専門とする獣医師の先生」に監修を受け、総合栄養食(※)の基準に適応したレシピで作られています。

※総合栄養食とは、「そのご飯と水だけで、健康に生きるために必要な栄養素を全て取れる」という国が定めた基準に沿ったドッグフードのことです。

ココグルメの特徴 3.
徹底したヒューマングレード

ご存知の通り、ドッグフードは「食品衛生法の範囲外」とされており、人間のご飯と比べて低い衛生基準で製造・管理されてきました。

私たちのドッグフードは、人間が食べるものと同じ食材を仕入れ、同じ衛生基準で調理・配送する、正真正銘の「ヒューマングレード」のドッグフードです。

愛犬の健康のために
手作りドッグフードが選ばれる理由

手作りのご飯は「栄養バランスを正すのが難しい」「調理に手間がかかる」といった大変な点もありますが、実は健康との良い関係性があるという研究結果もわかっています。

手作りご飯を与え続けていた飼犬は32ヶ月長生きしていた

市販のドッグフードを与え続けた飼い犬と、市販ドッグフードを与えながら一部手作りを与えていた飼い犬、手作りし続けた飼い犬の3つクラスタの寿命を分析した結果、手作りし続けた飼い犬は平均32ヶ月も長生きしていたことがわかった。
Relation between the domestic dogs' well-being and life expectancy statistics essay(2003)

さらに、手作りご飯のみを与えていた飼犬が32ヶ月も長生きしていたことが分かっただけではなく、部分的に与えていた子も長生きしていたことが分かっています。

週3回以上野菜を与えていた飼犬は膀胱癌リスクが90%低かった

欧米で飼われている175頭のスコティッシュテリアの生態を調査した。
年齢や体重、毛の色などの指標を調整して集計した結果、週に3回以上ドッグフードとは別に野菜を摂取していた犬はTCC(膀胱癌)の発生リスクと逆相関していた。
緑黄色野菜の場合は逆相関が見られたが、アブラナ科の野菜やビタミン類での補給には逆相関が見られなかった。
Evaluation of the Effect of Dietary Vegetable Consumption on Reducing Risk of Transitional Cell Carcinoma of the Urinary Bladder in Scottish Terriers(2005)

ビタミン剤ではなく野菜そのものを与えていることが重要であることがわかり、「手作りのご飯」を食事として取り入れることが重要だと考えられています。

手作りご飯を手軽に与えられる
ココグルメが今なら送料無料980円で試せる!

送料無料980円で試せる!
手に取りやすい単品買い切り
15日間全額返金保証付き

手作りのドッグフードに興味をお持ちの方に是非オススメしたいココグルメですが、試すなら「今が一番お得」です!

400gとたっぷり入ったモニターコースが、期間限定で送料無料980円お試しいただけます!
※体重2~3kgの小型犬で約7食分の分量です。

また自動的に定期コースに切り替わることはなく、単品買いきりでお試しいただけますし、初回購入に限り15日間の全額返金保証もついてきます!

1日100名様までの数量限定キャンペーンですので、ぜひこの機会をお見逃しなくお試しください!

送料無料で試せる1日100名様限定モニターはこちら
この記事を書いた人
岩橋洸太
株式会社バイオフィリア 代表取締役社長

慶應義塾大学経済学部卒業後、証券会社で上場準備支援業務に従事
社会に出てからも幼い頃に聞いた不幸な動物の話に心を痛めた経験が心に残り、ペット領域での起業を決意し、2017年に(株)バイオフィリア設立

現在は日本初の総合栄養食基準に準拠した獣医師監修手作りドッグフードであるココグルメを手がける他、メディア事業を展開
ココグルメの開発に際しては一から動物栄養学を学び、自らレシピ考案に携わる
「動物の幸せから人々の幸せを」を企業理念に、アニマルウェルフェアカンパニーとして全ての動物が幸せになれる世界の実現を目指す。
3匹の保護猫に囲まれて暮らす大の動物好き

\ SNSで友人にシェアしよう /