/ 愛犬の健康のために / 高齢犬・老犬の心得 / 高齢犬が下痢になりやすい原因と対策

高齢犬が下痢になりやすい原因と対策

最終更新: 2020.06.22
高齢犬が下痢になりやすい原因と対策
\ SNSで友人にシェアしよう /

犬をはじめとしたペットは、ペットではなく家族として扱われるケースも少なくありません。病気をすれば病院に行くこともありますし、中にはスーパーマーケットまで家族と出かける場合もあります。

とは言え、人間のように犬も年を取るもので高齢になるにつれてどうしても体が弱ってきてしまいます。

特に多いのが下痢の症状だと言われているのですが、ここでは高齢犬がなぜ下痢になりやすいのか、下痢を防ぐための食事選びのポイントや下痢の際の注意点などを説明します。    

高齢犬が下痢になりやすい原因は?    

上述の通り、高齢犬は下痢になりやすいと言われています。

もちろん、その他にも高齢による何らかの症状が出ることもあるのですが、排泄は犬の健康状態を確かめるために重要なポイントなので特に気を付けなければならないのです。

下痢になりやすい原因として、まずは腸内環境の悪化が挙げられます。人間の体内にはひだ状になった突起があり、それによって何かを食べた時に消化吸収を促進し排泄をスムーズに行っています。

犬にも同じ機能が備わっており、消化吸収から排泄までの流れは人間と大きく変わらないのです。

 

この突起には腸の健康を維持するための善玉菌が住みついています。ところが、加齢によって突起そのものの数や善玉菌の数が減少してしまい、反対に悪玉菌が住みつき健康維持が難しくなってしまうのです。

これにより、腸内環境が悪化し下痢が増えるのです。

下痢になりやすい理由の2つ目が、消化液の分泌が減少してしまうことです。犬も人間の高齢者と同じように、若い頃に比べて感覚器官が衰えてしまいます。

反応が鈍くなるだけでなく、犬が若い頃にはなかったような、飼い主が少し犬から離れただけでも寂しがったり落ち着きがなくなると言われています。

つまり、日常のちょっとしたことでも不安やストレスを感じやすくなるのです。そうなると、自律神経が不安定になり消化液の分泌にまで悪影響を及ぼしドッグフードなど普段から食べているようなものでも、消化吸収がスムーズに行えなくなります。

これにより、下痢になってしまうのです。

 

下痢になる理由の3つ目は、体温調節機能の衰えによるものです。この点も人間の高齢者と同じように、高齢犬も体温調節機能が衰えてしまいます。

例えば夏の暑い日に、家の中でクーラーを使用しているにもかかわらず犬が体温の低下に気が付かずにお腹を冷やしてしまい、下痢をするようなことも多いです。

また、冬の寒い日にもお腹が冷えていることに気が付かずにいることもありますので、注意深く観察し対応することが大切です。   

高齢犬が下痢しにくい食事選びのポイント    

下痢をさせないためにも、飼い主はしっかりと犬の様子を観察する必要があります。

また、下痢をしにくい食事を取り入れることも大切なのです。下痢をしにくい食事選びのポイントですが、まずは消化吸収の良いドッグフードを選ぶことです。

上述の通り、高齢犬は消化液の分泌が減少してしまうため、スムーズな消化吸収が難しくなります。そのため、シニア用や胃腸ケア用の消化吸収をしやすいドッグフードを選ぶことで下痢をする可能性を抑えられるかもしれません。

 

とは言え、急にいつものドッグフードと違うものを食べさせることで胃腸を刺激し逆に下痢を誘発する可能性もあります。これを避けるために、食事の様子をしっかりと観察し問題なく食べられているかを確認することも大切です。

仮に問題があるようであれば、いつものドッグフードを食べやすいようにふやかしたり、シニア用や胃腸ケア用のものを少しずつ与えるなどの工夫が必要です。

食事の栄養素を考えることも、食事選びのポイントです。21世紀に入り、ペット用の食事の研究も進んできました。その中でも、腸内環境を整える乳酸菌や消化酵素の働きが注目されています。

 

単純にドッグフードを与えるだけでなく、これらの栄養素を加えることで加齢により弱ってきた胃腸の働きを助けられるかもしれません。

栄養素はサプリメントで比較的補給しやすくなってはいますが、どうしても使用したくないのであればハーブも良いです。ハーブは腸の粘膜を保護するなど消化器官に良い影響があると言われていますので、考慮すると良いです。

さらに、ドッグフードなどを購入する際に単純に値段だけで決めないことも重要です。極端に高いもの、安いものというのではなくあくまでもペットの状態や調子に合わせて選ぶことも、食事選びの大切なポイントです。

高齢犬が下痢の時はこまめな水分補給を     

上述のような、高齢犬が下痢をしないように気を付けていてもどうしても下痢をしてしまうこともあります。

下痢をした際には何らかの体調不良を引き起こしていると言われていますので、落ち着いて対応しなければなりません。

そのために大切なことは、水分補給をこまめに行うことです。人間もそうですが、犬も体調を維持するためには一定量の水分が必要です。

しかし下痢をすることでその水分が便と一緒に排出されてしまい、場合によっては脱水症状に陥ることもあります。

 

高齢犬は若い頃に比べて体力が衰えてしまっているので、脱水症状を長時間放っておくと命の危険にさらされる可能性があるのです。

そこで、下痢をした時には便を処理することよりも素早く水分補給をする必要があるのです。ただし、脱水症状の状態で中々水を飲んでくれないということもあるかもしれません。

そのような場合には、浸透圧調節により吸収しやすく作られたハイポトニック飲料が良いとされています。ただし、脱水症状を防ぐためとはいえ大げさに飲ませすぎるのも良くはありません。

普段飲んでいる量よりも飲むことで、下痢を悪化させてしまうことがあるからです。普段からどのくらいの量の水を飲んでいるかを把握することも、飼い主に求められることです。

高齢犬のことをしっかり考える    

高齢犬を若い犬と同じように扱うと、思わぬ時に適切な対応が難しくなるかもしれません。

犬も加齢によって体の機能が衰えていくことを理解し、このような症状があった時にはどう行動するなどを確認しておくことが大切です。

ペットも家族と考えている人にしてみれば、美味しいものをお腹いっぱい食べさせたいと思うかもしれませんが、それが反対に下痢を起こさせる可能性もあります。

ペットを家族と考えるのであれば、ドッグフードに含まれる成分に注意を払い、日頃からその様子を観察し健康管理をする必要があるのです。

ドッグフードを買い変えるなら
手作りドッグフード「ココグルメ」はいかがですか?

・健康的なドッグフードを与えたいのに選び方がわからない。

・飽きっぽくて毎回選び直すのが大変。

・いつも与えているドッグフードを全然食べてくれなくなった。

と言った、ドッグフード選びの悩みをお持ちではないでしょうか?


ココグルメはそんな「ドッグフードのお悩み」を解決する、全く新しい手作りのドッグフードです。

\今なら送料無料980円で試せる/
獣医師監修の手作りドッグフード - ココグルメ -

ココグルメは、手作りならではの抜群の食いつきと総合栄養食基準の栄養バランスを両立した、「美味しくて健康に良い」手作りのドッグフードです。

ココグルメの特徴 1.
新鮮な食材を使った手作りドッグフード

私たち人間が食べるご飯と同じように、低温での調理し冷凍で配送する正真正銘の手作りご飯です。

ドライフードのように乾燥させて風味が飛んでしまったり、レトルト加工などで栄養価を損なうことなく、素材の旨みと栄養をそのまま生かした美味しいご飯です。

ココグルメの特徴 2.
総合栄養食基準のレシピ

手作りご飯は確かに美味しく食べてくれる!
でも栄養バランスは大丈夫?
そういった思いをお持ちの飼い主様も多いかと思います。

ココグルメは日本でも数少ない「栄養学を専門とする獣医師の先生」に監修を受け、総合栄養食(※)の基準に適応したレシピで作られています。

※総合栄養食とは、「そのご飯と水だけで、健康に生きるために必要な栄養素を全て取れる」という国が定めた基準に沿ったドッグフードのことです。

ココグルメの特徴 3.
徹底したヒューマングレード

ご存知の通り、ドッグフードは「食品衛生法の範囲外」とされており、人間のご飯と比べて低い衛生基準で製造・管理されてきました。

私たちのドッグフードは、人間が食べるものと同じ食材を仕入れ、同じ衛星基準で調理しお客様の元に配送する、正真正銘の「ヒューマングレード」のドッグフードです。

ココグルメを試すなら今がチャンス!

送料無料980円で試せる!
手に取りやすい単品買い切り
30日間全額返金補償付き

ドッグフードの切り替えを感がている方にぜひオススメしたいココグルメですが、試すなら「今が一番お得」です!

1.1kgとたっぷり入ったモニターコースが、期間限定で送料無料980円お試しいただけます!
※体重3kgのトイプードルで約7日分の分量です。

また自動的に定期コースに切り替わることはなく、単品買いきりでお試しいただけますし、初回購入に限り30日間の全額返金保証もついてきます!

1日100名様までの数量限定キャンペーンですので、ぜひこの機会をお見逃しなくお試しください!

ココグルメを最安で試せるお得なキャンペーンはこちら
\ SNSで友人にシェアしよう /