/ 愛犬の健康のために / ココグルメのアレンジレシピ / ココグルメをアレンジしよう【卵と春きゃべつのイースターグルメ】

ココグルメをアレンジしよう【卵と春きゃべつのイースターグルメ】

ココグルメをアレンジしよう【卵と春きゃべつのイースターグルメ】
\ SNSで友人にシェアしよう /

旬の具材をたっぷり使った、ウサギがかわいいイースターココグルメ。2021年のイースターは4月4日、パーティーにもぴったりなかわいいレシピになりましたので、ぜひ一度お試しください!

卵や春キャベツの食感はココグルメとちょっと変わるので、飽きっぽい子にもおすすめです♪

手作りアレンジレシピの材料

ココグルメ 80g
きゃべつ 7g
うずらの卵 1個
イチゴ 1個
黒胡麻 4粒

※分量は体重5kg程度の小型犬用の目安です。ワンちゃんの体型によって分量を変えてください。

春キャベツの特徴

春キャベツはみずみずしい甘みを感じる春の野菜です。
葉の部分を与えることがおすすめです。

うずらの卵の特徴

春に生まれる卵は成熟する期間が長い為、栄養価・美味しさがUP!

手作りアレンジレシピの手順

卵と春きゃべつのイースターグルメを作るまでの手順を紹介します。

1. うずらの卵とキャベツを茹でる 

鍋にうずらの卵と卵が浸かる量の水を入れて火にかけ、沸騰して3分後に火を止めます。

そのまま2分放置した後水にさらし、殻を剥く。キャベツは、沸騰したたっぷりのお湯で30秒〜1分程茹でた後、冷ましましょう。

2. 食材を切る

うずらの卵は縦半分に切った後、両耳部分に切り込みを入れる。

キャベツは、細かくみじん切りに。イチゴはヘタを切り落とし縦半分にした後、小さく12〜16等分に。

3. 盛り付ける

解凍したココグルメの上に、2.で調理したのキャベツを盛り付け、うずらの卵は切り込み部分にイチゴを挿し込み、目の部分に黒ごまをつけウサギを作り、中央に乗せたら完成です。

うずらの卵を使った手作りドッグフードに期待できる効果

うずらの卵は犬にとって適したたんぱく質源であり、妊娠中のワンコの体調維持や子犬の健やかな成長に役立ちます。

主な栄養素は、タンパク質・資質・鉄分・葉酸・ビタミンA/B1/B2/B12と豊富に含まれています。

うずらの卵に含まれるタンパク質は、動物に必要な三大栄養素の一つであり、生きていく上で特に重要な栄養素です。血液や筋肉などの体を作っていくために活用され、生命活動の維持改善に必要な酵素などの物質にも変換されます。

手作りドッグフードココグルメ
アレンジレシピまとめ

ココグルメのアレンジレシピを紹介させていただきました!ワンちゃんも私たちと同じように、食事をもっと楽しんでくれたら嬉しいですよね!

与える際は、アレルギーに注意し最初は少しずつ与えるようにしましょう♪
※体調に不安がある場合や、持病がある場合はかかりつけの獣医さんに相談して下さい。

※アレンジレシピは総合栄養食に準拠しておりません
※アレンジレシピは(ココグルメ 80%・アレンジレシピの具材20%)程度の内訳になっています。
※アレルギーの子や病気の子、体調を崩しやすい子は、かりつけの獣医師に相談してから与えてください。

この記事を書いた人
岩橋洸太
株式会社バイオフィリア 代表取締役社長

慶應義塾大学経済学部卒業後、証券会社で上場準備支援業務に従事
社会に出てからも幼い頃に聞いた不幸な動物の話に心を痛めた経験が心に残り、ペット領域での起業を決意し、2017年に(株)バイオフィリア設立

現在は日本初の総合栄養食基準に準拠した獣医師監修手作りドッグフードであるココグルメを手がける他、メディア事業を展開
ココグルメの開発に際しては一から動物栄養学を学び、自らレシピ考案に携わる
「動物の幸せから人々の幸せを」を企業理念に、アニマルウェルフェアカンパニーとして全ての動物が幸せになれる世界の実現を目指す。
3匹の保護猫に囲まれて暮らす大の動物好き

\ SNSで友人にシェアしよう /