タイムセール
あと 17時間
7日間
お試し
980円/kg

「もっと良いご飯を食べさせたい」「うちの子が食べてくれるか不安・・・」
そんな飼い主様にオススメです!

今すぐ
注文

愛犬のためのアレルギー対応したドッグフードの選び方

2019.10.10

動物には、あらゆる病原体などの侵入から体を守るために免疫力が働きます。この免疫力が、体へは無害である食べ物などに過剰に反応してしまうことから、アレルギーが発生してしまうと言われています。

このアレルギーは人間のみならず、ペットとして身近に存在している犬にも当てはまります。

大切な家族である愛犬を守るためにも、アレルギー検査やそれに対応したドッグフード選びなど適切な対処をしていきましょう。

愛犬への危険!アレルギーとは?

犬のアレルギーとして考えられる原因は、ノミやハウスダストによって反応する場合と、食物を原因としたアレルギーが一般的に多いと言われています。

これらのアレルギーによって引き起こされる症状は、かゆみや発疹、鼻炎や皮膚炎など様々です。その症状が強い時には、嘔吐や痙攣などを引き起こしてしまう可能性も考えられます。

 

中でも、約4割もの犬が該当すると言われている食物アレルギーは要注意です。

 

食物によって起こるアレルギーは、季節を問わずどの犬でも発症する可能性があるので気をつけなければなりません。アレルギーがある場合、その時期は早くて生後2〜3ヶ月、多くの犬が1歳頃に発症します。

年中発症する可能性があり症状も季節に関係なく出るので、日常的に与えている食物が原因であると、なかなか気付きにくく判断が難しくなります。

また、長期的に摂取を続けた食物でアレルギー反応を起こしてしまう事も多く、このような時にも注意しなければなりません。

 

アレルギー反応が出やすい食物は、牛肉やラム肉、小麦や乳製品など複数あり、ドッグフードに使われているものが多いとされています。

食物アレルギーの多くが、目や口周り、足の付け根など体を痒がり、その部分を舐めたり擦り付けたりと過剰な反応をします。

特に耳は食物アレルギーに大きく関係していると言われているので、耳が赤く腫れていたり気にするような仕草をしている時は注意が必要です。

アレルギー症状はドッグフードで予防・抑制できる

血液検査でアレルゲンを特定することができるので、かゆみなどの症状が見られた場合はまずはきちんとアレルギー検査を受けることが大切です。
一般的にアレルギー反応が出た状態には、その症状を抑えるために抗ヒスタミン剤やステロイド剤が処方されることがあります。

しかし食物アレルギーは薬物療法の効果が得られないことが多く、その症状がなかなか改善されないことから薬の投与量を増やしていくうちに、余計に体を壊してしまう危険性があるのです。

搔き壊しなどの症状が強く出ている時には薬を使用することがありますが、基本的にはアレルゲンとなる食物を除去することが有効と言えます。

 

アレルゲンを突き止めることができたら、そのアレルゲンが含まれていないドッグフードを選びましょう。
近年では、食物アレルギー対応のドッグフードが販売されています。かかりつけの医師と相談をしながら、アレルゲンとなる食物を含まないものを食べさせてあげることが大切です。

また、着色料や保存料など食品添加物もアレルギー反応を引き起こす原因となる可能性があるので、これらも避けておく必要があります。

 

一度アレルギーが出てしまうと、その原因食物に対しての反応を体が記憶しているので、アレルゲンを体に入れる度に症状が出てしまいます。場合によっては一生そのアレルギーと付き合っていかなければなりません。

しかし、これまでに反応が出てしまったアレルゲンでも、その食物を長期間除去することや体の成長によって、再び食べられるようになる可能性があります。

そのため、愛犬のアレルギー体質に合わせてドッグフードを選び、アレルゲンを含まないドッグフードを与えるのはとても有効です。

ドッグフードを正しく選んでアレルギーに対応しよう

ドッグフードは、犬の成長発達に必要な栄養素がバランス良く配合されています。
しっかりとバランスが取れているドッグフードであれば、そのドッグフードの適量とお水で犬の健康を維持することができるのです。

このようなドッグフードを総合栄養食と呼び、ペットフードの公正取引協議会で基準が定められています。

様々な試験をクリアし認められたドッグフードには総合栄養食と表記されているので、まずはこれを選ぶと良いでしょう。他にもおやつ用やトッピング用など目的別のドッグフードもあり、食欲や体調など必要に応じて取り入れることができます。

 

アレルギーがある場合は特定の食物を除去しなくてはならないので、栄養バランスなどの健康面が気になると思います。
しかし、このように定められた基準をクリアしたドッグフードであれば、しっかりとした栄養を十分に取り入れることが可能です。

アレルゲンが含まれていないもので、尚且つ総合栄養食として認められたドッグフードであれば、安心して与えることができるでしょう。

愛犬が口にするものを購入する際には、原材料をしっかりとチェックする癖をつけることが重要です。

アレルギーに合わせたドッグフードフードの選び方

愛犬とっても、人間と同じような食物アレルギーがあります。そして痒みや嘔吐などその症状も人間のアレルギーと似ています。

しかし、犬は自分の気持ちを言葉にする事が出来ません。

大切な愛犬が元気で健康に生活できるように、小さな変化も見逃さないようにしましょう。アレルギーの疑いがある場合は、動物病院で検査を受け原因を突き止める事が重要です。

アレルギーの出にくいドッグフードをお探しの方へ

愛犬がアレルギーをお持ちの方や、アレルギーをご心配のかたは、ドックフードにどんな食材や成分が含まれているかを十分注意する必要があります。

通常のドッグフードの場合、食材が攪拌され加熱発砲されてしまっているので、どんな成分が入っているかは製品のパッケージみて確認するしかありません。

獣医師監修の手作りドッグフード「ココグルメ」は成分表記はもちろん、どんな食材が使われているかも一目でわかる手作りのご飯なので、安心してご利用頂けます。
愛犬のアレルギーをご心配の方はぜひ一度お試しください♪

- 獣医師監修の手作りドッグフード -
CoCo Gourmetとは

新鮮な食材で手作り
総合栄養食基準のレシピ
徹底したヒューマングレード

定期注文はこちら
2回目以降の方
- 手作り以上の愛情を -
獣医師監修手作りドッグフード
3kgのトイプードルで2週間4,480円

※賞味期限は冷凍保存(-18℃以下)した場合で約1年です。期限内に使い切れる量の注文をお願いいたします。※体重ごとの給餌量と価格はこちらをご覧ください。※定期購入の変更・解約はご請求日の7日前までに指定の電話番号へのご連絡にて対応致します。※その他購入にあたって利用規約を必ずご確認ください