無添加ドッグフードの魅力とは?

犬の健康を守るためには安心安全なドッグフードを与えたいという人も多いです。世の中には無添加だけではなくグレインフリーやプレミアムドッグフードなどたくさんの商品が販売されています。

中でも人気なのが人工添加物や香料、保存料、着色料の含まれていない無添加です。どんなものが添加物なのか、本当に健康にいいのかなどを知ってから選ぶことが大切です。

「無添加」のドッグフードって何?

毎日の食事は犬の健康を守るためには重要です。良いものを選べば健康によく、悪いものを選べばドッグフードが原因で健康を損なってしまう可能性があります。

中でも人気なのが無添加ドッグフードです。無添加のドッグフードとは、酸化防止剤や香料、保存料、着色料などの使用していないドッグフードのことを指します。ただし注意したいのが、どれか一つでも不使用の場合には「無添加」と表記することができるということです。

パッケージには無添加と書かれていても実際には、着色料などが添加されているというケースはよくあります。そのためパッケージの無添加という表示だけを見るのではなく、原材料まで確認してから購入することが大切となります。

また、パッケージに完全無添加または100%無添加と表示されているものであれば安全性が高いと考えられます。ただし、完全無添加などと書かれていたとしても、犬の体に影響しない天然由来の保存料や酸化防止剤、ビタミン・ミネラル類が添加されていることもあります。

完全に保存料などを添加しないと、腐敗や酸化が早く進んでしまったり、カビや雑菌が増殖してしまう、必要な栄養素が不足してしまうなどのデメリットもあるためそれを考えて購入することがポイントです。

ドッグフードに含まれる添加物とは

ドッグフードに含まれる添加物には様々なものがありますが、特に配合されていることが多いのが酸化防止剤です。天然由来の酸化防止剤はクエン酸やローズマリー抽出物などの種類があり、犬の体には害のないものが多いです。ただし、値段が高くなる傾向があり保存期間も合成のものよりも短いという特徴があります。

対して化学由来の酸化防止剤は、値段が安く少量でも天然の酸化防止剤よりも保存期間が長いのが特徴です。一般的に化学由来の酸化防止剤は犬の体に悪い影響があると懸念されていますが、ペットフード安全法によって使用上限値は定められており、長期間食べていても健康を害さないように管理されているのが一般的です。

きちんと安全なものを食べさせたいのであれば、添加物の入っていないまたは影響の少ない天然由来の成分を使っているものを選ぶことが重要です。

粗悪な原材料を使っているようなドッグフードには味や香りを補うために、犬の食欲を増すための味付けをしている場合があります。食いつきを良くするために使われている添加物には、料理廃油や嗜好促進剤などを使われていることが多く、劣化が激しいためそれを防ぐために強力な酸化防止剤を使われていることがあります。

嗜好促進剤である人工香料などは犬の内臓に大きな負担になってしまうため、避けることが無難です。
しかし、栄養を強化したり栄養を高める働きのある栄養添加物などを使用しているケースもあるため、添加物が一概に危険とは言えないことを覚えておきましょう。

「無添加ドッグフード」=「健康にいい」は本当?

添加物が入っている=危険というのは一概には言えませんが、添加物によってアレルギーや体調不良を引き起こす犬も実際にいるため無添加ドッグフードの方が健康に良いと考えられます。
犬の体を作るのは当然食事ですので、丈夫な体作りをするためには質の良いドッグフードを与えることは大切です。しかし、素材にこだわって添加物も使用していないドッグフードはコストがかかってしまいます。そのため、重要なのは健康維持のためにも無理なく長く続けられる価格帯のものを選ぶということがポイントです。

無添加ドッグフードは健康に良いものですが、高品質な原材料を使用しているということも犬の健康を守るためには重要となります。
そのため無添加であるということを前提に、肉食動物である犬にあった高タンパク・低炭水化物の食事が理想的です。そのためできるだけ鮮度の良い肉や魚を使用されているドッグフードを選ぶことが大切です。
できればヒューマングレードの人間でも食べることのできるレベルの食材使用しているものであれば安心と言えます。
無添加ドッグフードというだけで健康になるわけではなく、配合されている栄養素も大事です。良質なオイルが使われているか、野菜やフルーツなどでビタミンを摂取できるかにも注目して選んでいきます。配合されている栄養が多ければ犬の健康維持をしやすくなります。

ドッグフードの添加物の見分け方

無添加ドッグフードは安全ですが、添加物が全て悪いわけではないため見分け方を覚えておくことも大切です。
酸化防止剤であるミックストコフェロールはビタミンEであり、クエン酸はレモンなどに含まれ、ハーブエキスは酸化防止作用のある成分になります。
着色料や香料は色が良くなったり、香りが良くなりますが、発がん性のあるものもあるため入っていないものを選ぶようにします。

着色料・香料・保存料無添加のドッグフードをお探しの方へ

多くのドライフードは常温保存ができるよう様々な添加物が含まれており、食いつきをよくするために様々な香料や油等が使用されています。

CoCo Gourmetなら冷凍で保存すること前提につくられ、食材本来の香りを生かしたフードなので、着色料・香料・保存料は一切添加しておりません。

無添加のドックフードをお探しの方はぜひ一度CoCo Gourmetを試してみてください♪

CoCo Gourmetとは

新鮮な食材をそのままに
手作りより健康的
ヒューマングレード
いつでも 解約OK
※購入回数の縛り等は一切ございません。
※注文確定日の7日前までにご連絡ください。
30 日間全額返金保証
※各世帯で初期購入の場合のみ対象となります。
※その他こちらの条件をご確認ください。

あなたにおすすめの記事

新規注文はこちら
2回目以降の方
- 手作り以上の愛情を -
獣医師監修手作りドッグフード
3kgのトイプードルで2週間4,480円

※賞味期限は冷凍保存(-18℃以下)した場合で約1年です。期限内に使い切れる量の注文をお願いいたします。※限定キャンペーンへの応募は1世帯あたり1回までとなります。2回目以降の申し込みの場合は通常価格(1箱当たり5,600円)でのご請求となります。(送料・税別) ※体重ごとの給餌量と価格はこちらをご覧ください。※定期購入の変更・解約はご請求日の7日前までに指定の電話番号へのご連絡にて対応致します。※その他購入にあたって利用規約を必ずご確認ください