タイムセール
あと 18時間
7日間
お試し
980円/kg

「もっと良いご飯を食べさせたい」「うちの子が食べてくれるか不安・・・」
そんな飼い主様にオススメです!

今すぐ
注文

初めて飼う方のためのドッグフードの正しい選び方

愛犬を健やかに飼うためには毎日与えるドッグフードにこだわるのが飼い主の責務ですので、現在は様々な種類のドッグフードが売られているため、選ぶのに迷ってしまうことも少なくありません。

同じ犬でも品種や健康状態で必要な栄養が異なるのが普通です。飼い犬が喜び、健康に暮らすためにも最適なドッグフードの選び方について学びましょう。

愛犬にとってドッグフードは唯一と言っていいほどの栄養源です。
愛犬の健康のためにも、飼い主はドッグフードについてよく知った上で選んであげることが重要です!

愛犬の健康のために。ドッグフード選びは一番重要 

かつて、愛犬に与えるご飯は飼い主の残飯が普通でしたが、現在では犬の体に必要な栄養がバランスよく配合されたドッグフードを与えるのが当たり前になっています。

これは、人間用の食べ物は犬の体に適さない成分が含まれていることがあるためです。

 

人間には無害でも犬にとっては非常に危険な成分もあるため、現在では残飯を飼い犬に与えてはいけないとされています。特に体が小さい品種の犬は少量でも大きな影響を受けることから、健やかに飼育するためにはドッグフードを食べさせることが不可欠です。

しかし一方で、市販のドッグフードは種類が多く、どの製品が愛犬に最適なのか迷ってしまうことも決して珍しくありません。

 

犬が健やかに暮らすために必要な栄養は、同じ犬でも品種によって体のサイズや体毛の濃さ、筋肉の量などが大きく変わるためそれぞれ異なります。

愛犬の品種に最も適しているドッグフードを与えるのが飼い主に求められる責務です。ドッグフードの選び方については特定の品種に限定されている製品を購入するのが最適ですが、そのような製品は高額な物が多いので費用が嵩む欠点もあります。

また、愛犬の年齢や体調によっても最適なドッグフードは変わってくるので、予算の面も考えながら慎重に判断することが大切です。

ドッグフードを選ぶ前に、まずは分類を知ろう! 

ドッグフードには大きく、
・ドライフード
・ウェットフード
の2種類があります。金額の安さならドライフード、美味しく食べて欲しいならウェットフードを選んであげましょう!

一口にドッグフードと言っても種類は様々なので、愛犬にどの製品を与えたら良いのか迷うことがあります。また、同じドッグフードでも形状に違いがあるので買い与える際はそれぞれの特徴を把握するのが飼い主の務めです。

 

ドッグフードは大別するとドライフードとウェットフードの二種類があります。

【乾燥してカリカリ】ドライフード

ドライ系はクッキーのように固い粒状の作りになっているドッグフードで、含有している水分が10パーセント以下の製品を指します。
長期保存が出来る他、大量生産が可能なことから安価で購入出来る製品が多いのが特徴です。

ドッグフード代を安く抑えることが出来るメリットがありますが、乾燥しているので愛犬の喉が渇きやすいデメリットもあります。
そのため、ドライ系のドッグフードを与える際は水が絶対に必要です。

【新鮮食材をそのまま使った】ウェットフード

一方、ウェット系のドッグフードは含有水分が75パーセントほどの製品が該当します。

水分が多いことから、その多くは缶詰に封入されている加工肉です。ウェット系の製品は風味が良く、消化しやすいのが大きな特徴です。愛犬に喜んで食べてもらえる利点がありますが、ドライ系の製品と比べると高額になることから出費が嵩むことが欠点と言えます。

また、水分が多いので傷みやすく、開封したらすぐに食べ切る必要があるのもドライフードには無い注意点の一つです。

 

なお、現在ではドライ系とウェット系の中間にあたる、ソフトドライ系のドッグフードも増えています。
水分が35パーセント程度含まれているのでドライ系よりは柔らかく、風味も保たれているので様々な品種の犬に向いている汎用性の高さが利点です。

愛犬に合わせたドッグフードの正しい選び方

同じ品種の犬でも年齢や体の大きさ、健康状態などの理由で必要な栄養は変わります。そのため、それぞれの状態に最適な成分が配合されているドッグフードを用いるのが賢い選び方です。

例えば、高級なドッグフードは最適な栄養バランスのために高品質な食材が使われており、衛生管理等もしっかりしているため、愛犬の健康や長生きを願うなら一番です。

他にも、犬種や年齢・健康状態に合わせて特別な成分が配合されている製品も売られているので、どのような状況でも最適なドッグフードを与えることが可能です。

一方で、安価な量産品も犬に必要な最低限の栄養は含まれていますが、人間が口にしないような低品質の食材が使われていたり、配送・保管方法がずさんであり、私たちの手に届くまでに品質が大きく悪化してしまっている恐れもあります。

愛犬を長く飼い続けるには毎日与えるドッグフードにこだわり、最善の選び方を考慮するのが飼い主の責務です。

 

また、特定の品種や年齢などに特化したドッグフードは量販店では売られていない物が殆どなので、犬専門のペットショップやペットフードの通販業者などを利用する必要があります。飼い犬の健康状態によっては動物病院に問い合わせるのも一つの方法です。

家族の一員である飼い犬の体を気遣うことが出来るのは飼い主だけなので、毎日与えるドッグフードの選び方にはこだわりを持つことが大切です。

始めて飼う際のドッグフードの選び方

食事は一日の活力を養うものなのでおざなりにせず、こだわって選ぶのは人も犬も変わりません。

飼い犬は家族の一員でもあることから、いつまでも健やかに暮らしてもらうには、ドッグフードの選び方にこだわりを持つことが大切です。

年齢や体の具合に合わせて最適な一品を与えるのが愛犬の天寿をまっとうさせるための重要な条件になります。

始めての方にもおすすめのドッグフード 

始めてワンちゃんを飼う方はどんなドッグフードを飼うべきかとても悩むと思います。

多くのドライフードが市販され、人間からするとぱっと見ではそれらの違いはわかりにくですし、実際ワンちゃんに食べさせてみたら、食いつきが悪いという場合も少なくありません。

獣医師監修の手作りドッグフード「ココグルメ」は他のドッグフードとは異なり、正真正銘の手作りご飯で食材の自然な香りや美味しさがあるのでワンちゃんの食いつきも抜群です。

始めての方でも食べさせやすいドッグフードですので、ぜひ1ヶ月から試してみてください♪

- 獣医師監修の手作りドッグフード -
CoCo Gourmetとは

新鮮な食材で手作り
総合栄養食基準のレシピ
徹底したヒューマングレード

定期注文はこちら
2回目以降の方
- 手作り以上の愛情を -
獣医師監修手作りドッグフード
3kgのトイプードルで2週間4,480円

※賞味期限は冷凍保存(-18℃以下)した場合で約1年です。期限内に使い切れる量の注文をお願いいたします。※体重ごとの給餌量と価格はこちらをご覧ください。※定期購入の変更・解約はご請求日の7日前までに指定の電話番号へのご連絡にて対応致します。※その他購入にあたって利用規約を必ずご確認ください