/ 愛犬の健康のために / 犬の飼い方/育て方 / 幼犬の為に飼い主すべきコト。ドッグフードの選び方や与え方のコツを紹介

幼犬の為に飼い主すべきコト。ドッグフードの選び方や与え方のコツを紹介

最終更新: 2020.11.17
幼犬の為に飼い主すべきコト。ドッグフードの選び方や与え方のコツを紹介
\ SNSで友人にシェアしよう /

幼犬を飼うにあたり、考えなくてはいけないのはどのようなドッグフードを選べばよいのかということです。

ドッグフードとひとくちに言っても、子犬用、成犬用、シニア用、老犬用と時期に合わせて様々な種類があり、どのようなものを選べばよいのか、またどのくらい与えるべきなのかなど、飼い犬に合わせて考えなければならないことがたくさんあります。

また、それぞれの時期を誤ると、その時期の犬に必要な栄養素が欠けてしまい、体調不良の原因となったり悪い食生活の癖がついてしまったりするんです。

いつまで子犬用の餌を与えるべきなのか、成犬用に切り替えるタイミングはいつなのかも知っておくのは非常に重要ですので、今回は幼犬用ドッグフードについてまとめました。

そもそも幼犬っていつからいつまでなの?

幼犬と成犬の食生活はそれぞれ非常に異なるため、注意が必要です。特に子犬の時期特有の必要とされる栄養素があったり、子犬の時期の食生活や生活習慣はその後のワンちゃんの一生を左右するほど、大きな影響を与えます。

では、そもそも幼犬っていつからいつまでを指すのでしょうか?

大まかに分けると以下のようになっています。

超小型の犬種(成犬でおよそ4kgまで):約10か月

小型の品種(成犬で5~10kg):約10か月

中型の品種(成犬でおよそ11~25kg):約12か月

大型の品種(成犬でおよそ26〜44kg):約15か月

超大型の品種(成犬でおよそ45kg以上):約18〜24か月

この時期までに犬は立派な大人になります。

みていただいてわかるように、大型犬になればなるほど成長の速度は鈍化することがわかります。意外と早いと感じられましたか?

そのワンちゃんの成長にあったフードを与えることが最も大切です。成長したワンちゃんに子犬用のドッグフードを与えていると栄養過多となり、肥満の原因にもなってしまいます。成犬になってドッグフードを変えようと考えられている方は、まずは子犬用のフードと混ぜて、ブレンドしたフードを与えてみるのも1つの方法です。

では、この成犬になるまでの期間に必要とされる幼犬用のドッグフードや適切な食生活について詳しくみていきましょう!

幼犬の健やかな成長のために飼い主がすべきコトは?

子育てには「三つ子の魂百まで」という格言がありますが、ワンちゃんを育てるにあたっても幼い頃の育て方は非常に重要です。

幼犬である期間はワンちゃんは1年前後とあっという間にすぎてしまいますが、お迎えするに当たって飼い主が知っておくべきことをまとめました。

1. 幼犬をお迎えしたら新しい環境に慣れさせよう

幼犬はもともとブリーダーさんの家庭で育ったり、ペットショップに連れてこられたり、保護施設に映ったりと、環境が変わり続けた上で飼い主さんの元にたどり着いています。

幼犬にとって暮らす場所が変わることは非常にストレスがかかりますので、なるべく家ではゆっくりさせてあげて安心・安全な場所であることを覚えさせてあげましょう。

幼犬を迎え入れた直後は家族が皆かまいすぎてしまい、睡眠不足になってしまうなんてこともありますので、要注意です。

2. 幼犬にはトイレをしっかり覚えさせよう

トイレのしつけは幼犬を家に迎えた直後から直ぐにスタートさせる必要があります。

最初は粗相してしまっても仕方がない…

なんて考えていると、気付いたらベットやカーテンがトイレだと勘違いしてしまい、しつけようとしてもなかなか上手くいかないなんてことにもなりかねません。

幼犬をよく観察し、幼犬が目が覚ましたら歩いてトイレに誘導し(抱いて移動するよりも歩かせる方が覚えやすい)トイレが終わるまで待たせるとするのが基本です。

どうしてもトイレに留まらせることができない場合は、サークルなどを使って配置するのも重要です。

3. 幼犬の食事をしっかり管理しよう

幼犬の健康のためには、栄養バランスがキチンととれたご飯を食べる習慣をつけることが重要です。

ワンちゃんに総合栄養食のドッグフードを与えて、同じものを毎日食べきる習慣をつけるのはもちろん、飼い主さんの家族も余計なものをあげないようにルール作りをする必要があります。

幼犬のためのドッグフード選びは後ほど詳しくご説明します。

4. 幼犬にはキチンとワクチンを

生まれたばかりの幼犬はまだ体に十分な抗体を持っていないため、病気にかかりやすいです。

ワクチンを接種しておくと予防できる病気はいくつもあるので、お迎えしたらなるべく直ぐに動物病院に連れて行ってあげましょう。
※迎える前に既にワクチンを打ってもらっている子もいます。お迎え元に聞いてみましょう。

5. 幼犬のうちに社会に慣れさせよう

幼犬は今まで他のワンコに囲まれていたり、限られた人や物としか交流しておらず、社会に慣れていません。

大きくなると家族はもちろん来客と会うこともあるし、散歩に行けば他の犬に出会うこともあります。

初めての人や犬とも自然に交流できるように、幼犬のうちからたまに外に出していろんな景色や人を目にするようにしてあげることが重要です。

 

また人に「触られ慣れる」ことも大切で、トリミングや病院などで人に触られるときに、直ぐ噛み付いたり吠えたりするようになると将来大変です…!

幼犬のうちから人と触れ合うように慣れさせましょう。

6. 幼犬のうちからお留守番にも慣れさせよう

はじめは一人にしておくのは少し怖いですが、1才が近くなってきたら短い時間からお留守番もさせてみましょう。

サークルの中に入れて待たせるなどから初めて一人でも落ち着いていられるようになれば、今後飼い主さんがちょっと出かける時も心配せずにお留守番させることができます。

幼犬用ドッグフードとは?どんな違いがあるの?

犬は、生まれてから生後2ヶ月位までに最も成長すると言われています。

一般的に子犬として迎えるのは生後2ヶ月以降であると考えられますが、2ヶ月を過ぎると体重の増加は落ち着き、乳糖消化酵素が徐々に減少し、代わりにたんぱく質などの消化酵素が増加していきます。

この時期は、骨格や筋肉を正常に発達させるために、たんぱく質率30パーセント、カロリーは成犬に比べて約2倍は必要であるとされています。

 

しかし、消化器官はまだまだ未発達であるため、胃腸に負担がかかり過ぎると下痢を起こすなどの問題が生じる場合もあります

また、部位が未発達であるため、ちょっとした衝撃で骨折してしまったり、脱臼などのけがをしてしまう恐れもあります。

そのため、幼犬用のドッグフードは良質のタンパク質を中心に作られていて、消化しやすいようになっています。幼犬用のドッグフードは、粒の大きさや硬さなども工夫されています。タンパク質は良質な筋肉や内臓を作り、ウイルスや最近から体を守る抵抗力をつけるために必要不可欠な要素です。このタンパク質に関しては、注意が必要です。「〇〇副産物」や「○○ミール」と記載のあるものは絶対に避けるようにしましょう。これらの原料は基本的に非常に質の悪いタンパク質であるとされています。幼犬用のフードを選べば、基本的にこれらの原料が含まれていることはありませんが、成犬になった後にも、体の基礎を維持するためにもこの点には注意しておくことが必要です。

基本的に子犬用のフードは、子犬の顎でも噛み砕きやすいようになっているため、安心して与えることができます。

また、幼犬用のドッグフードには、ベーターカロチン、ビタミンC、ビタミンE、タウリンなどの栄養素が含まれています。これらは主に免疫力を高める効果があります。

生まれたばかりの仔犬は、母犬から与えられた抗体によって守られていますが、40~150日位でその抗体は消えてしまうと考えられています。

各種病気を予防するために予防接種を受けますが、十分な抗体をつけるには、免疫力高めてくれるタンパク質をはじめとした栄養素が必要となります。

 

さらに、子犬が健康に成長していくためにはカルシウムも必要ですが、生後5ヶ月位まではカルシウムを摂取するシステムが完成していないため、過剰に摂取すると危険な場合があります。

犬種にもよりますが、カルシウム摂取量を調整することができるフードを与えるようにしましょう。

生後4~5ヶ月位になると、子犬は脂肪を形成することができるようになるため、太りすぎにも注意が必要です。幼犬用のドッグフードはカロリーが高いため、運動不足には気を付けるようにしましょう。

幼犬用ドッグフードの選び方とは?

 

幼犬用のドッグフードと言っても、様々な種類が店舗には並んでいます。成分も価格もそれぞれ異なる場合が多いため、飼い犬にはどのフードを選べばよいのか迷ってしまう人も多いでしょう。

選び方の要点を簡単にまとめました。

《要点》

添加物をチェック

動物性たんぱく質の量をチェック

・炭水化物(穀物)をチェック

では具体的に解説していきます。

幼犬用のドッグフードを選ぶにはいくつかのポイントがあります。まずは成分表示で添加物をチェックするようにしましょう。

 

添加物の主なものとしては、酸化防止剤と着色料が挙げられます。

酸化防止剤は、ドッグフードの劣化などを防ぐために必要なものですが、BHTやBHAなどの化学合成のものは害を及ぼす可能性もあるため避ける必要があります。

ビタミンEやクエン酸などの天然由来のものを選びましょう。着色料は見た目だけのために使用されている場合がほとんどですので、使用されていないものを選ぶようにしてください。

 

次に、動物性たんぱく質の量をチェックします。原材料名の欄に一番最初に記されているものが、含有量が最も多いものとされています。

特に、先述した通り、子犬の場合はより質の高いタンパク質を与えるのが良いでしょう。ここでいう「質の良いもの」とは消化吸収がよいものを指します。消化の悪い質の悪いタンパク質を選んでしまうと、それだけで内臓に負担がかかってしまいます。

そこに、トウモロコシや小麦粉などの記載がある場合は要注意です。

犬はそもそも肉食動物であるため、植物性の成分は消化しにくい傾向にあります。チキンやビーフなどが先頭に記されているものを選びましょう。最近ではグルテンフリーやグレインフリーと記載のある商品も多く発売されています。これらのフードは基本的に穀物を含まないものであったり、穀物の量に気を遣っているものです。ここから選ぶことも選択肢の1つとして考えてみることをおすすめします。

 

また、肉であって表記の仕方が曖昧なものは避けましょう。

肉類、ミートミールなどは、何の肉を使用しているかがはっきりしないため、良質なタンパク質とは言えません。さらに、動物性の油脂の有無もチェックが必要です。肉食動物である犬に必要なのは動物性の油脂です。

植物性油脂は酸化しやすい特性があるため、酸化防止剤が多く含まれている可能性もあり避けた方がよいです。

また、動物性の油脂であっても、鶏脂なのか魚油なのかまでしっかりチェックしておくとより安心です。市販のドッグフードの中でも安価なものには、何の動物が由来の油脂が使用されているかよくわからないものもあります。「動物性脂肪」や「動物性油脂」という表記の場合は注意が必要です。

また、同時に気をつけるべきなのが、「粗脂肪」と呼ばれるもの。この「粗脂肪」は毛並みを良くしたり、皮膚の健康を維持するのに非常に役立ちます。

製品を選ぶ際にはこれらの項目に注意して選ぶようにしましょう。

 

私たちの作る獣医師監修の手作りドッグフード「ココグルメ」は、新鮮な食材を使った手作りのご飯で、人工添加物や甘味料等を使わない健康的なご飯です。

毎日の食事からトッピングやご褒美まで様々な用途で与えていただけますので、是非一度お試し頂ければ幸いです。

 

幼犬用ドッグフードの正しい与え方

子犬に餌を与える時は、体重を元に与える量を計算するのが基本です。

幼犬用のドッグフードを購入すると、袋などに標準的な給餌量の目安が記載されています。

メーカーによって、月齢×体重で表記しているものもあれば、月齢のみを元にしているものもあります。また、成犬時の体重を元に考えるという方法もあります。

 

ただし、その犬の骨格などによっては成犬になった時の体重も異なるため、与える量には幅があります。

その他にも、子犬の体重から1日に必要なカロリー量を計算して与えるという方法があります。

どの方法にしても、1日に必要な量を算出することになるため、子犬の月齢に応じて与える回数を設定し1回に与える量を計算しなければなりません。

 

回数は、3ヶ月までは5回、4~5ヶ月は4回、6ヶ月~成犬になるまでは2~3回が目安です。

1日に必要な量を算出する方法はいくつかありますが、子犬のうちは成長時期が長く続くため、食べられるだけ与えてもよいという考え方もあります。

 

子犬に餌を与えた後は、水分の摂取にも気を付けなくてはいけません。

できれば食事の直後ではなく2~30分あけてから水を与えるようにしてください。運動も必要ですが、食事をしてから2時間後位が理想的であると考えられています。

 

また子犬用から成犬用のフードに切り替えるタイミングは、犬種によって異なります。

小型犬ならば9ヶ月位、中型犬は12ヶ月、大型犬は18ヶ月位であると言われています。

幼犬がドッグフードを食べてくれない...そんな時には

「まだまだ小さな幼犬がドッグフードを食べてくれない!しょうがないからおやつばかりあげてしまっている...」

そんな飼い主さんは注意が必要です。

まだまだものゴゴロがつかない幼犬の頃にわがままをさせてしまうと、その後が大変です。「好き嫌いを言えば違うご飯をくれる」と思われてしまいます。子犬の頃の好き嫌いや食性は、その子の一生に大きな影響を与えると言われています。ご飯に対してわがままになってしまうと、その後のしつけが本当に大変なことになってしまうので、注意するようにしましょう・

では、ご飯を食べてくらない時にはどのように対処すれば良いのでしょうか。

そんな時の対処法は「次のご飯まで何もあげない」ことが効果的であると言われています

途中でお腹が空きすぎて透明の胃液を吐き出してしまうことがありますが、ここでは心を鬼にしてご飯になれてもらうしかありません。「自分が食べるものはこれなんだ」とワンコに覚えさせることが何よりも重要です。

幼犬の時期がその後一生の食事習慣や生活習慣を決める重要な時期です。

どうしても食べてくれない。そんな時にはおやつではなく、メインのフードに変化を持たせてみることを検討しましょう。

幼犬用のドッグフードは成分、与え方に注意が必要

子犬用のドッグフードは、多くの種類があります。子犬を健康に育てていくためには、店舗でドッグフードを選ぶ時にポイントをおさえて成分表示をしっかりチェックする必要があります。

繰り返しになりますが

・カロリー

・タンパク質

・カルシウムやリンなどのミネラル分

これらの成分に注目してみてください。

また、同時に添加物にも注意して見てください。

ビタミン系や天然由来の成分でしたら大きな問題はありませんが、化学添加物等が入っている場合、そのフードを避けることをお勧めします。

中には、与え続けると子犬の体に害を及ぼす可能性があるものもあるため、注意するようにしましょう。

給餌量は、犬種や月齢などにより異なり、算出方法もいくつかあります。自分の飼い犬に合わせて適正な量と回数を設定してあげましょう。餌を与えた後には、給水と運動をさせることも忘れないようにしましょう。

 

幼犬用ドッグフードが決まり仔犬が大きくなったら、いよいよ成犬用のドッグフードに切り替える必要がありますが、その際もドッグフード選びは非常に重要です。

「健康的に長生きしてほしい」

そう願う愛犬家の皆様には、獣医師監修の手作りのようなフレッシュフードであるCoCo Gourmetがオススメです。
ぜひ一度お手に取ってみてください♪

愛犬の健康と長生きのために
獣医師監修の手作りドッグフード「ココグルメ」

うちの子には健康的なドッグフードを与えたい
飽きっぽくて毎回選び直すのが大変
いつも与えているドッグフードを全然食べてくれなくなった

といったドッグフードの悩みをお持ちではないでしょうか?


獣医師監修の手作りドッグフード「ココグルメ」は「健康」と「食いつき」を両立した今注目のご飯なんです!

\今なら送料無料980円で試せる/
獣医師監修の手作りドッグフード - ココグルメ -

ココグルメは、手作りならではの抜群の食いつきと総合栄養食基準の栄養バランスを両立し、「健康」と「美味さ」を兼ね備えた手作りのドッグフードです。

ココグルメの特徴 1.
新鮮な食材を使った手作りドッグフード

私たち人間が食べるご飯と同じように、低温での調理し冷凍で配送する正真正銘の手作りご飯です。

ドライフードのように乾燥させて風味が飛んでしまったり、レトルト加工などで栄養価を損なうことなく、素材の旨みと栄養をそのまま生かした美味しいご飯です。

ココグルメの特徴 2.
総合栄養食基準のレシピ

手作りご飯は確かに美味しく食べてくれるけど栄養バランスが不安…
そういった思いをお持ちの飼い主様も多いかと思います。

ココグルメは日本でも数少ない「栄養学を専門とする獣医師の先生」に監修を受け、総合栄養食(※)の基準に適応したレシピで作られています。

※総合栄養食とは、「そのご飯と水だけで、健康に生きるために必要な栄養素を全て取れる」という国が定めた基準に沿ったドッグフードのことです。

ココグルメの特徴 3.
徹底したヒューマングレード

ご存知の通り、ドッグフードは「食品衛生法の範囲外」とされており、人間のご飯と比べて低い衛生基準で製造・管理されてきました。

私たちのドッグフードは、人間が食べるものと同じ食材を仕入れ、同じ衛生基準で調理・配送する、正真正銘の「ヒューマングレード」のドッグフードです。

愛犬の健康のために
手作りドッグフードが選ばれる理由

手作りのご飯は「栄養バランスを正すのが難しい」「調理に手間がかかる」といった大変な点もありますが、実は健康との良い関係性があるという研究結果もわかっています。

手作りご飯を与え続けていた飼犬は32ヶ月長生きしていた

市販のドッグフードを与え続けた飼い犬と、市販ドッグフードを与えながら一部手作りを与えていた飼い犬、手作りし続けた飼い犬の3つクラスタの寿命を分析した結果、手作りし続けた飼い犬は平均32ヶ月も長生きしていたことがわかった。
Relation between the domestic dogs' well-being and life expectancy statistics essay(2003)

さらに、手作りご飯のみを与えていた飼犬が32ヶ月も長生きしていたことが分かっただけではなく、部分的に与えていた子も長生きしていたことが分かっています。

週3回以上野菜を与えていた飼犬は膀胱癌リスクが90%低かった

欧米で飼われている175頭のスコティッシュテリアの生態を調査した。
年齢や体重、毛の色などの指標を調整して集計した結果、週に3回以上ドッグフードとは別に野菜を摂取していた犬はTCC(膀胱癌)の発生リスクと逆相関していた。
緑黄色野菜の場合は逆相関が見られたが、アブラナ科の野菜やビタミン類での補給には逆相関が見られなかった。
Evaluation of the Effect of Dietary Vegetable Consumption on Reducing Risk of Transitional Cell Carcinoma of the Urinary Bladder in Scottish Terriers(2005)

ビタミン剤ではなく野菜そのものを与えていることが重要であることがわかり、「手作りのご飯」を食事として取り入れることが重要だと考えられています。

手作りご飯を手軽に与えられる
ココグルメが今なら送料無料980円で試せる!

送料無料980円で試せる!
手に取りやすい単品買い切り
15日間全額返金保証付き

手作りのドッグフードに興味をお持ちの方に是非オススメしたいココグルメですが、試すなら「今が一番お得」です!

400gとたっぷり入ったモニターコースが、期間限定で送料無料980円お試しいただけます!
※体重2~3kgの小型犬で約7食分の分量です。

また自動的に定期コースに切り替わることはなく、単品買いきりでお試しいただけますし、初回購入に限り15日間の全額返金保証もついてきます!

1日100名様までの数量限定キャンペーンですので、ぜひこの機会をお見逃しなくお試しください!

送料無料で試せる1日100名様限定モニターはこちら
この記事を書いた人
岩橋洸太
株式会社バイオフィリア 代表取締役社長

慶應義塾大学経済学部卒業後、証券会社で上場準備支援業務に従事
社会に出てからも幼い頃に聞いた不幸な動物の話に心を痛めた経験が心に残り、ペット領域での起業を決意し、2017年に(株)バイオフィリア設立

現在は日本初の総合栄養食基準に準拠した獣医師監修手作りドッグフードであるココグルメを手がける他、メディア事業を展開
ココグルメの開発に際しては一から動物栄養学を学び、自らレシピ考案に携わる
「動物の幸せから人々の幸せを」を企業理念に、アニマルウェルフェアカンパニーとして全ての動物が幸せになれる世界の実現を目指す。
3匹の保護猫に囲まれて暮らす大の動物好き

\ SNSで友人にシェアしよう /