タイムセール
あと 18時間
7日間
お試し
980円/kg

「もっと良いご飯を食べさせたい」「うちの子が食べてくれるか不安・・・」
そんな飼い主様にオススメです!

今すぐ
注文

愛犬に合わせたドッグフードの選び方

愛犬の体に直接入るドッグフードは、健康づくりのためには欠かせないものとして重要視している飼い主は少なくありません。

そのためできる限り愛犬の状態に合ったドッグフードを選びたいと考えている飼い主も多いのですが、どのように選べばいいのかわからずに困っている人も多いようです。

実際にドッグフードには犬種や年齢などより愛犬に合わせやすいものがいくつかあるので、今回は愛犬に合わせたドッグフードの選び方のポイントについて解説していきます。

愛犬に合わせたドッグフードの選び方とは?

ドッグフードには色々な種類のものがありますが、愛犬に合わせたドッグフードを選びたい場合にはいくつかのポイントを押さえる必要があります。

その中でも特に重要なポイントとして挙げられているのは、犬種や体重、年齢、アレルギーの有無です。

実は犬はその種類によって体質や食性が異なっていることが多く、犬だからとどのような犬種にも同じようなドッグフードを与えていると肥満になったり病気になってしまうことがあります。

このため愛犬の犬種がどのような体質や食性を持っているのかを把握しておくことで、より愛犬にあったドッグフードを選ぶことができるのです。

 

またドッグフードの選び方として重要なのが年齢とアレルギーの有無で、犬にも人間と同じようにライフステージが存在します。

子供の時と大人になってから、そして年老いてからの状態では必要な栄養が異なりますし、胃腸などの体の状態に合わせて栄養を吸収しやすい形状のドッグフードを選ばなければいけません。

そして犬にもアレルギーがあり、アレルギーを含んだドッグフードを食べると嘔吐や下痢などの症状を起こしてしまいます。

そのため愛犬にアレルギーがないかどうかを確認し、アレルギーがあった場合はアレルゲンを取り除いたドッグフードを選ぶ必要があるのです。

 

ほかにも大型・中型・小型など犬種によって犬のサイズや体重が異なっており、それに合わせた量や栄養が含まれているものを選ぶことも大切なポイントになっています。

特に肥満になってしまった愛犬に対しては体重管理用のドッグフードを選ばなければいけないので、体重を管理するという意味でも体重に合わせることは必要と考えられています。

このようにそれぞれのポイントを踏まえてドッグフードを選ぶことで愛犬に合ったドッグフードを見つけることができ、より愛犬の健康を守ることができるようになるのです。

犬種別のドッグフードの特徴と選び方

ドッグフードの中には、特定の犬種用とされているドッグフードがあります。

特定の犬種としては犬のサイズが一般的ですが、場合によっては犬種を限定して販売されているドッグフードも見受けられます。

このように犬種別のドッグフードはそれぞれの犬種の特性や体質、そして犬種ごとのサイズに合わせた必要な栄養成分が調整されているところが一般のドッグフードとの違いです。

例えば小型犬種用の場合は1回の食べるえさの量が少ないため、少量でも必要な栄養が補えるように栄養成分が凝縮されているものが多いところが特徴とされています。

 

逆に大型犬種用の場合は豊富な栄養が含まれているのはもちろん、大きな体を維持するために必要なたんぱく質やカルシウムがたくさん含まれているところが特徴です。

また大型犬種の場合はほかの犬種と比較すると胃腸が弱いという傾向が見受けられるため、消化しやすい原材料が使われていたり少量でも栄養がしっかり取れるようになっているものが多いと言われています。

ほかにも一般的に洋犬用として販売されているドッグフードが多いのですが、柴犬などの日本犬の中にはこの洋犬用のドッグフードが合わないということがあります。

このため、穀物や野菜が多めで肉質が少なめの食性を持つ日本犬用のドッグフードも販売されているのです。

 

このように犬種別のドッグフードは、それぞれの特性を踏まえた上で栄養や原材料が調整されています。

一般的なドッグフードは中型の洋犬をベースに栄養や原材料が調整されているため、愛犬に合わせたい場合は犬種別に調整されたものを選ぶことがおすすめです。

年齢別のドッグフードの特徴と選び方

犬には大きく分けて子犬・成犬・老犬の3つのライフステージがあり、一般的なドッグフードは成犬用のものをベースとして作られています。

このため通常の成犬であれば一般的なドッグフードでも構わないのですが、子犬や老犬の場合は年齢別に合わせて調整されているドッグフードを利用することが大切です。

では年齢別のドッグフードは一般的なドッグフードと何が違うのかというと、必要な栄養の量と老化による代謝の変化が挙げられます。

 

例えば子犬の場合、成犬と比較すると体を成長させるために多くの栄養やエネルギーを必要としています。

このため成犬用のものを与えた場合は栄養不足になってしまう可能性があるため、エネルギーを中心としてたんぱく質や脂肪、カルシウムなどを豊富に含んでいるドッグフードを選ばなければいけません。

子犬用のドッグフードは子犬が成長する際に必要な栄養やエネルギーをしっかり含んでいるので、愛犬を健康に大きく育てたい場合におすすめです。

 

また老犬の場合は胃腸の消化機能や基礎代謝が下がってくるため、成犬用のドッグフードのままだと肥満になったり消化不良から栄養不足になってしまうことがあります。

そのため老犬は成犬の時よりも消化が良いものを選ぶことが大切になりますし、噛む力なども弱ってくることからできる限り柔らかいドッグフードを選ぶことが必要です。

老犬用のドッグフードはこれらのポイントを押さえた内容となっているので、病気を予防するという意味でも愛犬にうまく合わせることが可能となります。

 

このように年齢別のドッグフードは犬のライフステージ別の体の状態に合わせたものとなっており、病気の予防にもつながっています。

そのため愛犬の成長に合わせて、健康維持のために年齢別のドッグフードを選ぶことは非常に大切なことだと言えます。

愛犬の健康と成長のためにも状態に合わせたドッグフードを選び方

愛犬の健康管理は飼い主の義務であり、そのための方法の一つとして愛犬に合わせたドッグフードを選ぶことが必要になります。

主なポイントは犬種と年齢であり、それぞれに必要な栄養やエネルギーが異なっているだけではなく体の調子に合わせた内容となっているところが一般的なドッグフードとの違いです。

ほかにも体重やアレルギーなど細かい部分も踏まえてドッグフードを選んでいく必要があるため、愛犬がどのような状態であるのかをきちんと理解しておくことが大切だと言えます。

ドッグフードの選び方を知って愛犬にぴったりのドッグフードを選ぼう

- 獣医師監修の手作りドッグフード -
CoCo Gourmetとは

新鮮な食材で手作り
総合栄養食基準のレシピ
徹底したヒューマングレード

定期注文はこちら
2回目以降の方
- 手作り以上の愛情を -
獣医師監修手作りドッグフード
3kgのトイプードルで2週間4,480円

※賞味期限は冷凍保存(-18℃以下)した場合で約1年です。期限内に使い切れる量の注文をお願いいたします。※体重ごとの給餌量と価格はこちらをご覧ください。※定期購入の変更・解約はご請求日の7日前までに指定の電話番号へのご連絡にて対応致します。※その他購入にあたって利用規約を必ずご確認ください