/ 愛犬の健康のために / ドッグフードの選び方・探し方 / フレンチブルドッグに最適なドッグフードは?基礎から選び方まで徹底解説します

フレンチブルドッグに最適なドッグフードは?基礎から選び方まで徹底解説します

フレンチブルドッグに最適なドッグフードは?基礎から選び方まで徹底解説します
\ SNSで友人にシェアしよう /

犬を飼っていると心配なのがドッグフードの選び方です。高額なものを選んだはずなのに、有害物質が入っており、気づかないうちにペットの健康を害してしまうことがあります。そのため、飼い主が犬の特徴や、ドッグフードに含まれていることがある有害物質などを把握し、ペットに合ったドッグフードを選ぶことが重要です。

そこでフレンチブルドッグのドッグフードを選ぶ際はどこに着目して選べばよいのでしょうか。ここではドッグフード選びの注意点とフレンチブルドッグに合ったドッグフードの選び方について解説します。

フレンチブルドッグのドッグフードは高品質なタンパク質のものを

フレンチブルドッグは他の犬種と比べて脂肪が蓄積されやすい犬種です。ぱっと見筋肉質に見えるかもしれませんが、それは飼い主がしっかり健康管理をしているが故と言えるでしょう。

そのため、脂肪が蓄積されすぎないように、高タンパク・低脂肪・低カロリーのドッグフードを選びましょう。特に質の悪い肉や魚を使用しているドッグフードは要注意です。鹿肉など脂肪の少ない良質な肉を使ったドッグフードを選びましょう。また、基準としては、低脂肪の肉屋魚が原材料のうちの50%以上を占めているものを選んでください。 良質な肉や魚を使用しているかどうかは、ペットフードの原材料欄を見ればわかります。

はっきりラム肉や鹿肉など肉の種類が記載されていれば問題ありません。注意すべきなのはミールなど肉の種類をごまかす表記がされているものです。この場合、人間の基準をクリアできないような肉が使用されているケースが多いので避けましょう。

また、低脂肪の代わりに穀物を多く使用しているドッグフードも多いです。こちらは安価ではありますが、穀物は消化されて糖質へと変化し、脂肪に変わりやすいのでこちらも避けてください。また、そのそも犬は肉食の動物のため、穀物を消化しにくい体質だと言われています。

最近ではグレインフリー(穀物不使用)のドッグフードもたくさん発売されていますので、ドッグフードを選ぶ際には、この辺りも気にしてみるようにしてください。

フレンチブルドッグのドッグフード選びは添加物に注意

ペットフードの選び方のポイントとして知っておかなければいけないのが添加物です。

添加物とは、香料や保存料、着色料、酸化防止剤などのことを指します。ペットフードの添加物に関する規制は人間と比べて緩いです。そのため、人間の食べ物だと使用が禁止されているものがペットフードに使われていることがあります。人間の健康を害するものなら、当然犬の健康も害してしまう可能性が高いでしょう。

しかし、ペットフードの添加物を意識せずに値段で決めてしまう人も少なくありません。犬に危険を与える添加物を知り、安全なドッグフードを選びましょう。

まず注意すべきなのが着色料です。具体的に挙げていくと赤102・青2・黄色4・5など。着色料が使用されているドッグフードは見栄えが良い部分はありますが、本来は必要ないものです。特に今挙げた着色料はアレルギーを引き起こすとして北欧などでは禁止されています。

しかし、日本では許可されており、人間の食べ物にも使われています。そのため、犬はもちろん、人にもこれらの着色料が使用されている食べ物はおすすめしません。 次に紹介するのが二酸化チタンです。これは食べ物を白くする役割を持つ添加物で、人間の食べ物だとホワイトチョコレートなどに使われています。二酸化チタンは発がん性物質を含んでおり、がんだけでなく不妊やアルツハイマーなどの原因にもなると言われています。こちらも人間の食べ物に含まれていることがあり、ドッグフードはもちろん、飼い主さんの普段の食事も二酸化チタンが入っているものは避けましょう。

そして警戒したいのが酸化防止剤です。酸化防止剤はドッグフードの品質低下を防ぎ、賞味期限を長くする役割を持っています。しかし、体に悪いものであり、アレルギーや病気になってしまう可能性があるので、酸化防止剤が使用されているものはなるべく避けましょう。

特に注意すべきなのが、BHA・BHT・没食子酸プロピル・プロピレングリコール・ エトキシキンなど。これらの酸化防止剤は発がん性物質や毒性を持っており、人間の食べ物だとしようが禁止されているので避けてください。

フレンチブルドッグの皮膚トラブルはドッグフードで解決!

フレンチブルドッグは他の犬種と比べて皮膚が弱いです。

そのため、アトピー性皮膚炎など皮膚系の病気を持っている子も多い傾向にあります。アトピーなどの皮膚関連の病気にならないためには、肌に優しいシャンプーを使うなどの対策も大切ですが、健康でバランスの取れた食事も重要です。

アトピーの治療においては胃の調子を整えることが大切と言われています。よってドッグフードも食物繊維やビタミンB郡など胃を整えてくれる成分が含まれているものを選びましょう。また、なかなか良いドッグフードが見当たらないなら、干し芋やバナナなどを与えるのも良いです。

ただし、ペットフードの他に食べ物を与えるとなると、量が多くなってしまうこともあります。そうならないように、しっかりと一日の摂取量を確認し、適切な量を与えてください。 加えて、アレルギーを持っている犬だと、アレルギーフードを与えている人もいるでしょう。これがアトピーの原因になっていることがあります。特に安価なアレルギーフードだと、油が多く使用されています。

油は適量なら問題ありませんが、胃の調子を悪化させてしまい、アトピーなど皮膚の病気も悪化させやすいです。そのため、油が多く使用されているアレルギーフードは避けてください。

フレンチブルドッグには骨や関節をサポートするフードを!

フレンチブルドッグは骨格的にヘルニアになりやすい犬種であり、「あまりジャンプや階段の上り下りもさせない方が良い」と言われることも多いです。

それくらい骨が弱い犬種なので、普段から骨や関節に良い栄養を摂る必要があるでしょう。具体的には、カルシウム・リン・コンドロイチン・コラーゲン・ヒアルロン酸などが挙げられます。これらの成分がドッグフードに含まれているかどうかも確認しましょう。また、ドッグフードだけで骨や関節をサポートする成分をカバーするのは難しいです。そのため、特に老齢のフレンチブルドッグならサプリメントと併用するのも良いでしょう。

フレンチブルドッグのドッグフードは成分をよく見て選ぶことが大事!

フレンチブルドッグは他の犬と比べて皮膚や骨の病気になりやすい傾向があります。そのため、飼い主がどんな栄養を食べ物でカバーする必要があるのかを理解し、適切な食事を与えることが長生きに繋がるでしょう。

ドッグフードは消耗品なのでできれば安く抑えたいところです。しかし、あまりにも安すぎると栄養をカバーできなかったり、健康に悪影響な成分が含まれていたりして、大事なペットの健康を害してしまうことがあります。値段だけに囚われず、品質もよくチェックしてペットに合ったドッグフードを選んでください。

愛犬の健康と長生きのために
獣医師監修の手作りドッグフード「ココグルメ」

うちの子には健康的なドッグフードを与えたい
飽きっぽくて毎回選び直すのが大変
いつも与えているドッグフードを全然食べてくれなくなった

といったドッグフードの悩みをお持ちではないでしょうか?


獣医師監修の手作りドッグフード「ココグルメ」は「健康」と「食いつき」を両立した今注目のご飯なんです!

\今なら送料無料980円で試せる/
獣医師監修の手作りドッグフード - ココグルメ -

ココグルメは、手作りならではの抜群の食いつきと総合栄養食基準の栄養バランスを両立し、「健康」と「美味さ」を兼ね備えた手作りのドッグフードです。

ココグルメの特徴 1.
新鮮な食材を使った手作りドッグフード

私たち人間が食べるご飯と同じように、低温での調理し冷凍で配送する正真正銘の手作りご飯です。

ドライフードのように乾燥させて風味が飛んでしまったり、レトルト加工などで栄養価を損なうことなく、素材の旨みと栄養をそのまま生かした美味しいご飯です。

ココグルメの特徴 2.
総合栄養食基準のレシピ

手作りご飯は確かに美味しく食べてくれるけど栄養バランスが不安…
そういった思いをお持ちの飼い主様も多いかと思います。

ココグルメは日本でも数少ない「栄養学を専門とする獣医師の先生」に監修を受け、総合栄養食(※)の基準に適応したレシピで作られています。

※総合栄養食とは、「そのご飯と水だけで、健康に生きるために必要な栄養素を全て取れる」という国が定めた基準に沿ったドッグフードのことです。

ココグルメの特徴 3.
徹底したヒューマングレード

ご存知の通り、ドッグフードは「食品衛生法の範囲外」とされており、人間のご飯と比べて低い衛生基準で製造・管理されてきました。

私たちのドッグフードは、人間が食べるものと同じ食材を仕入れ、同じ衛生基準で調理・配送する、正真正銘の「ヒューマングレード」のドッグフードです。

愛犬の健康のために
手作りドッグフードが選ばれる理由

手作りのご飯は「栄養バランスを正すのが難しい」「調理に手間がかかる」といった大変な点もありますが、実は健康との良い関係性があるという研究結果もわかっています。

手作りご飯を与え続けていた飼犬は32ヶ月長生きしていた

市販のドッグフードを与え続けた飼い犬と、市販ドッグフードを与えながら一部手作りを与えていた飼い犬、手作りし続けた飼い犬の3つクラスタの寿命を分析した結果、手作りし続けた飼い犬は平均32ヶ月も長生きしていたことがわかった。
Relation between the domestic dogs' well-being and life expectancy statistics essay(2003)

さらに、手作りご飯のみを与えていた飼犬が32ヶ月も長生きしていたことが分かっただけではなく、部分的に与えていた子も長生きしていたことが分かっています。

週3回以上野菜を与えていた飼犬は膀胱癌リスクが90%低かった

欧米で飼われている175頭のスコティッシュテリアの生態を調査した。
年齢や体重、毛の色などの指標を調整して集計した結果、週に3回以上ドッグフードとは別に野菜を摂取していた犬はTCC(膀胱癌)の発生リスクと逆相関していた。
緑黄色野菜の場合は逆相関が見られたが、アブラナ科の野菜やビタミン類での補給には逆相関が見られなかった。
Evaluation of the Effect of Dietary Vegetable Consumption on Reducing Risk of Transitional Cell Carcinoma of the Urinary Bladder in Scottish Terriers(2005)

ビタミン剤ではなく野菜そのものを与えていることが重要であることがわかり、「手作りのご飯」を食事として取り入れることが重要だと考えられています。

手作りご飯を手軽に与えられる
ココグルメが今なら送料無料980円で試せる!

送料無料980円で試せる!
手に取りやすい単品買い切り
15日間全額返金保証付き

手作りのドッグフードに興味をお持ちの方に是非オススメしたいココグルメですが、試すなら「今が一番お得」です!

400gとたっぷり入ったモニターコースが、期間限定で送料無料980円お試しいただけます!
※体重2~3kgの小型犬で約7食分の分量です。

また自動的に定期コースに切り替わることはなく、単品買いきりでお試しいただけますし、初回購入に限り15日間の全額返金保証もついてきます!

1日100名様までの数量限定キャンペーンですので、ぜひこの機会をお見逃しなくお試しください!

送料無料で試せる1日100名様限定モニターはこちら
この記事を書いた人
岩橋洸太
株式会社バイオフィリア 代表取締役社長

慶應義塾大学経済学部卒業後、証券会社で上場準備支援業務に従事
社会に出てからも幼い頃に聞いた不幸な動物の話に心を痛めた経験が心に残り、ペット領域での起業を決意し、2017年に(株)バイオフィリア設立

現在は日本初の総合栄養食基準に準拠した獣医師監修手作りドッグフードであるココグルメを手がける他、メディア事業を展開
ココグルメの開発に際しては一から動物栄養学を学び、自らレシピ考案に携わる
「動物の幸せから人々の幸せを」を企業理念に、アニマルウェルフェアカンパニーとして全ての動物が幸せになれる世界の実現を目指す。
3匹の保護猫に囲まれて暮らす大の動物好き

\ SNSで友人にシェアしよう /