/ 愛犬の健康のために / ドッグフードの選び方 / 【2021最新】パグに合うドッグフードはどれ?選び方から徹底解説

【2021最新】パグに合うドッグフードはどれ?選び方から徹底解説

最終更新: 2021.03.29
【2021最新】パグに合うドッグフードはどれ?選び方から徹底解説
\ SNSで友人にシェアしよう /

顔はしわくちゃだけど、よく見ると愛らしいまん丸した目。人によく懐くため、見ただけで笑顔になって思わず虜になるような魅力を持つパグは、ペットとして人気のある小型犬です。お世話をするにあたって気を付けたいのは、日々の体調管理です。

運動はもちろん、エネルギーの元となる食事、つまりドッグフードに気を配るのは飼い主として重要な役目でもあります。ここでは、パグの体格や特徴などと合わせて、数あるドックフードの中でどんな種類のものを選んであげたらいいのかご紹介します。

パグの特徴とドッグフードの関係性

胴体がずっしりして脚が短く、お世辞にもスレンダーな見た目とは言えませんが、パグは筋肉質でしっかりとした体格をしていて、体重は平均約6~8キロと小型犬としては重めです。活発で小さく動き回るイメージもありますが、実はあまり活動的ではないことから太りやすいとされているため、肥満率の高い犬種として知られています。一日30分を目安に運動するよう心掛けると良いでしょう。 パグは食欲旺盛なところがありますが、だからといって与えすぎには注意です。ドックフードに記載された目安量を参考にしながら、量が多すぎないように調整する必要があります。運動の量と食事の量のバランスを取るのが大事なのは、犬も人間も同じです。可愛いペットのために長く健康でいてもらうためには、日常のお世話の仕方が大きく左右します。

さらには量だけではなく、ドックフードの質も考えてあげるのがベストです。私たちが食べるお菓子や高カロリーな食事を与えないのはもちろん、ドッグフードを選ぶ時には原材料表記を確認するようにしましょう。適性の体重よりも大幅に超えてしまうと病気のリスクが高くなってしまいます。パグにとって理想的な体重と健康を維持するためには、ドックフードの選び方は重要と言えます。

パグには高品質なタンパク質が使用されているドッグフードを選ぶ

パグの健康を維持するために、たんぱく質、脂質、ビタミンやミネラルは欠かせない栄養素です。まず、パグのドッグフードの選び方として、高品質なタンパク質が使用されているドッグフードを選ぶ方法があります。太りやすい体質のパグにとって、たんぱく質が主原料、もしくは多く含まれているドッグフードを選ぶと消化吸収がいいことがおすすめの理由として挙げられ、他にも消化を促して腸内環境が整っていると健康につながります。

また、筋肉の発達を助けるたんぱく質は、基礎代謝を上げて太りにくくする効果も期待できます。さらには、体の様々な組織はたんぱく質から構成されており、健康的な皮膚を保つことはアレルギーを起こしやすい傾向にあるパグにとって大切です。 ドッグフードの原材料表記は、配合されている割合が多い順番に記載されています。そのため、初めに小麦やとうもろこしが記載されているものではなく、肉や魚が書かれているものを選ぶと良いでしょう。更にいえば、肉類だけでなく、鶏肉やオーガニックチキン、ラム生肉などどういったお肉の種類を使っているのかしっかり記載されているドッグフードの方が信頼性がより高いと言えます。

サーモンやマグロなどの脂が比較的多い魚類は高たんぱく質に加えて、パグの健康的な皮膚や被毛を保つために大切な必須脂肪酸のオメガ3が多く含まれているため、積極的に食事に取り入れることをおすすめします。

パグの関節をサポートするドッグフードを選ぶ

関節をサポートする成分が含まれているかを確認する選び方もあります。毎日健康のために運動している愛犬でも、基本的な食事バランスが取れていないと将来影響が出やすいのが関節です。パグやダックスフントといった小型犬は胴体の大きさに対して骨付きが細く、関節に負担がかかりやすいという体質を持っています。

そこで、軟骨の主成分となるグルコサミンや軟骨に弾力性を補う効果のあるコンドロイチン、骨作りに不足しがちなコラーゲンが配合されたトータルケアをサポートするドッグフードを選ぶことで栄養素を補給することができます。また、最近では栄養補給としてサプリも見られます。加齢に伴って栄養が不足しやすくなるため、こちらは必要に応じて利用すると良いでしょう。

人工添加物が使用されているドッグフードは避ける

近年は健康ブームによって天然由来の成分の安全性が高いことが注目され、意識的に人工添加物が含まれていないものを選ぶ人が増えてきています。それはドッグフードを選ぶ場合も同様です。ドックフードに含まれる人工添加物としては、保存料や着色料、乳化剤が使われている可能性があり、それは保存性を高めたり、見た目を良くしたり、混ざりにくいものを混ざりやすくするためにとても効果的なため、使用されています。 その反面、毒性を持つものもあり、愛犬にとってはそれを体に取り入れ続けることで発がん性をもたらすなどの健康被害が出る可能性が考えられます。

例えば、除草剤にも使われるエトキシキンや保存料や酸化防止剤として使われるBHAやBHT、ドッグフードに含まれるお肉を鮮やかなピンク色に保つ目的で使われる亜硝酸ナトリウムなど、これらすべては環境省が発表しているペットフード安全法において、使用に制限がある人工添加物で成分規格が設定されています。ウェットタイプのドッグフードに使われる保湿や制菌を目的としたプロピレングリコールなど、他にも多くの人工添加物が存在しています。 天然の添加物は合成されて作られたものではなく、天然に存在する物質を使用しているものもあります。人工添加物に比べると保存力は高くありませんが、体により優しく無害であることがほとんどです。ペットフードを探す際には、無添加や天然添加物のみ使用した自然派のペットフードを優先して選ぶと安心して食べさせられるでしょう。また、保存期間が長いものなどはどうしても人工添加物が多く使われていますので、そちらにも注目して選ぶことをおすすめします。

パグのドッグフードの選び方にこだわってみよう

ドッグフードを選ぶ際に、カロリーが高いドッグフードや人工添加物が含まれたドッグフードを与えたからといってすぐに病気に直結することはありませんが、食習慣として長期的に見ると、良質な栄養素や自然素材を使用したちょっとこだわりのドッグフードを選んであげることで元気に過ごしやすくなります。

お世話をする飼い主である私たちにとっても、愛犬が健康的でいてくれることが最大の喜びになるでしょう。パグにとって理想のペットフードを見つけて、健康的な生活をサポートしてあげましょう。

 

愛犬の健康と長生きのために
獣医師監修の手作りドッグフード「ココグルメ」

うちの子には健康的なドッグフードを与えたい
飽きっぽくて毎回選び直すのが大変
いつも与えているドッグフードを全然食べてくれなくなった

といったドッグフードの悩みをお持ちではないでしょうか?


獣医師監修の手作りドッグフード「ココグルメ」は「健康」と「食いつき」を両立した今注目のご飯なんです!

\今なら送料無料980円で試せる/
獣医師監修の手作りドッグフード - ココグルメ -

ココグルメは、手作りならではの抜群の食いつきと総合栄養食基準の栄養バランスを両立し、「健康」と「美味さ」を兼ね備えた手作りのドッグフードです。

ココグルメの特徴 1.
新鮮な食材を使った手作りドッグフード

私たち人間が食べるご飯と同じように、低温での調理し冷凍で配送する正真正銘の手作りご飯です。

ドライフードのように乾燥させて風味が飛んでしまったり、レトルト加工などで栄養価を損なうことなく、素材の旨みと栄養をそのまま生かした美味しいご飯です。

ココグルメの特徴 2.
総合栄養食基準のレシピ

手作りご飯は確かに美味しく食べてくれるけど栄養バランスが不安…
そういった思いをお持ちの飼い主様も多いかと思います。

ココグルメは日本でも数少ない「栄養学を専門とする獣医師の先生」に監修を受け、総合栄養食(※)の基準に適応したレシピで作られています。

※総合栄養食とは、「そのご飯と水だけで、健康に生きるために必要な栄養素を全て取れる」という国が定めた基準に沿ったドッグフードのことです。

ココグルメの特徴 3.
徹底したヒューマングレード

ご存知の通り、ドッグフードは「食品衛生法の範囲外」とされており、人間のご飯と比べて低い衛生基準で製造・管理されてきました。

私たちのドッグフードは、人間が食べるものと同じ食材を仕入れ、同じ衛生基準で調理・配送する、正真正銘の「ヒューマングレード」のドッグフードです。

愛犬の健康のために
手作りドッグフードが選ばれる理由

手作りのご飯は「栄養バランスを正すのが難しい」「調理に手間がかかる」といった大変な点もありますが、実は健康との良い関係性があるという研究結果もわかっています。

手作りご飯を与え続けていた飼犬は32ヶ月長生きしていた

市販のドッグフードを与え続けた飼い犬と、市販ドッグフードを与えながら一部手作りを与えていた飼い犬、手作りし続けた飼い犬の3つクラスタの寿命を分析した結果、手作りし続けた飼い犬は平均32ヶ月も長生きしていたことがわかった。
Relation between the domestic dogs' well-being and life expectancy statistics essay(2003)

さらに、手作りご飯のみを与えていた飼犬が32ヶ月も長生きしていたことが分かっただけではなく、部分的に与えていた子も長生きしていたことが分かっています。

週3回以上野菜を与えていた飼犬は膀胱癌リスクが90%低かった

欧米で飼われている175頭のスコティッシュテリアの生態を調査した。
年齢や体重、毛の色などの指標を調整して集計した結果、週に3回以上ドッグフードとは別に野菜を摂取していた犬はTCC(膀胱癌)の発生リスクと逆相関していた。
緑黄色野菜の場合は逆相関が見られたが、アブラナ科の野菜やビタミン類での補給には逆相関が見られなかった。
Evaluation of the Effect of Dietary Vegetable Consumption on Reducing Risk of Transitional Cell Carcinoma of the Urinary Bladder in Scottish Terriers(2005)

ビタミン剤ではなく野菜そのものを与えていることが重要であることがわかり、「手作りのご飯」を食事として取り入れることが重要だと考えられています。

手作りご飯を手軽に与えられる
ココグルメが今なら送料無料980円で試せる!

送料無料980円で試せる!
手に取りやすい単品買い切り
15日間全額返金補償付き

手作りのドッグフードに興味をお持ちの方に是非オススメしたいココグルメですが、試すなら「今が一番お得」です!

1.1kgとたっぷり入ったモニターコースが、期間限定で送料無料980円お試しいただけます!
※体重3kgのトイプードルで約7日分の分量です。

また自動的に定期コースに切り替わることはなく、単品買いきりでお試しいただけますし、初回購入に限り15日間の全額返金保証もついてきます!

1日100名様までの数量限定キャンペーンですので、ぜひこの機会をお見逃しなくお試しください!

送料無料で試せる1日100名様限定モニターはこちら
この記事を書いた人
岩橋洸太
株式会社バイオフィリア 代表取締役社長

慶應義塾大学経済学部卒業後、証券会社で上場準備支援業務に従事
社会に出てからも幼い頃に聞いた不幸な動物の話に心を痛めた経験が心に残り、ペット領域での起業を決意し、2017年に(株)バイオフィリア設立

現在は日本初の総合栄養食基準に準拠した獣医師監修手作りドッグフードであるココグルメを手がける他、メディア事業を展開
ココグルメの開発に際しては一から動物栄養学を学び、自らレシピ考案に携わる
「動物の幸せから人々の幸せを」を企業理念に、アニマルウェルフェアカンパニーとして全ての動物が幸せになれる世界の実現を目指す。
3匹の保護猫に囲まれて暮らす大の動物好き

\ SNSで友人にシェアしよう /