/ 愛犬の健康のために / ドッグフードの選び方 / 【2021最新】ビーグルの特性にあうドッグフードの選び方を徹底解説

【2021最新】ビーグルの特性にあうドッグフードの選び方を徹底解説

最終更新: 2021.03.29
【2021最新】ビーグルの特性にあうドッグフードの選び方を徹底解説
\ SNSで友人にシェアしよう /

愛犬の健康を守るには、適切なドッグフード選びが欠かせません。人間もそうであるように、犬も毎日の食事で摂取した栄養素をもとにその体を形作っているからです。愛犬の健康を守り、少しでも長生きしてもらいたいと考えるなら、まずドッグフードの選び方にこだわると良いでしょう。

犬は種類ごとに特性やかかりやすい病気が異なるため、それらに配慮したドッグフード選びが重要になります。この記事では、ビーグルにあったドッグフードを選ぶときに注目したいポイントをご紹介します。

ビーグルの特性とドッグフードの関係性

ビーグルにあうドッグフードの選び方を見ていく前に、ビーグルの特性をおさらいしておきましょう。ビーグルは、漫画「PEANUTS」に登場するスヌーピーのモデルとして有名な犬種です。原産国はイギリスで、古くは狩猟犬として活躍していました。

群れを成して狩りをしていたことから、高い協調性と社会性、そして筋肉質な体を持っているのが特徴です。走ったり遊んだりするのが大好きですが、運動量が不足するとたちまち太ってしまう犬種でもあります。そのため、ビーグルの飼い主は積極的に愛犬を散歩に連れ出す必要があります。また、ビーグルは食いしん坊なため、運動量の確保だけでなく適切な食事管理も必要です。 さらに、ビーグルは「軟骨異栄養性犬種」に分類される犬でもあります。軟骨異栄養性犬種とは、軟骨の変性を起こしやすい種類の犬のことです。これに分類される犬種は、椎間板ヘルニアを発症しやすいと言われています。体重が増えやすいビーグルは肥満で足腰に負担をかける可能性があるため、軟骨異栄養性犬種の中でも椎間板ヘルニアのリスクが高いです。肥満や椎間板ヘルニアになりやすいビーグルの健康維持には、食事による体重管理が欠かせません。

食事による体重管理でもっとも重要なのは毎日与えるドッグフードの量ですが、フードの量と同じくらい重要なのがどんなフードを与えるかです。 ビーグルにあったドッグフード選びのポイントは次の3つです。

・太りやすいビーグルの体調管理に必要な「豊富なタンパク質」を含んでいること

・走り回るのが大好きなビーグルの関節を守る「関節ケア成分」が配合されていること

・健康リスクが指摘されている「人工添加物」が入っていないこと

ビーグルの健康管理を始めたい方は、まずこれら3つのポイントに注目してドッグフードを選ぶと良いでしょう。

ビーグルには低品質なタンパク質のドッグフードを避ける

ビーグルの体にあったドッグフードの選び方で最初に注目したいのが、豊富なタンパク質が含まれているかどうかです。

タンパク質は筋肉、骨、臓器など体のさまざまな組織を形作る重要な栄養素です。特に猟犬として活躍していたビーグルはその筋肉質な体を保つため、多くのタンパク質を必要とします。もしタンパク質が不足すると、筋肉量が低下して活発に動ける体を維持できません。そうなると自然と運動不足になり、結果的に太りやすくなってしまいます。タンパク質が不足すると基礎代謝量も低下するため、じっとしているときに消費されるカロリーが減り、より一層太りやすくなってしまうのです。 しかし、ビーグルに豊富なタンパク質が必要だからといって、「どんなタンパク質でもOK」というわけではありません。同じタンパク質でも、高品質なタンパク質を与える必要があります。具体的には植物性食品のタンパク質ではなく、動物性食品のタンパク質を選ぶと良いでしょう。

タンパク質の質を表す指標に「アミノ酸スコア」があります。アミノ酸スコアとは、人の体に必要な必須アミノ酸の利用効率を評価した数値で、これが高いほど良質なタンパク源であることを示しています。肉や魚などの動物性食品は、アミノ酸スコア100を誇る良質なタンパク源です。一方、植物性のタンパク質を含んでいる米・トウモロコシ・小麦などの食品は、肉や魚と比べてアミノ酸スコアが良くありません。それぞれのアミノ酸スコアは精白米が65、トウモロコシが31、小麦が37と動物性食品には及ばない数値に留まっています。したがって、植物性食品よりも動物性食品の方が含有するタンパク質の品質が高いと言えます。

犬の場合、アミノ酸スコアの算出に使われる9つのアミノ酸に加えて、アルギニンが必要です。動物性食品には、このアルギニンも豊富に含まれています。つまり、ビーグルに与えるドッグフードとして最適なのは、高品質なタンパク質を含んでいる動物性食品を主なタンパク源とする製品です。

運動量の多いビーグルには関節をサポートするドッグフードを選ぶ

ビーグルに適したドッグフードの選び方として次に注目したいのが、関節を保護する成分が入っているかどうかです。ビーグルは太りやすい体質なため、食事管理が重要と前述しました。肥満は糖尿病などの疾患につながるだけでなく、関節にかかる負担を増大させるため、関節の病気を引き起こす原因にもなります。また、ビーグルの健康維持には豊富な運動量が欠かせません。運動量が多くなれば、当然関節にかかる負荷も大きくなり、関節の病気を発症しやすくなると言えます。

加えて、ビーグルは「股関節形成不全」を持っている個体が多く、関節に痛みや炎症を起こしやすい犬種です。股関節形成不全とは、股関節の緩みが原因で股関節が異常な形になってしまう病気のことです。股関節にある軟骨の損傷により、痛みや炎症を引き起こします。このように、関節に病気を抱えやすいビーグルには関節をサポートしてくれる成分が入ったドッグフードが適しています。 具体的には、グルコサミンやコンドロイチン、EPA、DHAが配合されているドッグフードを選びましょう。グルコサミンとコンドロイチンは、関節の軟骨に含まれる成分です。2つを同時に摂ることで、関節組織の修復や炎症の緩和が期待できます。EPAやDHAはオメガ3系脂肪酸に分類される成分で、関節炎の症状の改善が期待できます。

ビーグルには人工添加物を使用していないドッグフードを選ぶ

ビーグルの健康を考慮したドッグフード選び方で最後に注目したいのが、人工添加物の有無です。ドッグフードには多くの人工添加物が含まれています。その目的は「使用期限を延ばす」「見た目を良くする」「形を保つ」などさまざまです。ドッグフードに配合される添加物は、ペットフード安全法と呼ばれる法律でルールが決められています。ドッグフードに配合される添加物のうちのいくつかはこの法律で配合できる上限量が決められています。

基準が決められていない添加物も、食品添加物や飼料添加物の基準を参考に使い方や使用量に細心の注意が払われています。したがって、日本国内で流通しているドッグフードに関して言えば、人工添加物にそこまで敏感になる必要はないでしょう。しかし、日本の法律ではドッグフードは食品に分類されていないため、人間が口にする食品よりも添加物の基準が緩めに設定されています。健康リスクが指摘されている添加物が使用できたり、人間用の食品よりも添加物の配合上限量が高く設定されている場合があります。そのため、安心・安全のドッグフード選びを徹底したいなら、人工添加物が極力含まれていないドッグフードを選ぶのが賢明です。 注意したい人工添加物は数多くありますが、ここでは最低限チェックしておきたい添加物をご紹介します。

まず気を付けたいのが、BHAとBHTです。これらは酸化防止剤としてドッグフードに配合されています。しかし、発がん性や染色体異常のリスクが指摘されているため、愛犬の健康を考えるなら避けたい成分と言えるでしょう。また、赤色2号と黄色4号、青色1号などの着色料の成分にも注意が必要です。これらはタール色素と呼ばれるもので、ドッグフードの見た目を良くする目的で配合されています。見た目が良いかどうかは犬の健康に無関係ですから、これらが配合されているドッグフードは避けた方が良いでしょう。

ビーグルにはビーグルにあったドッグフードを選ぼう

狩猟犬として活躍したビーグルは、肥満に悩まされやすい犬種です。肥満はさまざまな病気の引き金になるため、徹底した食事管理による肥満予防が必要です。高品質なタンパク質が豊富に含まれているドッグフードを選べば、ビーグルの狩猟犬らしい体を維持でき、肥満予防にもつながります。

加えて、関節を保護する成分が配合されていたり、人工添加物に配慮されているドッグフードを選べば、より愛犬の健康を維持しやすくなるでしょう。今回紹介したポイントを参考に、愛犬に適したドッグフードを選んでみてください。

 

愛犬の健康と長生きのために
獣医師監修の手作りドッグフード「ココグルメ」

うちの子には健康的なドッグフードを与えたい
飽きっぽくて毎回選び直すのが大変
いつも与えているドッグフードを全然食べてくれなくなった

といったドッグフードの悩みをお持ちではないでしょうか?


獣医師監修の手作りドッグフード「ココグルメ」は「健康」と「食いつき」を両立した今注目のご飯なんです!

\今なら送料無料980円で試せる/
獣医師監修の手作りドッグフード - ココグルメ -

ココグルメは、手作りならではの抜群の食いつきと総合栄養食基準の栄養バランスを両立し、「健康」と「美味さ」を兼ね備えた手作りのドッグフードです。

ココグルメの特徴 1.
新鮮な食材を使った手作りドッグフード

私たち人間が食べるご飯と同じように、低温での調理し冷凍で配送する正真正銘の手作りご飯です。

ドライフードのように乾燥させて風味が飛んでしまったり、レトルト加工などで栄養価を損なうことなく、素材の旨みと栄養をそのまま生かした美味しいご飯です。

ココグルメの特徴 2.
総合栄養食基準のレシピ

手作りご飯は確かに美味しく食べてくれるけど栄養バランスが不安…
そういった思いをお持ちの飼い主様も多いかと思います。

ココグルメは日本でも数少ない「栄養学を専門とする獣医師の先生」に監修を受け、総合栄養食(※)の基準に適応したレシピで作られています。

※総合栄養食とは、「そのご飯と水だけで、健康に生きるために必要な栄養素を全て取れる」という国が定めた基準に沿ったドッグフードのことです。

ココグルメの特徴 3.
徹底したヒューマングレード

ご存知の通り、ドッグフードは「食品衛生法の範囲外」とされており、人間のご飯と比べて低い衛生基準で製造・管理されてきました。

私たちのドッグフードは、人間が食べるものと同じ食材を仕入れ、同じ衛生基準で調理・配送する、正真正銘の「ヒューマングレード」のドッグフードです。

愛犬の健康のために
手作りドッグフードが選ばれる理由

手作りのご飯は「栄養バランスを正すのが難しい」「調理に手間がかかる」といった大変な点もありますが、実は健康との良い関係性があるという研究結果もわかっています。

手作りご飯を与え続けていた飼犬は32ヶ月長生きしていた

市販のドッグフードを与え続けた飼い犬と、市販ドッグフードを与えながら一部手作りを与えていた飼い犬、手作りし続けた飼い犬の3つクラスタの寿命を分析した結果、手作りし続けた飼い犬は平均32ヶ月も長生きしていたことがわかった。
Relation between the domestic dogs' well-being and life expectancy statistics essay(2003)

さらに、手作りご飯のみを与えていた飼犬が32ヶ月も長生きしていたことが分かっただけではなく、部分的に与えていた子も長生きしていたことが分かっています。

週3回以上野菜を与えていた飼犬は膀胱癌リスクが90%低かった

欧米で飼われている175頭のスコティッシュテリアの生態を調査した。
年齢や体重、毛の色などの指標を調整して集計した結果、週に3回以上ドッグフードとは別に野菜を摂取していた犬はTCC(膀胱癌)の発生リスクと逆相関していた。
緑黄色野菜の場合は逆相関が見られたが、アブラナ科の野菜やビタミン類での補給には逆相関が見られなかった。
Evaluation of the Effect of Dietary Vegetable Consumption on Reducing Risk of Transitional Cell Carcinoma of the Urinary Bladder in Scottish Terriers(2005)

ビタミン剤ではなく野菜そのものを与えていることが重要であることがわかり、「手作りのご飯」を食事として取り入れることが重要だと考えられています。

手作りご飯を手軽に与えられる
ココグルメが今なら送料無料980円で試せる!

送料無料980円で試せる!
手に取りやすい単品買い切り
15日間全額返金補償付き

手作りのドッグフードに興味をお持ちの方に是非オススメしたいココグルメですが、試すなら「今が一番お得」です!

1.1kgとたっぷり入ったモニターコースが、期間限定で送料無料980円お試しいただけます!
※体重3kgのトイプードルで約7日分の分量です。

また自動的に定期コースに切り替わることはなく、単品買いきりでお試しいただけますし、初回購入に限り15日間の全額返金保証もついてきます!

1日100名様までの数量限定キャンペーンですので、ぜひこの機会をお見逃しなくお試しください!

送料無料で試せる1日100名様限定モニターはこちら
この記事を書いた人
岩橋洸太
株式会社バイオフィリア 代表取締役社長

慶應義塾大学経済学部卒業後、証券会社で上場準備支援業務に従事
社会に出てからも幼い頃に聞いた不幸な動物の話に心を痛めた経験が心に残り、ペット領域での起業を決意し、2017年に(株)バイオフィリア設立

現在は日本初の総合栄養食基準に準拠した獣医師監修手作りドッグフードであるココグルメを手がける他、メディア事業を展開
ココグルメの開発に際しては一から動物栄養学を学び、自らレシピ考案に携わる
「動物の幸せから人々の幸せを」を企業理念に、アニマルウェルフェアカンパニーとして全ての動物が幸せになれる世界の実現を目指す。
3匹の保護猫に囲まれて暮らす大の動物好き

\ SNSで友人にシェアしよう /