タイムセール
あと 2時間
7日間
お試し
980円/kg

「もっと良いご飯を食べさせたい」「うちの子が食べてくれるか不安・・・」
そんな飼い主様にオススメです!

今すぐ
注文

チワワの飼い主様必見!チワワに適したドックフードの選び方とは?

犬を飼っている方には小型犬が好きという方も多く、中でも特に小さくて可愛らしいチワワが好きな人も多いようです。しかしチワワはその体の小ささや元々住んでいた国の気候なども相まって、日本にいる柴犬などとは飼い方が異なっています。

気温や湿度等の環境はもちろんのこと、中でも影響が大きく注意が必要なのが食べ物の問題です。今回はチワワを飼っているなら知っておきたいドッグフード選びのコツや注意点について解説します。よりチワワに詳しくなって、愛犬がより健やかに過ごせる環境を整えてあげましょう。

チワワってどんな犬種?体重や特徴を知ろう!

そもそもチワワとはどういう犬種なのかご存知でしょうか?チワワとはメキシコのチワワ地域が原産とされる犬種で、世界的に公認された犬の中で最も小さい犬として有名です。原産国がメキシコとはいえ実際には当時メキシコからアメリカへと持ち帰られた3匹のチワワを、50年という長い年月をかけて繁殖、交配、固定化などを経て現在のチワワの形になった経緯があり、メキシコ生まれアメリカ育ちと言えます。

チワワは顔のサイズと比較して大きめのくりっとした目や大きく突き出た耳、短めの鼻など子犬のままでいるかのような見た目で愛らしく、体の小ささもあってあまり家が広くない場合でも飼いやすく、現代では広く普及した室内犬です。

チワワは子犬のような見た目ではありますが、多くの犬に見られるように遊びが大好きで飼い主に忠誠を誓う特徴があります。また体が小さいためやや臆病ではあるものの、比較的よく吠えるので番犬として家を守ってくれるでしょう。

体高がおよそ12cmから20cm、体重が1.5kgから3kgほどが一般的で、とにかく小さな体なため部屋のスペースなどはあまり使わず飼うことができ食事量も少なく済む点がありますが、体が小さいため気温に体調が左右されやすくあまり高温、低温になりそうなときは空調で快適な環境にしてあげる必要があります。

適温は25度前後とされていますが、もともとメキシコなどの暑い地方出身なのでどちらかと言うと冬場の低温にこそ注意した方が良いでしょう。

小型犬で体のサイズがあまり極端には変化しないため低温対策のためにチワワ用の洋服を着せる家庭もあり、洋服を着たチワワの写真などがSNSなどでも人気を博しています。この体の小ささは影響の受けやすさに直結していますので、体温と同時に食べ物の成分もしっかりと管理するのがチワワの健康を保つために必要不可欠です。

チワワ用ドッグフードの選び方その1.
食いつきがいいドックフードを選ぼう

チワワの食の問題として多く上がりやすいのが、愛犬がドッグフードをあまり食べてくれない点です。もちろんドッグフードの成分も非常に重要であることに間違いはありませんが、それ以前に食べてくれないと栄養が足りずにチワワの健康状態は悪化してしまいます。

好みなどは個体によって多少の変化が出てきますので、犬の食いつきが悪いなと思ったら他の商品なども試して食いつきの良いドッグフードを探すと良いでしょう。その際に試すドッグフードを選ぶ時にはやはり低カロリー高蛋白のものを選ぶべきでしょう。カロリーが高いとチワワが無駄に脂肪を溜めてしまい健康的とは言えなくなってしまいます。

チワワは小型とは言えやはり犬であり、もともとが肉食の動物ですので成分表には大豆などの植物性蛋白質よりも、鹿肉や牛肉といった動物性蛋白質が入っている物の方が消化吸収がしやすく、チワワの少ない食事量でも十分に体を作る栄養を補ってくれます。

この鹿肉や牛肉、豚肉といった表記にこだわるのには理由があり、例えば〇〇ミールといった材料名で表記されている場合はどんな肉が使われているかわかりません。最悪病気にかかっていた動物の肉や、腐敗していた肉を消毒して使っている可能性も出てきますので材料欄に〇〇ミールではなく〇〇肉と表記されている物を選ぶことが重要です。

ドッグフードには「ヒューマングレード」と明記されている場合がありますが、これは人間が食べても良いレベルの品質を保証するものですので、安全なドッグフードを選ぶ際のポイントになります。

チワワは体が小さく関節に問題を抱えやすい犬種です。関節疾患を予防するための必要な栄養素はグルコサミンやコンドロイチンと言われる栄養素です。コンドロイチンは関節の軟骨に必要な成分で、負担に負けない強い関節を維持するために必要不可欠です。

グルコサミンはこの軟骨がすり減ってしまうのを抑えて、関節の動きをなめらかにする働きがあります。この2つをバランス良く食べさせることが、チワワを元気に走り回れる体を維持することに重要な部分になりますので選ぶ際には特に注意して見ておきましょう。

ロングコートチワワなどの毛並みが美しい犬種の場合は、オメガ3脂肪酸もしっかりと食べさせてあげる必要があります。オメガ3脂肪酸は皮膚や毛の育成を促す作用があり、毛並みを改善したり皮膚の状態を良くしてくれる働きがあります。犬の毛艶が気になる場合に特に重要視してみると良いでしょう。

チワワ用ドッグフードの選び方その2.
アレルギー予防に配合成分をチェック

犬もまた人と同じように、一般的には大丈夫なはずの食材に対して免疫が過剰反応してしまう「アレルギー反応」が出ることがあります。人の場合はスギ花粉や金属などもありますが、犬の場合は食べ物に関するアレルギーが多くなっています。

飼っているチワワにアレルギー反応と思われる物が見られる場合はまずドッグフードの成分を疑う必要があるでしょう。ドッグフードは総合栄養食なので様々な食物が使われており、どれが原因なのか判断するのが難しいですが、特にアレルギーの原因になる確率が高い食材を挙げますので、アレルギー症状が出ている際はまず原因が疑われる食材の入っていないドッグフードに切り替えて様子を見ながら、どの食材がそれなのかを探って行くと良いでしょう。

まず肉類で原因となりやすい物が、牛肉と豚肉になっています。これらはドッグフードのメインとして使われることは少なく、チワワのご飯を手作りしている場合に、人が食べる物で手に入りやすいことからチワワにも食べさせている事が多いお肉になります。

どのお肉でも可能性はゼロではありませんが、肉類の中でも比較的アレルギーになりにくいと言われているお肉が、鶏肉、鹿肉、ラム肉、馬肉となっており、市販のドッグフードは多くの場合これらのお肉を使っています。買うドッグフードを変える時はこれらのお肉を選ぶようにするとより安全と言えます。

次に穀物類です。もともと犬は穀物を食べる生き物ではないので穀物の消化は苦手です。うまく消化できずにお腹を下してしまう事もありますし、食べすぎた時にはアレルギーとなりやすいです。特に小麦やとうもろこしなどは植物性の「タンパク質」としてカサ増しに使われる事の多い食材なので要注意と言えます。

また香料や添加物などの混ぜものを避けたほうが良いでしょう。これらは人間の食べ物でも問題となっていますし、体の小さいチワワにはより大きく影響を及ぼしてしまいます。アレルギー症状を引き起こす可能性が高いだけでなく、添加物に対する拒絶反応で下痢を起こしてしまうこともありますし、発がん性の有る添加物などが使われていると重大な健康被害につながる可能性もあります。ドッグフードを選ぶ際には添加物と穀物は入っていないものを選ぶのが重要なポイントと言えます。

少ししか食べないチワワだからこそ質の高い食事が必要

体の小さいチワワだからこそ、食べ物から受ける影響は人一倍大きな物になります。また室内犬として長い年月をかけて交配されてきた犬種でもあるので体も強い方ではありません。低カロリー高蛋白な栄養素を含み、アレルギーの原因となる余分な添加物などを入れていないドッグフードを選ぶことがチワワの健康を守る重要な要素です。アレルギーに関しては個体差が大きいので原因を探るのはいろいろと試す必要がありますが、その労力に見合う愛情と愛嬌を振りまいてくれるチワワのために頑張ってみましょう。

 

「うちのチワワはあんまり食べてくれない・・・」
「うちの子がすぐドッグフードに飽きてしまう」
というようなお悩みをお持ちの飼い主の方は、是非一度CoCo Gourmetをお試しください♪

CoCo Gourmetは新鮮な食材の旨みや香りをそのまま生かしたフレッシュフードですので、少食の子でも十分な量を食べてくれます!
今なら格安で1週間分からお試しいただけるので、この機会に是非ご利用ください!

- 獣医師監修の手作りドッグフード -
CoCo Gourmetとは

新鮮な食材で手作り
総合栄養食基準のレシピ
徹底したヒューマングレード

定期注文はこちら
2回目以降の方
- 手作り以上の愛情を -
獣医師監修手作りドッグフード
3kgのトイプードルで2週間4,480円

※賞味期限は冷凍保存(-18℃以下)した場合で約1年です。期限内に使い切れる量の注文をお願いいたします。※限定キャンペーンへの応募は1世帯あたり1回までとなります。2回目以降の申し込みの場合は通常価格(1箱当たり5,600円)でのご請求となります。(送料・税別) ※体重ごとの給餌量と価格はこちらをご覧ください。※定期購入の変更・解約はご請求日の7日前までに指定の電話番号へのご連絡にて対応致します。※その他購入にあたって利用規約を必ずご確認ください