タイムセール
あと 3時間
7日間
お試し
980円/kg

「もっと良いご飯を食べさせたい」「うちの子が食べてくれるか不安・・・」
そんな飼い主様にオススメです!

今すぐ
注文

愛犬の健康のために。アレルギーに合わせたドッグフードの選び方

愛犬の口や目の周りが赤くなったり、足の裏や指のあいだを何度もなめたりかんだりしている場合はアレルギーを起こしている可能性があります。なかでも、毎日決まったドッグフードを食べている犬に多いのが食物アレルギーです。食物アレルギーを持つ犬には、アレルギーの原因になるアレルゲンを含まないドッグフードを食べさせる必要があるでしょう。

この記事では、犬の食物アレルギーが起きる原因や症状について紹介します。アレルギーに合わせたドッグフードの選び方についてもあわせてみていきましょう。 

犬の食物アレルギーってどんなもの?

アレルギーは人間だけでなく犬や猫にも起こります。アレルギーとは特定の物質を食べたり触れたりしたときに起きる免疫システムの異常反応で、過敏症のようなものだと考えるとわかりやすいでしょう。アレルギーを起こす原因物質をアレルゲンといいます。

アレルギーを持つ犬がアレルゲンに接触すると、それが本来は害のないものだった場合でも免疫システムが誤作動してアレルゲンに対する攻撃を始めます。犬がアレルギーになると皮膚のバリア機能が低下しやすいため、皮膚炎の症状が出るケースが少なくありません。バリア機能が低下すると一度発症した皮膚炎が治りにくくなり、非常にやっかいです。

犬のアレルギーには大きく3つの種類があります。ハウスダストやダニ、花粉などをアレルゲンとするアトピー性皮膚炎とノミアレルギー、そして食物アレルギーの3つです。

食物アレルギーの特徴として、毎日決まったドッグフードを食べている犬に発症する傾向が高いことが挙げられます。同じドッグフードを食べ続けていると、それに含まれる特定の原材料に接触する機会が増えてアレルギーが起こる確率が上がってしまうのです。 

犬の食物アレルギーの症状とは?ほかのアレルギーとの見分け方もチェック

犬の食物アレルギーの症状で多いのが皮膚炎です。ほかに下痢や嘔吐、フケや脱毛などの症状が出ることもあります。皮膚炎になると強いかゆみが出るのが一般的で、体の一部を繰り返しかきむしったりかんだりする行為が出てきて初めて異常に気づく飼い主も少なくありません。

口や目の周辺、耳の内側などに赤い腫れや発疹、汚れなどがある場合には食物アレルギーの発症を疑いましょう。何度も同じ部位をなめて周囲の毛が抜け、ハゲてしまうこともあります。

アトピー性皮膚炎やノミアレルギーと見分けるうえで、「最初に症状が出た部位がどこだったのか」という情報は非常に重要です。食べ物と接触する口や目の周辺、耳などから症状が出始めたのなら食物アレルギーの可能性が高まります。

治療せずに様子を見ていると症状が体全体に広がって、ほかのアレルギーと見分けがつかなくなることがあります。こうなるとアレルゲンを突き止めるのが難しくなり、治療にも時間がかかってしまいがちです。

室内飼いやドッグフードを食べる犬が増えていることもあって、犬のアレルギーが増えています。犬の健康管理を徹底して食物アレルギーの早期発見につなげましょう。

犬の食物アレルギーを起こすアレルゲンは?

犬の食物アレルギーは、ドッグフードに含まれているタンパク質や炭水化物がアレルゲンとなって起こると考えられています。猫は肉食ですが犬は雑食です。市販されているドッグフードには、通常タンパク質のほかに多くの炭水化物が含まれています。牛肉やチキン、小麦やとうもろこし、卵や乳製品といった原材料で作られているのが一般的でしょう。

価格の安いドッグフードのなかには、コストを抑えるために質の悪い肉を使っているケースもあるため注意が必要です。食いつきを良くしたり長期保存を可能にしたりするために、人工添加物や酸化防止剤が多く使われていることも少なくありません。

免疫システムが、ドッグフードに使われている原材料のいずれかをアレルゲンだと認定してしまうと、ドッグフードを食べるたびにアレルギー反応が起きてしまいます。 

愛犬が食物アレルギーになったら?アレルギーに合わせた正しいドッグフードの選び方とは 

愛犬が食物アレルギーになってしまった可能性があるなら、すぐに動物病院で診察を受けましょう。食物アレルギーの原因になるアレルゲンが何なのかを突き止めないとアレルギーの症状を抑えられないためです。症状が悪化するとアレルゲンの特定が難しくなってしまいます。飼い主だけで対処するのは容易ではありません。

最初に、食物アレルギーが起きたときに食べていたドッグフードに使われている原材料を洗い出しましょう。ドッグフードのパッケージには原材料などの情報が記載されているはずです。

食物アレルギーの治療では、皮膚炎などの症状について治療を進めながら、アレルゲンを特定していくことになるでしょう。アレルゲンになる可能性がある原材料が含まれていないフードを一定期間与えて、アレルギーが起きるかどうかを確認していきます。ひとつひとつ除外していってアレルゲンを特定する流れになるでしょう。アレルゲンが特定できたら、それを含まないフードに切り替える必要があります。

とはいえ、単一の原材料がアレルゲンになっている場合ばかりではありません。複数の原材料が関係してアレルギーを起こしているケースも多く、特定に時間がかかる可能性も出てきます。獣医の指示に従って根気良く治療を続けましょう。

治療が難しい食物アレルギーにならないように、日頃から予防に気を配ることも大切です。同じドッグフードばかりを食べさせていると、アレルギーが起きる可能性が高まります。市販のドッグフードには、魚や米、豚肉やジャガイモを原材料としている商品が少ないため、これらの原材料をメインにしたフードを食べさせるのも選択肢の一つです。原材料のタンパク質をあらかじめ分解して使うことでアレルギーを起きにくくしているドッグフードもあります。

愛犬のドッグフードを選ぶのは飼い主の責任です。飼い主が知識をつけてドッグフードの選び方や与え方に注意すれば、食物アレルギーを防ぎやすくなります。知識があれば食物アレルギーが起きてしまった場合でも、治療がスムーズに進むでしょう。特に盲点になりがちなのがおやつです。おやつのなかには、原材料が詳しく記載されていないものも少なくありません。愛犬の口に入る食べ物には十分に注意しましょう。 

愛犬が食物アレルギーになったら!アレルギーに合わせたドッグフードの選び方を知ろう

食物アレルギーになる犬が増えています。犬の食物アレルギーが疑われる場合はすぐに動物病院で診察を受けましょう。食物アレルギーが起きているなら様子を見ているうちに症状が悪化してしまう可能性も低くありません。治療によってアレルゲンを特定できたら、それを含まないドッグフードを与えましょう。

やっかいな食物アレルギーを起こさないために予防するという視点も大切です。愛犬を食物アレルギーから守れるのは飼い主だけです。アレルギーになりにくいドッグフードの選び方や与え方をしっかり学んでおきましょう。 

- 獣医師監修の手作りドッグフード -
CoCo Gourmetとは

新鮮な食材で手作り
総合栄養食基準のレシピ
徹底したヒューマングレード

定期注文はこちら
2回目以降の方
- 手作り以上の愛情を -
獣医師監修手作りドッグフード
3kgのトイプードルで2週間4,480円

※賞味期限は冷凍保存(-18℃以下)した場合で約1年です。期限内に使い切れる量の注文をお願いいたします。※限定キャンペーンへの応募は1世帯あたり1回までとなります。2回目以降の申し込みの場合は通常価格(1箱当たり5,600円)でのご請求となります。(送料・税別) ※体重ごとの給餌量と価格はこちらをご覧ください。※定期購入の変更・解約はご請求日の7日前までに指定の電話番号へのご連絡にて対応致します。※その他購入にあたって利用規約を必ずご確認ください