/ 愛犬の健康のために / 犬の食物アレルギー / 愛犬の健康のために。アレルギーに合わせたドッグフードの選び方

愛犬の健康のために。アレルギーに合わせたドッグフードの選び方

最終更新: 2020.11.17
愛犬の健康のために。アレルギーに合わせたドッグフードの選び方
\ SNSで友人にシェアしよう /

愛犬の口や目の周りが赤くなったり、足の裏や指のあいだを何度もなめたりかんだりしている場合はアレルギーを起こしている可能性があります。なかでも、毎日決まったドッグフードを食べている犬に多いのが食物アレルギーです。食物アレルギーを持つ犬には、アレルギーの原因になるアレルゲンを含まないドッグフードを食べさせる必要があるでしょう。

この記事では、犬の食物アレルギーが起きる原因や症状について紹介します。アレルギーに合わせたドッグフードの選び方についてもあわせてみていきましょう。 

犬の食物アレルギーってどんなもの?

アレルギーは人間だけでなく犬や猫にも起こります。アレルギーとは特定の物質を食べたり触れたりしたときに起きる免疫システムの異常反応で、過敏症のようなものだと考えるとわかりやすいでしょう。アレルギーを起こす原因物質をアレルゲンといいます。

アレルギーを持つ犬がアレルゲンに接触すると、それが本来は害のないものだった場合でも免疫システムが誤作動してアレルゲンに対する攻撃を始めます。犬がアレルギーになると皮膚のバリア機能が低下しやすいため、皮膚炎の症状が出るケースが少なくありません。バリア機能が低下すると一度発症した皮膚炎が治りにくくなり、非常にやっかいです。

犬のアレルギーには大きく3つの種類があります。ハウスダストやダニ、花粉などをアレルゲンとするアトピー性皮膚炎とノミアレルギー、そして食物アレルギーの3つです。

食物アレルギーの特徴として、毎日決まったドッグフードを食べている犬に発症する傾向が高いことが挙げられます。同じドッグフードを食べ続けていると、それに含まれる特定の原材料に接触する機会が増えてアレルギーが起こる確率が上がってしまうのです。 

犬の食物アレルギーの症状とは?ほかのアレルギーとの見分け方もチェック

犬の食物アレルギーの症状で多いのが皮膚炎です。ほかに下痢や嘔吐、フケや脱毛などの症状が出ることもあります。皮膚炎になると強いかゆみが出るのが一般的で、体の一部を繰り返しかきむしったりかんだりする行為が出てきて初めて異常に気づく飼い主も少なくありません。

口や目の周辺、耳の内側などに赤い腫れや発疹、汚れなどがある場合には食物アレルギーの発症を疑いましょう。何度も同じ部位をなめて周囲の毛が抜け、ハゲてしまうこともあります。

アトピー性皮膚炎やノミアレルギーと見分けるうえで、「最初に症状が出た部位がどこだったのか」という情報は非常に重要です。食べ物と接触する口や目の周辺、耳などから症状が出始めたのなら食物アレルギーの可能性が高まります。

治療せずに様子を見ていると症状が体全体に広がって、ほかのアレルギーと見分けがつかなくなることがあります。こうなるとアレルゲンを突き止めるのが難しくなり、治療にも時間がかかってしまいがちです。

室内飼いやドッグフードを食べる犬が増えていることもあって、犬のアレルギーが増えています。犬の健康管理を徹底して食物アレルギーの早期発見につなげましょう。

犬の食物アレルギーを起こすアレルゲンは?

犬の食物アレルギーは、ドッグフードに含まれているタンパク質や炭水化物がアレルゲンとなって起こると考えられています。猫は肉食ですが犬は雑食です。市販されているドッグフードには、通常タンパク質のほかに多くの炭水化物が含まれています。牛肉やチキン、小麦やとうもろこし、卵や乳製品といった原材料で作られているのが一般的でしょう。

価格の安いドッグフードのなかには、コストを抑えるために質の悪い肉を使っているケースもあるため注意が必要です。食いつきを良くしたり長期保存を可能にしたりするために、人工添加物や酸化防止剤が多く使われていることも少なくありません。

免疫システムが、ドッグフードに使われている原材料のいずれかをアレルゲンだと認定してしまうと、ドッグフードを食べるたびにアレルギー反応が起きてしまいます。 

愛犬が食物アレルギーになったら?アレルギーに合わせた正しいドッグフードの選び方とは 

愛犬が食物アレルギーになってしまった可能性があるなら、すぐに動物病院で診察を受けましょう。食物アレルギーの原因になるアレルゲンが何なのかを突き止めないとアレルギーの症状を抑えられないためです。症状が悪化するとアレルゲンの特定が難しくなってしまいます。飼い主だけで対処するのは容易ではありません。

最初に、食物アレルギーが起きたときに食べていたドッグフードに使われている原材料を洗い出しましょう。ドッグフードのパッケージには原材料などの情報が記載されているはずです。

食物アレルギーの治療では、皮膚炎などの症状について治療を進めながら、アレルゲンを特定していくことになるでしょう。アレルゲンになる可能性がある原材料が含まれていないフードを一定期間与えて、アレルギーが起きるかどうかを確認していきます。ひとつひとつ除外していってアレルゲンを特定する流れになるでしょう。アレルゲンが特定できたら、それを含まないフードに切り替える必要があります。

とはいえ、単一の原材料がアレルゲンになっている場合ばかりではありません。複数の原材料が関係してアレルギーを起こしているケースも多く、特定に時間がかかる可能性も出てきます。獣医の指示に従って根気良く治療を続けましょう。

治療が難しい食物アレルギーにならないように、日頃から予防に気を配ることも大切です。同じドッグフードばかりを食べさせていると、アレルギーが起きる可能性が高まります。市販のドッグフードには、魚や米、豚肉やジャガイモを原材料としている商品が少ないため、これらの原材料をメインにしたフードを食べさせるのも選択肢の一つです。原材料のタンパク質をあらかじめ分解して使うことでアレルギーを起きにくくしているドッグフードもあります。

愛犬のドッグフードを選ぶのは飼い主の責任です。飼い主が知識をつけてドッグフードの選び方や与え方に注意すれば、食物アレルギーを防ぎやすくなります。知識があれば食物アレルギーが起きてしまった場合でも、治療がスムーズに進むでしょう。特に盲点になりがちなのがおやつです。おやつのなかには、原材料が詳しく記載されていないものも少なくありません。愛犬の口に入る食べ物には十分に注意しましょう。 

愛犬が食物アレルギーになったら!アレルギーに合わせたドッグフードの選び方を知ろう

食物アレルギーになる犬が増えています。犬の食物アレルギーが疑われる場合はすぐに動物病院で診察を受けましょう。食物アレルギーが起きているなら様子を見ているうちに症状が悪化してしまう可能性も低くありません。治療によってアレルゲンを特定できたら、それを含まないドッグフードを与えましょう。

やっかいな食物アレルギーを起こさないために予防するという視点も大切です。愛犬を食物アレルギーから守れるのは飼い主だけです。アレルギーになりにくいドッグフードの選び方や与え方をしっかり学んでおきましょう。 

愛犬の健康と長生きのために
獣医師監修の手作りドッグフード「ココグルメ」

うちの子には健康的なドッグフードを与えたい
飽きっぽくて毎回選び直すのが大変
いつも与えているドッグフードを全然食べてくれなくなった

といったドッグフードの悩みをお持ちではないでしょうか?


獣医師監修の手作りドッグフード「ココグルメ」は「健康」と「食いつき」を両立した今注目のご飯なんです!

\今なら送料無料980円で試せる/
獣医師監修の手作りドッグフード - ココグルメ -

ココグルメは、手作りならではの抜群の食いつきと総合栄養食基準の栄養バランスを両立し、「健康」と「美味さ」を兼ね備えた手作りのドッグフードです。

ココグルメの特徴 1.
新鮮な食材を使った手作りドッグフード

私たち人間が食べるご飯と同じように、低温での調理し冷凍で配送する正真正銘の手作りご飯です。

ドライフードのように乾燥させて風味が飛んでしまったり、レトルト加工などで栄養価を損なうことなく、素材の旨みと栄養をそのまま生かした美味しいご飯です。

ココグルメの特徴 2.
総合栄養食基準のレシピ

手作りご飯は確かに美味しく食べてくれるけど栄養バランスが不安…
そういった思いをお持ちの飼い主様も多いかと思います。

ココグルメは日本でも数少ない「栄養学を専門とする獣医師の先生」に監修を受け、総合栄養食(※)の基準に適応したレシピで作られています。

※総合栄養食とは、「そのご飯と水だけで、健康に生きるために必要な栄養素を全て取れる」という国が定めた基準に沿ったドッグフードのことです。

ココグルメの特徴 3.
徹底したヒューマングレード

ご存知の通り、ドッグフードは「食品衛生法の範囲外」とされており、人間のご飯と比べて低い衛生基準で製造・管理されてきました。

私たちのドッグフードは、人間が食べるものと同じ食材を仕入れ、同じ衛生基準で調理・配送する、正真正銘の「ヒューマングレード」のドッグフードです。

愛犬の健康のために
手作りドッグフードが選ばれる理由

手作りのご飯は「栄養バランスを正すのが難しい」「調理に手間がかかる」といった大変な点もありますが、実は健康との良い関係性があるという研究結果もわかっています。

手作りご飯を与え続けていた飼犬は32ヶ月長生きしていた

市販のドッグフードを与え続けた飼い犬と、市販ドッグフードを与えながら一部手作りを与えていた飼い犬、手作りし続けた飼い犬の3つクラスタの寿命を分析した結果、手作りし続けた飼い犬は平均32ヶ月も長生きしていたことがわかった。
Relation between the domestic dogs' well-being and life expectancy statistics essay(2003)

さらに、手作りご飯のみを与えていた飼犬が32ヶ月も長生きしていたことが分かっただけではなく、部分的に与えていた子も長生きしていたことが分かっています。

週3回以上野菜を与えていた飼犬は膀胱癌リスクが90%低かった

欧米で飼われている175頭のスコティッシュテリアの生態を調査した。
年齢や体重、毛の色などの指標を調整して集計した結果、週に3回以上ドッグフードとは別に野菜を摂取していた犬はTCC(膀胱癌)の発生リスクと逆相関していた。
緑黄色野菜の場合は逆相関が見られたが、アブラナ科の野菜やビタミン類での補給には逆相関が見られなかった。
Evaluation of the Effect of Dietary Vegetable Consumption on Reducing Risk of Transitional Cell Carcinoma of the Urinary Bladder in Scottish Terriers(2005)

ビタミン剤ではなく野菜そのものを与えていることが重要であることがわかり、「手作りのご飯」を食事として取り入れることが重要だと考えられています。

手作りご飯を手軽に与えられる
ココグルメが今なら送料無料980円で試せる!

送料無料980円で試せる!
手に取りやすい単品買い切り
15日間全額返金保証付き

手作りのドッグフードに興味をお持ちの方に是非オススメしたいココグルメですが、試すなら「今が一番お得」です!

400gとたっぷり入ったモニターコースが、期間限定で送料無料980円お試しいただけます!
※体重2~3kgの小型犬で約7食分の分量です。

また自動的に定期コースに切り替わることはなく、単品買いきりでお試しいただけますし、初回購入に限り15日間の全額返金保証もついてきます!

1日100名様までの数量限定キャンペーンですので、ぜひこの機会をお見逃しなくお試しください!

送料無料で試せる1日100名様限定モニターはこちら
この記事を書いた人
岩橋洸太
株式会社バイオフィリア 代表取締役社長

慶應義塾大学経済学部卒業後、証券会社で上場準備支援業務に従事
社会に出てからも幼い頃に聞いた不幸な動物の話に心を痛めた経験が心に残り、ペット領域での起業を決意し、2017年に(株)バイオフィリア設立

現在は日本初の総合栄養食基準に準拠した獣医師監修手作りドッグフードであるココグルメを手がける他、メディア事業を展開
ココグルメの開発に際しては一から動物栄養学を学び、自らレシピ考案に携わる
「動物の幸せから人々の幸せを」を企業理念に、アニマルウェルフェアカンパニーとして全ての動物が幸せになれる世界の実現を目指す。
3匹の保護猫に囲まれて暮らす大の動物好き

\ SNSで友人にシェアしよう /