ドッグフードのグレインフリーは本当に必要?

グレインフリーのドッグフードが増えてきているため、愛犬に与えるかどうか迷っている飼い主の方もいるかもしれません。こちらでは、そのような方に向けてグレインフリーの基本的な説明をして、アレルギーとの関係も紹介します。グレインフリーは、ドッグフードを選ぶときの必須条件ではありませんが、選択肢を広げるためにも、どのようなものか知っておきましょう。

ドッグフードの「グレインフリー」ってなに?

犬は野菜や果物など、さまざまな種類の食材を食べる生き物ですが、一番消化しやすいといわれているのが牛や鶏などの肉です。そして、その反対に消化しにくいといわれているのが小麦やトウモロコシなどの穀物です。消化がしにくければ、身体に負担がかかるため、穀物は与えないほうがよいという考えがあります。

そこで、登場したのがグレインフリーのドッグフードです。グレイン(Grain)という単語は、日本語に訳すと穀物なので、グレインフリーは穀物なしという意味です。表記があるドッグフードには、小麦、トウモロコシ、大豆などの穀物が一切含まれていないため、消化が苦手な食材を愛犬に与えずに済むようになります。

ちなみに、グレインフリーと似た言葉で、グルテンフリーという言葉があります。このグルテン(Gluten)は小麦のことなので、パッケージに載っているのなら、そのドッグフードには小麦が含まれていません。
ただし、グルテンフリーの場合は、ほかの穀物は含まれている可能性があるので、愛犬に与える場合は注意をしましょう。グレインフリーのドッグフードならば、小麦を含むすべての穀物は含まれてはいません。

「グレインフリーだから良い」は間違い!ドッグフードの栄養配分を調べよう

グレインフリーというのは、穀物を使っていないことを表しているだけです。そのため、グレインフリーと説明されていても、よいドッグフードの証にはならないので気をつけましょう。もしも、本当によいドッグフードを食べさせたいのなら、栄養配分を調べて、愛犬にとって必要な栄養が配合されているものを選定する必要があります。

栄養配分はパッケージにも記載されていますが、メーカーのホームページの製品紹介のほうがさらに詳しく載っているので見にいきましょう。栄養配分だけではなく、愛犬に食べさせることのメリットやデメリットも掲載されています。

ホームページの製品紹介をチェックすれば、カロリーはもちろん、タンパク質や脂質などがどのくらい含まれているのか確認が可能です。そちらの数値を参考にすれば、愛犬にベストなドッグフードを購入できるようになります。ただ、本当にピッタリのものを見つけたい場合は、犬種や年齢など、愛犬のデータも必要です。チワワとセントバーナード、幼犬とシニア犬では、必要とする栄養素は異なるので、何が必要なのか勉強した上で選ぶようにしましょう。

なお、愛犬のことを考えて、完璧な栄養配分のドッグフードを用意できたとしても、食べてくれないのでは意味がありません。そのため、グレインフリーと栄養配分だけではなく、食いつきのよさも考えてあげましょう。味や香りなど、食いつきのよさを追求したドッグフードはいくつもあるので、愛犬の好みに合うものがきっと見つかります。ドッグフードのレビューを行っている個人サイトもあるため、実際の利用者の意見を参考にすることも可能です。

グレインフリーのドッグフードはアレルギー対策になる?

愛犬に、かゆみや下痢などのアレルギーかもしれない症状がでているのなら、まずは動物クリニックに連れていって、ドクターに診察してもらいましょう。動物クリニックでアレルギー検査をしてもらえれば、何が原因で、その症状がでているのかハッキリとさせてもらえます。

アレルギーではないことが原因で、よくない症状がでている可能性もあるので、専門家の意見をきちんと聞くようにしましょう。もしも、アレルギーの原因がとうもろこしや小麦などの穀物ならば、グレインフリーのドッグフードがアレルギー対策となります。

ただし、穀物だけではなく、複数の食材にアレルギーを持っている可能性もあるので、グレインフリーにしたからといって症状が必ず治まるわけではありません。そのため、グレインフリーのドッグフードを購入するときは、公式ホームページやパッケージの成分表を見て、何が含まれているのか把握しましょう。そこに愛犬のアレルギー食材が記載されていなかったのなら、かゆみや下痢の対策として利用できることになります。

アレルギー検査の結果があれば、ドッグフードに問題の食材が含まれていないか判断するのは簡単です。牛肉や鶏肉など、ドッグフードに含まれていることが多いものがアレルギーの原因となるケースもあるため、しっかりと調べて、使われていないものを用意してあげましょう。

ドッグフードの「グレインフリー」を正しく理解しよう

穀物を食べてもまったく問題がない個体もいるため、ドッグフードはグレインフリーでなければ駄目だということではありません。ただし、消化が上手くいっていなかったり、アレルギーの心配をしたりするのなら、グレインフリーのドッグフードの利用を考えましょう。どのようなドッグフードを与えるとしても、愛犬のことをしっかりと考えて選定することが重要です。

グレインフリーのドッグフードをお探しの方へ

ドッグフードを探す際、グレインフリーという指標はワンちゃんの消化に不安をお持ちの方がぜひ考えていただきたい指標です。その中でも特に、アレルギー物質である「小麦」が含まれていないことを意味する「グルテンフリー」は必ず抑えてておくべきだと言われています。

CoCo Gourmetはグルテンフリー・グレインフリーのドッグフードであり、素材そのものを生かしたフレッシュフードなので、どんな食材が含まれているかが一目瞭然です。

アレルギーを心配される方にぜひ選んでいただきたいドッグフードです。

CoCo Gourmetとは

新鮮な食材をそのままに
手作りより健康的
ヒューマングレード
いつでも 解約OK
※購入回数の縛り等は一切ございません。
※注文確定日の7日前までにご連絡ください。
30 日間全額返金保証
※各世帯で初期購入の場合のみ対象となります。
※その他こちらの条件をご確認ください。

あなたにおすすめの記事

新規注文はこちら
2回目以降の方
- 手作り以上の愛情を -
獣医師監修手作りドッグフード
3kgのトイプードルで2週間4,480円

※賞味期限は冷凍保存(-18℃以下)した場合で約1年です。期限内に使い切れる量の注文をお願いいたします。※限定キャンペーンへの応募は1世帯あたり1回までとなります。2回目以降の申し込みの場合は通常価格(1箱当たり5,600円)でのご請求となります。(送料・税別) ※体重ごとの給餌量と価格はこちらをご覧ください。※定期購入の変更・解約はご請求日の7日前までに指定の電話番号へのご連絡にて対応致します。※その他購入にあたって利用規約を必ずご確認ください