/ 愛犬の健康のために / 高齢犬・老犬の飼い方/育て方 / 老犬の食事選びのポイント

老犬の食事選びのポイント

老犬の食事選びのポイント
\ SNSで友人にシェアしよう /

どんなドッグフードにしたら良いのかは老犬になると大きな悩みになりがちです。

少し前まではドッグフードへの食いつきが良かったのに最近はまるで食べなくなってしまってどんな食事を与えたら良いのかと困ってしまうのも珍しいことではありません。老犬の食事選びではどんなポイントを押さえておくと良いのでしょうか。

老犬のドッグフードの決め方が難しい理由から、具体的にどのようなポイントを満たしている食事にしたら良いのかを詳細に説明していきます。    

老犬になったら食事選びに気を配ろう

犬が高齢になると食事選びが難しくなると言われているものの、そもそも老犬とはいつからなのかという疑問を持つ人もいるでしょう。

人の場合には高齢者が65歳以上とされていますが、少し前には60歳以上と定義されていました。犬の場合には実はこのような定義がありません。

一般的な考え方としては7歳からシニアの仲間入りをして、10歳から老犬と呼ぶことになっています。

犬の種類による違いこそあるものの、平均寿命が14歳前後の犬が多いので、およそその7割から8割くらいの年齢になった時点で老犬とされているのが通例です。

このくらいになると白髪や抜け毛も増え、活動度も低下するなど高齢になった様子を示す症状も次々に出てきます。    

老犬の食事選びが難しい理由

老犬の食事選びが難しいのはなぜなのでしょうか。

端的に言ってしまえばあまりにも色々な要因が重なっているので単純にこれを食べさせていれば大丈夫だとは言えないからです。

どんな要因がドッグフードの選び方を難しくしてしまうのでしょうか。

老犬の食事は、心身の機能の衰えによって変わる

加齢とともに心身の機能が衰えてしまうのが問題になります。

食べる行為そのものに大きな影響を与えるのはあごの力が弱くなってしまうことで、かむのが大変になって食べなくなることがよくあります。

また、視覚や味覚、嗅覚の低下によってドッグフードのおいしさがわからなくなってしまい、今まで好きだった食事に手を付けなくなってしまうことも珍しくありません。

また、内臓の機能も低下してしまい、消化吸収が悪くなりがちです。下痢や便秘も起こしやすくなるので、食べるとお腹の調子が悪くなると覚えてしまうと食べなくなってしまうことがあります。

老犬の食事は、痛みや病気によって変わる

老犬になると体に痛みを覚えるようになり、食べるのが大変になってしまうこともあります。歯周病や口内炎などが原因で食べたくないという反応を示すようになる老犬もいます。

また、足が痛むために姿勢を曲げづらく、食事の皿に食いつくと痛いから食べないということもあるので注意が必要です。

さらに、歯周病に限らず病気にかかってしまうリスクも高くなります。

白内障や角膜硬化症などによって目が見えなくなってしまう、認知症になって食べたかどうかがわからなくなるというのも問題になりがちです。

老犬の食事は、嗜好の変化や甘えの強まりによって変わる

年齢を重ねるにつれて嗜好が変化するのも食事を選びにくくしてしまう原因です。

五感の機能低下が問題を引き起こしているのも確かですが、脳の機能低下やホルモンバランスの乱れによる影響も受けます。

なぜ食べないのかが飼い主としても見てみてわからないので困ってしまいがちです。また、飼い主に対する甘えが強まってしまうのが問題になることもあります。

もっと食べやすいドッグフードが良いのになどと考えていて、食べられないわけではないけれど食べないで我慢するような場合もあるのです。

本当に期待しているような食事を与えないと喜んで食べてくれないことがあるのは念頭に置いておきましょう。

老犬の食事量の低下

老犬になると食事の量が減ってしまうのも問題です。

基礎代謝量が低下してしまうことに加え、足の痛みや疲れやすさなどの影響で運動量も減ってしまいます。

食が細くなるので栄養を十分に与えてあげないと健康を維持するのが難しくなりがちです。

老犬の食事選びは栄養価と食べやすさがポイント    

老犬の食事選びが難しい理由があまりにも多岐にわたっているので面食らってしまった人もいるでしょう。

しかし、二つのポイントを押さえてドッグフードを選べば解決できる可能性が十分にあります。

栄養価と食べやすさが重要なので、その理由を詳しく理解しておきましょう。

老犬の食事は栄養価が重要

栄養価の高い食事にすることで少ない量の食事でも健康を維持できるようになります。

総合栄養食となっているドッグフードを選び、さらに老化に抗える抗酸化物質も含まれているのを重視しましょう。

良質な脂質も含まれていると病気の予防にもなるので併せて考えておきたいポイントです。

老犬の食事は食べやすさが重要

心身の機能低下があっても食べたいと思ってもらうにはいかにして食べやすい食事にするかが重要でしょう。

かむのがつらくない、食べたら速やかに消化される、下痢や便秘をしないといった点は重要です。

また、衰えた嗅覚や視覚でもおいしそうだと認識できる香りや見た目で、さらに食べてみると味覚に訴えかけてくれるおいしさも兼ね備えていれば食いつきが良くなるでしょう。

老犬の食事にはウェットフードがおすすめ     

若いうちのドッグフードとしてはドライフードを選ぶことが多いでしょう。保存性も高くて使い勝手が良いことから飼い主としては便利ですが、老犬の食事の場合にはウェットフードを選ぶのがおすすめです。

ドライフードは硬いのであごが弱ってきた老犬には食べるのが大変だからです。

よく噛めなかったとしてもウェットフードなら消化が比較的良いので胃腸にかかる負担も低減されます。また、ウェットフードは水分も一緒に摂取できるのも魅力です。

水を飲むのもつらいと感じている、あるいは喉が渇いているかどうかがわからなくなっているような高齢犬であっても最低限の水分を補給できます。

食いつきが悪くて困ったときにウェットフードに切り替えるだけで食べるようになることもあるので重要な点です。    

老犬の特徴に合わせて食事を選ぼう    

老犬になると心身の衰えや代謝の低下が原因になって食事量が減りやすいものの、健康を維持するためには栄養も十分に補給できるようにしなければなりません。

あごの機能が低下していることを考慮して食べやすいウェットタイプを選び、栄養バランスが優れているだけでなく老化の進行を妨げられるように栄養価を高めているドッグフードにするのが大切です。

老犬に共通する特徴に合わせるだけでなく、飼い主としてきちんと観察を行い、食べやすくて食いつきが良い食事を用意しましょう。

 

老犬の食事選びに困ったらこちらの老犬・高齢犬向けドッグフード特集もおすすめです

 

愛犬の健康と長生きのために
獣医師監修の手作りドッグフード「ココグルメ」

うちの子には健康的なドッグフードを与えたい
飽きっぽくて毎回選び直すのが大変
いつも与えているドッグフードを全然食べてくれなくなった

といったドッグフードの悩みをお持ちではないでしょうか?


獣医師監修の手作りドッグフード「ココグルメ」は「健康」と「食いつき」を両立した今注目のご飯なんです!

\今なら送料無料980円で試せる/
獣医師監修の手作りドッグフード - ココグルメ -

ココグルメは、手作りならではの抜群の食いつきと総合栄養食基準の栄養バランスを両立し、「健康」と「美味さ」を兼ね備えた手作りのドッグフードです。

ココグルメの特徴 1.
新鮮な食材を使った手作りドッグフード

私たち人間が食べるご飯と同じように、低温での調理し冷凍で配送する正真正銘の手作りご飯です。

ドライフードのように乾燥させて風味が飛んでしまったり、レトルト加工などで栄養価を損なうことなく、素材の旨みと栄養をそのまま生かした美味しいご飯です。

ココグルメの特徴 2.
総合栄養食基準のレシピ

手作りご飯は確かに美味しく食べてくれるけど栄養バランスが不安…
そういった思いをお持ちの飼い主様も多いかと思います。

ココグルメは日本でも数少ない「栄養学を専門とする獣医師の先生」に監修を受け、総合栄養食(※)の基準に適応したレシピで作られています。

※総合栄養食とは、「そのご飯と水だけで、健康に生きるために必要な栄養素を全て取れる」という国が定めた基準に沿ったドッグフードのことです。

ココグルメの特徴 3.
徹底したヒューマングレード

ご存知の通り、ドッグフードは「食品衛生法の範囲外」とされており、人間のご飯と比べて低い衛生基準で製造・管理されてきました。

私たちのドッグフードは、人間が食べるものと同じ食材を仕入れ、同じ衛生基準で調理・配送する、正真正銘の「ヒューマングレード」のドッグフードです。

愛犬の健康のために
手作りドッグフードが選ばれる理由

手作りのご飯は「栄養バランスを正すのが難しい」「調理に手間がかかる」といった大変な点もありますが、実は健康との良い関係性があるという研究結果もわかっています。

手作りご飯を与え続けていた飼犬は32ヶ月長生きしていた

市販のドッグフードを与え続けた飼い犬と、市販ドッグフードを与えながら一部手作りを与えていた飼い犬、手作りし続けた飼い犬の3つクラスタの寿命を分析した結果、手作りし続けた飼い犬は平均32ヶ月も長生きしていたことがわかった。
Relation between the domestic dogs' well-being and life expectancy statistics essay(2003)

さらに、手作りご飯のみを与えていた飼犬が32ヶ月も長生きしていたことが分かっただけではなく、部分的に与えていた子も長生きしていたことが分かっています。

週3回以上野菜を与えていた飼犬は膀胱癌リスクが90%低かった

欧米で飼われている175頭のスコティッシュテリアの生態を調査した。
年齢や体重、毛の色などの指標を調整して集計した結果、週に3回以上ドッグフードとは別に野菜を摂取していた犬はTCC(膀胱癌)の発生リスクと逆相関していた。
緑黄色野菜の場合は逆相関が見られたが、アブラナ科の野菜やビタミン類での補給には逆相関が見られなかった。
Evaluation of the Effect of Dietary Vegetable Consumption on Reducing Risk of Transitional Cell Carcinoma of the Urinary Bladder in Scottish Terriers(2005)

ビタミン剤ではなく野菜そのものを与えていることが重要であることがわかり、「手作りのご飯」を食事として取り入れることが重要だと考えられています。

手作りご飯を手軽に与えられる
ココグルメが今なら送料無料980円で試せる!

送料無料980円で試せる!
手に取りやすい単品買い切り
15日間全額返金保証付き

手作りのドッグフードに興味をお持ちの方に是非オススメしたいココグルメですが、試すなら「今が一番お得」です!

400gとたっぷり入ったモニターコースが、期間限定で送料無料980円お試しいただけます!
※体重2~3kgの小型犬で約7食分の分量です。

また自動的に定期コースに切り替わることはなく、単品買いきりでお試しいただけますし、初回購入に限り15日間の全額返金保証もついてきます!

1日100名様までの数量限定キャンペーンですので、ぜひこの機会をお見逃しなくお試しください!

送料無料で試せる1日100名様限定モニターはこちら
この記事を書いた人
岩橋洸太
株式会社バイオフィリア 代表取締役社長

慶應義塾大学経済学部卒業後、証券会社で上場準備支援業務に従事
社会に出てからも幼い頃に聞いた不幸な動物の話に心を痛めた経験が心に残り、ペット領域での起業を決意し、2017年に(株)バイオフィリア設立

現在は日本初の総合栄養食基準に準拠した獣医師監修手作りドッグフードであるココグルメを手がける他、メディア事業を展開
ココグルメの開発に際しては一から動物栄養学を学び、自らレシピ考案に携わる
「動物の幸せから人々の幸せを」を企業理念に、アニマルウェルフェアカンパニーとして全ての動物が幸せになれる世界の実現を目指す。
3匹の保護猫に囲まれて暮らす大の動物好き

\ SNSで友人にシェアしよう /