/ 愛犬の健康のために / 犬の手作りごはん / 犬の手作りごはんはアレルギーになりやすい?

犬の手作りごはんはアレルギーになりやすい?

最終更新: 2020.11.20
犬の手作りごはんはアレルギーになりやすい?
\ SNSで友人にシェアしよう /

犬も人間と同じようにアレルギーを発症します。体調を崩しただけと思っていたら、実はアレルギーが原因の不調だったということもあるため注意が必要です。

犬のアレルギーは食べ物が関わっていることが多いので、アレルギーの症状が出たら食事を見直してみましょう。

たとえ人気のドッグフードだったとしてもアレルギーを起こすこともありますし、愛情たっぷりの手作りごはんだったとしても作り方などを間違えるとアレルギー症状が見られることも考えられます。

犬がごはんでアレルギーになる理由やアレルギーを回避する方法などを紹介します。

犬がごはんでアレルギーになる理由

犬がアレルギーを起こす原因は一つではありません。主なアレルギーの原因としてはノミ・カビ・花粉・ハウスダスト・フケ、そしてごはんです。

アレルギーの原因を特定することは難しいですが、食事の内容を変えたことでアレルギー症状が現れた場合には食物アレルギーが考えられます。

アレルギー症状は、皮膚のかゆみ・皮膚炎・腸炎です。その他には下痢や軟便、嘔吐なども見られます。食物アレルギーは、この中でも特に下痢の症状が出ることが多いため、慢性的な下痢が続く場合にはアレルギーの可能性を考えてみましょう。

 

食物アレルギーを起こす可能性のある食品には、卵、乳製品、小麦や大豆などの穀物、肉類などがあります。

ごはんが原因でアレルギーが出たと思われるときは、原因と思われる食品を除去したごはんを与えるようにします。

除去したことによってアレルギー症状が治まった場合には、除去した食品がアレルギーを起こしている可能性が高いです。

かかりつけの獣医に相談し、適切なごはんを与えられるように努めましょう。必要な場合には、アレルギー検査を行うケースもあります。

アレルギー検査を受けることによって、その犬がどの食品や物質に反応しているのかを判明させることが可能です。

 

複数の反応が出た場合には直接的な原因をそこから絞り込むことは難しいですが、アレルギーの原因を把握しておくことで予防につなげることができます。

アレルギー検査は採血で調べることができ、一般的な検査料の相場は3万円です。採血後1週間〜10日程度で検査結果が出ますので、愛犬のアレルギーが心配な場合には一度調べておくことをおすすめします。

犬のアレルギーが増加傾向にある背景には、ドッグフードの普及も関係していると考えられています。ドッグフードは数多く販売されていますが、穀物が含まれているのもあるため注意が必要です。

 

ペットフード業者の中には原価を下げてかさ増しをするためにドッグフードに穀物を入れる場合があり、そのドッグフードが原因で消化不良や下痢を起こすこともあります。

品質の悪いドッグフードは健康を損ねることもあるので、慎重に選ぶことが必要です。

犬がごはんでアレルギーにならないために

まずは犬がごはんによってアレルギーを起こすかもしれない、というリスクを十分に理解しておくことが重要です。

その上でアレルギーの原因となる食物を与えない、つまり除去していくことが一番の対処方法になります。

アレルギーは、それまで大丈夫なごはんのメニューだったとしても、突然アレルギーの症状が出ることもあるため油断できません。

アレルギーが心配な場合には、症状が出る前にアレルギー検査を行うのも一つの方法です。検査でアレルギーの可能性を特定し、原因と思われる食品を与えないようにします。

 

アレルギーの原因が含まれないごはんを与えることでアレルギーの症状は出なくなりますが、毎日の食事だけではなくおやつや落ちている食べ物を食べる「拾い食い」などにも注意してください。

家族以外の人がおやつなどを与えようとする場合もありますので、誤って食べることがないようにやめさせましょう。毎日の食事にドッグフードを与える場合には、ドッグフードの原材料などをしっかりと確認します。

アレルギーの原因となる食品を含むドッグフードは使用できません。

 

アレルギーに対応したドッグフードも多くのペットフード会社から販売されていますが、複数のアレルギーを持ってる場合には、アレルギー用のドッグフードでも食べることができないこともあります。

また食べることができるアレルギー用のドッグフードであっても、犬の口に合わずに食べてくれないという問題もあるので万能とは言えません。

アレルギーが多い犬の場合には、犬の体質に合わせてごはんを手作りする方が安心です。

犬の手作りごはんでアレルギーを予防しよう

アレルギーが多く市販のドッグフードが合わない犬には、手作りごはんが最適です。

手作りであれば、ごはんに何が含まれているかを全て把握できますし、食品の割合なども自由に調節できます。

手作りごはんのコツは、肉類が多めであるということです。本来、犬は肉食の動物になります。そのため消化器官や体の作りは、肉類に適したものになっているのが特徴です。

アレルギーのある食品を避け、人間の食事のように栄養バランスを取ろうとすると肉類が不足することがありますので注意しましょう。肉類を使用する場合には、生肉ではなく加熱をすることもポイントです。

 

火を通すことで寄生虫などのリスクも軽減することができますので、生物を使用せずに加熱を心がけましょう。

もともと食材には塩分が含まれているため、塩などの調味料は使用しなくて大丈夫です。歯の健康のためにカルシウムを摂取できるようなメニューにしましょう。

そのほかにもビタミン類やリンなども取れるようにします。

また手作りごはんを作っていると、どうしても同じメニューを繰り返しがちです。同じ食品を食べさせ続けていると、その食品がアレルギーの原因になることもあります。

一ヶ月ごとにメインの食材となる肉類の種類を切り替えたりといった工夫が必要です。

 

さらに食事の時間も、毎日できるだけ同じ時間にしましょう。

同じ時間に食事をすることで規則正しい生活リズムができ、食事の時間に食べない、だらだらと食べるといった悩みを改善できます。

食事は健康の基本!手作りごはんで犬の元気をサポート!

毎日の食事は、犬の健康に直接影響を与えます。

かゆみや皮膚炎、下痢などの症状が出た場合には、アレルギーの可能性もありますので、かかりつけの獣医に相談をしましょう。

アレルギー検査などで原因となる食品が特定された場合には、その食品を含まない食事を与えることが必要です。

体質に合うドッグフードが見つかれば良いのですが、アレルギー用のドッグフードでも合わない場合には手作りをするのがおすすめです。

犬のごはんを手作りすれば、確実にアレルギーの原因食材を除去できます。

 

愛犬に手作りごはんを与える前に、必ずチェックすべきポイントはこちらにまとめています。合わせてご覧ください。

 

愛犬の健康と長生きのために
獣医師監修の手作りドッグフード「ココグルメ」

うちの子には健康的なドッグフードを与えたい
飽きっぽくて毎回選び直すのが大変
いつも与えているドッグフードを全然食べてくれなくなった

といったドッグフードの悩みをお持ちではないでしょうか?


獣医師監修の手作りドッグフード「ココグルメ」は「健康」と「食いつき」を両立した今注目のご飯なんです!

\今なら送料無料980円で試せる/
獣医師監修の手作りドッグフード - ココグルメ -

ココグルメは、手作りならではの抜群の食いつきと総合栄養食基準の栄養バランスを両立し、「健康」と「美味さ」を兼ね備えた手作りのドッグフードです。

ココグルメの特徴 1.
新鮮な食材を使った手作りドッグフード

私たち人間が食べるご飯と同じように、低温での調理し冷凍で配送する正真正銘の手作りご飯です。

ドライフードのように乾燥させて風味が飛んでしまったり、レトルト加工などで栄養価を損なうことなく、素材の旨みと栄養をそのまま生かした美味しいご飯です。

ココグルメの特徴 2.
総合栄養食基準のレシピ

手作りご飯は確かに美味しく食べてくれるけど栄養バランスが不安…
そういった思いをお持ちの飼い主様も多いかと思います。

ココグルメは日本でも数少ない「栄養学を専門とする獣医師の先生」に監修を受け、総合栄養食(※)の基準に適応したレシピで作られています。

※総合栄養食とは、「そのご飯と水だけで、健康に生きるために必要な栄養素を全て取れる」という国が定めた基準に沿ったドッグフードのことです。

ココグルメの特徴 3.
徹底したヒューマングレード

ご存知の通り、ドッグフードは「食品衛生法の範囲外」とされており、人間のご飯と比べて低い衛生基準で製造・管理されてきました。

私たちのドッグフードは、人間が食べるものと同じ食材を仕入れ、同じ衛生基準で調理・配送する、正真正銘の「ヒューマングレード」のドッグフードです。

愛犬の健康のために
手作りドッグフードが選ばれる理由

手作りのご飯は「栄養バランスを正すのが難しい」「調理に手間がかかる」といった大変な点もありますが、実は健康との良い関係性があるという研究結果もわかっています。

手作りご飯を与え続けていた飼犬は32ヶ月長生きしていた

市販のドッグフードを与え続けた飼い犬と、市販ドッグフードを与えながら一部手作りを与えていた飼い犬、手作りし続けた飼い犬の3つクラスタの寿命を分析した結果、手作りし続けた飼い犬は平均32ヶ月も長生きしていたことがわかった。
Relation between the domestic dogs' well-being and life expectancy statistics essay(2003)

さらに、手作りご飯のみを与えていた飼犬が32ヶ月も長生きしていたことが分かっただけではなく、部分的に与えていた子も長生きしていたことが分かっています。

週3回以上野菜を与えていた飼犬は膀胱癌リスクが90%低かった

欧米で飼われている175頭のスコティッシュテリアの生態を調査した。
年齢や体重、毛の色などの指標を調整して集計した結果、週に3回以上ドッグフードとは別に野菜を摂取していた犬はTCC(膀胱癌)の発生リスクと逆相関していた。
緑黄色野菜の場合は逆相関が見られたが、アブラナ科の野菜やビタミン類での補給には逆相関が見られなかった。
Evaluation of the Effect of Dietary Vegetable Consumption on Reducing Risk of Transitional Cell Carcinoma of the Urinary Bladder in Scottish Terriers(2005)

ビタミン剤ではなく野菜そのものを与えていることが重要であることがわかり、「手作りのご飯」を食事として取り入れることが重要だと考えられています。

手作りご飯を手軽に与えられる
ココグルメが今なら送料無料980円で試せる!

送料無料980円で試せる!
手に取りやすい単品買い切り
15日間全額返金補償付き

手作りのドッグフードに興味をお持ちの方に是非オススメしたいココグルメですが、試すなら「今が一番お得」です!

1.1kgとたっぷり入ったモニターコースが、期間限定で送料無料980円お試しいただけます!
※体重3kgのトイプードルで約7日分の分量です。

また自動的に定期コースに切り替わることはなく、単品買いきりでお試しいただけますし、初回購入に限り15日間の全額返金保証もついてきます!

1日100名様までの数量限定キャンペーンですので、ぜひこの機会をお見逃しなくお試しください!

送料無料で試せる1日100名様限定モニターはこちら
\ SNSで友人にシェアしよう /