/ 愛犬の健康のために / 犬の手作りごはん / 小型犬向け手作りごはんの3つのポイント

小型犬向け手作りごはんの3つのポイント

最終更新: 2020.11.20
小型犬向け手作りごはんの3つのポイント
\ SNSで友人にシェアしよう /

家族の一員である愛犬には美味しいごはんを食べさせたいと思うのが飼い主の気持ちですが、その一方で飼い犬に適した食材の選び方はあまり知られていません。

特に小型犬については体が小さい点を踏まえ、必要な栄養の割合も正しく把握しないと体調を損ねるおそれがあります。

せっかく美味しいごはんを作るなら愛犬の体に良い物を与えるのが飼い主の責務です。いつまでも健やかに買い続けるためにも、小型犬に最適なごはんの作り方や食材選びのポイントについて学びましょう。    

小型犬向け手作りごはんは体重に合わせた分量を

ドッグフードは手作りごはんと違い愛犬が味に飽きてしまう欠点もある

飼い犬には残飯を与えるのが従来の常識でしたが、現在では専用のドッグフードを与えるのが良いとされています。

これは犬と人間では必要な栄養の割合が異なる他、一部の食材は犬にとって有害であることが大きな理由です。

良かれと思って与えた残飯のために飼い犬が体調不良に陥ってしまうケースは決して珍しいことではありません。飼い犬は家族の一員なので、常に健やかな状態を維持することが飼い主の務めになります。

そのため、栄養バランスが整っているドッグフードが最適ですが、その一方でいつも同じドッグフードでは飽きてしまうのも事実です。

メーカーごとに味付けが工夫されていますが、それでも似たような中身なので飼い犬が嫌がってしまう可能性は否定できません。

小型犬の体に合わせて手作りごはんを与えるのが飼い主の愛情

栄養バランスが良く、安全な食材を使った手作りごはんは最高のご馳走と言えます。

市販のドッグフードとは異なる個性的な風味の手作りごはんは飼い犬の食欲をそそる効果が高いと言っても過言ではありません。

しかし、作り過ぎると余してしまうので適量に留めることを心がけます。小型犬は体が小さいので一日の食事量も決して多くはありません。

張り切って手作りごはんを与えても、多すぎると残してしまいます。

そのため、飼い主は自分が飼っている愛犬の体重や体のサイズを踏まえてごはんを作ることを忘れてはいけません。

小型犬向けの手作りごはんは細かく柔らかく作ろう    

小型犬に柔らかい手作りごはんが適している理由

栄養バランスが整っていればどんなごはんでも構わないと思いがちですが、飼い犬の大きさによって工夫を施すのが正しい与え方です。

小型犬の場合、手作りごはんは食材を細かく刻み、柔らかく加工して与えるのが最善とされています。これは食べ物を消化するのに時間がかかるためです。

小型犬は内臓も小さいため、食べたごはんを消化して栄養が体に行き渡るまでに時間がかかります。

ごはんが大きく固いほど消化する時間も長くなるので、効率的に栄養を摂らせるには食材を細かく刻み、柔らかく加工した方が好都合です。

犬種によっては消化不良を引き起こすおそれもあるので、食材の加工を怠ってはいけません。

小型犬の手作りごはんは人間と変わらけど注意点もある

飼い犬のために手間をかけて手作りごはんを与えるのは飼い主の喜びと言えますが、手間のかけ方には注意しなければいけません。

食材を細かく刻んだり柔らかくする方法は基本的には人間のごはんと同じですが、酢や麹などの添加物は使わないのが賢明です。

製品によっては犬の健康を損なう成分が含まれている物もあるので、時間がかかっても手作業で食材を小さく、柔らかくするのが正しい作り方になります。

小型犬向けの手作りごはんが余ったときの保存方法    

飼い犬のごはんを作り過ぎてしまうのはありがちな失敗ですが、すぐに捨ててしまうのはもったいないので良くありません。

食べ残しは飼い犬の唾液が付着しているので保存には不向きですが、与える前のごはんが余った場合は家庭用の冷蔵庫で保存できます。

次の食事の時間に与えるならそのまま冷蔵庫に入れ、翌日以降なら冷凍するのが効果的です。

市販の容器やビニール袋に一食分の量だけを小分けにすることで無駄にせず、効率的に保存することができます。

飼い犬に食べさせる際は常温の状態が最適なので鍋や電子レンジで加熱しますが、火傷しないように温度管理には注意しなければいけません。    

小型犬向け手作りごはんおすすめレシピ    

小型犬の手作りごはんに不向きな食材を知ることがもっとも重要

飼い犬に手作りごはんを食べさせる場合、何よりもまずは有害な食材があることを知る必要があります。人間には無害でも犬にとっては非常に危険な食材も珍しくありません。

ネギやニラ、にんにくは少量でも重大な体調不良を引き起こすので絶対に与えてはいけません。

また、これらの食材を含むソースなどの加工品も犬にとっては危険なので、ごはんを手作りする際は特に注意が必要です。

干しぶどうやナッツ類、チョコレートなどの嗜好品も危険なので避けます。

即座に体調不良を引き起こすわけではありませんが、人間向けに味付けされた加工食品は塩分や糖分が多く含まれているので犬の健康には良くありません。

そのため、手作りごはんの食材には不向きと言えます。

犬の手作りごはんを始めるときは、まずはドッグフードをベースにしよう

犬は肉食動物なので、与えるごはんも肉が最適です。犬の体にとって動物性たんぱく質は最も重要な栄養です。

そのため、肉や魚を与えるのが良いとされていますが、魚の場合は骨を完全に取り除くことを忘れてはいけません。

また、少量の動物性脂肪や炭水化物も健やかな体を作るのに必須な栄養なので、手作りごはんを与える際は食材のバランスに気を配ります。

小型犬用のドッグフードに白身魚の刺身を加えるのがもっとも簡単な手作りごはんのレシピです。そこに刻みキャベツや無糖のヨーグルトを少量加えることで便通を良くすることができます。

ドッグフードに食材を加える方法に慣れたら本格的な手作りごはんに挑んでも問題はありません。

小型犬の手作りごはんの成功するコツは、新鮮な食材の適量使い。

飼い犬への手作りごはんは新鮮な食材を使い、小さく切って柔らかく加工するのが美味しく食べてもらうコツです。

肉を柔らかく加熱してそこにキャベツやニンジンを加えることで動物性たんぱく質や食物繊維を効率的に摂取できます。

寒天で固めればごはんが散らかる心配もありません。

かつお節で取った出汁を加えて風味を増す方法もありますが、いずれの場合も小型犬が一回の食事ですべて食べ切る程度の量に留めるように心がけます。

正しい知識と飼い主の愛情が小型犬向けの手作りごはんの魅力

可愛い愛犬には美味しいごはんを食べさせたいものですが、健やかに飼い続けるなら正しいごはんの作り方を学ぶのが飼い主の責務です。

犬にどのような栄養が必要なのか、与えてはいけない食材は何かなどを正しく知るのが安全なごはんを作る条件になります。

そのうえで飽きずに美味しく食べられるごはんを作るように努力することが大切です。栄養バランスを重視すると共に、残さずに食べるだけの美味しさを持たせるように心がけます。

また、飼い犬の体の大きさに合わせて作る量を決めることも忘れてはいけません。

 

小型犬の飼い主さんが手作りごはんを始める時は、こちらも合わせてチェック!

愛犬の健康と長生きのために
獣医師監修の手作りドッグフード「ココグルメ」

うちの子には健康的なドッグフードを与えたい
飽きっぽくて毎回選び直すのが大変
いつも与えているドッグフードを全然食べてくれなくなった

といったドッグフードの悩みをお持ちではないでしょうか?


獣医師監修の手作りドッグフード「ココグルメ」は「健康」と「食いつき」を両立した今注目のご飯なんです!

\今なら送料無料980円で試せる/
獣医師監修の手作りドッグフード - ココグルメ -

ココグルメは、手作りならではの抜群の食いつきと総合栄養食基準の栄養バランスを両立し、「健康」と「美味さ」を兼ね備えた手作りのドッグフードです。

ココグルメの特徴 1.
新鮮な食材を使った手作りドッグフード

私たち人間が食べるご飯と同じように、低温での調理し冷凍で配送する正真正銘の手作りご飯です。

ドライフードのように乾燥させて風味が飛んでしまったり、レトルト加工などで栄養価を損なうことなく、素材の旨みと栄養をそのまま生かした美味しいご飯です。

ココグルメの特徴 2.
総合栄養食基準のレシピ

手作りご飯は確かに美味しく食べてくれるけど栄養バランスが不安…
そういった思いをお持ちの飼い主様も多いかと思います。

ココグルメは日本でも数少ない「栄養学を専門とする獣医師の先生」に監修を受け、総合栄養食(※)の基準に適応したレシピで作られています。

※総合栄養食とは、「そのご飯と水だけで、健康に生きるために必要な栄養素を全て取れる」という国が定めた基準に沿ったドッグフードのことです。

ココグルメの特徴 3.
徹底したヒューマングレード

ご存知の通り、ドッグフードは「食品衛生法の範囲外」とされており、人間のご飯と比べて低い衛生基準で製造・管理されてきました。

私たちのドッグフードは、人間が食べるものと同じ食材を仕入れ、同じ衛生基準で調理・配送する、正真正銘の「ヒューマングレード」のドッグフードです。

愛犬の健康のために
手作りドッグフードが選ばれる理由

手作りのご飯は「栄養バランスを正すのが難しい」「調理に手間がかかる」といった大変な点もありますが、実は健康との良い関係性があるという研究結果もわかっています。

手作りご飯を与え続けていた飼犬は32ヶ月長生きしていた

市販のドッグフードを与え続けた飼い犬と、市販ドッグフードを与えながら一部手作りを与えていた飼い犬、手作りし続けた飼い犬の3つクラスタの寿命を分析した結果、手作りし続けた飼い犬は平均32ヶ月も長生きしていたことがわかった。
Relation between the domestic dogs' well-being and life expectancy statistics essay(2003)

さらに、手作りご飯のみを与えていた飼犬が32ヶ月も長生きしていたことが分かっただけではなく、部分的に与えていた子も長生きしていたことが分かっています。

週3回以上野菜を与えていた飼犬は膀胱癌リスクが90%低かった

欧米で飼われている175頭のスコティッシュテリアの生態を調査した。
年齢や体重、毛の色などの指標を調整して集計した結果、週に3回以上ドッグフードとは別に野菜を摂取していた犬はTCC(膀胱癌)の発生リスクと逆相関していた。
緑黄色野菜の場合は逆相関が見られたが、アブラナ科の野菜やビタミン類での補給には逆相関が見られなかった。
Evaluation of the Effect of Dietary Vegetable Consumption on Reducing Risk of Transitional Cell Carcinoma of the Urinary Bladder in Scottish Terriers(2005)

ビタミン剤ではなく野菜そのものを与えていることが重要であることがわかり、「手作りのご飯」を食事として取り入れることが重要だと考えられています。

手作りご飯を手軽に与えられる
ココグルメが今なら送料無料980円で試せる!

送料無料980円で試せる!
手に取りやすい単品買い切り
15日間全額返金補償付き

手作りのドッグフードに興味をお持ちの方に是非オススメしたいココグルメですが、試すなら「今が一番お得」です!

1.1kgとたっぷり入ったモニターコースが、期間限定で送料無料980円お試しいただけます!
※体重3kgのトイプードルで約7日分の分量です。

また自動的に定期コースに切り替わることはなく、単品買いきりでお試しいただけますし、初回購入に限り15日間の全額返金保証もついてきます!

1日100名様までの数量限定キャンペーンですので、ぜひこの機会をお見逃しなくお試しください!

送料無料で試せる1日100名様限定モニターはこちら
\ SNSで友人にシェアしよう /