/ 愛犬の健康のために / 犬の手作りごはん / 犬の手作りごはんは作り置きOK?保存期間は?

犬の手作りごはんは作り置きOK?保存期間は?

最終更新: 2020.11.26
犬の手作りごはんは作り置きOK?保存期間は?
\ SNSで友人にシェアしよう /

犬用として販売されているドッグフードは栄養のバランスが取れており、市販品さえ与えていれば犬の健康を保つことができるでしょう。

ただし、犬は雑食であり、犬によって好き嫌いがあるにしても人間が食べる食材はほとんど食べられます。

毎日人間用に調理しているだけでなく、愛犬のためにも犬用の食事を用意して食べさせてあげたら、喜んでもらえるのではないでしょうか?

犬に食べさせたい手作りごはんのレシピとその保存方法や消費期限について紹介しましょう。    

犬の手作りごはんは作り起きがおすすめ

毎日愛犬に食べさせる食事は、既製品のドッグフードだけという飼い主も多いかもしれません。

しかし、人間が食べる食材を生かして愛犬用の手作りごはんを作ってあげれば、喜んで食べてくれるでしょう。賢い犬は、飼い主と同じ食事ができることに喜びを覚えることもあるようです。

特に、刺身や新鮮野菜など日持ちのしない食材には、犬の大好物がたくさんあります。

しかし、こうした食材を使って毎日愛犬のために調理するのは大変です。なぜなら、人間用と愛犬用と別の食事を作らなければならないからです。

犬の食事についても、カロリーや栄養のバランスについて考えなければなりません。

犬の祖先が元々肉食だったからといって、肉類ばかり与えていたら人間と同様に生活習慣病になってしまうおそれがあります。

偏りのない食事を考えて、毎回手作りごはんを調理するのは難しいと言えるでしょう。    

犬の手作りごはんは作り置きOK?保存期間は?    

急速冷却で犬の手作りごはんを作り置きできる

犬の手作りごはんを作り置きして保存できるなら、毎日の手作りの労を省くことができます。

冷凍保存法を利用すれば、犬用の手作りごはんをかなり良好な状態で一定期間保存することが可能になるでしょう。

犬が大好きなサツマイモやカボチャをはじめ、ささみ肉や鹿肉などを茹でて冷凍保存しておけば、忙しくて手作りごはんを作る暇が無い時に役に立ちます。

この際は、野菜と肉を別々に調理してタッパーや密封式ビニール袋に分けて冷凍保存すれば、保存期間を延ばすことができるでしょう。

冷凍する前に常温で冷ますのではなく急速冷却すると、さらに雑菌の繁殖を抑えられます。急速冷却の方法として、タッパーなどに手作りごはんを入れて氷水などに浸す方法があります。

犬の手作りごはんを作り置きは薄味で。

ただし、人間の食事のように塩分が多い濃い味付けにして雑菌の繁殖を抑える方法は、有効ではありません。

犬は人間が好む濃い味付けでは食べられないからです。

人間と同量の塩分を犬が摂取したら、腎臓などの内臓器官を傷めてしまうかもしれません。

したがって、愛犬用の薄味の手作りごはんを冷凍保存したとしても、人間用の食べ物ほど長期間保存することはおすすめできません。

人間なら1週間は冷凍保存できる食材でも、犬に与える場合は3日か4日が限界です。

もっとも、これは水分の多いごはんの場合であって、乾物など水分の少ない食材で作ったごはんは、1週間にわたる長期間保存ができる場合もあります。

作り置きに便利な犬の手作りごはんレシピ1

「犬の手作り混ぜごはん」が作り置きに便利

作り置きできる犬用の手作りごはんとして、サツマイモやカボチャに鶏のささみ肉や缶詰のツナを混ぜた混ぜご飯が挙げられます。

混ぜご飯は犬の好物で、食べやすく消化が良いため、早食いしやすい愛犬にも安心して与えることができます。

混ぜご飯を作ってそのまま冷凍しても良いのですが、先述した通り、野菜と肉魚類を別々に冷凍保存しておけば、長期保存が可能になります。

その場合は、犬に与える直前にこれらのおかずに炊いたご飯と水を混ぜて柔らかくするため少し加熱します。

自由に工夫できる犬の混ぜごはん

犬が好きなサツマイモやカボチャ以外に大根やゴボウなどの根菜などを入れても良いでしょう。

鶏のささみ肉やツナの代わりに、牛豚のひき肉や犬用のコンビーフを混ぜても構いません。

ただし、鶏のささみ肉や牛豚のひき肉は冷凍保存しても日持ちがしないので、保存期間に注意しましょう。

犬の健康を考えるなら、せいぜい1日か2日が限界です。また、根菜や肉魚のほか、乾燥わかめやひじきを混ぜれば、ミネラル類をバランスよく摂取することができます。

さらに、解凍して愛犬に与える際に、犬用のふりかけをかけてあげれば、より一層食べやすくなるでしょう。こうして出来上がった手作りごはんを、通常与えている市販のドッグフードの上にトッピングしてあげれば、手作りごはんをそんなにたくさん用意しなくても、十分な食事量を準備できます。

このように作り置きを利用すれば、飼い主の負担を小さくして食事にも変化がつき、愛犬に喜んでもらえます。

作り置きに便利な犬の手作りごはんレシピ2     

犬の手作りごはんおすすめレシピ
柔らかくて食べやすい豆腐ハンバーグ

もう一つのおすすめの作り置き手作りごはんは、豆腐ハンバーグです。

豆腐は豊富なタンパク質が摂取できるうえ、柔らかくて消化が良く薄味でも味わえるクオリティの高い食品だと言えるでしょう。犬にも好まれる食材です。

しかし、豆腐自体は生もので、日持ちがしません。

そこで、豆腐を入れたハンバーグを作って冷凍保存しておけば、しばらくの間手間を省いて愛犬に美味しいおかずを提供できます。

余ったパンを水に浸して柔らかくし、豆腐と卵を練り合わせれば生地が完成します。

人間の食べるハンバーグと同様に、ひき肉や玉ねぎを入れても良いのですが、犬の好物であるサツマイモやカボチャなどを練りこんでも良いでしょう。

乾燥わかめやひじきを入れるのも良いアイデアです。犬の大きさに合わせて食べやすいサイズに丸めて焼き、急速冷却して冷凍保存すれば毎日少しずつ与えることができます。

犬の手作りごはんおすすめレシピ
おからや小麦粉を加えたアレンジも可能

また、豆腐に代わりにおからを利用すれば、安上がりで済みます。

解凍したハンバーグは、細かくほぐして市販のカリカリ食べられるドッグフードの上にトッピングとして乗せることもできます。

小麦粉が余っていたら、山芋といっしょに生地に加えてお好み焼き風にふんわり焼き上げ、食べさせても喜ばれるでしょう。

さらに、お好み焼きらしく、かつお節を入れたらミネラル類の補給もできます。

このように工夫すれば、かさ増しができて、エサ代の節約にもなるでしょう。

犬の手作りごはんを作り置きでも工夫を

日常生活において、飼い犬が感じる楽しみは、散歩と食事に集約されると言っても過言ではありません。

時間の許す限り、個々の犬の好みを重視しつつ、栄養のバランスなどを考慮して愛犬に最適の手作りごはんを作ってあげたいものです。

毎日新たにドッグフードを調理することが難しいとしても、作り置きできる手作りごはんを準備できるようになれば、愛犬の食事に対する期待は高まります。

飼い主の愛情を込めた手作りごはんを用意して、愛犬の生活をより一層充実したものにしてあげましょう。

 

犬の手作りごはんにチャレンジする人はこちらもチェック

愛犬の健康と長生きのために
獣医師監修の手作りドッグフード「ココグルメ」

うちの子には健康的なドッグフードを与えたい
飽きっぽくて毎回選び直すのが大変
いつも与えているドッグフードを全然食べてくれなくなった

といったドッグフードの悩みをお持ちではないでしょうか?


獣医師監修の手作りドッグフード「ココグルメ」は「健康」と「食いつき」を両立した今注目のご飯なんです!

\今なら送料無料980円で試せる/
獣医師監修の手作りドッグフード - ココグルメ -

ココグルメは、手作りならではの抜群の食いつきと総合栄養食基準の栄養バランスを両立し、「健康」と「美味さ」を兼ね備えた手作りのドッグフードです。

ココグルメの特徴 1.
新鮮な食材を使った手作りドッグフード

私たち人間が食べるご飯と同じように、低温での調理し冷凍で配送する正真正銘の手作りご飯です。

ドライフードのように乾燥させて風味が飛んでしまったり、レトルト加工などで栄養価を損なうことなく、素材の旨みと栄養をそのまま生かした美味しいご飯です。

ココグルメの特徴 2.
総合栄養食基準のレシピ

手作りご飯は確かに美味しく食べてくれるけど栄養バランスが不安…
そういった思いをお持ちの飼い主様も多いかと思います。

ココグルメは日本でも数少ない「栄養学を専門とする獣医師の先生」に監修を受け、総合栄養食(※)の基準に適応したレシピで作られています。

※総合栄養食とは、「そのご飯と水だけで、健康に生きるために必要な栄養素を全て取れる」という国が定めた基準に沿ったドッグフードのことです。

ココグルメの特徴 3.
徹底したヒューマングレード

ご存知の通り、ドッグフードは「食品衛生法の範囲外」とされており、人間のご飯と比べて低い衛生基準で製造・管理されてきました。

私たちのドッグフードは、人間が食べるものと同じ食材を仕入れ、同じ衛生基準で調理・配送する、正真正銘の「ヒューマングレード」のドッグフードです。

愛犬の健康のために
手作りドッグフードが選ばれる理由

手作りのご飯は「栄養バランスを正すのが難しい」「調理に手間がかかる」といった大変な点もありますが、実は健康との良い関係性があるという研究結果もわかっています。

手作りご飯を与え続けていた飼犬は32ヶ月長生きしていた

市販のドッグフードを与え続けた飼い犬と、市販ドッグフードを与えながら一部手作りを与えていた飼い犬、手作りし続けた飼い犬の3つクラスタの寿命を分析した結果、手作りし続けた飼い犬は平均32ヶ月も長生きしていたことがわかった。
Relation between the domestic dogs' well-being and life expectancy statistics essay(2003)

さらに、手作りご飯のみを与えていた飼犬が32ヶ月も長生きしていたことが分かっただけではなく、部分的に与えていた子も長生きしていたことが分かっています。

週3回以上野菜を与えていた飼犬は膀胱癌リスクが90%低かった

欧米で飼われている175頭のスコティッシュテリアの生態を調査した。
年齢や体重、毛の色などの指標を調整して集計した結果、週に3回以上ドッグフードとは別に野菜を摂取していた犬はTCC(膀胱癌)の発生リスクと逆相関していた。
緑黄色野菜の場合は逆相関が見られたが、アブラナ科の野菜やビタミン類での補給には逆相関が見られなかった。
Evaluation of the Effect of Dietary Vegetable Consumption on Reducing Risk of Transitional Cell Carcinoma of the Urinary Bladder in Scottish Terriers(2005)

ビタミン剤ではなく野菜そのものを与えていることが重要であることがわかり、「手作りのご飯」を食事として取り入れることが重要だと考えられています。

手作りご飯を手軽に与えられる
ココグルメが今なら送料無料980円で試せる!

送料無料980円で試せる!
手に取りやすい単品買い切り
15日間全額返金補償付き

手作りのドッグフードに興味をお持ちの方に是非オススメしたいココグルメですが、試すなら「今が一番お得」です!

1.1kgとたっぷり入ったモニターコースが、期間限定で送料無料980円お試しいただけます!
※体重3kgのトイプードルで約7日分の分量です。

また自動的に定期コースに切り替わることはなく、単品買いきりでお試しいただけますし、初回購入に限り15日間の全額返金保証もついてきます!

1日100名様までの数量限定キャンペーンですので、ぜひこの機会をお見逃しなくお試しください!

送料無料で試せる1日100名様限定モニターはこちら
\ SNSで友人にシェアしよう /