/ 愛犬の健康のために / 犬の手作りごはん / 犬の手作りごはんの食材と割合

犬の手作りごはんの食材と割合

最終更新: 2020.05.22
犬の手作りごはんの食材と割合
\ SNSで友人にシェアしよう /

多くの飼い主さんは、犬の食事にドッグフードを与えているでしょう。

しかし、愛犬に手作りごはんを与えたいと思っている人も増えてきています。ドッグフードは、犬に必要な栄養がバランスよく含まれている総合栄養食です。

ドッグフードと水を与えていれば、必要な栄養が摂取できます。そんなドッグフードのように、犬に必要な栄養を与えられる手作りごはんを作るにはどうしたらいいのでしょうか。

ここでは、犬の手作りごはんに適した食材やその割合について説明していきましょう。    

犬の手作りごはんは食材の割合が重要    

犬の手作りごはんを作りたいと思っても、どんな食材をどれくらい与えたらいいのか、栄養バランスは大丈夫なのかなど不安なことが多くあります。

しかし、無理にすべてを手作りごはんに変えず、ドッグフードと手作りごはんを組み合わせることで、取り組みやすくなります。

手作りごはんでは、旬な食材など新鮮なものを使って、飼い主さんが愛情をかけた安心安全なごはんを与えることができます。

保存料や酸化防止剤などの添加物の心配もいりません。新鮮な食材を使うことで効率よく栄養素や酵素を摂取することができ、ドライフードのドッグフードに比べて水分も摂取しやすくなります。

涙やけやアレルギー症状の改善、ダイエットにも期待できると言われています。

 

メリットの多い手作りごはんですが、注意点も多くあります。

犬には与えてはいけない食材がいくつかあります。一般的に人間が食べても問題ないものでも、犬にとっては中毒を引き起こして、ひどいときには死に至る危険な食材もあります。

犬が消化しづらいものやアレルギーを起こしやすい食材もあるので、同じ食材だけを多量に与えないように注意しましょう。

手作りごはんの難しいところは、どの食材をどれくらい与えればいいかがわかりにくいところです。

 

基本的には、お肉や魚、卵、乳製品などのたんぱく質とお米や麦、イモ類などの炭水化物と野菜や果物、海藻類などの割合は1:1:1と言われています。

しかし、これは基本的なものなので、犬種や体質、運動量、健康状態などによって変わります。まずは、基本から始めて、愛犬に合わせて調整しましょう。

与える量を増減するだけでなく、食材や割合を変えることによってカロリーを調整することができます。

ダイエット中の犬や食の細い犬などそれぞれに合わせて、カロリーを調整しながら必要な栄養素を効率的に与えることができます。手作りごはんを作るときは、それぞれの犬に合った食材の割合を知ることが重要なポイントになります。

犬の手作りごはんに入れたいお肉とその割合    

たんぱく質は、犬にとって最も重要な栄養素で、筋肉や臓器、骨、皮膚、被毛など犬の体を形成する源となっています。犬が生きていくためには必要不可欠なものですが、不足することはもちろん、取り過ぎもよくありません。

たんぱく質が不足すると、成長が不十分だったり、免疫力が低下したりと病気になりやすくなります。過剰なたんぱく質の摂取は、肥満になったり、腎臓や肝臓に負担をかけたりと体に悪い影響を与えます。

 

手作りごはんを作るときは、たんぱく質の食材や割合には十分考慮し、良質なたんぱく質が摂取できるように心がけましょう。

お肉は、体内で合成できない必須アミノ酸が多く含まれているので、積極的に摂取したい食材です。成長期の子犬には、成犬の4倍のたんぱく質が必要だと言われています。

高齢の犬も、代謝が悪く摂取吸収量が減るため、たんぱく質が不足する傾向にあります。そんなときは、たんぱく質の割合を増やしてあげましょう。

 

肉の種類により、それぞれに特徴があります。牛肉は、高カロリーですが、良質のたんぱく質を多く含んでいます。子犬や活動量の多い犬におすすめです。

豚肉は、ビタミンB1が豊富で、疲労回復に効果的です。鶏肉は、低カロリーで高たんぱく、消化吸収にも優れているので、シニア犬や胃腸の弱い犬に向いています。

特に、犬の手作りごはんにおすすめの食材は、馬肉と鹿肉です。低カロリーで高たんぱくなうえに、他の種類に比べ抗がん作用のある必須脂肪酸が多く含まれています。

アレルギーも起こしにくく、新鮮であれば生肉で与えることができます。犬には、生肉の方が消化吸収しやすく、酵素も摂取できるのでおすすめです。

犬の手作りごはんに入れたい魚とその割合    

魚は、お肉よりも消化されやすく、カルシウム、DHA、EPA、タウリンなど体にいい栄養素が多く含まれています。

生で与えられるものもあり、加熱しないことで摂取できる栄養素もあります。干物や味付けされたものは、塩分が強いので犬には与えないようにしましょう。

魚はアレルギーを起こしにくい食材なので、お肉などにアレルギーがある犬に動物性たんぱく質を与えたいときにはおすすめの食材です。しかし、初めて与えるときは少量ずつにしましょう。

 

DHAやEPAが多く含まれている青魚は、摂取し過ぎると黄色脂肪症という病気になることがあるので注意が必要です。

栄養の偏りを防ぐため、お肉や魚などを日替わりや週替わりで与えるようにすれば、いろんな栄養素を摂取することができます。

ドッグフードを与えるときでも、少しドッグフードの量を減らし、お肉や魚をトッピングすれば、食いつきがよくなったり、体調に合わせた栄養素を与えやすくなったりします。

 

魚は、良質なたんぱく質とビタミン・ミネラルが豊富で、犬にとってとてもいい食材です。手作りごはんを作るときは、同じ動物性たんぱく質のお肉と同じ割合で与えます。

お肉に比べ低カロリーなので、肥満気味の犬におすすめです。特に、脂肪分が少ない白身魚はさらに低カロリーなので、摂取カロリーが抑えられます。

たんぱく質の量や割合を変えなくても、食材を変えることでカロリーダウンし、満足感を与えながらもダイエットをさせることができます。   

犬の手作りごはんに入れたい野菜とその割合    

犬は、肉食に近い雑食動物と言われています。手作りごはんを作っている人の中には、お肉の割合を多くしている人も少なくありません。

しかし、肉食で不足しやすいカリウムや食物繊維、ビタミンなどのいろんな栄養素が野菜や果物には含まれています。キャベツは食物繊維が豊富で、胃腸粘膜の保護や免疫力アップなどの効果があります。

にんじんは、老化防止になるβカロチンが豊富で栄養価が高いです。

りんごは、腸内の善玉菌を活性化させ腸内環境を整えてくれます。さらに、皮の部分にはポリフェノールが豊富に含まれています。バナナは、免疫力を活性化させてくれますが、カロリーが高いので与えるときは少量にしましょう。

 

しかし、犬は食物繊維の消化が苦手なので、犬に野菜や果物を与えるときは、少量にしたり、軟らかく茹でたりと注意が必要です。

生のままで与える場合でも、すりおろしやみじん切りにして消化をよくしましょう。果物にも、ビタミンやミネラル、カリウムなどの栄養素が含まれています。

 

また、果物の種や皮などに毒性があったり、甘みが強い果物は糖質が多かったりするので注意しましょう。

手作りごはんでは、与える食材の量や割合を日ごと、週ごとに調整することができます。

毎回の食事できっちり割合通りにしなくても、野菜の割合が少ない日が続けば、別の日に少し割合を変えて与えるなどすれば、調整しやすくなります。

愛犬に合った手作りごはんレシピと割合を見つけよう

犬の手作りごはんの食材の割合は、たんぱく質:炭水化物:野菜=1:1:1が基本ですが、愛犬の年齢や体形、健康状態に合わせて変化します。

ドッグフードは表示通りに与えていれば栄養バランスの心配はないのですが、手作りごはんは飼い主さんが必要な量を計算して作らなければなりません。

しかし、毎回計算する必要はなく、はじめだけきちんと計算すれば、あとは愛犬の様子を見ながら少しずつ調整していくだけで、愛犬に合った量とそれぞれの食材の割合がわかるようになるでしょう。

 

犬の手作りご飯を始めるかたが知っておくべき注意点

ドッグフードを買い変えるなら
手作りドッグフード「ココグルメ」はいかがですか?

・健康的なドッグフードを与えたいのに選び方がわからない。

・飽きっぽくて毎回選び直すのが大変。

・いつも与えているドッグフードを全然食べてくれなくなった。

と言った、ドッグフード選びの悩みをお持ちではないでしょうか?


ココグルメはそんな「ドッグフードのお悩み」を解決する、全く新しい手作りのドッグフードです。

\今なら送料無料980円で試せる/
獣医師監修の手作りドッグフード - ココグルメ -

ココグルメは、手作りならではの抜群の食いつきと総合栄養食基準の栄養バランスを両立した、「美味しくて健康に良い」手作りのドッグフードです。

ココグルメの特徴 1.
新鮮な食材を使った手作りドッグフード

私たち人間が食べるご飯と同じように、低温での調理し冷凍で配送する正真正銘の手作りご飯です。

ドライフードのように乾燥させて風味が飛んでしまったり、レトルト加工などで栄養価を損なうことなく、素材の旨みと栄養をそのまま生かした美味しいご飯です。

ココグルメの特徴 2.
総合栄養食基準のレシピ

手作りご飯は確かに美味しく食べてくれる!
でも栄養バランスは大丈夫?
そういった思いをお持ちの飼い主様も多いかと思います。

ココグルメは日本でも数少ない「栄養学を専門とする獣医師の先生」に監修を受け、総合栄養食(※)の基準に適応したレシピで作られています。

※総合栄養食とは、「そのご飯と水だけで、健康に生きるために必要な栄養素を全て取れる」という国が定めた基準に沿ったドッグフードのことです。

ココグルメの特徴 3.
徹底したヒューマングレード

ご存知の通り、ドッグフードは「食品衛生法の範囲外」とされており、人間のご飯と比べて低い衛生基準で製造・管理されてきました。

私たちのドッグフードは、人間が食べるものと同じ食材を仕入れ、同じ衛星基準で調理しお客様の元に配送する、正真正銘の「ヒューマングレード」のドッグフードです。

ココグルメを試すなら今がチャンス!

送料無料980円で試せる!
手に取りやすい単品買い切り
30日間全額返金補償付き

ドッグフードの切り替えを感がている方にぜひオススメしたいココグルメですが、試すなら「今が一番お得」です!

1.1kgとたっぷり入ったモニターコースが、期間限定で送料無料980円お試しいただけます!
※体重3kgのトイプードルで約7日分の分量です。

また自動的に定期コースに切り替わることはなく、単品買いきりでお試しいただけますし、初回購入に限り30日間の全額返金保証もついてきます!

1日100名様までの数量限定キャンペーンですので、ぜひこの機会をお見逃しなくお試しください!

ココグルメを最安で試せるお得なキャンペーンはこちら
\ SNSで友人にシェアしよう /