/ 愛犬の健康のために / 犬のコラム / 犬が歯磨きに拒否感?そんな時はあるものを水に混ぜる方法も!

犬が歯磨きに拒否感?そんな時はあるものを水に混ぜる方法も!

最終更新: 2020.10.28
犬が歯磨きに拒否感?そんな時はあるものを水に混ぜる方法も!
\ SNSで友人にシェアしよう /

愛犬が毎日元気に過ごすためには、毎日の食事・運動・飼い主とのスキンシップなどが必要です。特に食事は体に必要な栄養を摂取するためにも重要ですが、犬は歯が健康でなければ十分な食事をとることができません。

歯にトラブルがあると食べる量が減ったり口臭が出たりします。歯のケアには歯磨きが有効ですが、犬にはもともと歯磨きの習慣がないため嫌がる犬も多いです。歯のケアや歯磨きの悩みを解消できる、水を使ったおすすめの歯磨き方法を紹介します。

そもそもなぜ犬に歯磨きが必要なのか。水で対策って?

歯磨きは人間がするものというイメージが少なからずあるため、犬に歯磨きは必要ないと考える人も多いです。しかし実際には、人間よりも犬のほうがしっかりとした歯磨きが必要だといわれています。なぜなら、犬は人間よりも歯についた汚れが歯石になるスピードが速いからです。歯の汚れ(歯垢)は時間がたつと石灰化し、硬い歯石へと変化します。やわらかい歯垢は歯ブラシなどで取り除くことができますが、歯石は歯磨きでは取れません。歯石を放置すると蓄積し、歯ぐきの腫れや出血などの原因となります。その他にも歯が黄色くなったり、歯が抜けたり口臭が出たりするため注意が必要です。

歯石による症状が進行すると、呼吸器の病気や心臓病などのリスクが高まります。歯石を歯に蓄積させないためには、毎日の歯磨きが有効です。歯石になる前に歯をキレイにすれば、かなりの確率で犬の健康を守るためにも、歯磨きは必要なのです。ただし多くの犬は歯磨きを嫌がります。口や歯を触られることは犬にとって本能的に嫌な行為ですので、子犬のころから歯磨きの練習を繰り返さないとスムーズに歯磨きをすることは難しいです。歯磨きができない犬でもできる歯のケアには、水を使う方法があります。犬が飲む水に加えて使用する液体歯磨きです。

犬が歯磨きを嫌がる!そんな時には飲み水で液体歯磨きを!

歯磨きを嫌がる犬は珍しくありません。嫌がる度合いは犬によって様々で、口には触れるけど歯磨きができないタイプや口にも触れないタイプなどがいます。歯のケアのためには、歯ブラシを使ってブラッシングをすることがベストです。しかし犬が歯磨きを嫌がる場合には、決して無理をしてはいけません。犬が嫌がることをしてしまうとストレスになってしまいます。犬が歯磨きを嫌がる場合には、歯垢がつきにくいドッグフードに変更するのも一つの方法です。ただドッグフードだけでは対策としては不十分ですので、毎日継続できるケアを取り入れましょう。

歯石が歯にたまってしまった場合には、動物病院で除去するしかありません。歯石を除去する際には、犬が暴れてケガをしないように全身麻酔で行うのが一般的です。麻酔を用いた歯石の除去は犬の負担になりますし、費用もかかります。歯石になる前のこまめなケアを心がけましょう。歯磨きが嫌いな犬には、液体歯磨きがおすすめです。液体歯磨きは、犬の飲み水に加えるだけで口や歯のケアをおこなうことができます。簡単に歯のケアができる液体歯磨きは口臭予防にもおすすめです。

本当に水で綺麗になるの?犬の液体歯磨きの効果やメリット

液体歯磨きは、飲み水に加えて犬に与えるだけなので手間がかかりません。液体歯磨きを水で希釈して、飲み水として与えるだけです。

製品によって特長は様々ですが、基本的に味やにおいがしないので犬も違和感なく飲んでくれます。液体歯磨きを入れた水を飲ませるだけで歯がキレイになる秘密は、多くの液体歯磨きに使用されているフルボ酸です。フルボ酸とは、もともと自然の中に存在する有機酸であり、ミネラルをキャッチしたり離したりする働きを持っています。また歯のトラブルの原因となるジンジバリス菌やミュータンス菌をおさえる効果があるため歯のケアに最適です。

フルボ酸には腸内環境を整える働きなども期待されているので、ドッグフードやサプリメントなどにも用いられています。自然由来成分で安心ですし、除菌効果や抗菌効果も高いです。液体歯磨きはバイオの力を活用することで口の健康を保ちます。液体歯磨きのメリットは、犬も飼い主もノンストレスだという点です。

犬は嫌な歯磨きをされることがありませんし、飼い主は歯磨きをしなければならないプレッシャーから解放されます。次に飲み水に混ぜるだけなので、簡単で毎日続けやすいという点もメリットです。また液体歯磨きは無味無臭ですので犬が違和感を感じることがなく、始めたい時にすぐに歯のケアをスタートさせることができます。

飲み水に入れる犬用液体歯磨き製品まとめ

犬用液体歯磨きは、毎日続けられる歯のケアアイテムとして人気です。おすすめの液体歯磨きには、フルボ酸を使用した「ジグワンはみがきサプリ」や、キシリトールを配合した「ビルバックアクアデントフレッシュ」などがあります。

飲み水に入れる犬用液体歯磨き製品① ジグワンはみがきサプリ

はみがきサプリは、天然成分であるフルボ酸を100%使用している液体歯磨きです。科学物質を全く使用せず飲料水規格にも合格しているので安心して犬に与えることができます。フルボ酸のバイオの力で口の中の清潔をキープし、歯石ができにくい状態を目指せるのが特徴です。飲み水300mlに3回~4回ほどスプレーするだけで歯周病などの原因となる口の中の菌の繁殖をおさえます。

飲み水に入れる犬用液体歯磨き製品② ビルバックアクアデントフレッシュ

アクアデントフレッシュは、キシリトールを配合した液体歯磨きです。約100倍に水で薄めるだけなので簡単に取り扱えます。においや味に敏感な犬の場合には、薄めに希釈して与えることもできるので便利です。天然由来成分として、ザクロエキス・エリスリトール・イヌリンの3つを配合しています。本品を加えた飲み水は、衛生面的にも必ず1日1回取り換えましょう。アクアデントフレッシュのキシリトールの働きに加えて、歯磨きガムなどを併用するとより効果が期待できます。

液体歯磨きは愛犬の歯のケアにおすすめ!

犬の健康を支えるためには、歯も健康でなくてはいけません。犬の丈夫な歯を守るためには、毎日のケアが大切です。ケアの方法としては歯磨きをするのが理想的ですが、嫌がる犬も多くいます。歯磨きを嫌がる場合には無理強いせずに、液体歯磨きを活用しましょう。液体歯磨きは飲み水に混ぜて与えるだけなので簡単です。

天然由来の成分を使用しているので毎日安心して犬に与えることができます。液体歯磨きで口内環境を整えて、愛犬の歯のトラブルを防いであげましょう。

愛犬の健康と長生きのために
獣医師監修の手作りドッグフード「ココグルメ」

うちの子には健康的なドッグフードを与えたい
飽きっぽくて毎回選び直すのが大変
いつも与えているドッグフードを全然食べてくれなくなった

といったドッグフードの悩みをお持ちではないでしょうか?


獣医師監修の手作りドッグフード「ココグルメ」は「健康」と「食いつき」を両立した今注目のご飯なんです!

\今なら送料無料980円で試せる/
獣医師監修の手作りドッグフード - ココグルメ -

ココグルメは、手作りならではの抜群の食いつきと総合栄養食基準の栄養バランスを両立し、「健康」と「美味さ」を兼ね備えた手作りのドッグフードです。

ココグルメの特徴 1.
新鮮な食材を使った手作りドッグフード

私たち人間が食べるご飯と同じように、低温での調理し冷凍で配送する正真正銘の手作りご飯です。

ドライフードのように乾燥させて風味が飛んでしまったり、レトルト加工などで栄養価を損なうことなく、素材の旨みと栄養をそのまま生かした美味しいご飯です。

ココグルメの特徴 2.
総合栄養食基準のレシピ

手作りご飯は確かに美味しく食べてくれるけど栄養バランスが不安…
そういった思いをお持ちの飼い主様も多いかと思います。

ココグルメは日本でも数少ない「栄養学を専門とする獣医師の先生」に監修を受け、総合栄養食(※)の基準に適応したレシピで作られています。

※総合栄養食とは、「そのご飯と水だけで、健康に生きるために必要な栄養素を全て取れる」という国が定めた基準に沿ったドッグフードのことです。

ココグルメの特徴 3.
徹底したヒューマングレード

ご存知の通り、ドッグフードは「食品衛生法の範囲外」とされており、人間のご飯と比べて低い衛生基準で製造・管理されてきました。

私たちのドッグフードは、人間が食べるものと同じ食材を仕入れ、同じ衛生基準で調理・配送する、正真正銘の「ヒューマングレード」のドッグフードです。

愛犬の健康のために
手作りドッグフードが選ばれる理由

手作りのご飯は「栄養バランスを正すのが難しい」「調理に手間がかかる」といった大変な点もありますが、実は健康との良い関係性があるという研究結果もわかっています。

手作りご飯を与え続けていた飼犬は32ヶ月長生きしていた

市販のドッグフードを与え続けた飼い犬と、市販ドッグフードを与えながら一部手作りを与えていた飼い犬、手作りし続けた飼い犬の3つクラスタの寿命を分析した結果、手作りし続けた飼い犬は平均32ヶ月も長生きしていたことがわかった。
Relation between the domestic dogs' well-being and life expectancy statistics essay(2003)

さらに、手作りご飯のみを与えていた飼犬が32ヶ月も長生きしていたことが分かっただけではなく、部分的に与えていた子も長生きしていたことが分かっています。

週3回以上野菜を与えていた飼犬は膀胱癌リスクが90%低かった

欧米で飼われている175頭のスコティッシュテリアの生態を調査した。
年齢や体重、毛の色などの指標を調整して集計した結果、週に3回以上ドッグフードとは別に野菜を摂取していた犬はTCC(膀胱癌)の発生リスクと逆相関していた。
緑黄色野菜の場合は逆相関が見られたが、アブラナ科の野菜やビタミン類での補給には逆相関が見られなかった。
Evaluation of the Effect of Dietary Vegetable Consumption on Reducing Risk of Transitional Cell Carcinoma of the Urinary Bladder in Scottish Terriers(2005)

ビタミン剤ではなく野菜そのものを与えていることが重要であることがわかり、「手作りのご飯」を食事として取り入れることが重要だと考えられています。

手作りご飯を手軽に与えられる
ココグルメが今なら送料無料980円で試せる!

送料無料980円で試せる!
手に取りやすい単品買い切り
30日間全額返金補償付き

手作りのドッグフードに興味をお持ちの方に是非オススメしたいココグルメですが、試すなら「今が一番お得」です!

1.1kgとたっぷり入ったモニターコースが、期間限定で送料無料980円お試しいただけます!
※体重3kgのトイプードルで約7日分の分量です。

また自動的に定期コースに切り替わることはなく、単品買いきりでお試しいただけますし、初回購入に限り30日間の全額返金保証もついてきます!

1日100名様までの数量限定キャンペーンですので、ぜひこの機会をお見逃しなくお試しください!

送料無料で試せる1日100名様限定モニターはこちら
\ SNSで友人にシェアしよう /