> 犬の飼い方/育て方 > ヒルズの犬用療法食の種類と特徴

ヒルズの犬用療法食の種類と特徴

最終更新: 2021.11.10
ヒルズの犬用療法食の種類と特徴
\ SNSで友人にシェアしよう /

飼い犬の体調管理は飼い主にとって重要な問題です。どれほど気を配っても加齢などの理由で体の具合が悪くなってしまうこともあります。

万が一、体調不良に陥ったら速やかに適切な治療を受けさせると共に、毎日のご飯であるドッグフードも見直す必要があります。

ドッグフードの中には体が弱っている飼い犬に適している療法食と呼ばれる物があるので、含有成分を確認したうえで最適な一品を選ぶのが飼い主の務めと言えるでしょう。

ここでは療法食の特徴や購入方法、美味しく食べてもらうための工夫についてお伝えします。

犬用の療法食とは?

ひと口にドッグフードと言ってもその種類は複数存在します。中でも療法食は病気などの理由で体調不良に陥った飼い犬に与える専用のご飯です。

療法食の特徴として栄養バランスの調整が挙げられます。

体調不良に陥った飼い犬は個体ごとに必要な栄養の割合が異なるので、本来なら飼い主がご飯の与え方に気を配る必要があります。

しかし、栄養バランスを考慮してご飯を与えるのは専門知識が必須なので、誰にでもできることではありません。

また、毎日のご飯をすべて手作りで与えるのは大きな負担になります。飼い犬に適した栄養を与え、飼い主の負担軽減も目的としているのが療法食です。

ヒルズの犬用療法食の種類  

ヒルズの療法食は種類が豊富

ヒルズはアメリカで設立されたペットフードの販売会社です。

腎機能障害を患っていた盲導犬に適したドッグフードを作ったのが療法食商品を開発したきっかけで、アメリカでは広く名が知られています。

日本にも販路を持ち、飼い犬の症状別に細分化された商品展開を行っているのが特徴です。

ドッグフードに関しては腎臓や肝臓などの内臓疾患、アレルギーなどの体質上の問題、体調不良からの回復期や体重管理に特化した商品などがあります。飼い犬の体調に合わせて最適な療法食を選ぶことが可能です。

加工状態も選択可能

ヒルズの療法食はドライフードタイプや缶詰タイプ、さらにはシチュータイプがあります。

飼い犬の体調に合わせて形状を選択できるのも療法食に特化したヒルズならではの優れた点と言えるでしょう。

体が弱っている飼い犬はドッグフードの口当たりに過敏な反応をする傾向があります。いつものドッグフードと同じ食感の物を与えても口をつけない可能性は否定できません。

どれほど高品質な療法食でも食べてもらわないと意味がないため、口当たりの異なる商品を選ぶことができるようになっているのです。

ヒルズの犬用療法食の購入方法  

動物病院で購入するのが普通

ペットフードは種類が豊富なことからスーパーやコンビニでも購入できます。

しかし療法食は特別な加工が施されている高級品でもあることから生産数が少なく、必ずしも簡単に購入できる物ではありません。

ヒルズの療法食も同様であり、購入するなら動物病院を利用するのが一般的な方法になります。療法食は商品ごとに栄養バランスが異なるので、専門知識を持つ獣医師のアドバイスが不可欠です。

動物病院で検査を受けさせて体調を確認するのが最適な療法食を購入する必須条件と言っても過言ではありません。

ヒルズの療法食は種類が多いので動物病院によっては特定の商品を置いていないこともありますが、相談すれば取り寄せてくれる所もあります。

ヒルズのホームページで取り扱い店舗を確認する

療法食を販売しているヒルズに問い合わせて取り扱い店舗を確認する方法もあります。

ヒルズは個人向けの販売は行っていないので、ホームページに記載されている販売店の情報を確認したうえで購入する形になります。

ヒルズの療法食を購入するのに処方箋など特別な物は必要ありませんが、栄養バランスを調整するのは専門知識が不可欠なので慎重に商品を選ばなければいけません

ヒルズの犬用療法食を食べてくれないときは

同じ療法食の別形態の商品に切り替える

飼い犬が療法食を食べてくれない理由の多くは味や食感が好みではないためです。

そのため、まずは同じ療法食の別形態に切り替えてみます。

ドライフードは口をつけないが柔らかい缶詰なら食べるなど、形態を変えれば喜んで食べるケースは珍しくありません。

温度を調整する

ドッグフードの中には温度によって食感に変化が生じる物があります。療法食も例外ではなく、特に缶詰やシチュータイプの商品は冷えると固くなって食感が変わります。

ドッグフードの食感にこだわる飼い犬なら温度の違いによる形状の変化にも敏感なので、口をつけない可能性は否定できません。

温めたり冷やしたりすることで食感を変えれば食べてくれることもあるので、匂いは嗅ぐのに食べないなど興味を持っているようなら温度を変えてみるのも一つの方法と言えるでしょう。

器を変えてみる

食器を変えるとご飯の味も変わったように感じるのは人も飼い犬も同じです。いつも使っている器とは異なるデザインの器を使うと、見た目の感じが変わるので口をつける可能性があります。

トッピングをする

ドッグフードの療法食は単品で必要な栄養をバランス良く摂取できるように作られています。

そのため、味付けなどの理由で他の食材をトッピングするのは基本的には避けるべきです。しかし、どれほど栄養バランスが良い物でも食べてくれなければ意味がありません。

医師に相談したうえで、適量に留めてトッピングするのも療法食を残さず食べてもらうための工夫です。

いつも食べ慣れている食材を混ぜることで抵抗を感じずに食べてくれますが、食べ過ぎると栄養過多の状態になるので与える量には細心の注意を払います。

おやつを与える

おやつに分類されているドッグフードは濃い味付けになっている物が多く、与え過ぎると肥満などの不具合に見舞われます。

体が弱っている飼い犬に与える物ではありませんが、療法食を残さず食べさせるために少しだけ混ぜて与える方法もあります。その際は医師に相談することを忘れてはいけません。

療法食の正しい与え方を認識することが大切  

飼い犬を健やかに育てるには飼い主の認識を改めることが何よりも重要です。

体の具合が悪くなった際は速やかに治療を受けさせる他、栄養バランスにも気を配ることが飼い主の務めです。

専用の療法食を与えるのが飼い犬への労わりですが、栄養バランスを考慮することが大切なので医師によるアドバイスが欠かせません。

また、飼い犬が療法食を食べてくれない時は形態を変える、少量のトッピングを行うなどの工夫も求められます。飼い犬に適したドッグフードを与えることが飼い主の責務です。

愛犬の健康と長生きのために
獣医師監修の手作りドッグフード「ココグルメ」

うちの子には健康的なドッグフードを与えたい
飽きっぽくて毎回選び直すのが大変
いつも与えているドッグフードを全然食べてくれなくなった

といったドッグフードの悩みをお持ちではないでしょうか?


獣医師監修の手作りドッグフード「ココグルメ」は「健康」と「食いつき」を両立した今注目のご飯なんです!

\今なら送料無料980円で試せる/
獣医師監修の手作りドッグフード - ココグルメ -

ココグルメは、手作りならではの抜群の食いつきと総合栄養食基準の栄養バランスを両立し、「健康」と「美味さ」を兼ね備えた手作りのドッグフードです。

ココグルメの特徴 1.
新鮮な食材を使った手作りドッグフード

私たち人間が食べるご飯と同じように、低温での調理し冷凍で配送する正真正銘の手作りご飯です。

ドライフードのように乾燥させて風味が飛んでしまったり、レトルト加工などで栄養価を損なうことなく、素材の旨みと栄養をそのまま生かした美味しいご飯です。

ココグルメの特徴 2.
総合栄養食基準のレシピ

手作りご飯は確かに美味しく食べてくれるけど栄養バランスが不安…
そういった思いをお持ちの飼い主様も多いかと思います。

ココグルメは日本でも数少ない「栄養学を専門とする獣医師の先生」に監修を受け、総合栄養食(※)の基準に適応したレシピで作られています。

※総合栄養食とは、「そのご飯と水だけで、健康に生きるために必要な栄養素を全て取れる」という国が定めた基準に沿ったドッグフードのことです。

ココグルメの特徴 3.
徹底したヒューマングレード

ご存知の通り、ドッグフードは「食品衛生法の範囲外」とされており、人間のご飯と比べて低い衛生基準で製造・管理されてきました。

私たちのドッグフードは、人間が食べるものと同じ食材を仕入れ、同じ衛生基準で調理・配送する、正真正銘の「ヒューマングレード」のドッグフードです。

愛犬の健康のために
手作りドッグフードが選ばれる理由

手作りのご飯は「栄養バランスを正すのが難しい」「調理に手間がかかる」といった大変な点もありますが、実は健康との良い関係性があるという研究結果もわかっています。

手作りご飯を与え続けていた飼犬は32ヶ月長生きしていた

市販のドッグフードを与え続けた飼い犬と、市販ドッグフードを与えながら一部手作りを与えていた飼い犬、手作りし続けた飼い犬の3つクラスタの寿命を分析した結果、手作りし続けた飼い犬は平均32ヶ月も長生きしていたことがわかった。
Relation between the domestic dogs' well-being and life expectancy statistics essay(2003)

さらに、手作りご飯のみを与えていた飼犬が32ヶ月も長生きしていたことが分かっただけではなく、部分的に与えていた子も長生きしていたことが分かっています。

週3回以上野菜を与えていた飼犬は膀胱癌リスクが90%低かった

欧米で飼われている175頭のスコティッシュテリアの生態を調査した。
年齢や体重、毛の色などの指標を調整して集計した結果、週に3回以上ドッグフードとは別に野菜を摂取していた犬はTCC(膀胱癌)の発生リスクと逆相関していた。
緑黄色野菜の場合は逆相関が見られたが、アブラナ科の野菜やビタミン類での補給には逆相関が見られなかった。
Evaluation of the Effect of Dietary Vegetable Consumption on Reducing Risk of Transitional Cell Carcinoma of the Urinary Bladder in Scottish Terriers(2005)

ビタミン剤ではなく野菜そのものを与えていることが重要であることがわかり、「手作りのご飯」を食事として取り入れることが重要だと考えられています。

手作りご飯を手軽に与えられる
ココグルメが今なら送料無料980円で試せる!

送料無料980円で試せる!
手に取りやすい単品買い切り
15日間全額返金保証付き

手作りのドッグフードに興味をお持ちの方に是非オススメしたいココグルメですが、試すなら「今が一番お得」です!

400gとたっぷり入ったモニターコースが、期間限定で送料無料980円お試しいただけます!
※体重2~3kgの小型犬で約7食分の分量です。

また自動的に定期コースに切り替わることはなく、単品買いきりでお試しいただけますし、初回購入に限り15日間の全額返金保証もついてきます!

1日100名様までの数量限定キャンペーンですので、ぜひこの機会をお見逃しなくお試しください!

送料無料で試せる1日100名様限定モニターはこちら
\ SNSで友人にシェアしよう /