> 犬の飼い方/育て方 > 結石のための犬用療法食の特徴

結石のための犬用療法食の特徴

最終更新: 2021.11.10
結石のための犬用療法食の特徴
\ SNSで友人にシェアしよう /

結石と言えば人間でもよく聞かれる病気ですが、実は犬にも比較的多く見受けられます。

放置しておいても自然治癒する訳ではなく、腎臓に負担をかける事になります。症状を悪化させないためには早めに気付いて治療をしていく事が大切ですが、症状によっては犬用療法食での改善も可能です。

この記事では結石の犬が療法食を必要とする理由や療法食の特徴、購入方法、そしてもし療法食を食べてくれない時はどのように対処すれば良いかについて解説していきます。  

結石の犬が療法食を必要とする理由  

結石は非常に怖い病気です。頻尿や血尿、食欲不振、排尿痛などが主な症状ですが、きちんと治療をしないと結石が尿道につまり、尿毒症や膀胱破裂などを引き起こす可能性もあります。

石の種類と症状によって治療法も異なり、例えばシュウ酸カルシウム尿石の場合は外科手術を行って結石を取り除かなければいけません。また血尿や尿路感染などの症状が見られる時は、止血剤や抗生物質の投与が必要となります。そして適切な治療を行った上で取り入れたいのが療法食という訳です。

 

犬の結石は元々の体質や肥満、あまり水を飲まない、尿を我慢する、感染症、食事など様々な原因が考えられます。

複数の原因が絡み合っているため、症状を改善させるには体重を減らす、水をたくさん飲ませる、何度もトイレへ連れていって排尿を促すなど様々な工夫が必要になります。

ただ無理に推し進めても愛犬が素直に従うとは限らず、あれやこれやと気を回さないといけないのは飼い主にとってもストレスが溜まります。

しかし療法食には犬が自然に体質やクセを改善出来るよう工夫されています。

結石形成の予防はもちろん、結石を溶解する効果もあるため、結石の治療に療法食を活用することは大きな意味合いを持つのです。

結石の犬向け療法食の特徴

療法食の特徴はまず、普通のフードに比べて塩分濃度が高めに作られている事です。

結石予防にはとにかく水分をとって頻繁に排尿し、結石が出来にくい状態を維持しなければなりません。つまり塩分が高い食事をとると必然的に喉が渇き、水分をたくさん飲むようになるという狙いがあるのです。

またミネラルを制限して新たな結石ができるのを防いだり、体重を減らせるよう低カロリーに抑えて作られています。そしてもう一つ、尿のPHを変えられるのも療法食の特徴です。

そもそも犬の結石は結晶の成分によって分類され、主なものに「ストルバイト結石」と「シュウ酸カルシウム結石」の2つがあります。ストルバイト結石は尿がアルカリ性に傾くとできやすくなり、シュウ酸カルシウム結石は尿が酸性に傾くとできやすくなります。

 

そのため療法食を取り入れる場合は、まず結晶の成分がどちらかを見極めなければいけません。例えばストルバイト結石に適した療法食は、マグネシウムとリンを制限して尿を酸性化させるものです。

その他、アンモニウムの供給を抑えるべくタンパク質が制限されていたり、結石を短期間で溶かすよう高い塩分濃度に設定しているものもあります。

一方のシュウ酸カルシウム結石は食事で溶かす事は出来ないため、まず外科手術が必要となります。

そして手術後、結石が出来ないよう食事療法で治療を続けるのが一般的です。尿をアルカリ化するようタンパク質を制限し、カルシウムやシュウ酸の含量を抑えたフードが有効となります。

結石の犬向け療法食の購入方法  

結石の犬向けの療法食は実に種類が豊富です。

ストルバイト結石に特化したものもあれば、ストルバイト結石とシュウ酸カルシウム結石の両方に使えるもの、小型犬用や体重を減らしたい犬向けのものなど様々です。ホームセンターやインターネット通販で手軽に購入出来ますが、素人判断は危険です。

誤った療法食を選ぶと全く効果が見られなかったり、逆に体調を悪化させる恐れもあるため、自分で取り寄せる場合は必ず主治医に相談しておく必要があります。

 

また療法食によっては長期摂取に向いていないものもあります。

塩分濃度が高いフードを摂取し続けると腎臓や心臓に負担がかかり、成長期の犬にタンパク質が制限されたフードを与え続けるのもリスクが大きいです。

より安全性を求めるなら、動物病院にて医師から勧められた療法食を購入した方が安心です。

実際、誤った使い方をされないよう動物病院でしか購入できない療法食も増えてきています。

結石の犬向け療法食を食べてくれない時は

療法食は成分の量や比率がきちんと計算されており、結石の改善や予防に高い効果が期待出来ます。

ただ飼い主の思いとは裏腹に、愛犬が素直に食べてくれないケースも多々あります。療法食の効果を高めるには、療法食以外の食事やおやつは与えない方が良いとされているため、療法食に全く手をつけてくれないのは飼い主にとって頭の痛い問題となります。

もし療法食を与えても食べない時は、ドライフードから同シリーズのウェットタイプに変更するのも一つの方法です。

缶詰やパウチのフードはドライフードより風味が感じられ、水分を多く含むので食べやすく感じるかもしれません。また結石は水分を多く取らなければならないので、水分摂取量を増やすという意味でもウェットタイプは有効です。

 

味が苦手という訳ではなく、突然変わったフードに警戒心を抱いていることもあります。無理に食べさせようとしても愛犬が拒否しているなら逆効果で、より敬遠するようになるかもしれません。

急いで療法食にシフトチェンジする必要はなく、慣れるまでは普段のフードに少しずつ混ぜていくという方法もあります。回数を重ねる度に療法食の割合を増やしていき、最終的に完全な療法食を食べられるようになるのが理想です。

また意外なところでは、フードボウルを変えてみると、食いつきがよくなる可能性もあります。犬にとってフードボウルの高さや大きさはとても重要で、合わない容器は首に負担がかかったりむせやすくなります。

楽に食べられるよう調整してみると、味や風味の変わった療法食でもすんなりと食べてくれるようになるかもしれません。

愛犬と相性の良い療法食を探してあげよう

愛犬に結石ができたとなると、飼い主は「早く改善させてあげたい」と切に願うものです。

口コミなどで良い療法食を見つけると、「これさえ食べると早く治るはず」と期待してしまうかもしれません。

しかし全ての犬が素直に従う訳ではなく、頑なに療法食を拒否するケースもあります。療法食を食べてくれない時は無理強いせず、まずは色々なフードを与えて愛犬が食べやすそうなものを探していきます。

また少しずつ療法食に変えていく方法も有効で、飼い主は焦らず、根気よく病気に向き合っていく事が大切です。

愛犬の健康と長生きのために
獣医師監修の手作りドッグフード「ココグルメ」

うちの子には健康的なドッグフードを与えたい
飽きっぽくて毎回選び直すのが大変
いつも与えているドッグフードを全然食べてくれなくなった

といったドッグフードの悩みをお持ちではないでしょうか?


獣医師監修の手作りドッグフード「ココグルメ」は「健康」と「食いつき」を両立した今注目のご飯なんです!

\今なら送料無料980円で試せる/
獣医師監修の手作りドッグフード - ココグルメ -

ココグルメは、手作りならではの抜群の食いつきと総合栄養食基準の栄養バランスを両立し、「健康」と「美味さ」を兼ね備えた手作りのドッグフードです。

ココグルメの特徴 1.
新鮮な食材を使った手作りドッグフード

私たち人間が食べるご飯と同じように、低温での調理し冷凍で配送する正真正銘の手作りご飯です。

ドライフードのように乾燥させて風味が飛んでしまったり、レトルト加工などで栄養価を損なうことなく、素材の旨みと栄養をそのまま生かした美味しいご飯です。

ココグルメの特徴 2.
総合栄養食基準のレシピ

手作りご飯は確かに美味しく食べてくれるけど栄養バランスが不安…
そういった思いをお持ちの飼い主様も多いかと思います。

ココグルメは日本でも数少ない「栄養学を専門とする獣医師の先生」に監修を受け、総合栄養食(※)の基準に適応したレシピで作られています。

※総合栄養食とは、「そのご飯と水だけで、健康に生きるために必要な栄養素を全て取れる」という国が定めた基準に沿ったドッグフードのことです。

ココグルメの特徴 3.
徹底したヒューマングレード

ご存知の通り、ドッグフードは「食品衛生法の範囲外」とされており、人間のご飯と比べて低い衛生基準で製造・管理されてきました。

私たちのドッグフードは、人間が食べるものと同じ食材を仕入れ、同じ衛生基準で調理・配送する、正真正銘の「ヒューマングレード」のドッグフードです。

愛犬の健康のために
手作りドッグフードが選ばれる理由

手作りのご飯は「栄養バランスを正すのが難しい」「調理に手間がかかる」といった大変な点もありますが、実は健康との良い関係性があるという研究結果もわかっています。

手作りご飯を与え続けていた飼犬は32ヶ月長生きしていた

市販のドッグフードを与え続けた飼い犬と、市販ドッグフードを与えながら一部手作りを与えていた飼い犬、手作りし続けた飼い犬の3つクラスタの寿命を分析した結果、手作りし続けた飼い犬は平均32ヶ月も長生きしていたことがわかった。
Relation between the domestic dogs' well-being and life expectancy statistics essay(2003)

さらに、手作りご飯のみを与えていた飼犬が32ヶ月も長生きしていたことが分かっただけではなく、部分的に与えていた子も長生きしていたことが分かっています。

週3回以上野菜を与えていた飼犬は膀胱癌リスクが90%低かった

欧米で飼われている175頭のスコティッシュテリアの生態を調査した。
年齢や体重、毛の色などの指標を調整して集計した結果、週に3回以上ドッグフードとは別に野菜を摂取していた犬はTCC(膀胱癌)の発生リスクと逆相関していた。
緑黄色野菜の場合は逆相関が見られたが、アブラナ科の野菜やビタミン類での補給には逆相関が見られなかった。
Evaluation of the Effect of Dietary Vegetable Consumption on Reducing Risk of Transitional Cell Carcinoma of the Urinary Bladder in Scottish Terriers(2005)

ビタミン剤ではなく野菜そのものを与えていることが重要であることがわかり、「手作りのご飯」を食事として取り入れることが重要だと考えられています。

手作りご飯を手軽に与えられる
ココグルメが今なら送料無料980円で試せる!

送料無料980円で試せる!
手に取りやすい単品買い切り
15日間全額返金保証付き

手作りのドッグフードに興味をお持ちの方に是非オススメしたいココグルメですが、試すなら「今が一番お得」です!

400gとたっぷり入ったモニターコースが、期間限定で送料無料980円お試しいただけます!
※体重2~3kgの小型犬で約7食分の分量です。

また自動的に定期コースに切り替わることはなく、単品買いきりでお試しいただけますし、初回購入に限り15日間の全額返金保証もついてきます!

1日100名様までの数量限定キャンペーンですので、ぜひこの機会をお見逃しなくお試しください!

送料無料で試せる1日100名様限定モニターはこちら
\ SNSで友人にシェアしよう /