/ 愛犬の健康のために / 犬の手作りごはんの基本 / ささみで作る犬の手作りごはん!簡単レシピ3選

ささみで作る犬の手作りごはん!簡単レシピ3選

最終更新: 2021.06.15
ささみで作る犬の手作りごはん!簡単レシピ3選
\ SNSで友人にシェアしよう /

愛犬の健康を考えて、市販のドッグフードではなく手作りのご飯を与えたいと考えている飼い主も多いはず。

そんな愛犬の手作りご飯にどのような食材を使うのかという点は重要なポイントなのですが、そこでおすすめだと紹介されているのがささみです。

実は犬にとってささみはメリットの多い健康的な食材の一つとして注目を集めており、実際にささみを使った犬の手作りご飯のレシピは数多く紹介されているようです。

そこで今回は、ささみが犬の手作りご飯におすすめされる理由やささみを使ったレシピを紹介します。  

【手作りごはんが気になっている方必見】ココグルメも送料無料お試しキャンペーンはこちら 

犬の手作りごはんにささみがおすすめの理由    

手作りごはんで問題になりやすいのが、高カロリー・高脂肪になりやすい点です。高カロリー・高脂肪の食材を豊富に使ってしまうと犬が肥満や糖尿病になる可能性が高いだけではなく、様々な病気を発症してしまう原因になりかねません。

このため犬の手作りごはんに使う食材は、低カロリーで低脂肪かつ高タンパクな食材が理想です。

ささみは、犬にとって大事な栄養素であるタンパク質を多く含むだけでなく、低カロリー・低脂肪です。さらに、ささみには疲労回復効果や抗酸化作用があり、元気で若々しい肉体作りには欠かせない食材です。

また、ささみはリーズナブルな価格で手軽に購入できる食材なので、手作りごはんを作り続けても家計を圧迫するリスクが少ないとされており、このような点から、犬の手作りご飯に使う食材としてささみがおすすめだと言われています。

ただ注意点として、生のささみをそのまま使ってしまうとささみに付着している菌やウイルスで犬が病気になってしまう可能性があります。そのためささみを使う場合は、生ではなく茹でたものを使う方が安全です。

また食べ過ぎるとリンの過剰摂取になってカルシウムが吸収されなくなり、骨が弱くなってしまうこともあります。そのため食べ過ぎないように量を調整することも必要です。    

ささみの栄養素と犬の手作りご飯に与える影響

飼い主さんの中には、ささみをおやつやトッピングとしてそのまま与える人がいるほど、ささみは犬の手作りご飯として非常に重宝される食品です。愛犬の食いつきがいいのはもちろんのこと、低脂質で高タンパクなささみは、栄養面を見ても犬にとって非常に適した食材です。

そんな犬の手作りご飯に活用したい、ささみの栄養素について解説します。

ささみに含まれる栄養素: タンパク質

タンパク質は体内に取り入れられ消化されることでアミノ酸となり、最終的に犬の体内に吸収されます。

タンパク質は3大栄養素として括られるほど非常に重要な栄養素であり、私たち人間も含め動物が生きるのに必要不可欠なエネルギー源となります。

ささみに含まれる栄養素: 脂質

脂質は、どうしても取りすぎてしまう栄養素です。過度に摂取してしまうと肥満になりやすく、消化しきれないとお腹を下してしまうこともあります。

しかし、ささみは他の部位の肉と比べて低脂質のため過度な摂取を抑えられるだけではなく、ささみの脂質には、体の中で作ることができない必須脂肪酸が含まれており、体の細胞膜やホルモンなど犬の体を構成する重要な要素を構成する栄養素です。

ささみに含まれる栄養素: リン

リンは聞き慣れない栄養成分ですが、犬の体内でエネルギーの代謝するのに必要という重要な役割をもつ栄養素です。

脂肪酸やアミノ酸をエネルギーに転換する際、犬の体内ではアデノシン三リン酸(ATP)という中間物質がつくられ、これを最終的に分解することで生きるのに必要なエネルギーが生成されるのです。リンは、この中間物質であるATPを生成する際に必要となる成分です。

また、細胞膜の抗生物質であるリン脂質にもリンは含まれていたり、カルシウムと結合することで骨や歯を強化する役割もあるように、体の隅々で利用される重要な栄養素なのです。

ささみに含まれる栄養素: ナトリウム

ナトリウムは、端的にいうと「塩分」です。

「人間のご飯は塩分が多く含まれており味付けが濃いため、犬に食べさせるのは危険である」という話を聞いたことがある飼い主も多く、「塩分」を与えるのはよくないと考えてしまう方もいるかと思いますが、犬の健康にとっても塩分は一定量必要なのです。

血液や水分のバランスを保ったり、神経系の伝達、糖分やアミノ酸の吸収をサポートするなど、塩分は犬の体内で活用されているため、食事に含まれる自然な量の塩分は摂取しておく必要があります。

ささみに含まれる栄養素: ナイアシン

ナイアシンはビタミンB3とも言われる、犬の健康に必要な栄養素です。ビタミンB3を始めたビタミンB群は植物等では取りにくく、ささみなどにお肉や魚などの動物性タンパク質に多く含まれます。

ナイアシンは犬の体内でニコチン酸アミドにつくりかえられ、リンなどと一緒にエネルギーを作り出すために必要な成分です。

 

このようにささみはシンプルな食材ではありますが、単にタンパク質としてだけではなく、様々なビタミン/ミネラルを摂取できるバランスの取れた食材なのです。

犬の手作りご飯に。ささみと食べ合わせの良い食材は?

犬の手作りご飯にささみを使ったレシピは非常に簡単でおすすめですが、ささみだけだとちょっと味気ない…という方もいると思います。

そこでささみとセットで食べやすい食材をご紹介します。

ささみと食べ合わせやすい食材1. キャベツ

キャベツはわんちゃんの好きな食材で、歯応えのある食感やビタミンCなどささみだけだと不足しがちになる微細な栄養素を補給することができます。

またキャベツは低カロリーな食材なので量を食べていても肥満や栄養過多になりにくいです。

逆にいうと、キャベツ自体にはタンパク源が少ないので、主食として与えるのではなく、ささみなどのお肉とセットで食べるのが理想です。

ささみと食べ合わせやすい食材2. スープ

ささみは水分や脂身の少ないお肉なので、人間と同様にわんちゃんも少し食べにくいです。(とはいえドライフードよりは抜群に食いつき良いです…)

そのためスープやミルクなどの液体とセットで食べるとより食いつきアップが期待できます。

またスープはいろいろな食材の栄養素をいっぺんに摂取することができることや、夏場などの不足しがちな水分をセットで補うことができるためオススメです。

手作りごはんを試してみたい人にはココグルメがおすすめ!

「手作りごはんに挑戦したいけど栄養バランスが気になる...」

「手作りごはんにしたいけど時間がない!」

「手作りごはんがちょっと気になっている」

そんな考えをお持ちの飼い主さんにはココグルメがおすすめです!これからレシピを紹介しますが、やっぱり手作りごはんは時間がかかるもの。

ココグルメは総合栄養食基準に準拠しているため、栄養バランスもバッチリです。また、食材はすべて人間の食品に使用される食材(ヒューマングレード)を使用しており、学校給食を手がける給食工場で1つ1つ人の手で作っています。

今なら送料無料980円でお試しできるキャンペーンも実施中です!

詳しくはこちら↓

ささみを使った犬の手作りごはんレシピ1
ささみとキャベツの満腹ごはん

ささみだけではなくキャベツも使ってかさ増しを狙った「ささみとキャベツの満腹ごはん」は、たくさん食べる愛犬でも満足できるヘルシーな手作りごはんです。また簡単に作ることができるので、朝など時間がない時でも手軽に作れるところがおすすめのポイントになっています。

ささみを使用した手作りごはんの材料

ささみ 適量
キャベツ 適量
犬用チーズ 適量

ささみを使用した手作りごはんの作り方

調理にかかる時間はおよそ15分ほどです。

ささみやキャベツはワンちゃんのためだけに購入して調理すると少し余ってしまうこともあるので、飼い主さんのご飯と兼用で作ってみるのがお勧めです。

  1. ささみを茹で、粗熱を取った後に手で食べやすい大きさにほぐします。
  2. キャベツを適当な大きさにカットしてから茹でます。愛犬の食べ具合や年齢に応じて、量やカットする大きさを調整することが必要です。できればフードプロセッサーなどで細かくしておくことがおすすめだとされています。
  3. 茹であがったキャベツに手でほぐしたささみを混ぜ合わせて、熱いうちに犬用チーズをふりかけます。熱い状態でないとチーズが溶けないので、注意します。
  4. 少し冷まして、犬が食べやすい温度になれば完成です。

ささみの手作りごはんのポイント

キャベツは生のままでも与えることができる食材で、ビタミンやカルシウム、鉄分が豊富である点や食物繊維が豊富なので便秘解消に繋げられる点がポイントとされています。

犬用チーズは必ず犬用のものを使用することと、肥満や心臓・肝臓に病気を持っていない犬に提供することを守ることが大切です。

ささみを使った犬の手作りごはんレシピ2
ささみとほうれん草の胡麻和え

ささみと同じくヘルシーな食材であるほうれん草を使った手作りごはんレシピ「ささみとほうれん草の胡麻和え」は、胡麻和えにすることで不足しがちなカルシウムをプラスさせることができます。

手作りごはんの材料

ささみ 1本
ほうれん草 一掴みより少し多め
ゴマ 小さじ1

手作りごはん作り方

ほうれん草とささみをそれぞれ茹でるだけなので、調理時間はおよそ10分ほどです。

白ごまでも黒ゴマでも大丈夫ですが、ゴマ油を使う場合は油が多すぎるとワンちゃんがお腹を下してしまうこともあるので、加えるなら少量にしましょう。

  1. ささみを茹で、粗熱を取った後に手で食べやすい大きさにほぐします。
  2. ほうれん草を茹でます。必要に応じて食べやすい大きさに切ります。切らずにそのまま使用することも可能。
  3. 茹でたほうれん草にささみを混ぜ、ゴマを回しかけます。熱い場合は食べやすい温度に調整します。
  4. お好みでゴマ油などを混ぜてもOKです。

手作りごはんのポイント

ほうれん草にはビタミンや鉄分が豊富に含まれていることから、犬に与えたい食材として推奨されています。

ゴマもカルシウムだけではなく抗酸化作用を持っているので、若々しく健康な体づくりに欠かせない食材として注目を集めているようです。

注意点としては、ほうれん草を生で与えると尿路の病気になってしまう可能性があるので、必ず茹でて提供します。ゴマも栄養豊富ではありますが、食べ過ぎに注意することが大切です。

ささみを使った犬の手作りごはんレシピ3
ささみとかぼちゃの柔らかヘルシーご飯

食が細くなりやすい老犬にも、ささみを使った手作りごはんは食べやすくて効果的だと言われています。そんな老犬におすすめのささみを使った手作りごはんとして紹介されているのが、「ささみとかぼちゃの柔らかヘルシーご飯」です。

手作りご飯の材料

ささみ 1~2枚
かぼちゃ 輪切りにしたものを一枚程度
ゆで麦 大さじ1
さつまいも 小さじ2分の1

手作りごはんの作り方

調理時間はおよそ15分ほどです。
かぼちゃやサツマイモなどは小さくカットするほど火が通りやすいので、時短したい方はフードプロセッサーで細かく刻んでおきましょう。

  1. ささみ、かぼちゃ、さつまいもを細かくカットします。フードプロセッサーを使うと、材料を一気に短時間で細かく刻めます。
  2. 食材全部が浸る程度に水を入れ、火にかけます。
  3. かぼちゃが柔らかくなったら、粗熱を取って完成です。

手作りごはんのポイント

こちらのレシピは食材を長時間煮込むことで柔らかく食べさせることができるのはもちろん、水分補給の効果もあるので食が細くなった老犬や夏バテした犬におすすめの手作りごはんです。

またかぼちゃはビタミンと食物繊維が豊富で、水分も豊富に含んでいることから単体でも水分補給の役割も担ってくれます。

またゆで麦を入れることで、炭水化物を補うこともできます。

ココグルメは"カリカリ"とは違い、素材そのままを残した調理にこだわっているため、水分量も多いです。

今なら送料無料のお試しキャンペーンも実施中です!詳しくはこちら

ささみを使って健康的な愛犬のごはんを手作りしよう    

ささみは低脂肪・低カロリー・高たんぱくの3つを兼ね備えいるだけでなく、スーパーで手軽に購入でき、淡白な味わいなので様々な食材との相性がいいということもあり、犬にとってはもちろん、飼い主さんにとっても嬉しい食材です。

基本的に生ではなく茹でて使うようになるので、手で食べやすい大きさにほぐしたりカットして使うという使い方が多いです。

今回紹介したレシピ以外にも手軽に作れるささみのレシピは数多く紹介されているので、食べ過ぎに注意しながら提供してみることがおすすめです。

犬の手作りごはん初心者の方向け基礎知識集もぜひご覧ください。

 

愛犬の健康と長生きのために
獣医師監修の手作りドッグフード「ココグルメ」

うちの子には健康的なドッグフードを与えたい
飽きっぽくて毎回選び直すのが大変
いつも与えているドッグフードを全然食べてくれなくなった

といったドッグフードの悩みをお持ちではないでしょうか?


獣医師監修の手作りドッグフード「ココグルメ」は「健康」と「食いつき」を両立した今注目のご飯なんです!

\今なら送料無料980円で試せる/
獣医師監修の手作りドッグフード - ココグルメ -

ココグルメは、手作りならではの抜群の食いつきと総合栄養食基準の栄養バランスを両立し、「健康」と「美味さ」を兼ね備えた手作りのドッグフードです。

ココグルメの特徴 1.
新鮮な食材を使った手作りドッグフード

私たち人間が食べるご飯と同じように、低温での調理し冷凍で配送する正真正銘の手作りご飯です。

ドライフードのように乾燥させて風味が飛んでしまったり、レトルト加工などで栄養価を損なうことなく、素材の旨みと栄養をそのまま生かした美味しいご飯です。

ココグルメの特徴 2.
総合栄養食基準のレシピ

手作りご飯は確かに美味しく食べてくれるけど栄養バランスが不安…
そういった思いをお持ちの飼い主様も多いかと思います。

ココグルメは日本でも数少ない「栄養学を専門とする獣医師の先生」に監修を受け、総合栄養食(※)の基準に適応したレシピで作られています。

※総合栄養食とは、「そのご飯と水だけで、健康に生きるために必要な栄養素を全て取れる」という国が定めた基準に沿ったドッグフードのことです。

ココグルメの特徴 3.
徹底したヒューマングレード

ご存知の通り、ドッグフードは「食品衛生法の範囲外」とされており、人間のご飯と比べて低い衛生基準で製造・管理されてきました。

私たちのドッグフードは、人間が食べるものと同じ食材を仕入れ、同じ衛生基準で調理・配送する、正真正銘の「ヒューマングレード」のドッグフードです。

愛犬の健康のために
手作りドッグフードが選ばれる理由

手作りのご飯は「栄養バランスを正すのが難しい」「調理に手間がかかる」といった大変な点もありますが、実は健康との良い関係性があるという研究結果もわかっています。

手作りご飯を与え続けていた飼犬は32ヶ月長生きしていた

市販のドッグフードを与え続けた飼い犬と、市販ドッグフードを与えながら一部手作りを与えていた飼い犬、手作りし続けた飼い犬の3つクラスタの寿命を分析した結果、手作りし続けた飼い犬は平均32ヶ月も長生きしていたことがわかった。
Relation between the domestic dogs' well-being and life expectancy statistics essay(2003)

さらに、手作りご飯のみを与えていた飼犬が32ヶ月も長生きしていたことが分かっただけではなく、部分的に与えていた子も長生きしていたことが分かっています。

週3回以上野菜を与えていた飼犬は膀胱癌リスクが90%低かった

欧米で飼われている175頭のスコティッシュテリアの生態を調査した。
年齢や体重、毛の色などの指標を調整して集計した結果、週に3回以上ドッグフードとは別に野菜を摂取していた犬はTCC(膀胱癌)の発生リスクと逆相関していた。
緑黄色野菜の場合は逆相関が見られたが、アブラナ科の野菜やビタミン類での補給には逆相関が見られなかった。
Evaluation of the Effect of Dietary Vegetable Consumption on Reducing Risk of Transitional Cell Carcinoma of the Urinary Bladder in Scottish Terriers(2005)

ビタミン剤ではなく野菜そのものを与えていることが重要であることがわかり、「手作りのご飯」を食事として取り入れることが重要だと考えられています。

手作りご飯を手軽に与えられる
ココグルメが今なら送料無料980円で試せる!

送料無料980円で試せる!
手に取りやすい単品買い切り
15日間全額返金保証付き

手作りのドッグフードに興味をお持ちの方に是非オススメしたいココグルメですが、試すなら「今が一番お得」です!

400gとたっぷり入ったモニターコースが、期間限定で送料無料980円お試しいただけます!
※体重2~3kgの小型犬で約7食分の分量です。

また自動的に定期コースに切り替わることはなく、単品買いきりでお試しいただけますし、初回購入に限り15日間の全額返金保証もついてきます!

1日100名様までの数量限定キャンペーンですので、ぜひこの機会をお見逃しなくお試しください!

送料無料で試せる1日100名様限定モニターはこちら
この記事を書いた人
岩橋洸太
株式会社バイオフィリア 代表取締役社長

慶應義塾大学経済学部卒業後、証券会社で上場準備支援業務に従事
社会に出てからも幼い頃に聞いた不幸な動物の話に心を痛めた経験が心に残り、ペット領域での起業を決意し、2017年に(株)バイオフィリア設立

現在は日本初の総合栄養食基準に準拠した獣医師監修手作りドッグフードであるココグルメを手がける他、メディア事業を展開
ココグルメの開発に際しては一から動物栄養学を学び、自らレシピ考案に携わる
「動物の幸せから人々の幸せを」を企業理念に、アニマルウェルフェアカンパニーとして全ての動物が幸せになれる世界の実現を目指す。
3匹の保護猫に囲まれて暮らす大の動物好き

\ SNSで友人にシェアしよう /