タイムセール
あと 18時間
7日間
お試し
980円/kg

「もっと良いご飯を食べさせたい」「うちの子が食べてくれるか不安・・・」
そんな飼い主様にオススメです!

今すぐ
注文

愛犬のめやにの原因と対策を正しく知ろう!

2019.05.15

愛犬は家族の一員でもあるので長く飼い続けたいのが人情ですが、場合によっては病気で体が弱ってしまうことがあります。犬の病気は人間よりも症状が重篤化しやすいことが多いので、少しでも異常な点があればすぐに専門病院で治療を受けさせることが大切です。

また、毎日の暮らしの中に愛犬が病気になってしまう原因が潜んでいるケースもあることから、飼育環境の見直しも飼い主の責務になります。愛犬を健やかに飼育するために、犬の病気や健康管理について学びましょう。

目やに・毛並み・毛艶…愛犬の体調確認は飼い主の責務

価値観の多様化により、ペットは単なる愛玩動物ではなく家族の一員として扱われるのが普通になっています。ペットとして飼育されることが多い犬についても同様であり、大型の品種でも室内犬として飼われることは決して珍しいことではありません。屋外で飼育するケースと比べ、スキンシップの時間を長く取ることができるのが室内飼育の特徴です。

また、愛犬の体調不良に気づきやすいのも室内飼育ならではの利点ですが、飼い主が日頃から愛犬の体調管理に気を配っていなければ意味がありません。いくら家族同然にかわいがっていても、犬は自身の体調不良を訴えることはできないので、飼い主が責任をもって管理することが重要になります。

愛犬の健康状態の良し悪しをチェックするには鳴き声や歩き方、糞の形状を見るのが最適です。犬は品種ごとに体の大きさや特徴が異なりますが、体調不良に陥った際の症状は共通しているので確認は容易です。体の具合が悪い犬は鳴き声が弱々しく、かすれていたり喉に痰が絡んでいるような異音が混ざることがあります。

また、歩き方にも変化が生じ、痛い部分をかばうように体を屈めたり、特定の足を引きずることも少なくありません。糞についても水に近い下痢状であったり、逆に石のように固い便秘になることがあります。色や臭気も体調が良好な時と比べると大きく変わっていることが多いので、何らかの不具合が確認できた際は速やかに専門病院で治療を受けさせることが大切です。犬の体調不良の中でも目やには様々な病気の症状として出るので、特に注意が必要になります。

愛犬の目やにを決して放置してはいけない理由

目やには誰にでも起こる生理現象の一種なので、愛犬に目やにが生じていても軽く考えがちです。しかし、犬の目やには病気の症状として出ることが多いので、愛犬の目の周りが酷く汚れていたら注意する必要があります。正常な目やには目の中に入り込んだ汚れや古くなったまぶたの細胞が主成分なので量は少なく、色も白や黒、茶色などの単色が普通です。

しかし、何らかの病気を原因とする目やには量が非常に多いうえ、色も黄色や緑色が混ざった汚らしい感じになるのが大きな特徴です。また、粘り気が強かったり悪臭を伴うケースも少なくありません。目やにの原因となる病気は結膜炎や角膜炎、ドライアイなどの眼病が主ですが、稀に鼻炎が原因となるケースもあります。これは鼻の粘膜が受ける刺激の影響で目やにが形成されるためです。

目やにを発生させる眼病は愛犬の健康状態を著しく悪化させます。特に緑内障や白内障などの難病は人間と同様に失明の危険があるので、速やかに適切な治療を受けさせることが大切です。愛犬の体調管理は飼い主の責務なので、万が一の事態に備えてかかりつけの医師を決めておくことが重要になります。

また、闘病中の愛犬をサポートするのも飼い主の務めですが、眼病を患っていると体を動かすのを億劫に感じてしまい、一日中眠っていることも珍しくありません。運動量が大幅に減ってしまうことから、毎日の食事についても体の具合に合わせて調節してやるのが飼い主にできるサポートです。

ドッグフードを変えて愛犬の体調を改善させる

愛犬の体調の良し悪しは毎日与えるドッグフードが大きく影響します。特に目やにが出る眼病を患っている愛犬には目の状態を改善させると共に、運動量が少なくなった状態でも美味しく食べられる物を選ぶことが重要なポイントです。眼病を患った愛犬には柔らかく、消化しやすい肉で作られたドッグフードが適しています。

病気によって体力が低下しているうえに運動量が減ったことで消化力が落ちている可能性があるためです。水分が多くて柔らかい、新鮮な肉で作られたドッグフードなら栄養を効率的に吸収できるので、体が弱っている愛犬でも適度な栄養補給が可能になります。医療用のドッグフードは動物を診る専門病院で販売している他、ペットフードを専門に扱う通販業者から購入することが可能です。

医療用のドッグフードは犬の年齢や病気別に特別な成分が配合されている物が多いので、眼病を患っている愛犬には眼病用の製品を与えるのが適しています。その際、年齢や体の大きさも併せて考慮することが重要なので、条件に合う製品が無ければ別の病院や通販業者から探すのが飼い主の務めです。

また、犬は肉食なので植物性の成分が混ざっているドッグフードは避ける必要があります。犬の体は植物性の成分を取り込んでも栄養にすることができないばかりか、却って体の具合が悪くなる危険すらあります。良かれと思って与えたドッグフードが愛犬の健康を著しく損なう結果になるのを避けるため、購入の際は含有成分をよく確かめることが大切です。肉由来であっても原料が不明な添加物は粗悪品を使っている可能性があるので、植物性の成分と同様に避けることが重要になります。

ドッグフードだけではなく、飲み水にも気を配るのが闘病中の愛犬への気遣いです。目やにが出る眼病を患っている愛犬は体力が落ちているので、普通の水道水をそのまま与えるのは刺激が強すぎます。飲み水が原因で腹下しを起こすのが心配ですが、病院では医療用のろ過機を通した水を与えているので病気で弱っていても安心して飲ませることができます。犬に適した医療用のろ過材は病院で購入することができるので、飲み水を与える際に活用すれば自宅での療養も可能です。

愛犬の健康管理を適切に行うのがいつまでも一緒に過ごすための秘訣

目の周りが酷く汚れるほどの目やにが愛犬に生じていた場合、飼い主はとても慌ててしまうのが普通です。家族同然の愛犬が病気を患ったことを心配するのは飼い主として当然ですが、ただ狼狽するだけでは何の解決にもなりません。

専門病院で原因を特定して適切な治療を受けさせるのが飼い主の務めであり、病気で体が弱った愛犬でも美味しく食べられる安全なドッグフードを与えるのも飼い主だからできる気遣いです。愛犬の健やかな暮らしは飼い主にかかっているので、正しい知識を持って健康管理に努めることを心がけましょう。

 

「愛犬はいつまでも健康的に長生きしてほしい」
多くの飼い主の方がそう願っていることは間違いありません。

そんな飼い主の方にぜひオススメしたいのが日本初の獣医師監修フレッシュフードであるCoCo Gourmetです。

CoCo Gourmetは手作りのように新鮮な食材をそのまま使ったフレッシュタイプのドックフードでありながら、獣医師監修のもとワンちゃんに必要な栄養素をもれなく含んだ総合栄養食です。

ぜひ一度お手に取ってみてください♪

- 獣医師監修の手作りドッグフード -
CoCo Gourmetとは

新鮮な食材で手作り
総合栄養食基準のレシピ
徹底したヒューマングレード

定期注文はこちら
2回目以降の方
- 手作り以上の愛情を -
獣医師監修手作りドッグフード
3kgのトイプードルで2週間4,480円

※賞味期限は冷凍保存(-18℃以下)した場合で約1年です。期限内に使い切れる量の注文をお願いいたします。※体重ごとの給餌量と価格はこちらをご覧ください。※定期購入の変更・解約はご請求日の7日前までに指定の電話番号へのご連絡にて対応致します。※その他購入にあたって利用規約を必ずご確認ください