トイプードルの飼い主様必見!健康に長生きできるドックフードの選び方

ぬいぐるみのような愛らしい姿をしたトイプードルをペットとして飼う家庭は日本でも増えてきており、今や人気の犬種の一つとなっています。しかし小型犬であり、海外が原産となるトイプードルは柴犬と同じようなお世話やご飯では健康に過ごせないかもしれません。

今回はトイプードルという犬種がもともとどのような物を食べてきたか、どのような生体や特徴があるのかやどのようなドッグフードを選ぶ事がトイプードルの健康に繋がるのかについて解説していきたいと思います。

トイプードルってどんな犬種?体の特徴や生態について

トイプードルは今や世界中で愛される犬種ですが元々はドイツから生まれた物とされています。水鳥猟で獲物を回収する水猟犬として重宝され暮らしてきたプードルが元となっており、交配や小型化などの品種改良によってミニチュアプードルが誕生し、それを更に小型化させたものとしてトイプードルが出来上がったという経緯があります。

プードル種は毛を丸く刈り込む特徴的なカットが有名ですが、トイプードルでは毛を刈り込まず整える程度のカットに抑えて、熊のぬいぐるみのような姿にするテディベアカットが流行し、今でも人気のあるカットの一つになっています。

トイプードルは小型化が繰り返された結果非常に小さな姿をしており、体高はおよそ26cmから28cm前後、体重は3kgから4kgほどとなっています。またシングルコートと呼ばれる毛質をしていて、換毛期などの毛が一気に生え変わる時期などがないため飼育環境が抜け毛で汚れることが少ないのも特徴です。

しかしその反面長くて巻き毛の毛は絡みやすくもあるため、頻繁にブラッシングなどで毛を整えて上げる必要があるでしょう。また耳の内側にも毛が沢山生えていてたれ耳でもあるため耳がムレやすく匂いがしやすいので、高温多湿な日本では耳掃除や耳の毛を抜くなどの対処も必要になってきます。

また目の周辺にも長い毛が生えているため目ヤニなどが毛に付いてしまいやすく、白やクリーム色の毛だと目やに汚れが目立ちやすいため、目ヤニがついていたらこまめに拭き取ってあげるのもきれいな毛並みを守るために必要になります。

また小型犬の宿命として骨が細いため関節の疾患にかかりやすく、元気に走り回る犬は脱臼などに悩まされやすいという特徴があります。

脱臼は程度にもよりますがひどい場合は入院や手術も必要となり犬の負担にもなりますし、治療費も非常に高く付いてしまうため、脱臼を起こしにくい体作りが重要となります。強い骨や関節を作るための栄養を含んだドッグフード選びが重要となるでしょう。

トイプードル用ドッグフードの選び方その1.
ポイントは関節疾患の予防に効果的な栄養素

骨の細い小型犬が抱えやすい関節疾患を予防するためには、骨を強くする栄養素が求められます。骨密度をあげて上手な骨を作るためにカルシウムが豊富なドッグフードを選ぶと良いでしょう。

また関節にある軟骨に必要なコンドロイチンを多く摂ることで強い関節を作ることができ、この軟骨がすり減るのを抑え、関節の動きをなめらかにするためにグルコサミンも合わせて配合されている物を選ぶことでトイプードルの関節疾患のリスクを抑えることができます。

関節疾患の問題は犬全般にありますが、小型犬では特に罹りやすいためトイプードル用としてこれらが多く含まれているドッグフードを選ぶことが大切です。

また関節に係る負担を減らす方法として、筋肉量を増やす事が挙げられます。犬が最も必要とする動物性蛋白質をしっかりと摂取させることで関節への負担が少ない強い体を作り関節炎などのリスクを減らすことが出来ます。この際に注意すべきは動物性蛋白質として入れられているのがどんな肉なのかという点です。

ドッグフードの成分表を見ると良い物は鹿肉や鶏肉といったどの動物の肉なのか明記されていますが、中にはミートミールやミートエキスといった表記がされている物もあります。このミールとは所謂挽肉なのですが、この状態だと何の肉なのか表記しなくて済んでしまう問題が有り、肉の出自がわからないため粗悪な肉や場合によっては賞味期限の切れた肉が使われている可能性があります。

愛犬の健康のためにもしっかりと何の肉なのかが表記されているドッグフードを選ぶようにしましょう。

脂肪分の少ないドッグフードを選ぶのも関節疾患予防に効果的です。脂肪が付きすぎて体重が増えると当然関節にかかる負担は増えて脱臼などのリスクが高まるためです。

またトイプードルは体が小さいため食が細く、少ない食事量で体に必要な栄養を取り込む必要があります。そのためドッグフードの食いつきが悪く残してしまうようでは栄養不足を招きますし、犬のストレスにもなり健康に大きな影響が出てしまいます。

食の好みなどは個体によって違うので、ドッグフードの食いつきが悪い時は栄養の要件を満たす他社のドッグフードを試して食いつきが良い物を選ぶようにしましょう。

トイプードル用ドッグフードの選び方その2.
アレルギー予防に配合成分をチェック

人間と同じようにトイプードルにも食物アレルギーが出る事もあります。フード切り替えのタイミングで元気がなくなったり皮膚アレルギーが発症した場合はドッグフードにアレルギーの原因が含まれている可能性が高いので、アレルギーになる可能性の高い食物が含まれていないかチェックしましょう。元々犬は肉食の動物で動物性蛋白質を主な栄養源としてきたので、小麦や大豆、とうもろこしといった穀物類の植物性蛋白質は上手く消化できないばかりかアレルギー発症のリスクが高くなっています。

しかしこれらの穀物は所謂カサ増しとして使われることもあるため、ドッグフードを購入する際は穀物が含まれていないかよく確かめましょう。

また穀物以外にも牛肉、鶏肉、豚肉や卵、乳製品などもアレルギーの原因となりやすい食材です。これらはドッグフードに使われることは比較的少ないのですが、トイプードル用のご飯を家で作っている家庭では人間にとって身近なこれらの食品が使われることが多いようです。

犬にアレルギーの症状が見られる場合はこれらの食材が含まれていないドッグフードに一旦切り替え、症状が消えるか続くか観察しつつどの食材が原因になっているのかを突き止めましょう。

ドッグフードの栄養を厳選してトイプードルの関節疾患を予防しよう

トイプードルが罹りやすい関節疾患は、重症化してしまうと動き回ることが困難になり肉体的にも精神的にも愛犬を蝕んでしまいます。そのためには骨や関節に必要なカルシウム、コンドロイチン、グルコサミンといった栄養や、上質な動物性タンパク質をしっかり摂って関節への負担が少ないたくましい体を作ることが重要です。

小型犬は1回の食事量が少ないからこそ、その分質の高い食事をさせてあげるように心がけるのが愛犬と長く一緒に暮らしていくために必要な愛情の形と言えるでしょう。

 

トイプードルのドッグフードにお悩みでしたら、是非CoCo Gourmetをお試しください♪

CoCo Gourmetは、獣医師の監修の元、新鮮な野菜をそのまま使った手作りフードでありながら、ワンちゃんが健康に長生きするために必要な栄養素をもれなくふくんだフレッシュフードです。

今なら初回のモニターBoxが格安でお試しいただけるので、この機会に是非お試しください。

CoCo Gourmetとは

新鮮な食材をそのままに
手作りより健康的
ヒューマングレード
いつでも 解約OK
※購入回数の縛り等は一切ございません。
※注文確定日の7日前までにご連絡ください。
30 日間全額返金保証
※各世帯で初期購入の場合のみ対象となります。
※その他こちらの条件をご確認ください。

あなたにおすすめの記事

新規注文はこちら
2回目以降の方
- 手作り以上の愛情を -
獣医師監修手作りドッグフード
3kgのトイプードルで2週間4,480円

※賞味期限は冷凍保存(-18℃以下)した場合で約1年です。期限内に使い切れる量の注文をお願いいたします。※限定キャンペーンへの応募は1世帯あたり1回までとなります。2回目以降の申し込みの場合は通常価格(1箱当たり5,600円)でのご請求となります。(送料・税別) ※体重ごとの給餌量と価格はこちらをご覧ください。※定期購入の変更・解約はご請求日の7日前までに指定の電話番号へのご連絡にて対応致します。※その他購入にあたって利用規約を必ずご確認ください