栄養バランスを考えたドッグフードレシピの作り方とは?

2019.06.10

愛犬に美味しいドッグフードを食べさせたいのは飼い主であれば誰でも考えることですが、市販品の味付けの良し悪しを人間である飼い主が判断するのは困難です。

また、市販品は添加物が含まれている物もあるので、アレルギー症状などの疾患を引き起こす可能性があります。手作り用のレシピに沿って作れば、愛犬の好みに合致するドッグフードに仕上げることは難しくありません。愛犬を健やかに飼い続けるためにも、手作りドッグフードに関する正しい知識を学びましょう。

手作りレシピのドックフードの魅力とは?

ドッグフードを飼い主の手で作る利点は愛犬の体調管理に役立つことです。現在は多数のドッグフードが市販されているので手間をかけずに愛犬に食べさせることができますが、その一方で肥満や高血圧などのトラブルを抱えてしまうことがあります。市販品は様々な犬種に好まれるように濃いめの味付けを施されている物が多いため、食べ過ぎてしまうケースは少なくありません。

また、極端に安価な製品は犬の体には不向きである植物性の成分が添加されている物もあるので、気づかないうちに愛犬の体を傷つけている可能性は否定できません。手作りドッグフードは添加物を入れることは無いので、愛犬の体調を良好に保つには最適な一品と言えるのです。

愛犬の好みに合わせて食材の割合を変えることができるのも手作りならではの利点の一つです。市販のドッグフードにも栄養バランスが良い高級品はありますが、すべての犬が味付けに満足するわけではありません。いくら体に良いドッグフードであっても食べなければ意味は無いので、好みの風味であることが重要なポイントになります。手作りであれば愛犬が好む風味にすることができるので、食べずに放置してしまうことがありません。

残さずに食べ切ってくれれば栄養バランスが偏る心配も無いことから、手作りドッグフードは加齢や病気などの理由で食が細くなった愛犬にこそ適していると言えます。手作りドッグフードのレシピは書籍やインターネットで確認することができるので便利ですが、愛犬に合わせて最適なレシピを選択することが必要です。

ドッグフードは人間と同じレシピではダメ!?

手作りドッグフードを上手に仕上げるにはレシピに従うのが最も簡単かつ、確実な方法です。愛犬の好みに合わせた味付けにすることも容易ですが、必ずレシピの内容を熟読する習慣を持たなければいけません。愛犬用の手作りドッグフードのレシピは動物の栄養学に関する知識が無い素人が作った物も混ざっているためです。

特にインターネット上で出回っている手作り用のレシピは栄養バランスが偏っている物が多く、中には犬に与えてはいけない食材を使っている危険な物も混ざっています。出所がはっきりしないレシピは思わぬ健康被害に見舞われるおそれがあるので、安易に利用しないことを肝に銘じなければいけません。犬の飼育に詳しく、栄養学の知識もある専門家が作成したレシピを参考にするのが安全な選択になります。

愛犬を健やかに育てるには食材選びに細心の注意を払うことが重要になります。かつては人間の残飯を犬に与えるのが常識だったため、手作りドッグフードのレシピも素人考えで簡単に作ることができると思いがちです。しかし、犬と人間は体の構造が大きく異なる他、必要な栄養の割合も違います。

また、人間には何の影響も無い食材が犬にとっては猛毒になってしまうというケースもあるので、ドッグフードの手作りに挑戦する際は栄養の割合や与えてはいけない食材に関する正しい知識を持つことが飼い主に求められる姿勢です。そのため、巷に出回っている出所不明なレシピを避けるのはもちろんですが、専門家が作成したレシピであっても愛犬の大きさや体調に合わせて食材の分量を変えるなどの工夫が必要になります。

ドッグフードのレシピを作る時のポイントは?

愛犬に美味しくドッグフードを食べさせるには食材の選択に気を配らないといけません。栄養バランスを第一に考えるのはもちろんですが、その点を踏まえつつ、愛犬が好む風味に仕上げることが手作りの醍醐味と言えます。同じ手作りのドッグフードでも使用する食材の品質が風味の良し悪しを大きく左右するので、出費を惜しまず上質の食材をふんだんに使うのが愛犬が喜ぶ一品に仕上げるためのコツです。また、手作りドッグフードのレシピ作りは一度の食事で食べ切る量に調整することが重要になります。添加物が入っていないことが手作りの魅力ですが、同時に鮮度が落ちやすい欠点でもあります。美味しく作ったとしても残してしまうと台無しです。

口当たりが良い筈の手作りドッグフードを残してしまうのは愛犬の体調不良でなければ量が多すぎるのが原因です。残してしまうと鮮度が著しく落ちてしまうので、腹痛や下痢などのトラブルに見舞われるおそれがあります。毎食ごとに作りたての新鮮なドッグフードを与えることができるのが手作りの魅力ですが、作り過ぎても長く保管することはできません。食材を無駄にしないためには一回の食事で食べ切る量に留めることが重要になります。愛犬がドッグフードを食べる量はその日の体調や気分で変わりますが極端な差はありません。一週間から十日ほどの日数をかけて観察し、適量を把握するのがロスを避けて手作りを続けるための工夫です。

手作りドッグフードのレシピは愛犬の体の大きさや年齢に合わせて作った物なので、他の飼い主には必ずしも最適な内容とは言い切れません。自作のレシピを公開する場合、愛犬の犬種や体の大きさ、年齢などのデータを併せて公開するのがトラブルを避けるための工夫になります。手作りドッグフードのレシピはすべての個体に当てはまるものではないので、予め注意書きを添えておくのが飼い主としてのマナーです。

手作りドッグフードレシピでもっと愛犬を健康に!

毎日の食事に与えるドッグフードの品質が愛犬の体調を大きく左右するので、いつまでも健やかに飼い続けるには栄養バランスや口当たりの良さを考慮した手作りの一品を与えるのが最適と言えます。栄養のバランスが良く消化もしやすい、犬の体に適した新鮮な食材を用いるのが高品質な仕上がりにする工夫です。愛犬の体を労わり、美味しく食べさせるための手間を惜しまないことが手作りドッグフードの醍醐味なので、レシピを参考にする際は食材の量や栄養バランスの確認を忘れてはいけません。

 

「もっと健康に良いフードを食べさせたい」
「手作りフードに興味がある」
と考えている方も多いと思います。
手作りフードは健康を意識すればするほど、レシピ作りから調理の手間までが負担になってしまいます。

もし「健康なご飯を与えたい」と考えていらしゃる場合は、ぜひCoCo Gourmetを試してみてください!
CoCo Gourmetは獣医師監修のもとワンちゃんの健康に必要な栄養素を十分に配合した手作りフードの定期配送サービスです!
ぜひ一度試してみてください♪

CoCo Gourmetとは

新鮮な食材をそのままに
手作りより健康的
ヒューマングレード
いつでも 解約OK
※購入回数の縛り等は一切ございません。
※注文確定日の7日前までにご連絡ください。
30 日間全額返金保証
※各世帯で初期購入の場合のみ対象となります。
※その他こちらの条件をご確認ください。

あなたにおすすめの記事

新規注文はこちら
2回目以降の方
- 手作り以上の愛情を -
獣医師監修手作りドッグフード
3kgのトイプードルで2週間4,480円

※賞味期限は冷凍保存(-18℃以下)した場合で約1年です。期限内に使い切れる量の注文をお願いいたします。※限定キャンペーンへの応募は1世帯あたり1回までとなります。2回目以降の申し込みの場合は通常価格(1箱当たり5,600円)でのご請求となります。(送料・税別) ※体重ごとの給餌量と価格はこちらをご覧ください。※定期購入の変更・解約はご請求日の7日前までに指定の電話番号へのご連絡にて対応致します。※その他購入にあたって利用規約を必ずご確認ください