愛犬が牛肉アレルギーにかかった時の対処法と予防法

牛肉アレルギーは犬が発症する食物アレルギーのひとつです。犬は主に肉類を好むため、牛肉アレルギーについて意外に思う人もいるかもしれません。しかし、犬が牛肉の含まれたドッグフードを食べてアレルギーを発症することは珍しいことではないのです。

この記事では犬が牛肉アレルギーを発症した時の症状や対処の仕方。普段からできる予防方法やドッグフードの選び方などをまとめています。可愛い愛犬の健康を守れるのは飼い主さんしかいません。ぜひ参考にして下さい。

犬の牛肉アレルギーとは?

犬のアレルギー反応は大きく分けて3つです。ひとつ目はアトピー性皮膚炎、ふたつ目はノミが体に寄生し、その唾液によって引き起こされるダノミアレルギー性皮膚炎、そして最後は犬が食べたものによってアレルギー症状があらわれる食物アレルギーです。

犬の牛肉アレルギーは後者に属し、読んで字のごとく犬が牛肉を食べることでアレルギーの症状を起こすことを言います。アレルギーの原因は牛肉だけでなく、乳製品や小麦・大豆などの穀物もあり、犬によってアレルギーを発症する食物はそれぞれです。

アレルギーの症状については後ほど詳しく述べますが、犬のアレルギーは主にかゆみをともなった皮膚炎が中心です。他にも嘔吐や腹痛、下痢を発症することもありますが、腹痛などは飼い主が注意深く見ていないと気がつかないこともあります。

アレルギーの原因については血液検査で判明することができますので、愛犬がしきりに体をかゆがっていたり、お腹をかばうようにしてうつぶせに寝そべっていたりする場合は、アレルギーの可能性を考えてみましょう。

犬の牛肉アレルギーの症状と見分け方

"犬の牛肉アレルギー症状が出てくるのは早く、1歳ごろまでに発症することがほとんど。代表的な症状は皮膚にかゆみを感じることです。これは季節を問わずに表れる症状で、顔であれば目や耳、口の周りなど粘膜のある部分をかゆがる場合は、皮膚炎ではなくアレルギー症状の可能性が高くなります。他にも背中や肛門周辺、足先などをしきりにかゆがっている様子があれば、アレルギー症状を疑ってもいいでしょう。

かゆみの他に気をつけたい症状は、糞の回数が1日3回以上であることや、排泄した糞が下痢状になっているかどうか。その他嘔吐や腹痛もアレルギー症状の一つです。

これらの症状が出た場合は早めに病院へ行くことが大切です。その時に嘔吐や腹痛を起こしたのが食前食後のどちらか、いつ頃から下痢をしているか、など愛犬が不調を起こした時の状況を覚えている限りメモにとっておきましょう。先に述べたように動物病院では血液検査でアレルギーかどうか見分けることが可能です。

万が一食物アレルギーでも、症状を引き起こすものがどの食物なのか特定することができます。アレルギー症状だと診断されたら投薬で治療しますが、原因となる食物を防ぐことで症状は治ります。アレルギーはひどい状態になるとショックを起こすこともありますので、動物病院でしっかり検査をしてもらうようにして下さい。"

犬の牛肉アレルギーの原因は?

犬が牛肉アレルギーを起こす原因は判明していないことも多くあり、遺伝子や環境などの要因が深く関わっていると言われています。犬も人間と同じように、免疫学的寛容と呼ばれる仕組みで免疫反応が制御されているのが一般的ですが、ストレスや遺伝、環境などの様々な要素が積み重なると免疫が過剰反応してアレルギー発症を引き起こします。

牛肉などのタンパク質はドッグフードの原料に使用されることが多く、タンパク質を多く摂取すると体内で免疫力が過剰反応します。牛肉アレルギーもこのような仕組みで発症するようです。

先に述べたように、牛肉が必ずしも犬の食物アレルギーの原因となるわけではありません。他にも鶏肉や大豆や小麦などの穀物類や乳製品、鶏卵がアレルギーの原因になる場合もありますし、複数の食物に反応してしまうこともあります。一度アレルギー反応を起こした食物は、治療や成長によっては免疫力がアップし、食べても症状が出ない場合もありますが、症状が再発する可能性があります。

そのため一度アレルギー症状の原因として指摘された食物は、なるべく避けるようにした方がいいでしょう。愛犬の体質にもよりますが、最悪の場合その食物によって一生アレルギー症状が出てしまう危険性もありますので、愛犬のために与えない方が確実に安全です。

愛犬が牛肉アレルギーにかかった時のドッグフードの選び方

愛犬にアレルギー症状が出た場合は、血液検査でアレルギーの原因を特定することが最も大切です。愛犬が牛肉アレルギーと判明した時は、獣医さんと相談し、アレルギー対応食をご飯として与えながら様子を見ます。

それで症状が緩和した時は通常のご飯に戻しても問題ありませんが、牛肉アレルギーが心配な場合は牛肉を除去したドッグフードを与えるようにしましょう。犬のアレルギー症状が良くなってきたと思ったら、再度血液検査を行い、愛犬の状態をチェックします。

近年では愛犬に対して飼い主側も健康志向が高まり、アレルギー症状に対応したドッグフードも多く販売されるようになってきました。愛犬の牛肉アレルギーが気になる人は、牛肉ベースではなくチキンやラムなど他の肉をベースにしたフードを与えるのがおすすめです。インターネットでは様々な材料で作られた良質なドッグフードを販売しているショップも増えてきましたし、市販のドッグフードも牛肉を抜いたものがいくつか販売されています。

犬に与えるガムも牛皮を使用しているものがありますので、原材料に注意しながら与えましょう。しかし、一度アレルギー反応が出た場合は、牛肉以外の食物にも免疫が過剰反応する場合もあります。毎日与えるフードに気をつけるのはもちろん、病院で1年に一回は健康診断を受けさせ、愛犬の健康をチェックしてあげることも大切です。

犬のドッグフード選びは牛肉アレルギーにも注意しよう!

犬のアレルギーは原因がまだ不明なことも多く、これまで牛肉アレルギーになっていなかった犬も、免疫の過剰反応で突然アレルギーを発症してしまうことがあります。そのため健康の源である食事に気を使うことはとても重要です。

犬は言葉を話すことができませんので、自分の体の状態を知らせることができません。愛犬の体調管理は飼い主の役目です。普段から排泄物をチェックし、ブラッシングなどのスキンシップをしながら愛犬の体調をきちんとみてあげましょう。

 

アレルギーが気になる方向けドッグフードの選び方はこちら

CoCo Gourmetとは

新鮮な食材をそのままに
手作りより健康的
ヒューマングレード
いつでも 解約OK
※購入回数の縛り等は一切ございません。
※注文確定日の7日前までにご連絡ください。
30 日間全額返金保証
※各世帯で初期購入の場合のみ対象となります。
※その他こちらの条件をご確認ください。

あなたにおすすめの記事

新規注文はこちら
2回目以降の方
- 手作り以上の愛情を -
獣医師監修手作りドッグフード
3kgのトイプードルで2週間4,480円

※賞味期限は冷凍保存(-18℃以下)した場合で約1年です。期限内に使い切れる量の注文をお願いいたします。※限定キャンペーンへの応募は1世帯あたり1回までとなります。2回目以降の申し込みの場合は通常価格(1箱当たり5,600円)でのご請求となります。(送料・税別) ※体重ごとの給餌量と価格はこちらをご覧ください。※定期購入の変更・解約はご請求日の7日前までに指定の電話番号へのご連絡にて対応致します。※その他購入にあたって利用規約を必ずご確認ください