/ 愛犬の健康のために / アレルギー対策 / 犬の牛肉アレルギーの症状と対処法

犬の牛肉アレルギーの症状と対処法

最終更新: 2020.11.17
犬の牛肉アレルギーの症状と対処法
\ SNSで友人にシェアしよう /

牛肉アレルギーは犬が発症する食物アレルギーのひとつです。犬は主に肉類を好むため、牛肉アレルギーについて意外に思う人もいるかもしれません。

しかし、犬が牛肉の含まれたドッグフードを食べてアレルギーを発症することは珍しいことではないのです。

この記事では犬が牛肉アレルギーを発症した時の症状や対処の仕方や普段からできる予防方法やドッグフードの選び方などをまとめています。

可愛い愛犬の健康を守れるのは飼い主さんしかいません。ぜひ参考にして下さい。

牛肉やアトピーなど愛犬に起こるアレルギー反応を知ろう


牛肉アレルギーの症状は一見わかりにくいですが
正しいドッグフード選びのためにも要チェック

アトピー性皮膚炎でもアレルギーのような反応を起こします
ダニやノミでもアレルギー反応を起こし皮膚が炎症をおこします
もちろん牛肉等の食物アレルギーも起こります

犬のアレルギー反応は大きく分けて3つです。

1つ目はアトピー性皮膚炎、ふたつ目はノミが体に寄生し、その唾液によって引き起こされるダニ・ノミアレルギー性皮膚炎、そして最後は犬が食べたものによってアレルギー症状があらわれる食物アレルギーです。

 

犬の牛肉アレルギーは後者に属し、読んで字のごとく犬が牛肉を食べることでアレルギーの症状を起こすことを言います。アレルギーの原因は牛肉だけでなく、乳製品や小麦・大豆などの穀物もあり、犬によってアレルギーを発症する食物はそれぞれです。

 

アレルギーの症状については後ほど詳しく述べますが、犬のアレルギーは主にかゆみをともなった皮膚炎が中心です。

他にも嘔吐や腹痛、下痢を発症することもありますが、腹痛などは飼い主が注意深く見ていないと気がつかないこともあります。

アレルギーの原因については血液検査で判明することができますので、愛犬がしきりに体をかゆがっていたり、お腹をかばうようにしてうつぶせに寝そべっていたりする場合は、アレルギーの可能性を考えてみましょう。

犬の牛肉アレルギーの見分け方


牛肉アレルギーの見分け方を知って
アレルゲンフリーのドッグフード選びを心がけましょう

皮膚をかゆそうにしていないかチェック
トイレの回数が多すぎないかチェック
下痢が続いていないか?お腹を痛そうにしてないかチェック

犬の牛肉アレルギー症状が出てくるのは早く、1歳ごろまでに発症することがほとんど。代表的な症状は皮膚にかゆみを感じることです。

これは季節を問わずに表れる症状で、顔であれば目や耳、口の周りなど粘膜のある部分をかゆがる場合は、皮膚炎ではなくアレルギー症状の可能性が高くなります。

他にも背中や肛門周辺、足先などをしきりにかゆがっている様子があれば、アレルギー症状を疑ってもいいでしょう。

 

かゆみの他に気をつけたい症状は、イレの回数が1日3回以上であることや、排泄した便が下痢状になっているかどうか。その他にも嘔吐や腹痛もアレルギー症状の一つです。

 

これらの症状が出た場合は早めに病院へ行くことが大切です。

その時に嘔吐や腹痛を起こしたのが食前食後のどちらか、いつ頃から下痢をしているか、など愛犬が不調を起こした時の状況を覚えている限りメモにとっておきましょう。

先に述べたように動物病院では血液検査でアレルギーかどうか見分けることが可能です。

 

万が一食物アレルギーでも、症状を引き起こすものがどの食物なのか特定することができます。

アレルギー症状だと診断されたら投薬で治療しますが、原因となる食物を防ぐことで症状は治ります。

アレルギーはひどい状態になるとショックを起こすこともありますので、動物病院でしっかり検査をしてもらうようにして下さい。

犬の牛肉アレルギーの原因

牛肉などのアレルギーの原因は
特定するのが難しいと言われています

発症する原因は特定できていない
アレルギー症状が緩和しても、アレルゲンの摂取は控える

犬が牛肉アレルギーを起こす原因は判明していないことも多くあり、遺伝子や環境などの要因が深く関わっていると言われています。

犬も人間と同じように、免疫学的寛容と呼ばれる仕組みで免疫反応が制御されているのが一般的ですが、ストレスや遺伝、環境などの様々な要素が積み重なると免疫が過剰反応してアレルギー発症を引き起こします。

 

牛肉などのタンパク質はドッグフードの原料に使用されることが多く、同種類タンパク質を多く摂取すると体内で免疫力が過剰反応すると言われており、牛肉アレルギーもこのような仕組みで発症するようです。

 

先に述べたように、牛肉が必ずしも犬の食物アレルギーの原因となるわけではありません。

他にも鶏肉や大豆や小麦などの穀物類や乳製品、鶏卵がアレルギーの原因になる場合もありますし、複数の食物に反応してしまうこともあります。

一度アレルギー反応を起こした食物は、治療や成長によっては免疫力がアップし、食べても症状が出ない場合もありますが、症状が再発する可能性があります。

 

そのため一度アレルギー症状の原因として指摘された食物は、なるべく避けるようにした方がいいでしょう

愛犬の体質にもよりますが、最悪の場合その食物によって一生アレルギー症状が出てしまう危険性もありますので、愛犬のために与えない方が確実に安全です。

 

牛肉アレルギーを持っているワンコでも美味しく食べれる、手作りドッグフード「ココグルメ」を是非一度試してみてください♪

愛犬が牛肉アレルギーになったときの対処法

愛犬が牛肉にアレルギー反応を示してしまっていた場合の飼い主ができる対処法を紹介します。

愛犬が病気のような症状をした場合は、アレルギーに限らずまずは動物病院でみてもらうようにしましょう。

ワンちゃんは自分で自分の体調の異変を飼い主に言葉で説明してくれることはありません。そのためアレルギーと飼い主が勝手に判断してしまうのも危険なので、一度病院でみてもらうことをお勧めします。

 

ただしアレルギーというのは実は動物病院でもキチンと特定できない側面があります。

アレルギー検査として、採血をしてアレルゲンと反応させて血中の物質濃度を測定することでアレルギー反応を一部測定することはできますが、それが痒みなどの症状に直接つながっているかどうかは、実は完全には分からないのです。

 

そこでアレルギー検査によりある程度アレルゲンの的を絞ることができたら、最後に除食テストをしてアレルゲンを特定することになります。除食テストとは、特定の物質を含んでいないフードを与えて反応の差分をとることで、アレルゲンを特定する方法です。

 

アレルゲンをきちんと特定することができたら、市販されているさまざまなドッグフードの中から、該当するアレルギーを含まない商品を選んでいくことになります。

 

このように何段階かのプロセスをふんで食物アレルギーと向き合っていくことになるので、症状が出ても慌てることなく、まずは一度病院でみてもらうようにしましょう。

愛犬が牛肉アレルギーになった時のドッグフード選び


牛肉アレルギーなど食物アレルギーは
ドッグフード選びで改善することができます

まずはアレルゲンをしっかり特定しよう
牛肉が含まれていないドッグフードを選ぼう
食事以外にもしつけ用ガムなどの原材料にも注意しよう

愛犬にアレルギー症状が出た場合は、血液検査でアレルギーの原因を特定することが最も大切です。牛肉や小麦のアレルギーになる犬が多いといっても、別の珍しい食品のアレルギーになっている場合もあるので、先入観は禁物です。

愛犬が牛肉アレルギーと判明した時は、獣医さんと相談し、アレルギー対応食をご飯として与えながら様子を見ます。

 

それで症状が緩和した時は通常のご飯に戻しても問題ありませんが、牛肉アレルギーが心配な場合は牛肉を除去したドッグフードを与えるようにしましょう。

犬のアレルギー症状が良くなってきたと思ったら、再度血液検査を行い、愛犬の状態をチェックします。

 

近年では愛犬に対して飼い主側も健康志向が高まり、アレルギー症状に対応したドッグフードも多く販売されるようになってきました。

愛犬の牛肉アレルギーが気になる人は、牛肉ベースではなくチキンやラムなど他の肉をベースにしたフードを与えるのがおすすめです。

インターネットでは様々な材料で作られた良質なドッグフードを販売しているショップも増えてきましたし、市販のドッグフードも牛肉を抜いたものがいくつか販売されています。

 

食事やおやつに限らず、犬に与えるガムも牛皮を使用しているものがありますので、原材料に注意しながら与えましょう

しかし、一度アレルギー反応が出た場合は、牛肉以外の食物にも免疫が過剰反応する場合もあります。

毎日与えるフードに気をつけるのはもちろん、病院で1年に一回は健康診断を受けさせ、愛犬の健康をチェックしてあげることも大切です。

愛犬が牛肉アレルギーになったら食事選びに気を使おう

犬のアレルギーは原因がまだ不明なことも多く、これまで牛肉アレルギーになっていなかった犬も、免疫の過剰反応で突然アレルギーを発症してしまうことがあります。そのため健康の源である食事に気を使うことはとても重要です。

 

犬は言葉を話すことができませんので、自分の体の状態を知らせることができません。

愛犬の体調管理は飼い主の役目です。普段から排泄物をチェックし、ブラッシングなどのスキンシップをしながら愛犬の体調をきちんとみてあげましょう。

 

愛犬の健康と長生きのために
獣医師監修の手作りドッグフード「ココグルメ」

うちの子には健康的なドッグフードを与えたい
飽きっぽくて毎回選び直すのが大変
いつも与えているドッグフードを全然食べてくれなくなった

といったドッグフードの悩みをお持ちではないでしょうか?


獣医師監修の手作りドッグフード「ココグルメ」は「健康」と「食いつき」を両立した今注目のご飯なんです!

\今なら送料無料980円で試せる/
獣医師監修の手作りドッグフード - ココグルメ -

ココグルメは、手作りならではの抜群の食いつきと総合栄養食基準の栄養バランスを両立し、「健康」と「美味さ」を兼ね備えた手作りのドッグフードです。

ココグルメの特徴 1.
新鮮な食材を使った手作りドッグフード

私たち人間が食べるご飯と同じように、低温での調理し冷凍で配送する正真正銘の手作りご飯です。

ドライフードのように乾燥させて風味が飛んでしまったり、レトルト加工などで栄養価を損なうことなく、素材の旨みと栄養をそのまま生かした美味しいご飯です。

ココグルメの特徴 2.
総合栄養食基準のレシピ

手作りご飯は確かに美味しく食べてくれるけど栄養バランスが不安…
そういった思いをお持ちの飼い主様も多いかと思います。

ココグルメは日本でも数少ない「栄養学を専門とする獣医師の先生」に監修を受け、総合栄養食(※)の基準に適応したレシピで作られています。

※総合栄養食とは、「そのご飯と水だけで、健康に生きるために必要な栄養素を全て取れる」という国が定めた基準に沿ったドッグフードのことです。

ココグルメの特徴 3.
徹底したヒューマングレード

ご存知の通り、ドッグフードは「食品衛生法の範囲外」とされており、人間のご飯と比べて低い衛生基準で製造・管理されてきました。

私たちのドッグフードは、人間が食べるものと同じ食材を仕入れ、同じ衛生基準で調理・配送する、正真正銘の「ヒューマングレード」のドッグフードです。

愛犬の健康のために
手作りドッグフードが選ばれる理由

手作りのご飯は「栄養バランスを正すのが難しい」「調理に手間がかかる」といった大変な点もありますが、実は健康との良い関係性があるという研究結果もわかっています。

手作りご飯を与え続けていた飼犬は32ヶ月長生きしていた

市販のドッグフードを与え続けた飼い犬と、市販ドッグフードを与えながら一部手作りを与えていた飼い犬、手作りし続けた飼い犬の3つクラスタの寿命を分析した結果、手作りし続けた飼い犬は平均32ヶ月も長生きしていたことがわかった。
Relation between the domestic dogs' well-being and life expectancy statistics essay(2003)

さらに、手作りご飯のみを与えていた飼犬が32ヶ月も長生きしていたことが分かっただけではなく、部分的に与えていた子も長生きしていたことが分かっています。

週3回以上野菜を与えていた飼犬は膀胱癌リスクが90%低かった

欧米で飼われている175頭のスコティッシュテリアの生態を調査した。
年齢や体重、毛の色などの指標を調整して集計した結果、週に3回以上ドッグフードとは別に野菜を摂取していた犬はTCC(膀胱癌)の発生リスクと逆相関していた。
緑黄色野菜の場合は逆相関が見られたが、アブラナ科の野菜やビタミン類での補給には逆相関が見られなかった。
Evaluation of the Effect of Dietary Vegetable Consumption on Reducing Risk of Transitional Cell Carcinoma of the Urinary Bladder in Scottish Terriers(2005)

ビタミン剤ではなく野菜そのものを与えていることが重要であることがわかり、「手作りのご飯」を食事として取り入れることが重要だと考えられています。

手作りご飯を手軽に与えられる
ココグルメが今なら送料無料980円で試せる!

送料無料980円で試せる!
手に取りやすい単品買い切り
15日間全額返金補償付き

手作りのドッグフードに興味をお持ちの方に是非オススメしたいココグルメですが、試すなら「今が一番お得」です!

1.1kgとたっぷり入ったモニターコースが、期間限定で送料無料980円お試しいただけます!
※体重3kgのトイプードルで約7日分の分量です。

また自動的に定期コースに切り替わることはなく、単品買いきりでお試しいただけますし、初回購入に限り15日間の全額返金保証もついてきます!

1日100名様までの数量限定キャンペーンですので、ぜひこの機会をお見逃しなくお試しください!

送料無料で試せる1日100名様限定モニターはこちら
\ SNSで友人にシェアしよう /