> 犬の手作りごはん > 野菜 > 【獣医師監修】愛犬はじゃがいもを食べていい?獣医師が愛犬に与える影響や注意点を解説

【獣医師監修】愛犬はじゃがいもを食べていい?獣医師が愛犬に与える影響や注意点を解説

最終更新: 2022.08.02
【獣医師監修】愛犬はじゃがいもを食べていい?獣医師が愛犬に与える影響や注意点を解説
\ SNSで友人にシェアしよう /

じゃがいもはゆでるとほくほくした食感が楽しく、年中スーパーに並んでいるため手に入りやすい食材ですよね。

愛犬はじゃがいもを食べても問題なく、一緒に楽しむことはできるのでしょうか?

今回は、犬はじゃがいもを食べても問題がないか、じゃがいもに含まれている栄養素、期待できる効果、注意点などを紹介しています。

 

愛犬にじゃがいもを食べさせても良い?

じゃがいもの実

じゃがいもの実の部分は犬に食べさせても問題はありません。

しかし生のじゃがいもは硬く危険で、消化に悪いため、皮をむきしっかりとゆでたものを与えましょう。

また、大きなかたまりのまま与えてしまうと食道に詰まる可能性があるため、少しずつ与えるようにしてください。

皮や芽

じゃがいもの皮や芽には人にも犬にも有毒な成分が含まれています。

主な有害物質「ソラニン」は、芽に多く存在しますが、光があたり緑色になったじゃがいもの皮にも存在します。

人でもわずか0.05グラム(芽や皮の重さでいうと約0.3グラム)摂取すると死にいたる可能性があると言われているほど、ソラニンは強い毒性を持つ物質です。

食べてしまうと下痢や嘔吐などの中毒症状が見られるため、そのような症状が見られた際はすぐに動物病院に相談しましょう。

加工食品

じゃがいもの加工食品は、過剰な砂糖や塩、油が使用されている人用のものはNGです。

それらが使用されていなかったり、少量利用の犬用のものであれば加工食品でも問題ありません。

犬の手作りご飯を始める時に知っておくべき注意点と基礎知識


もし自分で手作りご飯を作るのが大変…という場合は、獣医師監修の手作りドッグフード「ココグルメ」を試してみてください。

新鮮な国産食材だけを厳選したご飯で、総合栄養食の基準にも準拠しているため、おやつやトッピングとしてだけではなく、主食としても食べ続けてもらえるご飯です。

今なら送料無料980円でお試しいただけます。

じゃがいもの栄養素と愛犬への影響

炭水化物

じゃがいもには炭水化物が多く含まれています。

炭水化物はエネルギー源となりますが、摂りすぎると肥満のもとになってしまいます。

メインのご飯とのバランスを考えながら、トッピングとして、またおやつとして与えましょう。

ビタミン

じゃがいもにはビタミンB1、ビタミンCが豊富に含まれています。

ビタミンB1は疲労回復に効果的な水溶性のビタミンで、糖質を代謝するために欠かせないビタミンです。

ビタミンCは高い抗酸化作用をもち、老化防止に効果的な栄養です。

じゃがいもにビタミンCが入っているのは意外かもしれませんが、実はほうれん草やみかんと同じくらいのビタミンCが含まれています。

ビタミンCは熱に弱いという特徴もありますが、じゃがいものビタミンCはでんぷん質に包まれているため、加熱しても壊れにくいと言われています。

このように代謝や細胞に関係しているビタミンが豊富に含まれているじゃがいもは、健康と美容に効果的な食べ物です。

食物繊維

食物繊維は、食後の血糖値やコレステロールの上昇をゆっくりにする機能があります。

また、腸内細菌のエサとなり、腸内環境を整える機能をもちます。

食べすぎると逆にお腹の調子が悪くなってしまうため気をつけましょう。

カリウム

じゃがいもにはカリウムというミネラルが豊富に含まれています。

カリウムは犬の細胞の中に最も含まれるミネラルで、体の様々な細胞を正常に機能させるために必要な栄養素です。

また、神経や心臓の働きにも関わる重要なミネラルです。

愛犬にじゃがいもを与えるメリット

エネルギー補給

じゃがいもには炭水化物が豊富に含まれているため、エネルギー源としてとても優秀な食材です。

またじゃがいもの炭水化物は、犬にとって消化しやすく相性の良い炭水化物で、食べるとスムーズに消化され、吸収、利用されます。

また脂肪分が非常に少ないという面もあり、脂肪の制限が必要な病気の子(例:蛋白漏出性腸症)にとっても優良なエネルギー源と言えます。

腸内環境が整う

じゃがいもには便通に効果的な食物繊維が豊富に含まれています。

また、じゃがいもの糖質は善玉菌の餌となり、便秘予防・改善に役立ちます。

人でも犬でも腸内環境は健康に直結しているため、じゃがいもをうまく利用して腸内環境を整えましょう。

愛犬にじゃがいもを与えて良い量

犬の体重(kg) 1日あたりのじゃがいもの量(g)
〜4kg 〜20g(およそ中6分の1個分)
4〜10kg 20〜40g(およそ中3〜6分の1個分)
10〜kg 40g〜(およそ中3分の1個分)

じゃがいもには様々な栄養素が入っていることが分かりましたが、与え過ぎると逆に身体に負担がかかります。

1日あたりの目安の量を表で確かめてみましょう。

その子の体調や主食のカロリーなどによって変わるため、あくまで目安としてお使いください。

下痢をしたり、嘔吐したりする場合は、量が多いことも考えられるので調整しましょう。

愛犬にじゃがいもを与える時の注意点

芽、皮、加工食品はNG

じゃがいもを与える際は、芽や皮を取り除き、火を通して与えましょう。

また砂糖や塩、油が過剰に含まれている人用の加工食品は与えないようにしましょう。

必ず加熱したものを与える

じゃがいもを与える際は、生ではなくしっかりと茹でたものを粗熱をとって与えましょう。 お箸でさした際に、ほろほろと崩れるくらいが理想です。

最初は少しずつ与える

じゃがいもはアレルギー持ちの子用のドッグフードに使用されるほど、アレルギーを起こしにくい食べ物です。

しかし全ての子がじゃがいもアレルギーを起こさないというわけではないため、初めて与える際は少しだけ与えてしばらく様子を見ましょう。

アレルギーが平気そうでも与えすぎると、芋系の食物繊維の多い食べ物は、後から吐いてしまう可能性があるため、与えすぎには注意しましょう。

細かく刻んであげる

じゃがいもは大きいままで与えると、食道に詰まってしまう恐れがあります。

与える際は、しっかりと茹でたものを細かく刻んであげましょう。

与え過ぎない

じゃがいもは与えすぎるとお腹の調子を崩してしまったり、カロリーオーバーになってしまうため、先ほどの与えて良い量の表を参考にしてください。

炭水化物が多いため、太りやすい食べ物でもありますので、主食ではなくおやつやトッピングとして与えましょう。

腎臓病や糖尿病の子にじゃがいもはよくない?

腎臓に何か問題がある子や、糖尿病の子で、療法食を獣医師から勧められている子は、じゃがいもは控えた方が良いでしょう。

腎臓病の場合、じゃがいもに多く含まれているカリウムをうまく排泄することができない可能性があるためです。

また、じゃがいもは犬にとって消化吸収しやすい炭水化物が豊富に含まれており、血糖値が急激に上がりやすいです。

血糖値が急激に上がると、糖尿病の治療・コントロールが難しくなります。

またお腹が弱い子、芋類を食べると吐いてしまう子、ダイエット中の子もじゃがいもは与えない方が良いでしょう。

子犬や老犬にじゃがいもをあげてもいい?

子犬や老犬にじゃがいもを与えても大きな問題はありませんが、まだ成長途中の子犬と、ものを飲み込む能力が下がってきている老犬は、のどに詰まらせてしまう可能性があります。

与える際はのどに詰まらせないくらいの大きさにカットしてあげましょう。

また子犬が初めてのものを食べる際は、じゃがいもに限らず、食べた後嘔吐しないか、お腹を壊さないかよく見てあげましょう。

じゃがいも以外の芋類はあげてもいい?

さつまいも

さつまいもは犬に与えても問題ありません。

しかし、じゃがいもと同様、しっかりと火を通して、小さくカットして与えましょう。

また、皮は中毒成分は含まれていませんが、消化に悪いためできるだけ取り除きましょう。

ビタミン、カリウム、βカロテンなど豊富な栄養素を含んでおり、美容と健康に効果的です。

さつまいもケーキや、さつまいもスティックなど、犬用おやつのレシピが豊富にありますので、ぜひ誕生日など特別な日は挑戦してみてください。

https://coco-gourmet.com/archives/156

里芋

里芋は犬に与えても問題ありません。

里芋のねばり気には、粘膜保護、消化促進、動脈硬化予防に効果のある成分が含まれています。

また、水分も豊富に含まれているため、水分補給に悩んでいる子にもおすすめです。

しかし、しっかりと火を通し、のどにつまらないように小さくカットして与えましょう。

山芋

山芋は、犬が食べた後、口周りが赤くなったり、激しく痒がる報告があります。

与えるのは控えたほうが良いでしょう。

かぼちゃ

かぼちゃは犬に与えても問題ありません。

しかし、じゃがいもと同様、しっかりと火を通して、小さくカットして与えましょう。

ビタミン、カリウム、βカロテンなど豊富な栄養素を含んでおり、美容と健康に効果的です。

甘みがあるため好んで欲しがる子が多いですが、与えすぎると嘔吐したり、お腹を壊してしまうため注意しましょう。

https://coco-gourmet.com/archives/314

愛犬にじゃがいもを食べさせると健康になる!

じゃがいもには炭水化物、ビタミン、ミネラル、食物繊維などが含まれており、非常に健康に良い食べ物です。

しかしカロリーが高いため、あくまで主食は栄養食で、じゃがいもはおやつやトッピング程度に与えることを意識しましょう。

また、初めて与える時は様子を見ながら少しずつ楽しみましょう!

愛犬の健康と長生きのために
獣医師監修の手作りドッグフード「ココグルメ」

うちの子には健康的なドッグフードを与えたい
飽きっぽくて毎回選び直すのが大変
いつも与えているドッグフードを全然食べてくれなくなった

といったドッグフードの悩みをお持ちではないでしょうか?

獣医師監修の手作りドッグフード「ココグルメ」は「健康」と「食いつき」を両立した今注目のご飯なんです!

\今なら送料無料980円で試せる/
獣医師監修手作りドッグフード
ココグルメ

ココグルメは、手作りならではの抜群の食いつきと総合栄養食基準の栄養バランスを両立し、「健康」と「美味さ」を兼ね備えた手作りフレッシュドッグフードです。

手作りご飯を手軽に与えられる
ココグルメが今なら送料無料980円で試せる!

送料無料980円で試せる!
手に取りやすい単品買い切り
15日間全額返金保証付き

フレッシュドッグフードに興味をお持ちの方に是非オススメしたいココグルメですが、試すなら「今が一番お得」です!

300gとたっぷり入ったモニターコースが、期間限定で送料無料980円お試しいただけます!
※体重2~3kgの小型犬で約7食分の分量です。

また自動的に定期コースに切り替わることはなく、単品買いきりでお試しいただけますし、初回購入に限り15日間の全額返金保証もついてきます!

1日300名様までの数量限定キャンペーンですので、ぜひこの機会をお見逃しなくお試しください!

送料無料で試せる1日300名様限定モニターはこちら
\ SNSで友人にシェアしよう /