タイムセール
あと 18時間
7日間
お試し
980円/kg

「もっと良いご飯を食べさせたい」「うちの子が食べてくれるか不安・・・」
そんな飼い主様にオススメです!

今すぐ
注文

愛犬の毛艶が悪くなった!?原因と対策を正しく知ろう

2019.05.07

犬の毛艶がツヤツヤしていて綺麗であればほぼ健康状態が良いと言えるでしょう。逆に毛艶が悪く、毛並みが悪くなっているという場合には犬の健康状態が悪かったり、老化だったり、さらにはブラッシングやシャンプーが不足していたりする可能性があります。毛艶が悪くなる原因を知ることで、どうやって対策したら良いのかがわかるようになります。

愛犬の毛艶が悪くなった!?毛艶は健康の危険信号かも! 

"毛艶や毛並みは犬の体調のバロメーターとも言えます。犬の毛は男性ホルモン「テストステロン」が発毛を促す働きをし、女性ホルモン「エストロゲン」が被毛の太さやコシを生み出します。これに加えて甲状腺ホルモン「サイロキシン」の分泌が正常であることによって艶のある被毛が適正量で生えてきます。ただし、サイロキシンの分泌が低下してしまうと毛艶が悪くなる、被毛が細くなっていく、毛が抜けてしまうなどのトラブルが現れます。分泌が低下する理由は様々ですが、生活リズムが悪い、体内時計が狂ってしまっているなどが考えられます。

また、腸内に寄生虫がいる、肝臓や腎臓、消化器などに疾患があると適切に栄養を消化ができなくなってしまい、毛艶が悪くなります。そのため、しっかりとブラッシングやシャンプーをしている、生活習慣を整えてホルモンバランスにも気をつけているのにも関わらず、毛艶が良くならないという場合には病気の可能性を考えることがオススメです。"

愛犬の毛艶が悪くなる原因とは? 

"毛艶が悪くなる具体的な原因としては、まず栄養不足や栄養の偏りが考えられます。犬の被毛は栄養によって作られているため、栄養バランスが悪く必要な分の栄養が不足していると、栄養分が体の末端である被毛に届かずにパサパサしたりツヤやハリがなくなったりしてしまいます。

また、犬の腸内環境が悪いというのも原因の一つです。犬も人間と同様腸内環境が大きく体調に影響してきます。腸内細菌のバランスが崩れているとアレルギーの原因につながってしまい、きちんと栄養が吸収できなくなってしまうため被毛にも影響が出てきます。他に、老化も毛艶が悪くなる原因です。年をとると犬の皮膚は乾燥しがちになり、フケが多くなっていき、毛がパサついて密度も薄くなります。さらに、新陳代謝も悪くなっていくため毛が生え変わりにくく、抜け毛も多くなります。

ブラッシングやシャンプーは、病気を防ぐだけではなく毛艶を保つには重要です。ブラッシングなどには抜け毛毛や皮膚の汚れを取り除いて、血行をよくする効果があります。したがって、皮膚や毛艶の健康を保つには必要不可欠とも言えるため、サボってしまうと毛艶が悪くなる原因になります。理想としては、ブラッシングはできれば毎日行い、シャンプーは月に1〜2回行うことで毛艶を保てるでしょう。そして、問題なのが病気になってしまっているというケースです。甲状腺や肝機能が低下することによって毛艶は悪くなります。食事や生活習慣を整えて、ブラッシングなどのケアをしても毛艶が改善されないという場合には獣医師に相談することが大切です。"

新鮮で栄養豊富なドッグフードで愛犬の毛艶を改善しよう

"毛艶が悪い時の改善として気軽に行えるのが、ブラッシングとドッグフードの見直しです。ブラッシングはこまめに行うようにすること、現在使っているドッグフードではなく別のドッグフードに変えてみることで栄養状態などが改善されるようになります。

ドッグフードの中には、毛を作る材料であるタンパク質の含有量が少ないものあります。毛艶をよくするためにも良質なタンパク質が入っているドッグフードを選びましょう。また、ビタミン・ミネラル・脂肪酸などの栄養素が不足すると内臓の働きが悪くなり、結果的に被毛にも影響が出てきてしまいます。そのため、タンパク質にだけ注目するのではなく栄養が満遍なく入った質の良いものを選ぶことが毛艶改善に繋がります。新鮮で栄養豊富なドッグフードを与えることで犬の毛艶を改善することができますが、ドッグフードの選び方のポイントはいくつかあります。

ポイントの一つとして挙げられるのが「オメガ3」と「オメガ6」が配合されているかどうかです。毛艶を良くするためには質の良い脂質が重要ですが、オメガ3とオメガ6には肌荒れや抜け毛を予防改善する働きがあります。さらに、質の良い肉や魚が主原料であるかも重要です。犬の毛はタンパク質から作られているため毛艶を良くするためには、タンパク質をしっかり摂取させます。その他にも、グレインフリーなど消化が良いかどうかも大切です。フードの中には穀物などが入っているものもありますが、穀物は犬が消化しにくい食べ物になり、毛のパサツキや肌荒れなどの原因になります。したがって、穀物不使用の消化の良いドッグフードを選ぶことが毛艶改善に繋がります。"

愛犬の毛艶が気になって方へ

普段から毛艶が良ければ、犬の体調不良にも気付きやすくなるでしょう。そのために、ドッグフード選びは重要です。必要な栄養素が含まれる安全性の高いものを選ぶことによって毛の健康も守れるようになります。毛艶を良くするためは、こまめなブラッシングなどの外側からのケアと同時に体の内側からもきちんとケアすることが大切です。

愛犬の毛艶は健康の一番の指標です。

CoCo Gourmetは、新鮮な素材そのものの美味しさや香りをそのまま閉じ込めたフレッシュフードで、仕入れから流通まで人間の食品と同じヒューマングレードを徹底しているため、毛艶や健康を気にされる飼い主様に一番に選んでいただきたいドッグフードです。

ぜひ一度試してみてください♪

- 獣医師監修の手作りドッグフード -
CoCo Gourmetとは

新鮮な食材で手作り
総合栄養食基準のレシピ
徹底したヒューマングレード

定期注文はこちら
2回目以降の方
- 手作り以上の愛情を -
獣医師監修手作りドッグフード
3kgのトイプードルで2週間4,480円

※賞味期限は冷凍保存(-18℃以下)した場合で約1年です。期限内に使い切れる量の注文をお願いいたします。※体重ごとの給餌量と価格はこちらをご覧ください。※定期購入の変更・解約はご請求日の7日前までに指定の電話番号へのご連絡にて対応致します。※その他購入にあたって利用規約を必ずご確認ください