タイムセール
あと 17時間
7日間
お試し
980円/kg

「もっと良いご飯を食べさせたい」「うちの子が食べてくれるか不安・・・」
そんな飼い主様にオススメです!

今すぐ
注文

愛犬の健康のために。ドッグフードに必要な成分とは?

2019.05.20

愛犬の健康を維持するために必要なことは散歩やブラッシングなど色々ありますが、やはり一番影響が大きいのはドッグフードです。体の成長や維持、免疫力の向上などがうまくいくかどうかはドッグフードの成分によって大きく左右されますし、ドッグフードは一見どれも同じようでいて実はよく見ると細かな違いがあることに気づきます。

正しいドッグフードを選んで愛犬に長生きをしてもらうためにも、どのようなものを選ぶべきか、どのポイントに注目すべきかを学んでおきましょう。

愛犬の健康にとってドッグフードの成分は非常に重要!

ドッグフードには犬に必要な成分がまとめて入っており、ドッグフードと水だけで犬に必要不可欠な栄養を補えるように作られた総合栄養食です。しかし数あるドッグフードの中には成分が似た別の物で代用することで材料費のコストカットを図った商品などもあり、成分表をよく見て選ぶ事は非常に重要なことなのです。

またドッグフードとは、子犬の頃であれば体を作るために高濃度の栄養を摂るため、成犬なら逆に体の維持に必要な分を超える余分な栄養を取りすぎてしまわないため、老犬であれば弱った消化吸収能力でも吸収がしやすくするためにと、状況や時期に合わせた物でなければいけません。

当然ながら犬にとってそれが美味しいものであるかも重要です。たとえ栄養素が足りていてもドッグフードの味が犬に合わずストレスを与えてしまうと自律神経の乱れを招いて消化吸収能力が落ちるので、最終的に栄養も足りなくなってしまう可能性があります。

ストレスは万病に繋がるとされており、他にも免疫力の低下、毛並みや毛艶の悪化、脱毛、無気力の原因となり、犬の寿命を縮めてしまうことにもなりかねません。ドッグフードを選ぶ際は成分とともに、実際に与えた時の食付きにも注目してみましょう。

飼っている犬種によってもドッグフードの成分は変わります。全てはイヌ科イヌ属に分類されているとはいえ、それぞれ犬種によって住んでいる地域の気候や環境に適応した体を持っており、体型特徴の違いはその体に必要な栄養素の違いにも繋がります。またこの状況に対する適応には消化吸収能力にも関わってきます。人間だと海産物や海藻を長く食べてきた日本人は他の人種にはない海苔等の海藻を分解・吸収するための酵素が備わっていますし、酪農によって家畜の乳を頻繁に飲んでいた白人は牛乳を分解する酵素を日本人よりもずっと多く持ってます。

この分解酵素の違いにより同じ食物から栄養を吸収する能力にも違いが出ているのです。イヌもそれと同じようにその環境で手に入りやすく食べてきた物の違いによって消化吸収酵素などに変化があり、犬種によって適している物がそれぞれ違うと言えます。

ドッグフードに必要な主成分はタンパク質!

犬種や状態によって必要な栄養素の量や種類に変化が生まれることはわかりましたが、その中でもタンパク質についてはどの犬種でも必ず必要になるドッグフードの主成分です。イヌは古来より基本的には肉食で他の動物の肉を食べて生きてきた生き物です。なので肉からタンパク質を摂取する体の作りになっており、ドッグフードにも肉に含まれるタンパク質が入っているものが推奨されます。

また一重に肉と言っても牛肉に限らず鶏肉や馬肉、羊肉、鹿肉など多種多様にあります。基本的にはそのイヌの発祥となった土地でイヌが食べていた動物に近い肉を使ったものが向いていると言えるでしょう。

ドッグフードに含まれるタンパク質は、成長期のイヌが体を大きくするために沢山必要としますし、消化吸収が衰えてくる老犬の場合は低い消化率でも必要量のタンパク質を取れるようにやはり多めに必要になります。タンパク質は体の維持に必要不可欠な栄養素であり、血や筋肉、骨、皮膚、被毛などを形作る主な構成要素です。不足するとそれらの維持や修復に支障が出ることになりますし、真っ先に毛並みへの影響が出てくるので見た目にも毛が生え揃わず弱々しくなってしまいます。

しかしドッグフードのタンパク質量が多ければそれだけで安心というわけではないので注意が必要です。ドッグフードの材料欄を見ると例えば「ミートミール」や「チキンミール」といった単語が見つかることがあるでしょうが、実はこの「ミール」が曲者なのです。ミールとは言わば挽いた物という意味になりますが、挽いただけではなくあらゆる部位をごちゃまぜにしてしまっているようです。

鶏肉一つとっても胸肉は低カロリー高蛋白ですし、もも肉はそれと比較して高カロリーです、また部位が指定されていないという事は普通は食べないような部位もカサ増しのために使われている可能性があるということです。人の可食から外れる頭や内蔵や骨といった部分がそれに当たります。粉砕して混ぜてしまえばタンパク質として計上できてしまいますし、区別が付きません。表記も「ミール」でまとめてしまえるのです。

ミールが危険なのは通常可食されない部分や糞をそのままにした内蔵などの、大腸菌等の雑菌を処理するために消毒剤などが使われている可能性があるためです。食べても直ちに問題がないように加工されますが、継続して食べ続ける事で徐々に犬の体に不調が出る可能性がありますし、どのような肉を、どの部位を食べてさせているかもわからない不透明さが「ミール」にはあります。極力材料表で「〇〇ミール」ではなく「〇〇肉」と表記されているものを選ぶようにしましょう。

ドッグフードに必要なタンパク質以外の成分は?

ドッグフードは総合栄養食なのでタンパク質以外の犬に必要な成分も含まれていますが、その中でも重要になるのがビタミン群です。犬はビタミンCを体内で合成する能力を備えているのでビタミンCは必要ありませんが、それ以外で特に重要なのがビタミンEです。ビタミンEは細胞膜を健全に保つために必要なもので、これによる抗酸化作用が老化を防止します。愛犬を長生きさせるために必要な栄養素です。

この他にも水溶性ビタミンであるビタミンB複合体は酵素成分として作用するものですが、水に溶けるので尿などで簡単に排出されてしまうので毎日摂取する必要があります。またオメガ3脂肪酸、オメガ6脂肪酸は血液や免疫機能を健全な状態に保つために必要であり、毛並みなどを良くしたい場合にもしかり取っておきたい栄養素です。

成分をよくみてドッグフードを選ぼう!

ドッグフードの成分には質や種類において様々な違いがあり、犬によって最適なものが違います。また価格やコスト戦略などの関係であまりよくない材料が使われているケースもあり、適当に選んでしまうと愛犬にその影響が出てしまう危険性があります。

いくら安くても愛犬が病気になってしまうと本末転倒ですし、病院の費用で結局大きな出費になってしまうことにもなりかねません。愛犬に元気に過ごしてもらい、また少しでも長く一緒に暮らすためにドッグフードの成分には注意するようにしてみましょう。

 

「愛犬には健康でいてほしいけど、ドッグフードはよくわからない・・・」
「今のドッグフードは食いつきが悪くて食べてくれない・・・」

そんなドッグフードに関するお悩みをお持ちでしたら、ぜひ一度CoCo Gourmet(ココグルメ)を試してみてください!

CoCo Gourmetは愛犬の健康に必要な栄養素を全てバランスよく含んでいるのはもちろんのこと、食材選びから加工・保管・配送すべての工程で人間の食品と同じ衛生基準で製造販売されています。

- 獣医師監修の手作りドッグフード -
CoCo Gourmetとは

新鮮な食材で手作り
総合栄養食基準のレシピ
徹底したヒューマングレード

定期注文はこちら
2回目以降の方
- 手作り以上の愛情を -
獣医師監修手作りドッグフード
3kgのトイプードルで2週間4,480円

※賞味期限は冷凍保存(-18℃以下)した場合で約1年です。期限内に使い切れる量の注文をお願いいたします。※体重ごとの給餌量と価格はこちらをご覧ください。※定期購入の変更・解約はご請求日の7日前までに指定の電話番号へのご連絡にて対応致します。※その他購入にあたって利用規約を必ずご確認ください