> 健康へのこだわり > 手作りの犬用療法食は難しい?自宅でできる食べない時の解決策も

手作りの犬用療法食は難しい?自宅でできる食べない時の解決策も

手作りの犬用療法食は難しい?自宅でできる食べない時の解決策も
\ SNSで友人にシェアしよう /

愛犬が病気になってしまったとき、食事を調節する必要が出てくる場合があります。

そんなとき頼りになるのが療養食です。

犬の療養食とは、特定の病気や健康状態に対応するため、特別に栄養バランスが調整されたドッグフードのことを言います。

獣医師の指導の下愛犬に与えることで、効率的に食事管理を行うことができるのです。

病気の愛犬のためにフードを作ってあげたいと考える飼い主さんも多いですが、犬の療養食は手作りできるのでしょうか。犬用療養食の特徴や気をつけるべき点について確認していきましょう。



犬用療法食の特徴

療法食は、特定の病気や健康状態に対応するためのフードです。

健康が気になるからと言って、健康な犬に療法食を与えるのはやめましょう。

元気な犬には「総合栄養食」のドッグフードを与え、必要な栄養素を摂取できるようにしてあげることが大切です。

一口に療法食と言っても、病気や症状によって増やすべき栄養素、減らすべき栄養素は異なります。

そのため、獣医師の指導に従って愛犬の病気や症状に合った療法食を選ぶことが重要になります。

具体的に療法食の種類を確認してみましょう。

まず胃や腸などの消化器に疾患がある犬のための療法食は、消化率が高く食物アレルギーに配慮してあります。

食べ物を上手く消化できない状態でも栄養を摂れるよう、療法食でサポートしてあげましょう。

また、便通を改善するために食物繊維が多く含まれているものを与えることもあります。

特定の栄養素を制限した療法食もあります。

腎臓疾患の治療には、血液中に老廃物が増えるのを防ぐためリンやタンパク質が制限された療法食が、心臓疾患の治療にはナトリウム量が制限された療法食が、それぞれ使用されます。

犬も食物アレルギーを起こすことがあります。犬の場合、牛肉や乳製品のタンパク質、あるいは小麦に含まれるタンパク質が原因となることが多いです。

このような食物アレルギーに対応するための療法食では、タンパク質をアレルゲンと認識できないほどに加水分解したり、これまで食べたことのない材料をタンパク質として用いた療法食を使います。

アレルゲンを特定するために、療法食以外の食べ物を一切与えないようにしなければなりません。

また、尿路結石症のための療法食も、それ以外の食べ物を与えないようにしなければならない種類の一つです。

症状を改善するため、マグネシウムやカルシウム、ナトリウムなどのミネラル含有量がしっかり調整されているからです。

手作りで犬用療法食を作るのは難しい

普段から手作りフードを与えている、あるいは病気になってしまったからこそ手をかけてあげたい、と療法食を手作りしようと考える飼い主さんは多いですが、これは難しいと言わざるを得ません。

そもそも犬のために手作りフードを作ること自体が難しいのです。

犬は当然必要となる栄養素が人間とは異なるため、動物の栄養学の知識が必要になります。

その前提を押さえた上で、必要な栄養素を摂れる食事を、しかもカロリーオーバーにならないよう作らなければなりません。

犬が食べてはいけない食材に気をつけることももちろん必須です。

普通のフードですらいろいろなことに気を配らなければならないのに、療法食ともなれば更に注意すべきポイントは増えます。

既に体調を崩している状態なので、ちょっとした間違いが愛犬の健康にダイレクトに影響してしまいます。

愛犬の健康を守ることはもちろん、飼い主の負担を減らすという意味でも、犬用療法食は市販のものを使うようにしましょう。

犬用療法食を食べない時は、手作りのトッピングを

愛犬が療法食を食べてくれない、と悩む飼い主さんは多いです。

療法食を食べてもらうための工夫はいろいろありますが、トッピングを加えて食いつきをよくするという方法があります。

犬は嗅覚で食べ物を判断するので、においの強いトッピングを加えて食べやすくしてあげるのです。

また、療法食を手作りすることは難しいですが、トッピングなら手作りすることも可能です。

愛犬のために何かしてあげたいという気持ちを形にすることができるでしょう。


もし自分で手作りご飯を作るのが大変…という場合は、獣医師監修の手作りキャットフード「ミャオグルメ」を試してみてください。

新鮮な国産食材だけを厳選したご飯で、総合栄養食の基準にも準拠しているため、おやつやトッピングとしてだけではなく、主食としても食べ続けてもらえるご飯です。

今なら予約販売、送料無料980円でお試しいただけます。

療法食に手作りトッピングをする際の注意点

健康な犬にトッピングを加えたフードを与える場合、トッピングが増えた分フードを減らすなどの調整を行います。

しかし療法食の場合、フードを減らすほどのトッピングは行わないようにするのが基本です。

療法食はそれ単体で食べることでよりよい効果が出るよう調整されているため、それ以外の食べ物を与えないことが基本となります。

トッピングはあくまで少量に抑えましょう。

また、フードを食べてくれないからと手作りトッピングにばかり力を注ぐのも良くありません。

フードを残したら美味しいトッピングが食べられる、と愛犬が覚えてしまっては元も子もないので、トッピングはあくまでフードを食べさせるための工夫であることを頭に入れておきましょう。

ふやかす、温めるなど他の工夫も合わせて行い、トッピングがなくても食べるよう促すことも必要です。

愛犬の健康状態や病気に合わせて、取るべき栄養素、制限すべき栄養素は変わってきます。

健康なら食べても問題ない食材でも、今の状態では避けるべきかもしれません。

愛犬を健康な状態に近づけるためにも、手作りトッピングを考えている場合は獣医師にその旨を相談し、使っていい食材、避けるべき食材についてアドバイスをもらいましょう。

量が少ないから、と注意を怠ると、療法食を与える意味がなくなってしまったり、かえって愛犬の体に有害になってしまうことがあります。

また、家族と同居しているならこうした認識を共有しておくことも大切です。

気を付けていたのは自分だけで、家族が大量におやつやトッピングを与えていた、ということが良くあるので、療法食というものがどういうものなのかという点も含め、全員で愛犬の状態について理解を深めるようにしましょう。

愛犬の健康を食事で守ろう

療法食は犬の病気や健康状態に対応するためのフードです。
医師の指示をよく守って与えるようにしましょう。

基本は療法食と水だけで維持しますが、どうしても食べないときは手作りのトッピングを加えてもいいかもしれません。
その場合もできるだけ医師の指示を仰ぎ使う食材をよく考えて、くいつきをよくしつつできるだけ少量にすることが大切です。

愛犬の健康を守り元気な状態に近づけるために、飼い主が愛情を持って食の環境を整えてあげるようにしましょう。

愛犬の健康と長生きのために
獣医師監修の手作りドッグフード「ココグルメ」

うちの子には健康的なドッグフードを与えたい
飽きっぽくて毎回選び直すのが大変
いつも与えているドッグフードを全然食べてくれなくなった

といったドッグフードの悩みをお持ちではないでしょうか?


獣医師監修の手作りドッグフード「ココグルメ」は「健康」と「食いつき」を両立した今注目のご飯なんです!

\今なら送料無料980円で試せる/
獣医師監修の手作りドッグフード - ココグルメ -

ココグルメは、手作りならではの抜群の食いつきと総合栄養食基準の栄養バランスを両立し、「健康」と「美味さ」を兼ね備えた手作りのドッグフードです。

ココグルメの特徴 1.
新鮮な食材を使った手作りドッグフード

私たち人間が食べるご飯と同じように、低温での調理し冷凍で配送する正真正銘の手作りご飯です。

ドライフードのように乾燥させて風味が飛んでしまったり、レトルト加工などで栄養価を損なうことなく、素材の旨みと栄養をそのまま生かした美味しいご飯です。

ココグルメの特徴 2.
総合栄養食基準のレシピ

手作りご飯は確かに美味しく食べてくれるけど栄養バランスが不安…
そういった思いをお持ちの飼い主様も多いかと思います。

ココグルメは日本でも数少ない「栄養学を専門とする獣医師の先生」に監修を受け、総合栄養食(※)の基準に適応したレシピで作られています。

※総合栄養食とは、「そのご飯と水だけで、健康に生きるために必要な栄養素を全て取れる」という国が定めた基準に沿ったドッグフードのことです。

ココグルメの特徴 3.
徹底したヒューマングレード

ご存知の通り、ドッグフードは「食品衛生法の範囲外」とされており、人間のご飯と比べて低い衛生基準で製造・管理されてきました。

私たちのドッグフードは、人間が食べるものと同じ食材を仕入れ、同じ衛生基準で調理・配送する、正真正銘の「ヒューマングレード」のドッグフードです。

愛犬の健康のために
手作りドッグフードが選ばれる理由

手作りのご飯は「栄養バランスを正すのが難しい」「調理に手間がかかる」といった大変な点もありますが、実は健康との良い関係性があるという研究結果もわかっています。

手作りご飯を与え続けていた飼犬は32ヶ月長生きしていた

市販のドッグフードを与え続けた飼い犬と、市販ドッグフードを与えながら一部手作りを与えていた飼い犬、手作りし続けた飼い犬の3つクラスタの寿命を分析した結果、手作りし続けた飼い犬は平均32ヶ月も長生きしていたことがわかった。
Relation between the domestic dogs' well-being and life expectancy statistics essay(2003)

さらに、手作りご飯のみを与えていた飼犬が32ヶ月も長生きしていたことが分かっただけではなく、部分的に与えていた子も長生きしていたことが分かっています。

週3回以上野菜を与えていた飼犬は膀胱癌リスクが90%低かった

欧米で飼われている175頭のスコティッシュテリアの生態を調査した。
年齢や体重、毛の色などの指標を調整して集計した結果、週に3回以上ドッグフードとは別に野菜を摂取していた犬はTCC(膀胱癌)の発生リスクと逆相関していた。
緑黄色野菜の場合は逆相関が見られたが、アブラナ科の野菜やビタミン類での補給には逆相関が見られなかった。
Evaluation of the Effect of Dietary Vegetable Consumption on Reducing Risk of Transitional Cell Carcinoma of the Urinary Bladder in Scottish Terriers(2005)

ビタミン剤ではなく野菜そのものを与えていることが重要であることがわかり、「手作りのご飯」を食事として取り入れることが重要だと考えられています。

手作りご飯を手軽に与えられる
ココグルメが今なら送料無料980円で試せる!

送料無料980円で試せる!
手に取りやすい単品買い切り
15日間全額返金保証付き

手作りのドッグフードに興味をお持ちの方に是非オススメしたいココグルメですが、試すなら「今が一番お得」です!

300gとたっぷり入ったモニターコースが、期間限定で送料無料980円お試しいただけます!
※体重2~3kgの小型犬で約7食分の分量です。

また自動的に定期コースに切り替わることはなく、単品買いきりでお試しいただけますし、初回購入に限り15日間の全額返金保証もついてきます!

1日300名様までの数量限定キャンペーンですので、ぜひこの機会をお見逃しなくお試しください!

送料無料で試せる1日300名様限定モニターはこちら
\ SNSで友人にシェアしよう /