タイムセール
あと 1時間
7日間
お試し
980円/kg

「もっと良いご飯を食べさせたい」「うちの子が食べてくれるか不安・・・」
そんな飼い主様にオススメです!

今すぐ
注文

愛犬が鶏肉アレルギーにかかった時の対処法と予防法

犬も、特定の物質にアレルギー反応を起こすケースがあります。アレルゲンには、ダニやハウスダスト、カビなどのさまざまな種類がありますが、食品もその1つです。市販されているドッグフードに多く含まれている鶏肉も、犬のアレルギーを引き起こす原因です。犬は言葉で症状を伝えられないため、飼い主がアレルギーの対処法や予防法を考えてあげましょう。今回は、愛犬が鶏肉アレルギーになった時の対処の仕方や、アレルギーを防ぐための方法などを解説していきます。

犬の鶏肉アレルギーとは?

犬の鶏肉アレルギーは、鶏肉がアレルゲンとなって引き起こされるアレルギーです。アレルギーは、体内の免疫が強く働きすぎることで、」皮膚や呼吸器、消化器官などにいろいろな症状が現れてくるのが特徴です。鶏肉アレルギーの場合は、アレルゲンの鶏肉を摂取することでアレルギーの症状が現れてきます。

特定の食品にアレルギーがある場合、何度も同じ刺激にさらされると、症状がより強くでるようになるケースが少なくありません。鶏肉アレルギーになった犬は、引き続き鶏肉を摂取することで症状が悪化する可能性があるため、少し注意が必要です。

アレルギーは、ストレスの有無や愛犬の体調によっても症状の現れ方が変わります。したがって、アレルギーの検査で陽性の場合でも、まったく症状が出ないこともあります。

犬の鶏肉アレルギーの症状と見分け方

犬が鶏肉アレルギーになったときによく見られるのが、皮膚の赤みや発疹、粘膜の腫れなどの症状です。犬の場合は、口や目の周辺、耳、背中などにアレルギーの症状が現れやすいと言われています。長毛種の犬は、こういった皮膚や粘膜の症状が確認しにくいのが厄介なところです。

ただ、皮膚や粘膜にアレルギーの症状が出ると、痒みや違和感が生じることが多いです。鶏肉を食べた後に、愛犬がしきりに体を掻いているようなときは、アレルギーの症状が現れている可能性があるでしょう。外耳炎をたびたび起こすような場合も、アレルギーの可能性がないかどうかをチェックしておきたいところです。

アレルギー反応が呼吸器に現れた場合には、呼吸困難や咳などの症状が見られます。このような症状がある場合、気道が腫れて呼吸がしにくくなっていることが考えられるため、症状が重いと命にかかわることもあります。食事の後に愛犬が息苦しそうな様子をしている場合は、すぐに獣医師の診察を受けたほうがよいかもしれません。

消化器官に症状が現れたときには、下痢や嘔吐といった症状が見られるようになります。鶏肉入りのドッグフードに切り替えてから愛犬の便が緩くなるような場合は、アレルギー反応を起こしている可能性があるため注意をしましょう。

同じ鶏肉アレルギーを持っていても、症状の現れ方には個体差があります。アナフィラキシーショックのように強い症状が出る犬もいれば、軽い下痢や痒みなどの比較的弱い症状が現れる犬もいます。鶏肉アレルギーの症状を見分けるためには、愛犬のいつもと違う症状に飼い主が敏感になることが大切です。

犬の鶏肉アレルギーの原因は?

犬の鶏肉アレルギーは、体の免疫機能の乱れが1つの原因です。鶏肉は、犬の体にとって本来は害がない食品です。ただ、犬の体にそなわっている免疫機能が強く働き過ぎてしまうと、体が鶏肉を有害なものとみなして、摂取したときに過剰な反応を引き起こしてしまうことがあります。

鶏肉がメインの素材になったドッグフードはもちろんですが、鶏肉が入ったウェットフードやおやつもアレルギーの一因です。鶏肉アレルギーの場合、使われている鶏肉の部位によって症状が変わることは余りありません。

ささみなどの脂肪分が少ない部位であっても、アレルギーの原因になり得ます。犬によっては、鶏肉から抽出したスープにも反応することがあるため、固形の鶏肉が入っていなくても注意が必要になってきます。市販されているドッグフードの場合、チキンエキスやミートミールといった名称が成分表に記載されているケースも多いです。このような記載が見られるドッグフードも、鶏肉アレルギーの原因になりかねません。

チキンエキスは、鶏肉の成分を使ったエキスのこと。ミートミールは、鶏や豚、牛といったいろいろな家畜の成分が使用されています。こういったミートミールには、「チキン」という名称が書かれていなくても、鶏肉の成分が含まれる可能性が高いです。

愛犬が鶏肉アレルギーになったときのドッグフードの選び方

鶏肉アレルギーの犬に与えるドッグフードを選ぶときは、商品の成分表をチェックするのがよい方法です。鶏肉アレルギーになった犬に、鶏肉の成分が含まれるドッグフードを与えるのは、症状が悪化するのを避けるためにも避けたほうが無難です。ドッグフードの成分表を見る際には、チキンやチキンエキス、ミートミールなどの成分名がないかどうかを確認しましょう。ドッグフードには、サーモンやラム肉、ターキーなどがメインの素材になっている商品もあります。

犬にとって、タンパク質は欠かせない栄養素です。鶏肉の代わりになる良質なタンパク質が含まれているかどうかは、ドッグフードを選ぶときの1つのチェックポイントになるでしょう。アレルギーがある犬向けのドッグフードも、考えてみる価値があるかもしれません。

こういったドッグフードは、犬のアレルゲンになりやすい成分をカットして作られていることが多いです。鶏肉がカットされていれば、鶏肉アレルギーの犬にも安心して与えられます。鶏肉アレルギーを予防するためには、鶏肉が多く含まれるドッグフードばかりを与え続けないことが1つの対策になってきます。

サーモンなどの魚やラム肉を使ったドッグフードと交互に利用したり、いろいろな食品がバランスよく摂取できるドッグフードを与えたりすれば、鶏肉アレルギーになるのをある程度防げるかもしれません。体調管理やストレス対策を徹底して行うことも、アレルギーの予防に役立ちます。

愛犬のドッグフードや健康管理にこだわることが鶏肉アレルギーの対策になる

鶏肉アレルギーなどの食品アレルギーは、毎日の食事内容と深く関係していることが多いです。アレルギー反応は、体調が悪かったりストレスが大きかったりすると強く現れることもあります。アレルギーを防ぐためには、愛犬の健康管理に常日頃から気を配ることも大切になってくるでしょう。

愛犬の食事内容やドッグフードの選び方で迷ったときには、かかりつけの動物病院などで相談してみるのも1つの方法です。療法用のドッグフードを紹介している動物病院なら、愛犬の体質に合ったフードを教えてもらえる可能性があります。

 

アレルギー対応したドッグフードの選び方はこちら

- 獣医師監修の手作りドッグフード -
CoCo Gourmetとは

新鮮な食材で手作り
総合栄養食基準のレシピ
徹底したヒューマングレード

定期注文はこちら
2回目以降の方
- 手作り以上の愛情を -
獣医師監修手作りドッグフード
3kgのトイプードルで2週間4,480円

※賞味期限は冷凍保存(-18℃以下)した場合で約1年です。期限内に使い切れる量の注文をお願いいたします。※限定キャンペーンへの応募は1世帯あたり1回までとなります。2回目以降の申し込みの場合は通常価格(1箱当たり5,600円)でのご請求となります。(送料・税別) ※体重ごとの給餌量と価格はこちらをご覧ください。※定期購入の変更・解約はご請求日の7日前までに指定の電話番号へのご連絡にて対応致します。※その他購入にあたって利用規約を必ずご確認ください