> 犬の手作りごはん > アレルギー > 犬の鶏肉(チキン)アレルギーとは?部位の違いやドッグフードの選び方も

犬の鶏肉(チキン)アレルギーとは?部位の違いやドッグフードの選び方も

犬の鶏肉(チキン)アレルギーとは?部位の違いやドッグフードの選び方も
\ SNSで友人にシェアしよう /

私たち人間と同様に犬も、特定の物質にアレルギー反応を起こすケースがあります。

アレルギーの原因物質は、カビ・ダニ・植物など様々で、市販されている多くのドッグフードに含まれている鶏肉も犬のアレルギーを引き起こす原因になり得ます

アレルギーは突然発症することがあります。

犬は言葉で症状を伝えられないため、飼い主がアレルギーを早めに気づくことが大切です。

今回の記事では、愛犬が鶏肉アレルギーになった時の対処法・アレルギーを防ぐための方法を解説。

愛犬の健康に必要な知識を一緒に身につけましょう!

 

犬の鶏肉(チキン)アレルギーとは?

犬も人間と同じように食物アレルギーが発症することがあります。


その中で鶏肉アレルギーは多いと言われています。

犬の鶏肉アレルギーは、鶏肉が原因となって引き起こされるアレルギーです。

アレルギーは、何らかの原因で免疫が過剰に働くことで、皮膚・呼吸器・消化器官などにいろいろな症状が現れることです。


鶏肉が含まれるフードを食べた後に、身体を猛烈に掻きむしったりしたりしていませんか?

心当たりがある場合は、もしかしたら鶏肉アレルギーかもしれません。


鶏肉アレルギーがある犬は、症状を抑えるためには鶏肉の摂取を控えることが必要です。

しかし、アレルギーはストレスの有無や愛犬の体調によっても症状の現れ方が変わり、アレルギー検査で陽性の場合でも、まったく症状が出ないこともあります。

https://coco-gourmet.com/archives/6

犬の鶏肉(チキン)アレルギーの症状と見分け方

鶏肉を含んでいるフードを食べた後に「かゆみ」を感じている時は鶏肉アレルギーの可能性あり
咳が多くなるなど呼吸が苦しそうな時は鶏肉アレルギーの可能性あり
下痢や嘔吐など消化器官に負担がかかっている時は鶏肉アレルギーの可能性あり

犬が鶏肉アレルギーになったときによく見られるのが、皮膚の赤みや発疹、粘膜の腫れなどの症状です。

犬の場合は、口や目の周辺、耳、背中などにアレルギーの症状が現れやすいと言われています。


下記のような長毛種の犬は、こういった皮膚や粘膜の症状が確認しにくいのが厄介なところです。

長毛種に含まれる犬種

  • ラブラドール・レトリーバー
  • レオンベルガー
  • 土佐犬
  • 秋田犬
  • 紀州犬


など

ただ、皮膚や粘膜にアレルギーの症状が出ると、ワンちゃんは痒みを感じることが多いです。


鶏肉を食べた後、愛犬がしきりに体を掻いているようなときは、アレルギーの症状が現れている可能性があります。

また外耳炎をたびたび起こすような場合も、アレルギーの可能性があるためチェックが必要です。


他にもアレルギー反応が呼吸器に現れた場合には、呼吸困難や咳などの症状が見られます。

この場合、気道が腫れて呼吸がしにくい状況です。症状が重いと命にかかわることもあります。


食事の後に愛犬が息苦しそうな様子をしている場合は、すぐに獣医師の診察を受けさせるようにしましょう。

消化器官に症状が現れたときには、下痢や嘔吐といった症状が見られるようになります。


鶏肉入りのドッグフードに切り替えてから愛犬の便が緩くなるような場合は、アレルギー反応を起こしている可能性があるため注意をしましょう。

同じ鶏肉アレルギーを持っていても、症状の現れ方には個体差があります。


アナフィラキシーショックのように強い症状が出る犬もいれば、軽い下痢や痒みなどの比較的弱い症状が現れる犬もいます。


愛犬のアレルギーにお悩みなら、グレインフリーの獣医師監修の手作りドッグフード「ココグルメ」を試してみてください。

新鮮な国産食材だけを厳選したご飯で、総合栄養食の基準にも準拠しているため、おやつやトッピングとしてだけではなく、主食としても食べ続けてもらえるご飯です。

今なら送料無料980円でお試しいただけます。

愛犬がアレルギーかな?と思ったら獣医師に相談を

愛犬にいつもと違う症状が出ていてアレルギーを疑われる方は、まず獣医師相談しアレルギー検査を行ってみましょう。

アレルギー検査には、アレルゲン特異的IgE検査、リンパ球反応検査などがありますが、

  • 検査の結果が必ずしもアレルギーの有無と一致するわけではない
  • すべてのアレルゲンを調べられるわけではない

ということを知っておきましょう。

犬のアレルギー検査の手順は?費用は高いの?

アレルギー検査には動物病院行う必要があるため、検査を行う場合は獣医師に相談するようにしましょう。

受ける回数や依頼する検査機関によっても費用が変わってくるため、しっかりと相談することをおすすめします。

アレルギー検査はすぐに結果が出る訳ではなく、その結果が分かるのに1~2週間ほどかかります。

手順としては人間と同様に、

  1. 検査に必要とされるわんちゃんの血液を獣医師が採取し、アレルギーの検査の専門機関に送る。
  2. 検査機関で血液が検査され、結果が動物病院に通知される。という流れです。

 

費用に関しては、動物動物や受ける検査のタイプによって異なりますが、およそ20000円から30000円ほどと言われています。

犬の鶏肉(チキン)アレルギーの原因物質は鶏肉だけ?卵やお肉は食べられるの?

鶏肉アレルギーを持っている子は与えているドッグフードに含まれるお肉をチェック

犬の鶏肉アレルギーは、体の免疫機能が過剰に反応することが原因です。


鶏肉がメインの素材になったドッグフードはもちろんですが、鶏肉が入ったウェットフードやおやつもアレルギーの一因です。

よく勘違いされる方も多いですが、鶏肉アレルギーの場合、使われている鶏肉の部位によって症状が変わることはほとんどないです。


ささみなどの脂肪分が少ない部位であっても、アレルギーの原因になります。

また、犬によっては、鶏肉から抽出したスープにも反応することがあるため、固形の鶏肉が入っていなくても注意が必要になってきます。

市販されているドッグフードの場合、チキンエキスやミートミールといった名称が成分表に記載されているケースも多いです。

このような記載が見られるドッグフードも、鶏肉の一部が含まれているため、鶏肉アレルギーの原因になりかねません。

チキンエキスとは、鶏肉の成分を使ったエキスのことを指しており、分かり安いです。


ミートミールという食材にも鶏や豚・牛といったいろいろな動物の成分が使用されているため、「チキン」という名称が書かれていなくても、鶏肉の成分が含まれる可能性が高いので注意が必要です!

鶏肉(チキン)アレルギーの犬は卵は食べていいの?

鶏肉アレルギーの原因物質となるアレルゲンは、肉特有のタンパク質成分であり、鶏卵のアレルギーとは異なるため、鶏肉アレルギーであっても、卵を食べることはできます。

鶏肉アレルギーを持っている他の食品に対してアレルギーを起こすこともあるため注意は必要です。

鶏肉(チキン)アレルギーの犬は豚肉や牛肉は食べていいの?

鶏肉と豚肉や牛肉などの他の動物性タンパク質は別の食品なので、鶏肉アレルギーを持っていたとしても豚肉や牛肉などを食べても問題ないことが多いです。


しかし、先述の通り鶏肉アレルギーの犬は他の食物アレルギーも発症することがあるため注意が必要です。

愛犬が鶏肉(チキン)アレルギーになったときのドッグフードの選び方

愛犬が鶏肉アレルギーの時は、商品の成分表をチェックして「鶏肉」の有無を必ず確認する。
愛犬が鶏肉アレルギーの時は、ミートミールは「鶏肉」が一部含まれている可能性があるので避ける。

鶏肉アレルギーの犬に与えるドッグフードを選ぶときは、商品の成分表を必ずチェックするようにしましょう。

鶏肉アレルギーの犬に、鶏肉の成分が含まれるドッグフードを与えることはNG。

ドッグフードの成分表を見る際には、チキンやチキンエキス、ミートミールなどの成分名が含まれていないどうかを確認し、サーモンやラム肉、ターキーなど鶏肉以外を主成分としたドッグフードを購入するようにしましょう

犬にとって、タンパク質は欠かせない栄養素です。

鶏肉アレルギーの犬にとっては鶏肉の代わりになる良質なタンパク質が含まれているかどうかは、ドッグフードを選ぶときの1つのチェックポイントになるでしょう。

アレルギーがある犬向けのドッグフードも販売されていますが、成分をしっかり確認し、アレルギーの原因物質が入っていなければ「鶏肉アレルギー対応」という表記がなくても問題はありません。

しかしワンちゃんたちの体は個体差が多いので、ほとんど与えていなかった場合でも発症することはありますし、食事だけではなく、トータルな体調管理やストレス対策を行うことも、アレルギーの予防に役立ちます。

獣医師監修の手作りご飯「ココグルメ」は、鶏肉アレルギーの子も召し上がっていただけるように、ポークを主体としたレシピも用意しております。

フードにお困りの方は是非一度試してみてください。

鶏肉アレルギーの対策にドッグフード選びと健康管理に気をつけよう

鶏肉アレルギーなどの食品アレルギーは、毎日の食事内容と深く関係していることが多いですが、食事だけではなく体調が悪かったり、ストレスが大きかったりすると強く現れることもあります。

アレルギーを防ぐためには、愛犬の健康管理に常日頃から気を配ることも大切です。

愛犬の食事内容やドッグフードの選び方で迷ったときには、かかりつけの動物病院などで相談してみるのも1つの方法です。

しかし、獣医さん自身も全てのドッグフードの原材料を把握している訳では無いので、ご自身でしっかり成分を確認するようにしましょう

私たちが提供している手作りドッグフード「ココグルメ」は、鶏肉をつかったレシピと豚肉をつかったレシピの2種類をご用意しております。

鶏肉アレルギーをお持ちの方でも、豚肉タイプのレシピをお選びいただければお召し上がりいただけます

手作りならではの美味しさと、獣医師監修の元作った総合栄養食レシピですので、少食のワンちゃんもバクバク食べてくれます!

ぜひ1度お試しください。

愛犬の健康と長生きのために
獣医師監修の手作りドッグフード「ココグルメ」

うちの子には健康的なドッグフードを与えたい
飽きっぽくて毎回選び直すのが大変
いつも与えているドッグフードを全然食べてくれなくなった

といったドッグフードの悩みをお持ちではないでしょうか?

獣医師監修の手作りドッグフード「ココグルメ」は「健康」と「食いつき」を両立した今注目のご飯なんです!

\今なら送料無料980円で試せる/
獣医師監修手作りドッグフード
ココグルメ

ココグルメは、手作りならではの抜群の食いつきと総合栄養食基準の栄養バランスを両立し、「健康」と「美味さ」を兼ね備えた手作りフレッシュドッグフードです。

手作りご飯を手軽に与えられる
ココグルメが今なら送料無料980円で試せる!

送料無料980円で試せる!
手に取りやすい単品買い切り
15日間全額返金保証付き

フレッシュドッグフードに興味をお持ちの方に是非オススメしたいココグルメですが、試すなら「今が一番お得」です!

300gとたっぷり入ったモニターコースが、期間限定で送料無料980円お試しいただけます!
※体重2~3kgの小型犬で約7食分の分量です。

また自動的に定期コースに切り替わることはなく、単品買いきりでお試しいただけますし、初回購入に限り15日間の全額返金保証もついてきます!

1日300名様までの数量限定キャンペーンですので、ぜひこの機会をお見逃しなくお試しください!

送料無料で試せる1日300名様限定モニターはこちら
\ SNSで友人にシェアしよう /