/ 愛犬の健康のために / 健康へのこだわり / 犬がぐったりしてたら夏バテ?暑い季節に気をつけるべきこと

犬がぐったりしてたら夏バテ?暑い季節に気をつけるべきこと

最終更新: 2021.08.12
犬がぐったりしてたら夏バテ?暑い季節に気をつけるべきこと
\ SNSで友人にシェアしよう /

自分が飼っている愛犬がぐったりしている様子だと心配になってしまうものです。

夏バテなのか、他に原因があるのか気になる方もいるのではないでしょうか。

そんな時は、しっかりと様子を見てその都度対応していくことが大切です。

そこで今回は、犬がぐったりしているときに考えられる原因や、

暑い季節になったら気を付けたいポイントなどについてご紹介していきます。

犬が健康に過ごすためには飼い主の方のサポートが必要不可欠なので、チェックしてみましょう。

愛犬がぐったりしていた時は夏バテ?

愛犬がぐったりしている時、夏バテが原因となっている場合があります。

例えば、元気がなくなって一か所でじっとしていたり、ドッグフードを与えても食欲がなくて残してしまったりするようであれば、それは夏バテである可能性が考えられます。

もしも飼い主の方が愛犬の変化に気づくことが出来ずに、対応が遅れたら夏バテの症状が悪化していってしまいます。

そのため、普段から愛犬の様子をしっかりチェックして、少しでも変化が表れたと思ったらすぐに対応できるように準備しておくことが必要です。

また、愛犬が夏バテになってしまわないように、暑い季節になったら夏バテ対策をすることをおすすめします。

夏バテ以外で愛犬がぐったりしている時の原因は?

愛犬がぐったりしている原因は、夏バテだとは限りません。

夏バテだと思って様子を見ていたら、違う原因だったということも考えられるので注意しなければいけません。

どのような原因が考えられるのか見ていきましょう。

 

疲労がたまっている

愛犬が可愛くて、長い時間お散歩をしたり頻繁にお出かけに連れて行ったりしている飼い主の方も多いかもしれません。

犬種に合っている適切な運動量であれば愛犬の健康にとっても必要ですが、度を超えてしまうと疲労が溜まってしまいます。

体力的に負担がかかるだけではなく、ストレスになることもあるので要注意です。

これらが原因でぐったりしていることもあるので、十分に休息を取ってあげたり、愛犬に合った運動量を考えてあげたりするといいでしょう。

また、愛犬が快適に運動できるように、お散歩をするのは涼しい時間帯にしてください。

 

年齢を重ねたから

子犬のころや成犬のころは元気いっぱいだったのに、だんだんと年を重ねてきたことによってぐったりしてしまうこともあります。

あまり動かなくなってしまったり、寝ている時間が長くなったりするので、愛犬の様子を見ながら健康に気を使ってあげることが大切です。

気になることがあったらすぐ対処できるように、信頼できる動物病院を探したりするのもおすすめです。

 

熱中症の可能性も

愛犬がぐったりすることの理由として、熱中症になっている可能性も考えられます。

犬の体温が上昇して熱中症になり、症状が悪化していくと命に影響を及ぼす場合もあるので要注意です。

涼しい場所に移動させたり、動物病院に連れて行ったりするなど素早く適切な対応を行いましょう。

 

体に痛みがある

体のどこかに痛みがあることで、動けなくなってしまったり食欲がなくなってしまったりする可能性があります。

ケガをしていないかチェックしてあげたり、動物病院に行って検査を受けてみたりすることが大切です。

何かの病気が隠れている場合も考えられるので、暑い季節に関わらずいつも注意してみてあげるようにしましょう。

犬が夏バテでぐったりしている時の対策1. 栄養をとらせる

もしも愛犬が夏バテが原因でぐったりしている場合、どのように対策をしてあげればいいのか分からず困っている方もいるかもしれません。

まずは、愛犬の元気を取り戻してあげるために栄養をとる必要があります。

そうは言っても夏バテの時には食欲がなくなっている犬も多いので、食べやすいものを用意してあげなければなりません。

愛犬が日頃からよく食べてくれるものを与えてみたり、食べやすいように小さく切ってあげたりするといいのではないでしょうか。

愛犬への手作りご飯は大変ですが、飼い主の方が愛犬に合わせて作ることが出来るというのが大きなメリットになります。

しかし、犬に与えると危険な食材もあるので、しっかり調べてから注意して与えることが大切です。

 

また、栄養面を考えてドッグフードを選ぶというのもおすすめです。

飼い主の方によってドッグフードを選ぶ基準というのは変わってきますが、愛犬の犬種や年齢などに合ったドッグフードを与える必要があるでしょう。

ドッグフードの成分や、製造過程などをしっかり理解して与えると安心です。

そして、愛犬が夏バテになってしまわないように、いつも食事のバランスを考えるようにしてあげると健康的な体作りにつながっていきます。

もしもドライフードを食べてくれないのであれば、食べやすいウェットフードを取り入れてみるのもいいでしょう。

 

他には、愛犬にしっかりと水分を取らせるということも大切な対策の一つです。

水分をあまりとらずにいると、脱水症状になってしまったりするなど、様々な病気を引き起こす原因にもなってしまいます。

愛犬がいつでも水分補給を出来るように、水を用意してあげることを忘れないようにしましょう。

犬が夏バテでぐったりしている時の対策1. 室内の温度を適正に

犬は、室内の温度が高いと夏バテになる可能性が高まってしまいます。

暑い部屋に長時間いるのはとても危険なことです。

そのため、室内の温度はいつも適切な状態にキープしておくようにしましょう。

飼い主の方がお仕事やお出かけなどで家を空けるときでも、愛犬の健康のために冷房をつけていってあげる必要があります。

また、愛犬が夏バテになってしまって体が熱くなっているようなら、うちわや扇風機などで風を送ってあげて体を涼しくしてあげるといいでしょう。

その他にも、愛犬が室内で快適に過ごせるように、触るとひんやりする素材でできているマットなどを利用するのも一つの手です。

夏バテ対策をしっかりしよう!

愛犬が夏バテになってしまってぐったりしているのを見るのは、飼い主の方にとって辛いものです。

そのため、暑い季節になってきたらしっかりと夏バテ対策を行うようにしてください。

愛犬の健康を守るためには、ドッグフードなどに気を使って栄養をつけてあげたり、

変わった部分はないかチェックしてあげたりするなどの、毎日の積み重ねが必要になります。

愛犬の立場になって色々とサポートしてあげると、愛犬は健康的で快適な生活を送れるようになるでしょう。

愛犬の健康と長生きのために
獣医師監修の手作りドッグフード「ココグルメ」

うちの子には健康的なドッグフードを与えたい
飽きっぽくて毎回選び直すのが大変
いつも与えているドッグフードを全然食べてくれなくなった

といったドッグフードの悩みをお持ちではないでしょうか?


獣医師監修の手作りドッグフード「ココグルメ」は「健康」と「食いつき」を両立した今注目のご飯なんです!

\今なら送料無料980円で試せる/
獣医師監修の手作りドッグフード - ココグルメ -

ココグルメは、手作りならではの抜群の食いつきと総合栄養食基準の栄養バランスを両立し、「健康」と「美味さ」を兼ね備えた手作りのドッグフードです。

ココグルメの特徴 1.
新鮮な食材を使った手作りドッグフード

私たち人間が食べるご飯と同じように、低温での調理し冷凍で配送する正真正銘の手作りご飯です。

ドライフードのように乾燥させて風味が飛んでしまったり、レトルト加工などで栄養価を損なうことなく、素材の旨みと栄養をそのまま生かした美味しいご飯です。

ココグルメの特徴 2.
総合栄養食基準のレシピ

手作りご飯は確かに美味しく食べてくれるけど栄養バランスが不安…
そういった思いをお持ちの飼い主様も多いかと思います。

ココグルメは日本でも数少ない「栄養学を専門とする獣医師の先生」に監修を受け、総合栄養食(※)の基準に適応したレシピで作られています。

※総合栄養食とは、「そのご飯と水だけで、健康に生きるために必要な栄養素を全て取れる」という国が定めた基準に沿ったドッグフードのことです。

ココグルメの特徴 3.
徹底したヒューマングレード

ご存知の通り、ドッグフードは「食品衛生法の範囲外」とされており、人間のご飯と比べて低い衛生基準で製造・管理されてきました。

私たちのドッグフードは、人間が食べるものと同じ食材を仕入れ、同じ衛生基準で調理・配送する、正真正銘の「ヒューマングレード」のドッグフードです。

愛犬の健康のために
手作りドッグフードが選ばれる理由

手作りのご飯は「栄養バランスを正すのが難しい」「調理に手間がかかる」といった大変な点もありますが、実は健康との良い関係性があるという研究結果もわかっています。

手作りご飯を与え続けていた飼犬は32ヶ月長生きしていた

市販のドッグフードを与え続けた飼い犬と、市販ドッグフードを与えながら一部手作りを与えていた飼い犬、手作りし続けた飼い犬の3つクラスタの寿命を分析した結果、手作りし続けた飼い犬は平均32ヶ月も長生きしていたことがわかった。
Relation between the domestic dogs' well-being and life expectancy statistics essay(2003)

さらに、手作りご飯のみを与えていた飼犬が32ヶ月も長生きしていたことが分かっただけではなく、部分的に与えていた子も長生きしていたことが分かっています。

週3回以上野菜を与えていた飼犬は膀胱癌リスクが90%低かった

欧米で飼われている175頭のスコティッシュテリアの生態を調査した。
年齢や体重、毛の色などの指標を調整して集計した結果、週に3回以上ドッグフードとは別に野菜を摂取していた犬はTCC(膀胱癌)の発生リスクと逆相関していた。
緑黄色野菜の場合は逆相関が見られたが、アブラナ科の野菜やビタミン類での補給には逆相関が見られなかった。
Evaluation of the Effect of Dietary Vegetable Consumption on Reducing Risk of Transitional Cell Carcinoma of the Urinary Bladder in Scottish Terriers(2005)

ビタミン剤ではなく野菜そのものを与えていることが重要であることがわかり、「手作りのご飯」を食事として取り入れることが重要だと考えられています。

手作りご飯を手軽に与えられる
ココグルメが今なら送料無料980円で試せる!

送料無料980円で試せる!
手に取りやすい単品買い切り
15日間全額返金保証付き

手作りのドッグフードに興味をお持ちの方に是非オススメしたいココグルメですが、試すなら「今が一番お得」です!

400gとたっぷり入ったモニターコースが、期間限定で送料無料980円お試しいただけます!
※体重2~3kgの小型犬で約7食分の分量です。

また自動的に定期コースに切り替わることはなく、単品買いきりでお試しいただけますし、初回購入に限り15日間の全額返金保証もついてきます!

1日100名様までの数量限定キャンペーンですので、ぜひこの機会をお見逃しなくお試しください!

送料無料で試せる1日100名様限定モニターはこちら
この記事を書いた人
岩橋洸太
株式会社バイオフィリア 代表取締役社長

慶應義塾大学経済学部卒業後、証券会社で上場準備支援業務に従事
社会に出てからも幼い頃に聞いた不幸な動物の話に心を痛めた経験が心に残り、ペット領域での起業を決意し、2017年に(株)バイオフィリア設立

現在は日本初の総合栄養食基準に準拠した獣医師監修手作りドッグフードであるココグルメを手がける他、メディア事業を展開
ココグルメの開発に際しては一から動物栄養学を学び、自らレシピ考案に携わる
「動物の幸せから人々の幸せを」を企業理念に、アニマルウェルフェアカンパニーとして全ての動物が幸せになれる世界の実現を目指す。
3匹の保護猫に囲まれて暮らす大の動物好き

\ SNSで友人にシェアしよう /