愛犬が穀物アレルギーにかかった時の対処法と予防法

犬の穀物アレルギーが気になっていませんか。体をかゆがっていたり、おなかの調子が悪そうだったりするときは、ペットフードやおやつが原因でアレルギーになっていることもあります。穀物はペットフードに含まれていることもあるのに、アレルギーになりやすいとは本当なのでしょうか。犬の穀物アレルギーの原因や症状、他のアレルギーとの見分け方などを紹介します。また、穀物アレルギーになってしまったときは、どんなフードを選べばよいのかを確認しておきましょう。

犬は穀物アレルギーになりやすい?

犬にすべての穀物が悪いわけではありませんが、多くの穀物を一度に摂取すると炭水化物の消化がうまくできません。また、穀物の中でも小麦はアレルギーを引き起こしやすいといわれています。小麦はグルテンの含有量が高いため、犬にとっては消化をしにくい食べ物です。

グルテンを消化できる酵素がないことにより、穀物アレルギーを起こしやすくなります。また、トウモロコシもアレルギーを引き起こしやすい穀物です。小麦とトウモロコシはフードのかさ増しにも使われることがあります。ペットフードによっては犬の健康に欠かせないタンパク質よりも多く含まれていることがあり、注意が必要です。

犬の穀物アレルギーの症状とは?見分け方が知りたい!

かゆみ

耳や目の周り、口の周りなどに症状が出やすいです。かゆみで赤くなることもあります。また、手足の指先や脚の付け根、胸、背中などにかゆみが出ることもあります。かきすぎてしまうことにより悪化させ、部分的に毛がなくなってしまうこともあります。

かゆみはアトピー性皮膚炎でも見られますが、背中に症状が出ることはほとんどありません。背中に症状が出ているときは、食べ物によるアレルギーの疑いがあります。また、アレルギーは年齢に関係なく発症しますが、アトピー性皮膚炎は生後半年から3歳くらいまでに発症するといわれています。背中の症状や年齢が、アレルギーの症状を見分けるポイントです。

下痢や軟便、嘔吐

下痢や軟便、嘔吐は体調が悪いときに多い症状です。ストレスや疲れなどによって症状が出ることもありますが、食物アレルギーによって症状が出ることもあります。皮膚のかゆみと併発することもありますが、下痢や軟便、嘔吐といった症状だけにとどまることもあります。下痢や軟便、嘔吐の症状だけで食物アレルギーと判断することはできません。

食物アレルギーはアトピー性皮膚炎を併発していることもあり、飼い主さんの判断では見分けがつかないこともあります。気になる症状があるときは動物病院で診てもらいましょう。他の病気である可能性もあるため診察してもらうことがおすすめです。病院では療法食によって原因となる食べ物を判断します。また、血液検査によって、アレルゲンを調べることもできます。

犬が穀物アレルギーになる原因とは

穀物の中でも小麦やトウモロコシの含有量が多いフードは、アレルギーを引き起こしやすくなる原因です。小麦やトウモロコシを含むドッグフードは避けたほうがよいでしょう。

また、穀物を摂取する他に、免疫力の低下によってもアレルギーを引き起こしやすくなるといわれています。つまり、免疫力を高めることによって、穀物アレルギーになりにくい体を目指すことができます。免疫力の低下は、さまざまな病気を引き起こす原因です。免疫力を高めることが健康を保つことに役立ちます。

犬が穀物アレルギーになったらどんなドッグフードを選べばいいの?

アレルギーの原因である穀物が入っていないドッグフードを選びましょう。穀物不使用のドッグフードはグレインフリーと呼ばれ、さまざまなメーカーから販売されています。また、質のよいタンパク質を配合した栄養バランスのよいドッグフードにしましょう。犬の健康には質のよいタンパク質が欠かせません。

犬の健康に必要なアミノ酸を豊富に含むタンパク質は、動物性のタンパク質です。犬は植物性タンパク質よりも動物性タンパク質の消化吸収をしやすく、効率的にエネルギーとして使うことができます。タンパク質が不足した食事を続けていると、犬に最適な栄養バランスを保つことができません。栄養バランスの悪い食事を続けることにより抵抗力が弱り、免疫力の低下につながります。免疫力の低下はアレルギーを引き起こしやすくなる原因になるため、栄養バランスのよいドッグフードを選びましょう。

 

動物性タンパク質には肉と魚があります。アレルギーを発症している犬には、牛肉や豚肉などを避けたほうがよいでしょう。牛肉や豚肉に含まれる飽和脂肪酸が、皮膚炎の症状を悪化させることがあります。鹿肉や馬肉は不飽和脂肪酸なのでおすすめです。また、サーモンなどの魚に含まれる脂質も不飽和脂肪酸であり、オメガ3必須脂肪酸が含まれています。

オメガ3必須脂肪酸は皮膚の炎症を抑制します。皮膚炎になっている犬には魚が含まれるドッグフードや、サーモンから抽出したオイルなどが含まれるフードがおすすめです。また、アレルギーの改善には、免疫力に影響する腸内環境を整えることも大切です。腸内環境をサポートするプロバイオティクスが含まれているフードもよいでしょう。

 

穀物アレルギーの予防には、小麦やトウモロコシだけでなくオートミールや大豆などの穀物にも注意しましょう。また、穀物を避けていてもタンパク質の種類によってアレルギーを起こすこともあるため、ドッグフードの変更は様子を見ながら行いましょう。鶏肉や牛肉、たまごもアレルギーを引き起こしやすいです。化学的な添加物によりアレルギーを起こすこともあります。酸化防止剤や保存料、着色料などにも注意しましょう。

また、犬にも好みがあるため、愛犬が喜びそうな味や香りがあることも大切です。質のよい原材料を使用しているフードなら、おいしさや香りのよさにもつながるでしょう。

犬の穀物アレルギーにはペットフードの選び方が大切!

犬の穀物アレルギーは、小麦やトウモロコシなどにより引き起こしやすくなります。消化しやすい動物性タンパク質をメインにしたドッグフードを選ぶことが大切です。質のよい動物性タンパク質を配合した、栄養バランスのよいドッグフードを選びましょう。

また、皮膚の健康をサポートするオメガ3必須脂肪酸が含まれているフードもおすすめです。免疫力のアップには腸内環境をサポートするプロバイオティクス配合のフードもあります。愛犬が喜ぶ味や香りであることも大切にして、健康維持に役立つドッグフードを選びましょう。

 

愛犬が穀物アレルギーを持っている場合のドッグフードの選び方

CoCo Gourmetとは

新鮮な食材をそのままに
手作りより健康的
ヒューマングレード
いつでも 解約OK
※購入回数の縛り等は一切ございません。
※注文確定日の7日前までにご連絡ください。
30 日間全額返金保証
※各世帯で初期購入の場合のみ対象となります。
※その他こちらの条件をご確認ください。

あなたにおすすめの記事

新規注文はこちら
2回目以降の方
- 手作り以上の愛情を -
獣医師監修手作りドッグフード
3kgのトイプードルで2週間4,480円

※賞味期限は冷凍保存(-18℃以下)した場合で約1年です。期限内に使い切れる量の注文をお願いいたします。※限定キャンペーンへの応募は1世帯あたり1回までとなります。2回目以降の申し込みの場合は通常価格(1箱当たり5,600円)でのご請求となります。(送料・税別) ※体重ごとの給餌量と価格はこちらをご覧ください。※定期購入の変更・解約はご請求日の7日前までに指定の電話番号へのご連絡にて対応致します。※その他購入にあたって利用規約を必ずご確認ください