[初回限定]お試しBOX ¥980(税込み)
> ドッグフードの選び方 > ダックスフンドのためのドッグフードの選び方を徹底解説します

ダックスフンドのためのドッグフードの選び方を徹底解説します

最終更新: 2023.09.05
ダックスフンドのためのドッグフードの選び方を徹底解説します
\ SNSで友人にシェアしよう /

好奇心が旺盛で、飼い主と一緒に遊ぶことが大好きなダックスフンド。

胴長短足というその体の特徴だけでなく、明るくて友好的な性格を持っているダックスフンドは、多くの人から愛され、根強い人気を誇っている犬種でもあります。
そんなダックスフンドとの楽しい生活をできるだけ長い間楽しむためには、ドッグフードの選び方には注意をして、健康を維持することが大切です。

ここでは、ダッグスフンドのためのドッグフードの選び方などについて詳しくお伝えしていきます。

ダックスフンドの食性とドッグフードの関係性

ダックスフンドの先祖犬は、ジュラハウンドやピンシェルなどの狩猟犬のため、猟犬としての遺伝的な要素を多く含んでいます。

もともと肉食だったため、様々な改良が行われた現在でも肉が多めの食事を好み、逆に、穀物に対する消化能力が低めとされています。
ドッグフードを選ぶ際にも、肉や魚などの動物性タンパク質を多く含むものを選ぶようにしましょう。

植物性タンパク質のものは消化がうまくできないため、かえって胃腸の負担になってしまいます。
特に、まだ体が未発達な状態の子犬期や、体の機能が落ちていく老犬期には注意が必要です。

ダックスフンドは、とても食べることが大好きな犬種です。
一生懸命食べるその姿や、おねだりをしてくる姿はとても可愛らしいものですが、肥満にならないためにも、食事の与えすぎやドッグフードの種類には注意するようにしましょう。

できるだけ高タンパク低カロリーなドッグフードを選ぶことで、肥満を防げるようになります。

ダックスフンドのドッグフードは良質なタンパク質のものを選ぶ

ダッグスフンドは、その美しい毛並みが特徴の犬でもあります。
色艶の美しい状態をキープするには、良質なタンパク質が含まれているドッグフードを選ぶことが大切です。

また、体の健康を保つために運動は欠かせませんが、その運動を行うためには、そもそも筋肉を適度に付けておく必要があります。
さらに、筋肉がしっかりと付いていることで、関節への負担も減らせるようになります。

タンパク質は、筋肉や毛、骨など体をつくるためにとても重要な栄養素です。
ダックスフンド特有の長い胴体を支えるためには、強い骨や筋肉を作っておく必要があります。

ドッグフードにはしっかりタンパク質が含まれているものを選び、体の内側から健康面をサポートしてあげるようにしましょう。
タンパク質の中でも、良質なものが含まれているドッグフードを選ぶことが大切です。

ダックスフンドにとって良質なタンパク質とは、肉や魚などの動物性タンパク質のことを指します。

ドッグフードによっては、小麦やトウモロコシなど、植物性タンパク質である穀物を使っているものもあるため、選ぶ際にはできるだけ選ばないようにすることをお勧めします。
現代のドックスフンドの食性は雑食と言われていますが、上述したとおり、本来は肉食の動物です。

穀物は消化しにくく、消化器官系に大きな負担をかけてしまうことになるので、避けるようにしましょう。

ドッグフード、愛犬の餌の選び方を犬種・体型・年齢別で解説!


愛犬のご飯にお悩みの方は手作りご飯のココグルメをお試しください。

ココグルメは、食材はすべて人間の食品に使用される食材(ヒューマングレード)を使用しており、学校給食を手がける給食工場で1つ1つ人の手で作っています。

今なら送料無料980円でお試しできるキャンペーンも実施中です! 

ダックスフンドのドッグフードには軟骨をサポートするものを

ダックスフンドは、その長い胴体を短い四本足で支えている犬種です。

ダックスフンドが持つ愛らしい特徴でもありますが、同時に足腰や関節にとても負担が掛かりやすい構造です。
ヘルニアにならないよう、飼い主は気を付けておかなければなりません。

食べ過ぎや激しい運動は体への負担となってしまうため、注意が必要です。

適切なドッグフードの選び方をすることで、その負担を減らし、しっかりした体づくりへつなげることも可能になります。
関節にある軟骨は、衝撃を吸収し、体への負担を減らす役割を担っていますが、負担が激しいと次第に摩耗したり硬化を起こしたりしてしまいます。

また、加齢によって軟骨の機能が損なわれてしまうこともあるのです。
健康な状態を維持するには、この軟骨をサポートする成分を含んでいるものを選ぶようにしましょう。

グルコサミンやコンドロイチン、そして、MSMなどの成分は、軟骨のサポートに有効とされています。

コラーゲンやヒアルロン酸なども効果が期待できる栄養素として挙げられます。
もちろん、食事面だけでなく、適度な運動を欠かさず行い、ダックスフンドの健康をサポートしてあげるようにしましょう。

肥満にならないよう気を付けることで、体への負担を減らせるようにもなります。
また、階段の上り下りような、上下に移動する動きは腰の負担になるため、できるだけ避けるようにしましょう。

ダックスフンドへのドッグフードの与え方と食べない時の工夫

ドッグフードの与え方は、ダックスフンドの成長と共に変えるようにしましょう。
子犬期は少量ずつに分けて、一日の食事回数を3回から5回程度にします。

一度に食べられる量が増える成犬期には食事回数を2回から3回へと減らし、老犬期になると、再び一度に摂取できる量が減るため、3回から4回程度に増やします。
適正な摂取量は、ドッグフードによって異なるため、パッケージなどで確認することが大切です。

もしドッグフードを食べない場合には、いくつかの対処法を試してみましょう。
まずは、ドッグフード自体に何らかの問題がないかどうか探ってみます。

この場合、与えているドッグフードが苦手になってしまったり、保管状態が悪く、味が落ちてしまっている可能性が考えられます。
ダックスフンドにも当然、食べ物の好き嫌いはあるため、他の種類のドッグフードを試したりしながら、様子をみてみましょう。

ドッグフードの粒の大きさや柔らかさに問題がある場合もあります。
また、特に保存料や添加物を使っていないような、高品質なタイプのドッグフードを与えている場合は、保存状態にも注意が必要です。

ドッグフードを目の前にしても食べない場合は、そもそもお腹が空いていないということも考えられます。
運動不足だったり、直前におやつを与えたりしてしまっていないでしょうか。

毎日適度な運動を心掛け、おやつは決まった時間に適量与えるようにし、食事の前には空腹状態になる工夫をしてみましょう。

これらの対処法を試みてもまだ食べない場合は、病気が原因になっている可能性も考えられるため、動物病院などへの相談も視野に入れることが必要です。

ダックスフンドをドッグフードで内側からサポートしよう

ドッグフードには様々な種類があるため、どれを選んだらよいのか迷ってしまうこともありますよね。
ダックスフンドの食性や体の特徴などを考えると、おのずと必要な栄養素が見えてくるため、選びやすくなるのではないでしょうか。

人間と同じように、ダックスフンドにとっても健康的な生活を送る上で食べものはとても大切なポイントになってきます。
ダックスフンドの健康を上手にコントロールし、体を内側からサポートしながら一緒に生活を楽しんでいきましょう。

愛犬の健康と長生きのために
獣医師監修の手作りドッグフード「ココグルメ」

うちの子には健康的なドッグフードを与えたい
飽きっぽくて毎回選び直すのが大変
いつも与えているドッグフードを全然食べてくれなくなった

といったドッグフードの悩みをお持ちではないでしょうか?

獣医師監修の手作りドッグフード「ココグルメ」は「健康」と「食いつき」を両立した今注目のご飯なんです!

\今なら送料無料980円で試せる/
獣医師監修手作りドッグフード
ココグルメ

ココグルメは、手作りならではの抜群の食いつきと総合栄養食としての栄養バランスを両立し、「健康」と「美味さ」を兼ね備えた手作りフレッシュドッグフードです。

手作りご飯を手軽に与えられる
ココグルメが今なら送料無料980円で試せる!

送料無料980円で試せる!
手に取りやすい単品買い切り
15日間全額返金保証付き

フレッシュドッグフードに興味をお持ちの方に是非オススメしたいココグルメですが、試すなら「今が一番お得」です!

400gとたっぷり入ったモニターコースが、期間限定で送料無料980円お試しいただけます!

また自動的に定期コースに切り替わることはなく、単品買いきりでお試しいただけますし、初回購入に限り15日間の全額返金保証もついてきます!

1日300名様までの数量限定キャンペーンですので、ぜひこの機会をお見逃しなくお試しください!

送料無料で試せる1日300名様限定モニターはこちら
\ SNSで友人にシェアしよう /