/ 愛犬の健康のために / ドッグフードの選び方・探し方 / 【メーカー直伝】本当に良いドッグフードの選び方を徹底解説します

【メーカー直伝】本当に良いドッグフードの選び方を徹底解説します

【メーカー直伝】本当に良いドッグフードの選び方を徹底解説します
\ SNSで友人にシェアしよう /

愛犬のためにはなるべく良いドッグフードを選んであげたいと想うのが愛犬家の常ですが、その具体的な指標についてはよくわからないという人もすくなくありません。

愛犬にどのようなドッグフードが合っているか?愛犬用のドッグフードの成分にはどこに着目すべきか?という点を知っておくと明確に愛犬に必要な物が足りたドッグフード選びも可能になるでしょう。今回はドッグフードをどのように選べばよいか?について3つの条件を挙げてそれぞれ詳しく解説していきます。

本当良いドッグフードは犬種によって異なる!

まず最初に知っておくべきは、どんな犬にも合う万能薬のようなドッグフードは存在しないという点です。

生物は環境によってそれぞれ適した体の機能を発達させ、進化してきました。当然ながら犬も澄んでいる地域の気候や取れる食物、外敵や獲物に合わせた進化がなされており、一口に犬と言ってもその特徴は様々です。

寒い地域ならば分厚い脂肪や長い毛を生やす必要がありますのでそのために必要な栄養が求められますし、逆に暑い地域であれば体を冷却しやすくするためにほっそりとした体や短い体毛という特徴が現れてきます。例えば寒い地域出身の犬には適切な栄養量でも、暑い地域出身の犬にとっては栄養過剰となってしまうこともあるのです。

過剰な栄養は犬を肥満に導き、寿命を縮めてしまう事にも繋がりかねないため、犬にあった栄養素と量を適切に守る必要があるのです。 ドッグフードにはトイプードル用やラブラドールレトリバー用など、犬種を指定した商品もあるため、そういった物を選んだほうがより犬の状態をよく保つのに役立ってくれるでしょう。

日本でよく飼われる事のある柴犬や、毛質が人気のトイプードルは揃ってどちらも皮膚が弱くアトピー性皮膚炎などにかかりやすいという特徴があり、それを改善するためにはアレルギー頻度の低く消化に優れた、高タンパクで質の良い肉を使った物が適切です。人気の高いラブラドールレトリバーなどは脂肪が付きやすい犬ですが、日本の気候だと余分な脂肪が暑さへの耐性を弱めてしまいますし、何より肥満に繋がりやすいため、ドッグフードには脂肪分の少ないものをチョイスするなどがポイントになります。

本当に良いドッグフードの条件① 高品質なタンパク質が使用されている

本当に良いドッグフード選びで真っ先に注意したいのが、高品質なタンパク質が使用されているかどうかです。犬は肉食性の動物ですので、基本的に本来は生肉を食べて体を維持する生き物です。

確かに生肉を毎回与えられればそれも良いですが、手間や費用、消費管理などが非常に大変になってしまうため、生肉に近い高水準なタンパク質が取れるドッグフードで代用するのは非常に大切なことです。この高品質なタンパク質のドッグフードとは、何の肉を使っているかがはっきりしている物を指します。安価なドッグフードの原材料には「〇〇肉」などではなく「ミートミール」という名前の肉が登場することが多くあります。

ミートミールとは肉の粉末の事で、具体的にどんな動物の肉なのかを判別することができません。

ペットフード安全法によって問題になるような粗悪な肉は使われない決まりになっていますが、何の肉を使っているかが分からないと飼い主としては不安もありますし、ラム肉や鹿肉など具体的に与えたい肉が決まっている場合もミートミールでは判別できません。

極力何の肉であるかがはっきり記載されたドッグフードの方がより安全性が高いと言えます。また犬の体調や様子を見て肉の種類を変えてみたりする調整も、やはり原材料、それも主体的な成分となるタンパク質が何肉であるかを判別できることが必要になってきます。なるべく肉の種類がはっきり記載されていて、高品質なタンパク質を期待できるドッグフードを選んであげましょう。

本当に良いドッグフードの条件② ヒューマングレード

ドッグフードにはヒューマングレードと呼ばれるグレードの物が存在します。

これは名前の通りヒューマングレード、人間でも食用できるレベルの高い品質と安全基準要項を満たしている証です。実はドッグフードは食品衛生法の範囲外であるため、人間の食品のような完璧な衛生管理をしなくても生産できてしまうのです。もちろんだからといって必ず犬の健康に問題があったり、有害物質が入っているということになるわけではありませんが、コストを抑えるためにコストパフォーマンスが良いけれど犬の健康に最適ではない材料を使うことなどもあります。

そのため少しでも犬には高品質で安全性が高いドッグフードを与えたいと考えるのであれば、ヒューマングレードを選ぶことが大切になってくるのです。しかし当然ながら高品質を維持するためにコストは相応に高くなるため、その点は注意が必要になるでしょう。

本当に良いドッグフードの条件③ 化学添加物がないもの

本当に良いドッグフードを選ぶ上で注意したいのが、余分な化学添加物が入っていないかどうかです。上記したヒューマングレードや高品質なタンパク質が入っていたとしても、余分な化学添加物が入ることで犬の体に負担がかかることもあります。

そのためには余計な添加物のないドッグフードを選ぶ必要があるのです。ペットフード安全法ではこれら添加物にはドッグフード1g当たりの使用制限がかかっている物があります。保存料として使われる酸化防止剤のエトキシキンはドッグフードの消費期限を長くするために使われますが、こちらは1g当たり75μgまでとなっています。他にも同様の目的で使われるBHA(ブチルヒドロキシアニソール)やBHT(ジブチルヒドロキシトルエン)は合わせて1g当たり75μgまでです。

またフードの色味を良くするために使われる亜硝酸ナトリウムは1g当たり100μgとなっており、これらは使われる事の多いものなので、成分表などをみて範囲を超えていないかはよくチェックしてきたい項目です。 またウェットタイプのドッグフードにも実は保湿制菌のためにプロピレングリコールという添加物が入っている事がありますが、これは発がん性があると言われており、極力入っていない物を選ぶようにしたいです。

愛犬のためにも本当に良いと思えるドッグフードを選んであげよう

ドッグフードは基本的にはペットフード安全法の範囲内で製造されていますが、その範囲内であっても個々の犬の体質によっては確実に安全な物とは言い切れません。

そのため飼い主は出来るだけきちんとドッグフードを選んであげる必要があるのです。ドッグフードを選ぶ際は高品質なタンパク質が使われているか?ヒューマングレードで質の高いドッグフードか?また余分な添加物が入っては居ないか?という3つを軸にして選んであげる事で、愛犬にも安心して与えられるドッグフードを見つけることができるでしょう。

愛犬の健康と長生きのために
獣医師監修の手作りドッグフード「ココグルメ」

うちの子には健康的なドッグフードを与えたい
飽きっぽくて毎回選び直すのが大変
いつも与えているドッグフードを全然食べてくれなくなった

といったドッグフードの悩みをお持ちではないでしょうか?


獣医師監修の手作りドッグフード「ココグルメ」は「健康」と「食いつき」を両立した今注目のご飯なんです!

\今なら送料無料980円で試せる/
獣医師監修の手作りドッグフード - ココグルメ -

ココグルメは、手作りならではの抜群の食いつきと総合栄養食基準の栄養バランスを両立し、「健康」と「美味さ」を兼ね備えた手作りのドッグフードです。

ココグルメの特徴 1.
新鮮な食材を使った手作りドッグフード

私たち人間が食べるご飯と同じように、低温での調理し冷凍で配送する正真正銘の手作りご飯です。

ドライフードのように乾燥させて風味が飛んでしまったり、レトルト加工などで栄養価を損なうことなく、素材の旨みと栄養をそのまま生かした美味しいご飯です。

ココグルメの特徴 2.
総合栄養食基準のレシピ

手作りご飯は確かに美味しく食べてくれるけど栄養バランスが不安…
そういった思いをお持ちの飼い主様も多いかと思います。

ココグルメは日本でも数少ない「栄養学を専門とする獣医師の先生」に監修を受け、総合栄養食(※)の基準に適応したレシピで作られています。

※総合栄養食とは、「そのご飯と水だけで、健康に生きるために必要な栄養素を全て取れる」という国が定めた基準に沿ったドッグフードのことです。

ココグルメの特徴 3.
徹底したヒューマングレード

ご存知の通り、ドッグフードは「食品衛生法の範囲外」とされており、人間のご飯と比べて低い衛生基準で製造・管理されてきました。

私たちのドッグフードは、人間が食べるものと同じ食材を仕入れ、同じ衛生基準で調理・配送する、正真正銘の「ヒューマングレード」のドッグフードです。

愛犬の健康のために
手作りドッグフードが選ばれる理由

手作りのご飯は「栄養バランスを正すのが難しい」「調理に手間がかかる」といった大変な点もありますが、実は健康との良い関係性があるという研究結果もわかっています。

手作りご飯を与え続けていた飼犬は32ヶ月長生きしていた

市販のドッグフードを与え続けた飼い犬と、市販ドッグフードを与えながら一部手作りを与えていた飼い犬、手作りし続けた飼い犬の3つクラスタの寿命を分析した結果、手作りし続けた飼い犬は平均32ヶ月も長生きしていたことがわかった。
Relation between the domestic dogs' well-being and life expectancy statistics essay(2003)

さらに、手作りご飯のみを与えていた飼犬が32ヶ月も長生きしていたことが分かっただけではなく、部分的に与えていた子も長生きしていたことが分かっています。

週3回以上野菜を与えていた飼犬は膀胱癌リスクが90%低かった

欧米で飼われている175頭のスコティッシュテリアの生態を調査した。
年齢や体重、毛の色などの指標を調整して集計した結果、週に3回以上ドッグフードとは別に野菜を摂取していた犬はTCC(膀胱癌)の発生リスクと逆相関していた。
緑黄色野菜の場合は逆相関が見られたが、アブラナ科の野菜やビタミン類での補給には逆相関が見られなかった。
Evaluation of the Effect of Dietary Vegetable Consumption on Reducing Risk of Transitional Cell Carcinoma of the Urinary Bladder in Scottish Terriers(2005)

ビタミン剤ではなく野菜そのものを与えていることが重要であることがわかり、「手作りのご飯」を食事として取り入れることが重要だと考えられています。

手作りご飯を手軽に与えられる
ココグルメが今なら送料無料980円で試せる!

送料無料980円で試せる!
手に取りやすい単品買い切り
15日間全額返金保証付き

手作りのドッグフードに興味をお持ちの方に是非オススメしたいココグルメですが、試すなら「今が一番お得」です!

400gとたっぷり入ったモニターコースが、期間限定で送料無料980円お試しいただけます!
※体重2~3kgの小型犬で約7食分の分量です。

また自動的に定期コースに切り替わることはなく、単品買いきりでお試しいただけますし、初回購入に限り15日間の全額返金保証もついてきます!

1日100名様までの数量限定キャンペーンですので、ぜひこの機会をお見逃しなくお試しください!

送料無料で試せる1日100名様限定モニターはこちら
この記事を書いた人
岩橋洸太
株式会社バイオフィリア 代表取締役社長

慶應義塾大学経済学部卒業後、証券会社で上場準備支援業務に従事
社会に出てからも幼い頃に聞いた不幸な動物の話に心を痛めた経験が心に残り、ペット領域での起業を決意し、2017年に(株)バイオフィリア設立

現在は日本初の総合栄養食基準に準拠した獣医師監修手作りドッグフードであるココグルメを手がける他、メディア事業を展開
ココグルメの開発に際しては一から動物栄養学を学び、自らレシピ考案に携わる
「動物の幸せから人々の幸せを」を企業理念に、アニマルウェルフェアカンパニーとして全ての動物が幸せになれる世界の実現を目指す。
3匹の保護猫に囲まれて暮らす大の動物好き

\ SNSで友人にシェアしよう /