期間限定
20%OFF
1食70円
約14日分
4280

「もっと良いご飯を食べさせたい」「ドッグフードを食べてくれない」
そんな飼い主にオススメです!

今すぐ
注文
/ 愛犬の健康のために / 犬の手作りごはん / ドッグフードの手作りは危険?始める前に知るべき3つのコト

ドッグフードの手作りは危険?始める前に知るべき3つのコト

最終更新: 2020.05.25
ドッグフードの手作りは危険?始める前に知るべき3つのコト
\ SNSで友人にシェアしよう /

愛犬が健康に長生きするためには、栄養と水分のバランスを考えて、適切な食事を与え続けることが必要です。

市販のドッグフードは総合栄養食の基準に乗っ取り栄養バランスは整えられていますが、体に悪影響があると言われている添加物が多く含まれている場合もあります。

「うちの子にどんな食材を食べさせているのか知っておきたい」
「家族だからこそ、自分で作ってあげたい」
という飼い主様におすすめなのが、手作りドッグフードです。

手作りのドッグフードなら、犬の体調や年齢・栄養素などを考慮したものが作れるので、愛犬それぞれに合ったものを食べさせられます。一方で人間とは異なる犬特有の栄養バランスに整えないと、逆に健康を害する危険性もあります!

この記事では、そんな手作りドッグフードのメリット・デメリットから、手作りを始める際の注意点をご紹介します。

手作りフードを与えたい飼い主の方は近年増えていますが、栄養バランスや調理法に注意しないと、逆に健康を害する危険性があります!
この記事では、ドッグフードの手作りを始める前に飼い主の方が知るべきポイントをまとめています。
 

知っておくべきこと その1
手作りドッグフードのメリット・デメリット

愛犬のために美味しく健康な手作りドッグフードを
試してみませんか?

手作りドッグフードを与える時は、第一に正しい知識を持ってから作ることが大切です。

まずは手作りドッグフードを与えるメリットとデメリットを知っておきましょう!

手作りドッグフードのメリット

愛犬の体調や年齢に合わせて調整できる
水分が豊富で美味しいため食いつきが良い
新鮮な食事を与えられるので健康的

手作りドッグフードの一番のメリットは、体調や年齢に合わせた食事を愛犬に合わせて与えられることです。

犬は成犬だけでなく、子犬や高齢犬・病気になっている犬などがいます。それぞれが同じものを食べるよりは、体調や成長具合に合わせたものを摂取するのが望ましいです。

例えば、病気になっている犬は消化しやすい素材を使い、胃腸に負担がないドッグフードにしますし、タンパク源になる肉の場合、豚肉や牛肉よりも鶏肉の方が消化吸収しやすいです。
単に鶏肉を使用している市販のドッグフードを使用しても構いませんが、飼い主が手作りをすると栄養も細かく管理ができます。

 

また、食事の中で水分を摂取できるのも、手作りドッグフードのメリットです。特に便秘気味の犬は、水分や生の酵素を摂ると、腸内環境が整ってきます。

乾燥したドッグフードを食べている場合、犬自身が水を飲んで水分摂取をしなくてはいけません。しかし、手作りドッグフードの中に水分が含まれていれば、自然と水分が体の中に入っていくのです。

素材によっては、生の状態であげられるものもありますが、生の食材を与えると、加熱処理によって死滅しやすい酵素を摂取しやすくなるのもメリットです。

 

また、新鮮な状態で調理して食べさせれば、保存料や酸化防止剤などの添加物も必要ありませんので、手作りドッグフードを食べることで毛並みがよくなったという事例もよく聞きます。

乾燥したドッグフードの場合、酸化防止剤などの添加物や油脂によって肌や毛が乾燥してしまう場合がありますし、アレルギーや肌が弱い犬の場合は手作りドッグフードにすることで、毛艶などが改善しやすくなるのです。

また、添加物を使用しないナチュラルな素材にすることで、被毛だけでなく口臭や体臭・腸内環境の改善にも繋がります。

手作りドッグフードのデメリットとは?

調理する手間がかかる
冷蔵・冷凍保存が必要で長期保管が大変

手作りドッグフードの1番のデメリットは、
とにかく手間がかかる!
ことです。

記事下で紹介しますが、人間とは異なる栄養バランスの食事をとる必要がありますし、犬は食べれない食材を避けて調理しなければなりません。
こういった栄養学に関する専門知識が必要なので、十分に時間の余裕がある方がトライすべきです。

 

また、手作りドッグフードのデメリットとしては、保存しにくいことも挙げられます。

新鮮な状態で与える必要があるので、一度作ったら数時間以内に食べさせるといいでしょう。もし保存食として取っておくのであれば、お肉を使っているため常温での保存ができず、冷蔵や冷凍保存しましょう。

冷蔵や冷凍保存をするために、冷蔵庫に入るよう小分けする手間がかかりますし、保管するスペースも必要です。

 

また、衛生面を考えるならば少し食べて残したものは処分しましょう。

ドッグフードに犬の唾液が付いた場合、そのままにしておくと菌が増殖する可能性があります。つまり、残したものを次の食事にまわすことができません。よって、1日1回や食事ごとに調理する時間と手間がかかってしまうのです。

知っておくべきこと その2
手作りドッグフードに使われる食材

愛犬のために美味しく健康な手作りドッグフードを
試してみませんか?

手作りドッグフードとは、肉や野菜などを人間のご飯のように調理して犬用の食事にすることです。自分の目で選んで購入し調理できるので、どんな食材を入れたかの把握ができ体調の管理もしやすくなります。

AAFCOと呼ばれる世界的な飼育動物の栄養基準を提唱している団体があり、多くのドッグフードはAAFCOが提示する基準に則ってレシピが作られています。

手作りドッグフードでももちろん栄養バランスは重要ですので、なんでも自由に作って良い訳ではなく、一定の食材を利用したレシピで作られることが多いです。

手作りドッグフードの食材その1: 肉や魚などの動物性タンパク質
手作りドッグフードの食材その2: 芋類や穀物などの炭水化物
手作りドッグフードの食材その3: 野菜・果物などのビタミン

手作りドッグフードの食材その1
動物性タンパク源

犬は肉食寄りの雑食動物ですので、肉や魚などの動物性タンパク質がメインになります。一般的に手作りドッグフードの素材は、「動物性タンパク:炭水化物:野菜類=6:2:2」の割合で配合します。

しかし、犬ごとに体調や成長具合・好き嫌いが異なるため、愛犬それぞれに合った配分で作ってあげましょう。動物性タンパクとは牛肉や鶏肉・豚肉などです。

牛肉は生であげても構いませんが、豚肉や鶏肉は加熱調理が必要になります。EPAやDHAなどのオメガ3系脂肪酸を取り入れるため、魚肉や魚油も使うといいでしょう。

手作りドッグフードの食材その2
穀物などの炭水化物

穀物類では、ジャガイモや米などの穀物を使用します。
一般的には白米をあげますが、玄米や雑穀米でも構いませんが、栄養豊富な反面消化しにくいため、与える前に柔らかく炊くといいでしょう。

近年、「グルテン(穀物)フリー」や「グレイン(小麦)フリー」を強調したドッグフードが多く販売されていますが、AAFCOの栄養基準から考えると、「グレイン」や「グルテン」が入っていても全く問題ありません。

※小麦アレルギーなどをお持ちのワンちゃんは与えないようにしましょう

米や小麦だけではなく、うどんを穀物として与えるという選択肢もあります。ただし市販のうどんは塩分が多く含まれている場合があるので、裏面の栄養成分をよく読み、塩分の少ないものを選択しましょう。

パンも手作りドッグフードに使われやすい食材ですが、人間向けのパンは塩分やバターなどが多く含まれており高カロリーなので、与え過ぎないようにしましょう。

手作りドッグフードの食材その3
野菜・果物

私たち人間と同様に、ワンちゃんの健康にとっても、ビタミンやミネラルは非常に重要です。
たとえもともと肉食動物だったとしても、より豊富な種類と量のビタミンとミネラルを摂取するために、野菜をとることは健康上とても大事なことです。

手作りドッグフードによく使用される野菜類としては、カボチャやニンジン・ブロッコリーなど、ビタミンとカリウムが豊富なものを選択します。

もちろん犬は果物も食べられますが、ビタミン・ミネラルだけでなく糖質も多いため注意が必要です。また、果物を与え過ぎると消化不良を起こし下痢になることもあります。

ビタミン・ミネラルだけではなく、食物繊維も腸内環境を整えるために重要です。
食物繊維を摂るためには、わかめやひじき・キノコ類を入れるといいでしょう。
きのこ類は腸内環境を整えるだけでなく、免疫力向上の効果もあるので、健康面でも良い影響を与えることが期待できます。

手作りドッグフードの食材
与えてはいけない食物は?

ドッグフードといえど、基本的には人間と同じ食材を与えても大丈夫です。しかし、人間は食べれるけど犬が食べれない食材もあるので注意しましょう!

例えば、玉ねぎは溶血性貧血を引き起こすため、生でも加熱したものでも食べられません。ほかにも、チョコレートやナッツ類・桃などは中毒になる可能性があります。卵は加熱していれば問題ないですが、生だと栄養障害を起こしやすいです。

調味料は使えますが、過剰に使うと胃腸障害を起こしますので、極力使わないようにしましょう!

知っておくべきこと その3
手作りドッグフードの調理法

人間のご飯作りとの違いに注意して
手作りドッグフードを始めよう!

野菜やお肉のサイズを十分に細かくしよう
食材は必ず加熱調理する

犬と人間の調理法の一番の違いは野菜やお肉のサイズです。

手作りドッグフードを作る時は、肉や野菜を細かく刻んでから、食べやすい形に加工しましょう。
特に体重3kg以下のような小型犬の場合、5mmカットの野菜でも食べれない場合がありますので、食べ残しがないかを確認し、カットが大きすぎる場合はミキサー等でミンチにしてしまうのもおすすめです。

また、細かく刻むのは、食べやすいだけでなく消化吸収を助けるという意味もあるので、便の様子もチェックし、消化不良がある食材があればより細かく機材むという工夫も必要です。

超小型犬の子の場合は、食材を煮込んでスープ状にしてしまうのもおすすめです。スープにすると、野菜や肉の栄養価を余すところなく摂取できると同時に、水分も摂取することができます。
水分を食事と一緒に摂取することで、水分吸収量も上がり、代謝の改善や免疫力の向上にも繋がると言われています。

 

犬はもともと肉食の野生動物ですので、人間と違って加熱調理を一切しなくても食べれる食材があります。
キャベツやニンジンの千切り・魚の刺身・新鮮な牛肉などはそのまま与えても食べてくれますが、細菌等を殺菌する意味では必ず多少の加熱処理をしてから与える方が安全です。

作るのは大変…でも、手作りドッグフードを与えたい方へ

手作りドッグフードを作れば、犬の栄養や体調の管理がしやすくなりますし、健康面でも良いことが多いとされています。

飼い主が愛情を込めて作っているので、どの素材を入れたかが分かり、安心して食べさせられますし、食事と共に効率良く水分摂取ができ代謝や免疫力の改善にも繋がります。

しかし、手作りドッグフードは保存しにくいため、保管方法を考えてから作ることが大切です。さらに、食べさせられない素材についても理解する必要があります。十分に時間がある方は手作りドッグフードにトライしてみると良いでしょう!

 

「時間はないけど、愛犬のために手作りドッグフードを与えたい。」
そう思っている方には、- 獣医師監修の手作りドッグフード- ココグルメがおすすめです♪

 

ココグルメは新鮮な食材をつかって手作りされたフードを定期配送で手軽に与え続けることができます。

ぜひ試してみてください!

 

 

犬の手作りごはんを今から始める飼い主様向けに、手作りドッグフードの基礎知識と注意事項をまとめています

 

ドッグフードを買い変えるなら
手作りドッグフード「ココグルメ」はいかがですか?

・健康的なドッグフードを与えたいのに選び方がわからない。

・飽きっぽくて毎回選び直すのが大変。

・いつも与えているドッグフードを全然食べてくれなくなった。

と言った、ドッグフード選びの悩みをお持ちではないでしょうか?


ココグルメはそんな「ドッグフードのお悩み」を解決する、全く新しい手作りのドッグフードです。

\今なら送料無料980円で試せる/
獣医師監修の手作りドッグフード - ココグルメ -

ココグルメは、手作りならではの抜群の食いつきと総合栄養食基準の栄養バランスを両立した、「美味しくて健康に良い」手作りのドッグフードです。

ココグルメの特徴 1.
新鮮な食材を使った手作りドッグフード

私たち人間が食べるご飯と同じように、低温での調理し冷凍で配送する正真正銘の手作りご飯です。

ドライフードのように乾燥させて風味が飛んでしまったり、レトルト加工などで栄養価を損なうことなく、素材の旨みと栄養をそのまま生かした美味しいご飯です。

ココグルメの特徴 2.
総合栄養食基準のレシピ

手作りご飯は確かに美味しく食べてくれる!
でも栄養バランスは大丈夫?
そういった思いをお持ちの飼い主様も多いかと思います。

ココグルメは日本でも数少ない「栄養学を専門とする獣医師の先生」に監修を受け、総合栄養食(※)の基準に適応したレシピで作られています。

※総合栄養食とは、「そのご飯と水だけで、健康に生きるために必要な栄養素を全て取れる」という国が定めた基準に沿ったドッグフードのことです。

ココグルメの特徴 3.
徹底したヒューマングレード

ご存知の通り、ドッグフードは「食品衛生法の範囲外」とされており、人間のご飯と比べて低い衛生基準で製造・管理されてきました。

私たちのドッグフードは、人間が食べるものと同じ食材を仕入れ、同じ衛星基準で調理しお客様の元に配送する、正真正銘の「ヒューマングレード」のドッグフードです。

ココグルメを試すなら今がチャンス!

送料無料980円で試せる!
手に取りやすい単品買い切り
30日間全額返金補償付き

ドッグフードの切り替えを感がている方にぜひオススメしたいココグルメですが、試すなら「今が一番お得」です!

1.1kgとたっぷり入ったモニターコースが、期間限定で送料無料980円お試しいただけます!
※体重3kgのトイプードルで約7日分の分量です。

また自動的に定期コースに切り替わることはなく、単品買いきりでお試しいただけますし、初回購入に限り30日間の全額返金保証もついてきます!

1日100名様までの数量限定キャンペーンですので、ぜひこの機会をお見逃しなくお試しください!

ココグルメを最安で試せるお得なキャンペーンはこちら
\ SNSで友人にシェアしよう /
定期注文はこちら
2回目以降の方
獣医師監修手作りドッグフード
抜群の食いつきを是非一度お試しください

※賞味期限は冷凍保存(-18℃以下)した場合で約1年です。期限内に使い切れる量の注文をお願いいたします。※体重ごとの給餌量と価格はこちらをご覧ください。※定期購入の変更・解約はご注文確定日の1日前までに指定の電話番号へのご連絡にて対応致します。