/ 愛犬の健康のために / 犬の飼い方/育て方 / 国産ドッグフードのメリット・デメリットを知ろう

国産ドッグフードのメリット・デメリットを知ろう

最終更新: 2020.11.17
国産ドッグフードのメリット・デメリットを知ろう
\ SNSで友人にシェアしよう /

ドッグフードを選ぶときには国産と外国産のどちらが良いかで悩む人もいるでしょう。人が食べる食料品や衣類、自動車などであっても、やはり国産の方が良いという人もいれば、外国産を選びたいという人もいます。

どちらの方が優れているのかは一概には決められません。国内産にも海外産にもメリットもデメリットもあるからです。国産のドッグフードについてはどのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。選ぶ上でどんな点に注意したら良いのかも確認しておきましょう。

国産ドッグフードってどんなもの?

国産と明記されているのはドッグフードだけでなく、あらゆる商品はでよく見かけるでしょう。「国産」とついているだけで、なんだか安心した気分になってしまう人も多いのではないでしょうか。ドッグフードも同様に「国産がいい!」と思われている方も多いかと思います。しかし、国産だからといって信用しきってしまうのもリスクになり得ます。ドッグフードを選ぶ際には詳しく知っておくようにしましょう。

国産ドッグフードについて詳しく理解するためにはそもそも国産とは何かを把握しておく必要があります。国産は辞書的な意味では国内で製造されたものだと言えます。

ただ、どのような基準を満たせば国産と表記できるかについて定義されているとは限りません。鶏のように国産とそれ以外を定義しているケースはありますが、国が主導して全体としてのルールにしているわけではなく、国産の意味しているものは実ははっきりとしていないのです。ただ、国内のメーカーが製造販売しているという点は共通しています。

一般的に国産は安心という印象を持たれていて、国産ドッグフードを選ぶときにも重要な観点になっています。例えば、野菜や果物、穀類はドッグフードにもよく用いられていますが、海外では地域によっては大量の農薬を使用しているのが問題視されているのが現状です。人が食べるときにも国産だったらきっと農薬をたくさん使っていることはないだろうから安心といって選ぶ人もいます。野菜などの場合には外国産よりも高いものも多いですが、それでも安心のために国産にしようという人も多いのです。

ドッグフードの場合にも国内メーカーが製造販売しているのが基本です。そして、安心して犬に食べさせられることを売りにしているケースが目立ちます。ただ、国産ドッグフードの中にもいくつかの種類があるので、どれなら安心なのかを自分なりに選び出さなければなりません。どのように製造されたものが国産と言えるかについて具体的な規制がないからです。

国産ドッグフードは原材料の産地と製造地に注意しよう

国産ドッグフードは国産の肉類や野菜などから国内の工場で作られているから安心と思う人もいるでしょう。しかし、実際には原材料が国産ではないこともあれば、製造地が海外ということもあるのです。国内で生産された原材料のみを使用し、国内工場で製造しているドッグフードは実は国産のものの一部でしかありません。

このような状況が生まれているのはドッグフードのメーカーが価格競争力を持たなければならないのが主な理由です。国産の原材料だけで揃えると原材料コストが高くなる傾向があります。原材料の一部を外国産の安いものにするだけで、その輸送コストを考慮しても安上がりになることは多いのです。

また、日本は世界的に見ても人件費や水道光熱費、地価などが高いことから、海外に工場を建てて現地の人を雇って製造した方がコストを削減できることがよくあります。中国や東南アジアなどに自社工場を設けているケースが多く、原材料は全て国内で生産されたものであっても、ドッグフード自体は海外で製造されているものは少なくありません。

原材料の産地や製造されている国について知りたいというときにはドッグフードのラベルを見ると書いてあることがよくあります。製造国や主な原材料の産地は記載されていても、一部の原材料については書いていないこともあるでしょう。その場合にもメーカーのウェブサイトで調べると製品紹介やQ&Aのページから詳しい情報が手に入る場合がほとんどです。それでもなおわからない場合にはメーカーに直接問い合わせることもできます。

安心だからこそ国産ドッグフードを選ぶというときには、必ず原材料の産地と製造地を確認して、納得した上で購入するようにしましょう。

国産ドッグフードのデメリットを知ろう

国産ドッグフードを選んでおけば安心だという人も多いですが、デメリットもあるので注意しましょう。国産の商品について一般的によく言われているのは日本で作られているという点で付加価値があったり、製造原価が高かったりしているために販売価格も高いということです。ドッグフードについては原材料の生産地や製造地が異なるためピンからキリまであります。

ただ、原材料の調達から製造まで全て国内で行っていたとしても、輸送費を削減できるなどのメリットもあるので安いドッグフードもないわけではありません。必ずしも国産だから高いわけではないと理解しておいた方が良いでしょう。

一方、国産だから安心というのは本当にドッグフードについても言えることなのかはよく考えてみなければならないポイントです。実は日本ではペットフードの製造に関する法規制があまり充実していませんでした。2009年になってようやく法制が整えられてきたところで、未だにペットフードと食料品に同レベルの規制を設ける動きはありません。どんな由来の肉類や穀物などを使用しているか、どのような添加物を入れているかはメーカー次第なのです。また、工場の製造管理や製品の品質管理などのレベルにもばらつきがあるため、一概に国産だから高品質とは言えない状況があります。

高い国産ドッグフードを選べば安心なのではないかと思う人もいるかもしれません。コスト面から考えればもっともな考え方ですが、国産というだけで付加価値があると考えて高めの値段で販売しているケースもあります。安易に国産だから、値段が高いからという理由で高品質で安心できるドッグフードだと判断できるわけではないので慎重に選ぶ必要があるのです。

国産の事情を理解した上でドッグフードを選ぼう

国産ドッグフードは国内メーカーによって製造されているので安心感があるのが魅力です。しかし、選ぶときには原材料の産地と製造地には気をつけなければならず、海外の原材料を使っていたり、国外で製造されていたりすることも少なくありません。

また、国内ではペットフードへの規制が始められてまだ年月が経っていないため、品質基準が決して高いわけではないのもデメリットです。国産の高級ドッグフードなら安心というわけではないので、自分でどんな製品なのかをよく見極めた上で選ぶようにしましょう。

国産ドッグフードを選ぶ際に気をつけること① 賞味期限

賞味期限はそのドッグフードの鮮度と直結してきます。賞味期限の長いフードは保存が聞いたり、一度に大量購入できたりとメリットは多いですが、裏を返せばその分、保存料や防腐剤などの添加物が使用されているということです。一度選んだら長い間使用するフードです。ワンちゃんの健やかな成長を考える上でも、人工的な添加物がないものを選んでいくのが好ましいのではないでしょうか。

国産ドッグフードを選ぶ際に気をつけること② ヒューマングレード品質

ドッグフードを選ぶ際には「ヒューマングレード」ものを選ぶようにしましょう。ヒューマングレードとは、その名の通り「人間でも食べることができる品質のもの」を指しています。

皆さんはドッグフードのパッケージで「○○ミール」との記載を見たことはありますか?

この「○○ミール」とは、人間が食べることができない部位(例えば体に障害のある動物の肉や病気にかかって死んでしまった動物の肉)をしようしているものを指しています。企業はコストカットを主原料から図ることが多く、食品市場に流通しない肉をしようしているんですね。

これらの肉は死体であるものを仕入れることが多く、腐るのを防ぐために大量の防腐剤が添付されていたりするんです。そのフード自体に添加物がしようされていなくても、主原料となる肉に防腐剤が大量に含まれていたりするので注意が必要です。

国産ドッグフードを選ぶ際に気をつけること② 油脂

ドッグフードの原材料には、油脂が含まれています。その用途としては栄養バランスを整える以外にも、食いつきをアップさせたり様々な用途で使われています。

ドッグフードに使用されている油脂には「動物性油脂」「植物性油脂」「家禽油脂」「魚油」などありますが、一応確認しておくことをお勧めします。

中でも、おすすめなのが植物油脂。

動物油脂や魚油脂は、食いつきアップにはもってこいの油脂ですが、酸化しやすというデメリットがあります。例えば、「ひまわり油」などと、明記してあるものを選ぶのが望ましいでしょう。

国産ドッグフードを選ぶ際に気をつけること② グレインフリー

ドッグフードを選ぶ上で「グレインフリー」のものを選ぶのは言わずもがな。実はグレイン(穀物)が原因で「食べ物アレルギー」になってしまうワンちゃんもたくさんいます。特に、小型犬やシニア犬にとっては、わずかな量であっても、身体にダメージを与えてしまうことも…

だからこそ「国産だからとりあえずいいや」となるのではなく、配合されている内容にもしっかりチェックすることが必要です。

グレインフリーのものを選ぶべき理由としては「犬の食性」が大きく影響しています。犬は本来肉食系です。ですので草食動物のように穀物などを消化するのに適した消化器官をもっていないです。犬は人間とともに生活してきた歴史も長く、今では雑食であると言われることもありますが、身体は追いついていない状況です。


身体の構造のためにうまく消化が出来ず、軟便になったりアレルギー反応が出てしまうこともあります。

ぜひ、グレインフリーと記載があるドッグフードを見つけてみてください!

 

「愛犬にはもっと健康になってほしい」
「愛犬に与えるドッグフードはより良いものを与えたい」
そう思っている飼い主の方は、ぜひ一度CoCo Gourmetをお試しください♪

CoCo Gourmetは人間の食品とおなじ加工工場から配送・倉庫までヒューマングレードにこだわっており、お惣菜のような手作りドッグフードです。
お得な初回モニターコースを購入できるので、ぜひチェックしてみてください!

愛犬の健康と長生きのために
獣医師監修の手作りドッグフード「ココグルメ」

うちの子には健康的なドッグフードを与えたい
飽きっぽくて毎回選び直すのが大変
いつも与えているドッグフードを全然食べてくれなくなった

といったドッグフードの悩みをお持ちではないでしょうか?


獣医師監修の手作りドッグフード「ココグルメ」は「健康」と「食いつき」を両立した今注目のご飯なんです!

\今なら送料無料980円で試せる/
獣医師監修の手作りドッグフード - ココグルメ -

ココグルメは、手作りならではの抜群の食いつきと総合栄養食基準の栄養バランスを両立し、「健康」と「美味さ」を兼ね備えた手作りのドッグフードです。

ココグルメの特徴 1.
新鮮な食材を使った手作りドッグフード

私たち人間が食べるご飯と同じように、低温での調理し冷凍で配送する正真正銘の手作りご飯です。

ドライフードのように乾燥させて風味が飛んでしまったり、レトルト加工などで栄養価を損なうことなく、素材の旨みと栄養をそのまま生かした美味しいご飯です。

ココグルメの特徴 2.
総合栄養食基準のレシピ

手作りご飯は確かに美味しく食べてくれるけど栄養バランスが不安…
そういった思いをお持ちの飼い主様も多いかと思います。

ココグルメは日本でも数少ない「栄養学を専門とする獣医師の先生」に監修を受け、総合栄養食(※)の基準に適応したレシピで作られています。

※総合栄養食とは、「そのご飯と水だけで、健康に生きるために必要な栄養素を全て取れる」という国が定めた基準に沿ったドッグフードのことです。

ココグルメの特徴 3.
徹底したヒューマングレード

ご存知の通り、ドッグフードは「食品衛生法の範囲外」とされており、人間のご飯と比べて低い衛生基準で製造・管理されてきました。

私たちのドッグフードは、人間が食べるものと同じ食材を仕入れ、同じ衛生基準で調理・配送する、正真正銘の「ヒューマングレード」のドッグフードです。

愛犬の健康のために
手作りドッグフードが選ばれる理由

手作りのご飯は「栄養バランスを正すのが難しい」「調理に手間がかかる」といった大変な点もありますが、実は健康との良い関係性があるという研究結果もわかっています。

手作りご飯を与え続けていた飼犬は32ヶ月長生きしていた

市販のドッグフードを与え続けた飼い犬と、市販ドッグフードを与えながら一部手作りを与えていた飼い犬、手作りし続けた飼い犬の3つクラスタの寿命を分析した結果、手作りし続けた飼い犬は平均32ヶ月も長生きしていたことがわかった。
Relation between the domestic dogs' well-being and life expectancy statistics essay(2003)

さらに、手作りご飯のみを与えていた飼犬が32ヶ月も長生きしていたことが分かっただけではなく、部分的に与えていた子も長生きしていたことが分かっています。

週3回以上野菜を与えていた飼犬は膀胱癌リスクが90%低かった

欧米で飼われている175頭のスコティッシュテリアの生態を調査した。
年齢や体重、毛の色などの指標を調整して集計した結果、週に3回以上ドッグフードとは別に野菜を摂取していた犬はTCC(膀胱癌)の発生リスクと逆相関していた。
緑黄色野菜の場合は逆相関が見られたが、アブラナ科の野菜やビタミン類での補給には逆相関が見られなかった。
Evaluation of the Effect of Dietary Vegetable Consumption on Reducing Risk of Transitional Cell Carcinoma of the Urinary Bladder in Scottish Terriers(2005)

ビタミン剤ではなく野菜そのものを与えていることが重要であることがわかり、「手作りのご飯」を食事として取り入れることが重要だと考えられています。

手作りご飯を手軽に与えられる
ココグルメが今なら送料無料980円で試せる!

送料無料980円で試せる!
手に取りやすい単品買い切り
15日間全額返金保証付き

手作りのドッグフードに興味をお持ちの方に是非オススメしたいココグルメですが、試すなら「今が一番お得」です!

400gとたっぷり入ったモニターコースが、期間限定で送料無料980円お試しいただけます!
※体重2~3kgの小型犬で約7食分の分量です。

また自動的に定期コースに切り替わることはなく、単品買いきりでお試しいただけますし、初回購入に限り15日間の全額返金保証もついてきます!

1日100名様までの数量限定キャンペーンですので、ぜひこの機会をお見逃しなくお試しください!

送料無料で試せる1日100名様限定モニターはこちら
この記事を書いた人
岩橋洸太
株式会社バイオフィリア 代表取締役社長

慶應義塾大学経済学部卒業後、証券会社で上場準備支援業務に従事
社会に出てからも幼い頃に聞いた不幸な動物の話に心を痛めた経験が心に残り、ペット領域での起業を決意し、2017年に(株)バイオフィリア設立

現在は日本初の総合栄養食基準に準拠した獣医師監修手作りドッグフードであるココグルメを手がける他、メディア事業を展開
ココグルメの開発に際しては一から動物栄養学を学び、自らレシピ考案に携わる
「動物の幸せから人々の幸せを」を企業理念に、アニマルウェルフェアカンパニーとして全ての動物が幸せになれる世界の実現を目指す。
3匹の保護猫に囲まれて暮らす大の動物好き

\ SNSで友人にシェアしよう /