国産ドッグフードのメリット・デメリットを知ろう

2019.06.14

ドッグフードを選ぶときには国産と外国産のどちらが良いかで悩む人もいるでしょう。人が食べる食料品や衣類、自動車などであっても、やはり国産の方が良いという人もいれば、外国産を選びたいという人もいます。

どちらの方が優れているのかは一概には決められません。国内産にも海外産にもメリットもデメリットもあるからです。国産のドッグフードについてはどのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。選ぶ上でどんな点に注意したら良いのかも確認しておきましょう。

国産ドッグフードってどんなもの?

国産と明記されているのはドッグフードだけでなく、国産の商品はよく見かけるでしょう。国産ドッグフードについて詳しく理解するためにはそもそも国産とは何かを把握しておく必要があります。国産は辞書的な意味では国内で製造されたものだと言えます。

ただ、どのような基準を満たせば国産と表記できるかについて定義されているとは限りません。鶏のように国産とそれ以外を定義しているケースはありますが、国が主導して全体としてのルールにしているわけではなく、国産の意味しているものは実ははっきりとしていないのです。ただ、国内のメーカーが製造販売しているという点は共通しています。

一般的に国産は安心という印象を持たれていて、国産ドッグフードを選ぶときにも重要な観点になっています。例えば、野菜や果物、穀類はドッグフードにもよく用いられていますが、海外では地域によっては大量の農薬を使用しているのが問題視されているのが現状です。人が食べるときにも国産だったらきっと農薬をたくさん使っていることはないだろうから安心といって選ぶ人もいます。野菜などの場合には外国産よりも高いものも多いですが、それでも安心のために国産にしようという人も多いのです。

ドッグフードの場合にも国内メーカーが製造販売しているのが基本です。そして、安心して犬に食べさせられることを売りにしているケースが目立ちます。ただ、国産ドッグフードの中にもいくつかの種類があるので、どれなら安心なのかを自分なりに選び出さなければなりません。どのように製造されたものが国産と言えるかについて具体的な規制がないからです。

国産ドッグフードは原材料の産地と製造地に注意しよう

国産ドッグフードは国産の肉類や野菜などから国内の工場で作られているから安心と思う人もいるでしょう。しかし、実際には原材料が国産ではないこともあれば、製造地が海外ということもあるのです。国内で生産された原材料のみを使用し、国内工場で製造しているドッグフードは実は国産のものの一部でしかありません。

このような状況が生まれているのはドッグフードのメーカーが価格競争力を持たなければならないのが主な理由です。国産の原材料だけで揃えると原材料コストが高くなる傾向があります。原材料の一部を外国産の安いものにするだけで、その輸送コストを考慮しても安上がりになることは多いのです。

また、日本は世界的に見ても人件費や水道光熱費、地価などが高いことから、海外に工場を建てて現地の人を雇って製造した方がコストを削減できることがよくあります。中国や東南アジアなどに自社工場を設けているケースが多く、原材料は全て国内で生産されたものであっても、ドッグフード自体は海外で製造されているものは少なくありません。

原材料の産地や製造されている国について知りたいというときにはドッグフードのラベルを見ると書いてあることがよくあります。製造国や主な原材料の産地は記載されていても、一部の原材料については書いていないこともあるでしょう。その場合にもメーカーのウェブサイトで調べると製品紹介やQ&Aのページから詳しい情報が手に入る場合がほとんどです。それでもなおわからない場合にはメーカーに直接問い合わせることもできます。

安心だからこそ国産ドッグフードを選ぶというときには、必ず原材料の産地と製造地を確認して、納得した上で購入するようにしましょう。

国産ドッグフードのデメリットを知ろう

国産ドッグフードを選んでおけば安心だという人も多いですが、デメリットもあるので注意しましょう。国産の商品について一般的によく言われているのは日本で作られているという点で付加価値があったり、製造原価が高かったりしているために販売価格も高いということです。ドッグフードについては原材料の生産地や製造地が異なるためピンからキリまであります。

ただ、原材料の調達から製造まで全て国内で行っていたとしても、輸送費を削減できるなどのメリットもあるので安いドッグフードもないわけではありません。必ずしも国産だから高いわけではないと理解しておいた方が良いでしょう。

一方、国産だから安心というのは本当にドッグフードについても言えることなのかはよく考えてみなければならないポイントです。実は日本ではペットフードの製造に関する法規制があまり充実していませんでした。2009年になってようやく法制が整えられてきたところで、未だにペットフードと食料品に同レベルの規制を設ける動きはありません。どんな由来の肉類や穀物などを使用しているか、どのような添加物を入れているかはメーカー次第なのです。また、工場の製造管理や製品の品質管理などのレベルにもばらつきがあるため、一概に国産だから高品質とは言えない状況があります。

高い国産ドッグフードを選べば安心なのではないかと思う人もいるかもしれません。コスト面から考えればもっともな考え方ですが、国産というだけで付加価値があると考えて高めの値段で販売しているケースもあります。安易に国産だから、値段が高いからという理由で高品質で安心できるドッグフードだと判断できるわけではないので慎重に選ぶ必要があるのです。

国産の事情を理解した上でドッグフードを選ぼう

国産ドッグフードは国内メーカーによって製造されているので安心感があるのが魅力です。しかし、選ぶときには原材料の産地と製造地には気をつけなければならず、海外の原材料を使っていたり、国外で製造されていたりすることも少なくありません。

また、国内ではペットフードへの規制が始められてまだ年月が経っていないため、品質基準が決して高いわけではないのもデメリットです。国産の高級ドッグフードなら安心というわけではないので、自分でどんな製品なのかをよく見極めた上で選ぶようにしましょう。

 

「愛犬にはもっと健康になってほしい」
「愛犬に与えるドッグフードはより良いものを与えたい」
そう思っている飼い主の方は、ぜひ一度CoCo Gourmetをお試しください♪

CoCo Gourmetは人間の食品とおなじ加工工場から配送・倉庫までヒューマングレードにこだわっており、お惣菜のような手作りドッグフードです。
お得な初回モニターコースを購入できるので、ぜひチェックしてみてください!

CoCo Gourmetとは

新鮮な食材をそのままに
手作りより健康的
ヒューマングレード
いつでも 解約OK
※購入回数の縛り等は一切ございません。
※注文確定日の7日前までにご連絡ください。
30 日間全額返金保証
※各世帯で初期購入の場合のみ対象となります。
※その他こちらの条件をご確認ください。

あなたにおすすめの記事

新規注文はこちら
2回目以降の方
- 手作り以上の愛情を -
獣医師監修手作りドッグフード
3kgのトイプードルで2週間4,480円

※賞味期限は冷凍保存(-18℃以下)した場合で約1年です。期限内に使い切れる量の注文をお願いいたします。※限定キャンペーンへの応募は1世帯あたり1回までとなります。2回目以降の申し込みの場合は通常価格(1箱当たり5,600円)でのご請求となります。(送料・税別) ※体重ごとの給餌量と価格はこちらをご覧ください。※定期購入の変更・解約はご請求日の7日前までに指定の電話番号へのご連絡にて対応致します。※その他購入にあたって利用規約を必ずご確認ください