/ 愛犬の健康のために / 犬のコラム / 犬はトマトを食べてもOK!トッピングのコツ&レシピを紹介

犬はトマトを食べてもOK!トッピングのコツ&レシピを紹介

最終更新: 2020.10.08
犬はトマトを食べてもOK!トッピングのコツ&レシピを紹介
\ SNSで友人にシェアしよう /

犬は雑食なので肉だけでなく穀物や野菜、果物などさまざまな種類を食べることができますが、健康維持のためには犬の体に必要な栄養素や体に良い食材、犬が食べてはいけない食材をしっかり理解しておく必要があります。

トマトはおやつやご飯としても犬が好んで食べる種類も豊富で美味しく美容や健康にも良い食材です。日常的に人間もよく食べていますが、犬が食べても大丈夫なのか、どんな栄養があるのかなど食べさせる時の注意も合わせて紹介していきます。

犬はトマトを食べてもOK?トマトを食べるメリットとは

トマトは日本でも様々な品種が栽培されています。果実の大きさも200g以上の大玉やミニトマト、ミディトマトなどがあり、糖度が高い甘いフルーツトマトも人気があります。生のトマトでも、加熱したトマトでも犬が食べても問題はありませんが、緑色のトマトではなく完熟した赤いトマトをあげるようにしましょう。

赤いトマトには抗酸化作用があるリコピンやビタミンCが多く人にとっても美容や健康によい緑黄色野菜としてトマトは人気が高い植物です。

犬の健康にとっても抗酸化成分は加齢による体調の変化や病気の予防として注目の成分です。トマトそのものはもちろんトマトの水煮缶も与えることができますが、トマトケチャップは塩分が多いので犬に与えることはできません。小型犬であれば1日に与えるトマトの量は1/4くらいが適量です。

トマトジュースを与える時は与えすぎないようにしましょう。トマトを犬に与える時にいくつか注意することはありますが、トマトは生でも加熱しても食べられるだけでなく、好んで食べる犬も多いため手作り食の食材としてはもちろん、いつものドッグフードのトッピングとしても与えやすい食材です。

 

犬の健康とトマトの栄養成分の関係

トマトの栄養素として注目なのがリコピンです。リコピンはトマトの赤い色の素となっている天然色素のカロテノイドの一種です。トマトだけでなくニンジンやスイカなどにも多く含まれています。また、トマトの中にはリコピンと同じ抗酸化成分であるβ-カロテンも多く含まれています。

人の体と同じように犬も活性酸素により細胞などが錆びていき、加齢と共にその影響が老化として現れます。活性酸素は動脈硬化やがん細胞の増殖に関わるといわれ病気の予防の為にも抗酸化成分を外から摂ることが勧められています。抗酸化成分は野菜や果物などの色が濃いものに多く含まれているので抗酸化成分が多く含まれているトマトを食べるのは犬にとってもおすすめです。

また、トマトには他の抗酸化成分ビタミンCも含まれています。ビタミンCは若々しい骨や関節、皮膚に必要なコラーゲンの生成を補助する役割を持っています。基本的に犬はビタミンCを体内で合成することができますが、時には不足している場合もあるためドッグフードと一緒にビタミンCを摂ることもメリットがあります。その他には利尿効果があるカリウムもトマトには含まれています。

トマトの約90%は水分でできているので、暑い時期の水分補給としても役立ちます。もともと水をあまり飲まないタイプの犬の場合水とドッグフードを一緒に与えることで消化もよくなります。時には水だけでなく食べ応えのあるトマトも一緒に与えて水分補給をするのも犬にとってはうれしいかもしれません。

 

愛犬にトマトを食べさせる時の注意点

トマト好きな犬も多く、そのまま与えることもできる食べさせやすい食材ですが、トマトを与える時に気を付けたいのがトマトの中に含まれる毒素トマチンです。

トマチンは完熟するまで果実を守る殺虫効果を持っているため未熟な緑のトマトに多く含まれています。トマチンは実だけでなく花や葉、茎にも多く含まれているので犬にトマトを与える時は葉をきちんと取った赤い完熟トマトを食べさせてください。

未熟の果実のトマチンの量が465 mg/kgに対し完熟した果実のトマチンの量は0.4 mg/kgです。一度に大量にトマトを摂取しない限り影響はないため心配し過ぎる必要はありませんが、中毒症を起こした場合には嘔吐や下痢、腹痛、呼吸困難などの症状がみられます。また、犬によってはトマトに対してアレルギーを起こす可能性もあるので初めてトマトを与える時は少量から試してみてください。

トマトは水分が多いので食べ過ぎると下痢などの症状を起こしたり、消化しにくいトマトの皮が原因で嘔吐したりしてしまうこともあります。犬にトマトを与える時は皮を剥いたり、細かく刻んだりしてからドッグフードにトッピングすると安心して食べさせることができます。下痢や嘔吐も食べさせ過ぎが原因になるので犬が欲しがったとしても適量を守って与えましょう。

 

トマトを使った犬の手作りレシピを紹介

トマトは生でも加熱しても食べることができますが、トマトに含まれる抗酸化成分のリコピンは加熱により吸収しやすくなるのでトマトスープにしたりするのもおすすめです。

簡単にできるトマトのレシピとしてはフリーズドライのささ身や牛レバーと刻んだトマトを混ぜて電子レンジで1~2分加熱するだけのドッグフード用のトッピングができます。鳥や牛だけでなくいろいろな種類のフリーズドライが多く販売されているので犬も飽きずに食べることができます。

その他には、鶏肉とトマト、キャベツ、にんじんを食べやすい大きさに切って、ご飯といっしょに水で15分くらい煮るだけで簡単にリゾットができます。

同じ材料でも鳥肉を炒めてからトマトやにんじん、キャベツと一緒に水でじっくり30分くらい煮こむとミネストローネの完成です。

使用するお肉や野菜の種類を変えるだけで、いろいろなバリエーションが作れます。お肉と野菜だけで作ればおやつやドッグフードのトッピングに、米やマカロニ、パンなどを一緒に与えてれば主食として食べてもらうこともできます。

熱い季節にはトマトをミキサーにかけて凍らせてシャーベット状にしてから与えると水分補給にもなっておすすめです。

 

トマトは愛犬の栄養摂取・水分補給におすすめ!

リコピンやβ-カロテン、ビタミンCなどの抗酸化成分が豊富なトマトは、活性酸素を除去してくれるので犬の健康を守る食材としてとてもおすすめです。

栄養を効率よく摂取するために加熱したり、消化よく食べる食べに刻んだりして食べやすくしてあげましょう。トマトだけでなくどんな食材も食べ過ぎは、下痢や嘔吐などの体調不良を逆に招いてしまうので、総合栄養食のドッグフードを活用しながらいろいろな食材を少しずつ使って健康維持に必要な栄養を与えてください。

 

愛犬の健康と長生きのために
獣医師監修の手作りドッグフード「ココグルメ」

・うちの子には健康的なドッグフードを与えたい

・飽きっぽくて毎回選び直すのが大変

・いつも与えているドッグフードを全然食べてくれなくなった

と言った、ドッグフード選びの悩みをお持ちではないでしょうか?


ココグルメはそんな「ドッグフードのお悩み」を解決する、全く新しい手作りのドッグフードです。

\今なら送料無料980円で試せる/
獣医師監修の手作りドッグフード - ココグルメ -

ココグルメは、手作りならではの抜群の食いつきと総合栄養食基準の栄養バランスを両立し、「健康」と「美味さ」を兼ね備えた手作りのドッグフードです。

ココグルメの特徴 1.
新鮮な食材を使った手作りドッグフード

私たち人間が食べるご飯と同じように、低温での調理し冷凍で配送する正真正銘の手作りご飯です。

ドライフードのように乾燥させて風味が飛んでしまったり、レトルト加工などで栄養価を損なうことなく、素材の旨みと栄養をそのまま生かした美味しいご飯です。

ココグルメの特徴 2.
総合栄養食基準のレシピ

手作りご飯は確かに美味しく食べてくれるけど栄養バランスが不安…
そういった思いをお持ちの飼い主様も多いかと思います。

ココグルメは日本でも数少ない「栄養学を専門とする獣医師の先生」に監修を受け、総合栄養食(※)の基準に適応したレシピで作られています。

※総合栄養食とは、「そのご飯と水だけで、健康に生きるために必要な栄養素を全て取れる」という国が定めた基準に沿ったドッグフードのことです。

ココグルメの特徴 3.
徹底したヒューマングレード

ご存知の通り、ドッグフードは「食品衛生法の範囲外」とされており、人間のご飯と比べて低い衛生基準で製造・管理されてきました。

私たちのドッグフードは、人間が食べるものと同じ食材を仕入れ、同じ衛生基準で調理・配送する、正真正銘の「ヒューマングレード」のドッグフードです。

愛犬の健康のために
手作りドッグフードが選ばれる理由

手作りのご飯は「栄養バランスを正すのが難しい」「調理に手間がかかる」といった大変な点もありますが、実は健康との良い関係性があるという研究結果もわかっています。

手作りご飯を与え続けていた飼犬は32ヶ月長生きしていた

市販のドッグフードを与え続けた飼い犬と、市販ドッグフードを与えながら一部手作りを与えていた飼い犬、手作りし続けた飼い犬の3つクラスタの寿命を分析した結果、手作りし続けた飼い犬は平均32ヶ月も長生きしていたことがわかった。
Relation between the domestic dogs' well-being and life expectancy statistics essay(2003)

さらに、手作りご飯のみを与えていた飼犬が32ヶ月も長生きしていたことが分かっただけではなく、部分的に与えていた子も長生きしていたことが分かっています。

週3回以上野菜を与えていた飼犬は膀胱癌リスクが90%低かった

欧米で飼われている175頭のスコティッシュテリアの生態を調査した。
年齢や体重、毛の色などの指標を調整して集計した結果、週に3回以上ドッグフードとは別に野菜を摂取していた犬はTCC(膀胱癌)の発生リスクと逆相関していた。
緑黄色野菜の場合は逆相関が見られたが、アブラナ科の野菜やビタミン類での補給には逆相関が見られなかった。
Evaluation of the Effect of Dietary Vegetable Consumption on Reducing Risk of Transitional Cell Carcinoma of the Urinary Bladder in Scottish Terriers(2005)

ビタミン剤ではなく野菜そのものを与えていることが重要であることがわかり、「手作りのご飯」を食事として取り入れることが重要だと考えられています。

手作りご飯を手軽に与えられる
ココグルメが今なら送料無料980円で試せる!

送料無料980円で試せる!
手に取りやすい単品買い切り
30日間全額返金補償付き

手作りのドッグフードに興味をお持ちの方に是非オススメしたいココグルメですが、試すなら「今が一番お得」です!

1.1kgとたっぷり入ったモニターコースが、期間限定で送料無料980円お試しいただけます!
※体重3kgのトイプードルで約7日分の分量です。

また自動的に定期コースに切り替わることはなく、単品買いきりでお試しいただけますし、初回購入に限り30日間の全額返金保証もついてきます!

1日100名様までの数量限定キャンペーンですので、ぜひこの機会をお見逃しなくお試しください!

ココグルメを最安で試せるお得なキャンペーンはこちら
\ SNSで友人にシェアしよう /